戦姫絶唱シンフォギア×MASKED RIDER 『χ』 ~忘却のクロスオーバー~   作:風人Ⅱ

16 / 34
第三章/改竄×断ち切られた繋がり③

 

市内の繁華街。信号の音が鳴り渡るスクランブル交差点では外回り中のサラリーマンやショッピングを楽しむ若者など多くの人々が行き交い、近くのデパートの壁に取り付けられた大画面には、海外で活躍する風鳴翼のステージでの盛り上がりの様子を彼女のファンである番組出演者が熱く語る特集番組が流れている。

 

 

そんな街の風景を後目に、響と別れて改竄を行った犯人であるイレイザーを探す為に街に出た蓮夜はとある路地の裏に訪れてその場に屈み、何かを探るかのようにジッと何もない地面を見つめていた。

 

 

(……気配は此処で途切れている……こうもあからさまに痕跡を残してるという事は、やはり俺を誘ってるつもりなのか……)

 

 

顔を上げると、路地の奥は暗闇に覆われていて此処からでは何も見えない。追ってきた気配……イレイザーの痕跡が此処で途切れているという事は、恐らく此処で人間態に戻りこの先に続く場所に潜んでいるのだろうか。

 

 

(この先には確か古い市街区があったか……成る程、人を寄せ付けないという意味では持ってこいの場所だな……)

 

 

人に聞いた話だが、十年以上前この街には表通りの繁華街とは別に、あちらより以前に活気づいていた大型のモール街があったと聞く。

 

 

しかし、ちょうど特異災害として確認されたばかりの頃のノイズが現れて猛威を振るい、政府側もまだノイズに対抗する術を確立していなかった事もあってまともに太刀打ち出来ず、街は著しい被害を受けてしまったらしい。

 

 

その後、政府はノイズの情報を隠蔽する為に人体に危険な有毒ガスの漏洩を理由にモール街を放棄し、まだ発展途上だった表通りの街に開発計画を集中して建て直したと聞くが、それも噂や憶測が入り交じっていて何処まで本当かは分からない。

 

 

ただ政府が一向に復興再開発を行わない事から噂を鵜呑みにする人間も多く、破棄された旧モール街に寄り付くのは素行の悪い不良達や行き場を失ったホームレスぐらいしかいないらしい。

 

 

(……もしかすると、奴らはそういった場所に集まる人間を使ってイレイザーを生み出してるのか……?)

 

 

ノイズによって棄てられた街に集った人間をイレイザーにし、ノイズを喰らわせて理性を犯す力を付けさせる……。

 

 

……何とも趣味の悪いと、想像するだけでも気分を害して不快げに眉を顰め、蓮夜は徐に身を起こして立ち上がっていく。

 

 

(とにかく、この先に犯人がいる可能性は高いが、こんなわざとらしく痕跡があるのはどう考えても怪しい……罠、と考えるのが妥当だが……)

 

 

この先に何が待ち受けてるか分からない。リスクを考慮して一度引き返す手もあるが、そうなると罠に気付かれた事を知ったイレイザーに逃げられる可能性もある。そうなれば次に発見出来るまでに一体どれだけの時間を要する分からないし、響の今の過酷な状況を考えると不必要に時間を掛ける真似は避けたい。

 

 

……ならば答えは一つしかないと、蓮夜はゆっくりと路地の奥へと進み出し、そのまま闇の中に溶けるように姿を消していった。

 

 

 

 

 

◆◇◆

 

 

 

 

 

―旧モール街―

 

 

寂れた廃ビル群が何処までも広がる旧モール街。ノイズの被害を物語るかのように当時の傷跡がそのまま残されてる建物や、不良達がこの場所で好き放題に荒らした落書きの跡などが多く見られるが、今は人気は一切なく寂れた風が瓦礫を揺らして鳴らす不気味な音が反響し、まるで怪物の叫び声のような怪奇音が街中に響き渡る。

 

 

そんな音を耳に、一際目立つビルの跡地の中で山のように盛り上がる瓦礫の上に腰を下ろす金髪の男……アスカは薄暗い闇の中で、何かを待つように顔を俯かせていた。

 

 

「…………。よう、やっと来たかよ」

 

 

ニヤリと口端を吊り上げ、徐に顔を上げたアスカがビルの入り口に目を向ける。すると其処には、ジャリッと地面に散乱するガラス片を踏み鳴らし、光が差し込む入り口からビルの中へと足を踏み入れる青年……蓮夜の姿があり、蓮夜も瓦礫の山の上に座り込むアスカを見付けて険しげに目を細めた。

 

 

「お前だな、此処までの足跡を残していたイレイザーは……」

 

 

「へぇ、ご丁寧に俺の臭いを嗅いで此処まで辿り着いたのかよ?ハハッ、まるで犬っころみてーだなぁ」

 

 

「……否定しないのなら肯定と受け取らせてもらうぞ……これ以上、この狂った物語を長続きさせる気はないからな……」

 

 

鼻を鳴らして挑発するように笑うアスカの話にも聞く耳を持たず、目の前の男をイレイザーと認定し何処からか取り出したクロスベルトを腰に巻き付けていく蓮夜。それを見て、アスカも重い腰を上げて立ち上がりながら瓦礫の山を降りていき、蓮夜と対峙してスっと目を細めていく。

 

 

「記憶を失っててもソレか、相変わらず俺達を潰す事にご執心みてぇだな……そういうところがムカついてたぜ、昔からな」

 

 

「……?何の話だ?」

 

 

「ハッ、何だよそんな事まで忘れちまったのか?悲しいねぇ。アイツほどでないにしろ、俺もテメェとは何度もやり合って煮え湯を呑まされてきたってのによぉ」

 

 

肩を竦めてわざとらしく悲しそうな反応を見せるアスカに対し、蓮夜は訝しげに眉を顰める。だが、彼の口振りから何かを察したかのようにハッとなり、僅かに身を乗り出し口を開いた。

 

 

「お前、まさか……記憶を失う前の俺の事を知ってるのか……!」

 

 

「知ってるも何も、此処まで話してりゃ察しが付くもんじゃねえか?それなりによ」

 

 

「……何だと?」

 

 

どういう意味だ?と蓮夜が思わず聞き返す。アスカはそんな蓮夜の問いに対しニタリと笑みを深め、右手を広げながら飄々とした口調で告げる。

 

 

「俺達なんだよ、お前が記憶を失った原因は……この手で一度、お前を殺したが故にな」

 

 

「……なっ……」

 

 

あっさりと、本当に大した事がないように簡単にそう答えたアスカに対し、蓮夜は衝撃を隠し切れない様子で目を見開き驚愕してしまうが、アスカはそんな蓮夜の反応も他所に軽い口調で話を続けていく。

 

 

「本当に何も覚えちゃいねぇか……いいぜ、なら教えてやる。記憶を無くす前のお前は、この物語の中でイレイザーを作り出す俺達の計画を嗅ぎ付けてこの物語にやって来たんだよ。そしてそれを予見していた俺達の罠にまんまとハマり、孤立無援となったお前を仕留めた筈だった……だって言うのに、まさかアレで生きてたとは思いもしなかったよ。無駄にしぶてぇって噂はマジだったようだなぁ」

 

 

「……そうか……つまり、この物語の中でイレイザーが生み出されてるのもお前達の仕業かっ……」

 

 

自分が記憶を失った元凶、そしてこの物語の中で作られたイレイザーの出処が目の前の男とその仲間達の手によるモノだと分かり、蓮夜は敵意を剥き出しにアスカを睨み付けながら更に疑問を投げ掛ける。

 

 

「だったら何故今更になって、この世界の物語を改竄した……!イレイザーを生み出す事と、アイツに関わる物語を改竄する事に何の関係がある?!」

 

 

「関係?別にんな大層な理由なんかねえよ……ま、強いて言えば、テメェらに組まれるとめんどくせぇからってのが一番の理由かもな」

 

 

「……何……?」

 

 

今回の改竄は蓮夜と響達が手を組まれるのを阻止する為の物。アスカはそう語りながら地面に散乱するガラスを踏み鳴らしてブラブラと歩き出し、天井を仰いで気だるそうに言葉を続けていく。

 

 

「『戦姫絶唱シンフォギア』……あの立花響はこの物語の主人公でな。奴はこれまでの戦いの中で敵対していた連中と手を束ね、あらゆる逆境や難敵を幾度となく打ち倒してきた……。そんな奴がお前に目ぇ付けたとなりゃ、俺らにとって面倒事になるのは目に見えてる。だから真っ先にその芽を潰させてもらったってだけの話だ」

 

 

「っ……それが……そんな事の為にアイツだけでなく、周りの人間の人生を故意に歪めたというのか、お前達は……!」

 

 

「人?ハッ、違うねぇ!俺達にとっちゃあのガキも、この物語の住人も全部フィクション!非現実上のキャラクターだ!この手で筆を振るえば、簡単に記憶も人生も書き換えられるモノを同じ人間だなんて思える訳がねえだろ?俺達にとっての人間ってのはな、テメェらがイレイザーと呼んで身勝手に追い出した連中の事を指すんだよッ!」

 

 

突然語気を強めて声を荒らげ、アスカは忌々しげに蓮夜を指差して叫ぶ。

 

 

「それにこっちからしてみりゃ、何より度し難いのはテメェの方なんだよ!イレイザーと見なせばその手で容赦なく幾つもの命を屠ってきた……!自分がさも正しい側だと正義面して、テメェが倒してきた連中の願いを尽く踏み躙ったっ!」

 

 

「何が願いだ……!無関係な人間の命を危険に晒しておいてどの口でほざく!何よりお前達が行ってる改竄は大勢の人間の物語を歪める行為だ!そんな事をしなくても、物語の外の現実で罪を償えば……!」

 

 

「それが度し難いつってんだよっ!ただ普通に生きてただけで、ある日突然手前の物差しで身に覚えのねぇ罪を押し付けられた上に勝手に人を追い出しておいて、何で一方的に俺達の側が悪いと決め付けられなきゃなんねぇんだっ?!それが世界の決めた事っつーなら、そんなクソみてぇなルールの世界に従う義理なんざねぇっ!だから決めたんだ!俺達から何もかもを奪った世界をこの手で壊して、犯して、俺達が嘗て失った物語を取り戻すってなぁっ!」

 

 

「……その為にこの世界の人間をイレイザーにしたのか……自分達の復讐の為に……!」

 

 

記憶を失ってから、これまで自分が倒してきたイレイザーを思い出す。その元となった人間達をもそうやって自分達の復讐の為に利用したのかと問い詰める蓮夜だが、それに対しアスカは馬鹿馬鹿しげに笑ってみせた。

 

 

「早とちりするなよ。奴等は別に俺らが騙した訳でも、無理矢理にイレイザーにした訳でもねぇ。奴等の方からそう望んだからああなったのさ」

 

 

「っ!何だとっ……?」

 

 

「ハッ、意外だったか?だがこの世界じゃ別にそう不思議な事でもねぇのさ。この物語にはノイズに人生を狂わされ、居場所を失った人間なんざごまんといる。この廃れた街にもそういった連中が良く集まってたからな。そんな連中にイレイザーの事を教えて、誘いを持ち掛けたら二つ返事で頷いたぜ?」

 

 

「……彼等は……自分からイレイザーに……?」

 

 

アスカ達の甘言に乗せられた訳でも無理矢理にでもなく、彼等は自ら進んでイレイザーになる事を受け入れた。その事実に衝撃を受ける蓮夜を見据えながら、アスカは両手を広げて高らかに語り続ける。

 

 

「この物語じゃ幾度となく世界が危機に陥り、その度に装者共が世界を救って来たが、それが必ずしも万人にとっての救いとは限らねぇって訳だ。最初から希望も何も持たない連中からしてみれば、終わり損ねた、寧ろ余計な真似をしてくれたと受け取る連中だっている……そんな奴らに俺らから機会に与えてやったのさ。世界を書き換えられる力を、嘗て夢見て挫折した希望を叶える術を。そういった連中の中から新たな同志を見付け出す事こそ、俺達の計画の一つって訳だ」

 

 

「……それで生み出したのがあのノイズ喰らいのイレイザー達か……あんな正気すら持たない獣同然の個体を作り出して何になる?いやそもそも、前の二度の戦いで見せたあの異常な進化は一体──」

 

 

「さてなぁ。其処まで話してやる義理はねぇさ。寧ろ此処まで話してやっただけ十分サービスしてやっただろ」

 

 

あんな到底まともな進化体とは思えないノイズイーターを作り出した真意を聞き出そうとする蓮夜の疑問をはぐらかし、アスカは改めて蓮夜と向き直りながら徐に右手を中空に掲げていくと、その手から火の粉が立ち上り出していく。

 

 

「それに、どうせそんなもん知った所で全部無駄になる……テメェは此処で、今度こそ俺の手で始末するんだからなぁッ!!」

 

 

ゴォオオオォォォ……ッッッ!!!!!と、アスカの感情の昂りに呼応するかのようにその全身から突如勢いよく炎が噴き出し、凄まじい熱風が吹き荒れた。

 

 

そのあまりの熱量にアスカの近くに転がる瓦礫が一瞬の内に灰となって焼却し、天井や壁に大きく亀裂が走って軋み、音を立てて崩れ落ちていく。

 

 

「ッ!これはっ……?!」

 

 

嵐が如く吹き荒れる熱暴風に思わず両腕で顔を庇う蓮夜の顔が驚愕で歪み、全身の鳥肌が総立した。

 

 

今まで戦ってきたイレイザーや進化したノイズイーターの暴力的なソレとは力の質も量も違う、とてつもなく強大で圧倒的なまでのプレッシャーがこの空間を一瞬で支配して呑み込んでいく。

 

 

力を解放した余波だけで既に圧倒的な力の差を感じ取った蓮夜が思わず後退りしてしまう中、業火にその身を包まれるアスカの姿が徐々に露わになっていく。

 

 

まるで炎のように捻れた四本の角を頭から生やし、外見は何処か仮面ライダーウィザードの敵幹部であるフェニックスを彷彿とさせる造形をした深紅に染まった体色をしているが、何より目立つのはその巨大な右腕。

 

 

異形に変貌したアスカの身の丈を超す程の大きさを誇り、複雑な金色の紋様が刻まれた紅い腕の肘の部分からはパイルバンカーのような巨大な杭が伸びている。

 

 

身体から溢れる残り火を払い退けるアスカが変貌した紅の魔神を目にし、蓮夜は一瞬の驚愕の後に険しい表情を浮かべてアスカを睨み付けた。

 

 

「上級クラスのイレイザーっ……『神話型』か……!」

 

 

『……ほう?その辺の知識はまだ残ってたようだな?そう、イレイザーには基本的に二種類が存在する。イレイザーとして目覚めたばかりの姿である『下級』クラスと、其処から力を付けて伝説や伝承の物語に由来する力と姿を手に入れた『上級』クラス……別名、『神話型』……その内の一人がこの俺だ』

 

 

「ッ……!」

 

 

エコーが掛かった自信に満ちた強気な口調と共に、親指で自身を指差す紅の魔神……アスカがその姿を変えたイグニスイレイザーと対峙するだけで、戦慄が身体を突き抜ける。

 

 

上級、神話型を名乗るに相応しく、これまで戦ってきたどのイレイザー達とも違う威圧感を肌で感じ、今の自分では勝てないと、身体が『逃げろ』と必死に訴え掛けるが……脳裏に過ぎった響の苦しむ姿を思い返し、後ろに引き掛けた足を踏み止まらせて左腰のカードケースからクロスのカードを取り出した。

 

 

「神話型だろうが何だろうが関係ない……アイツの物語を……仲間達との繋がりを返してもらうぞ……!変身ッ!」

 

 

『Code x……clear!』

 

 

バックルにカードを装填して電子音声を鳴らし、クロスに変身して手首を軽くスナップさせる蓮夜。そして変身したクロスを前に、イグニスイレイザーはクツクツと笑いながら調子を確かめるように右肩を軽く回していく。

 

 

『やれるもんならやってみろよ。前回はデュレンの野郎に美味しい所を掻っ攫われたが、今回は違う……今度は俺の手で、テメェの息の根を止めてやる……!』

 

 

『ッ!ハァアアッ!!』

 

 

掛かってこいと、人差し指でジェスチャーするイグニスイレイザーの挑発に応じるようにクロスは自身のバックルから左脚に向けて蒼い光を走らせる。そして光が左脚まで伸びたラインを通って足の裏に到達したと同時に軽く地面を蹴り上げ、瞬間的に強化された跳躍力で一気にイグニスイレイザーへと飛び掛かり、全力を込めた右拳をイグニスイレイザーの顔面に目掛けて叩き込んでいった。が……

 

 

『──んだよ。それで終わりか?』

 

 

『ッ?!クッ―バキィイイイイインッッ!!―がはァああッ?!』

 

 

イグニスイレイザーは顔面にクロスの拳を打ち込まれてもビクともしない所か、平然とクロスを見つめながら軽い動作でクロスの腕を払い除けただけでなく、左腕でクロスを横殴りに殴り飛ばしてしまったのだった。

 

 

そのまま勢いよく真横に吹っ飛び、クロスはノーバウンドで壁に叩き付けられて地面に倒れてしまうが、即座に身を起こしながら今度は両腕と両足に光を走らせ、一息でイグニスイレイザーに肉薄し瞬間強化した拳で高速のラッシュを叩き込んでいく。

 

 

だが、どれだけ強くイグニスイレイザーの身体に拳を打ち込んでも甲高い金属音が鳴り渡るばかりで手応えを一切得られず、逆に胸に拳を打ち込んだ右腕をイグニスイレイザーに掴まれ、そのまま手首を捻られてしまった。

 

 

『ぐうぅっ?!』

 

 

『なんだよ、まさかこの程度なのか?ったく……ガッカリさせてんじゃねぇよォッ!!』

 

 

紅蓮の炎がイグニスイレイザーの巨大な右腕に集い、拳に纏いながらクロスの右腕を払い除ける。そして腕を払われ仰け反るクロスの胸に目掛けて炎を纏う巨腕の一撃を叩き込み、クロスを勢いよく殴り飛ばしてしまうのだった。

 

 

『ぐぁああああああああッッ?!!ぅっ、ぐぅっ……!!やはり真っ向からじゃ太刀打ち出来ないかっ……!!』

 

 

だったら……!と、ゴロゴロと地面を転がりながらも何とか身を起こし、拳を叩き込まれて赤く染まる胸の装甲を抑えながらクロスは新たに取り出したカードをバックルに装填していく。

 

 

『Code Blaster……clear!』

 

 

『……ほーう?』

 

 

電子音声が鳴り響くと共に、クロスはタイプブラスターへと姿を変えながら目の前に出現したウェーブブラスターを素早く手に取る。

 

 

そしてイグニスイレイザーもタイプチェンジしたクロスを興味深そうに見つめる中、クロスは更に新たなカードを取り出しバックルに装填した。

 

 

『Final Code x……clear!』

 

 

『今ある最大火力で一気にケリを付けるっ……!!ハァアアッ!!』

 

 

再び鳴り響く電子音声と共にウェーブブラスターの銃口に膨大なエネルギーを収束させながら狙いを定め、イグニスイレイザーに向けて引き金を引き、最大火力を込めた巨大な砲撃を放つ。

 

 

それに対してイグニスイレイザーは迫り来る砲撃を前にしても何故かただ佇むだけで身動き一つ取らず、そのまま砲撃の直撃と共に発生した巨大な爆発の中に呑み込まれていったのだった。

 

 

『ッ……どうだ、これでっ……』

 

 

 

 

 

 

『──まぁ、悪かねぇーんじゃねえか?俺に効くかは別としてな』

 

 

 

 

 

『……ッ!!?』

 

 

砲撃の直撃を確認してウェーブブラスターを下ろし一息吐こうとしたクロスだが、目の前から聞こえたつまらなさそうな声に驚愕し、弾かれたように顔を上げる。

 

 

すると其処には、炎の中から悠々とした足取りで姿を現す紅の魔神……クロスの最大の一撃を受けながら全くの無傷のイグニスイレイザーが、胸の汚れを手で軽く払い平然としている姿があったのだった。

 

 

『なっ……通じていないっ……?!』

 

 

『ハッ、今更そんな技で俺の身体を傷付けられると思ったのか?記憶を失う前ならともかく、殆どの力を失った今のテメェが俺に敵う筈がねぇだろォおおッ!!』

 

 

『クッ!』

 

 

螺旋を描いて収束する業火を左手に集め、クロスに向けてイグニスイレイザーが巨大な火炎弾を乱雑に撃ち放つ。

 

 

それを目にしてクロスも咄嗟にウェーブブラスターを乱射して火炎弾を撃ち落とそうとするが、クロスの銃弾が撃ち込まれたと同時に火炎弾が分かたれて無数の炎弾となって散らばり、クロスを包囲するように周囲を取り囲んでしまう。

 

 

『ッ?!何っ……?!』

 

 

『……爆ぜてなくなれ』

 

 

『グッ……!!!?うッ、グァアァアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァァァーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!?』

 

 

一瞬の内に逃げ場が失われ、周りを囲む炎弾達を見回して動揺するクロスに向けて徐に左手を伸ばし、イグニスイレイザーが拳を握り締める。

 

 

直後、それを合図にクロスを包囲する炎弾達が立て続けに起爆して爆発を巻き起こしていき、クロスは悲痛な叫びと共に巨大な爆炎の中に呑まれてしまうのだった。

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。