戦姫絶唱シンフォギア×MASKED RIDER 『χ』 ~忘却のクロスオーバー~   作:風人Ⅱ

17 / 33
第三章/改竄×断ち切られた繋がり④

 

───同時刻。クロスとイグニスイレイザーが激闘を繰り広げるその頃、蓮夜と別れて公園を後にした響は一人帰路に付いて住宅街を歩いていたが、道中でふと足を止め、何かが気になる様子で来た道を振り返っていく。

 

 

「蓮夜さん……一人で大丈夫かな……」

 

 

先程は彼に説得されて一度は引き下がったものの、やはり自分の為に蓮夜が一人で戦っている事が気掛かりなのか、響は心配を帯びた表情を浮かべてペンダントを失った胸に手を当てながら徐に拳を握り締めていく。

 

 

「……やっぱり、私も何か手伝いを……でも、今の私に何が……?」

 

 

やはり蓮夜一人に事態の解決を任せてただ待つなんて我慢出来ない。

 

 

しかしシンフォギアを失っている今、自分にイレイザーと戦う術がないのも確かだし、今の自分ではきっと足手纏いにしかならないだろう。

 

 

……だけど、それでも、それでも今の自分に出来る何かをしたい。

 

 

悩むように瞳を伏せ、胸に拳を当てながらそう考えると、目を開けた響は僅かな迷いを滲ませる足取りで一歩踏み出そうとした、その時……

 

 

 

 

 

「──お前が……立花響、か?」

 

 

 

 

 

「……へ?」

 

 

響が来た道を引き返そうとしたその時、背後から不意に声が聞こえた。驚きと共に振り返ると、其処には木の影から徐に姿を現す謎の人物……先程の公園で蓮夜とのやり取りを覗き見ていたフードの男の姿があった。

 

 

「?えっと……あなたは?」

 

 

「…………お前が…………何で…………お前だけ…………」

 

 

「え?」

 

 

ボソボソっと、フードの男は顔を俯かせ何やら小声で囁いているが、あまりに声が小さく、距離もそれなりに開いている為に上手く聞き取る事が出来ない。

 

 

そのため思わず訝しげに聞き返してしまう響だが、それに対しフードの男は何やらワナワナと身体を震わせながら顔を上げていき……

 

 

 

 

 

「──どうして、お前が…………なんで、なんで、なんでっ…………なんで生き残ったのがお前なんだァああああッッッ!!!!!!」

 

 

 

 

 

「……え……?」

 

 

 

 

 

フードの下から見えたのは、響を捉えて離さない憎しみと哀しみが入り交じったような妖しげに輝く"赤い瞳"。

 

 

突然の激昴を上げるフードの男のその瞳を見て響も何故か直感的に嫌な予感を感じ取り思わず後退りする中、フードの男の身体が禍々しいオーラに包まれて徐々にその姿を変えていき、カエルのような姿をした白と黒緑色の異形……フロッグイレイザーへと変貌していったのである。

 

 

「ッ?!イ、イレイザー……?!何で此処に?!」

 

 

『お前がっ……お前でさえなかったらァァああああああああああああああああッッッッ!!!!』

 

 

フードの男が突如姿を変えたフロッグイレイザーに驚愕してしまう響に対し、フロッグイレイザーは支離滅裂な発言を繰り返して凄まじい殺気を放ちながら響へと問答無用で襲い掛かり、それを見た響も慌てて背中を向けてフロッグイレイザーから逃げ出していくのだった。

 

 

 

 

 

◇◆◇

 

 

 

 

 

『Code slash……clear!』

 

 

『グッ……!!ぜぇええぁああああああッッ!!!!』

 

 

一方その頃、場所は戻ってクロスとイグニスイレイザーが戦いを繰り広げる廃ビル内では劣勢に陥るクロスがタイプスラッシュへと姿を変え、両手に出現したスパークスラッシュを身構え、その身を閃光と化しイグニスイレイザーへと挑み掛かっていた。

 

 

目にも止まらぬ速さでビル内を縦横無尽に駆け巡りながら、イグニスイレイザーの首筋や関節部などの急所を集中的に切り刻んでいくが、それに気付いたイグニスイレイザーは鼻を鳴らしてほくそ笑んだ。

 

 

『成る程、真っ向からじゃ勝てねぇから脆い部分を狙って弱点を探ろうって腹つもりか……が、甘ぇええッッ!!』

 

 

『──ッ?!がはァァああああああッッッ!!!?』

 

 

そう言いながらイグニスイレイザーは右腕の巨腕で拳を形作り、背後から首筋を狙って再度斬り掛かろうとしたクロスの気配を察知して振り向き様に右ストレートを振り抜き、完全にクロスを捉えたその一撃はクロスの腹に思い切り叩き込まれて派手に殴り飛ばしてしまったのだった。

 

 

柱を破壊しながら吹っ飛ばされて瓦礫と共に地面を転がり倒れ込むクロス。イグニスイレイザーはそんなクロスへと悠然と歩み寄り、自身の紅の身体を親指で軽くなぞりながら余裕に満ちた口調で語る。

 

 

『生憎、俺の身体はくまなく固く柔軟だ。幾ら悪足掻きしようが、テメェが想像してるような弱点なんざハナから俺には存在しねぇんだよ』

 

 

『ッ……ぐっ……!』

 

 

ハッキリとそう断言するイグニスイレイザーの絶望的な言葉に、ふらつきながら双剣を構え直すクロスも仮面の下で苦虫を噛み潰したような顔を浮かべてしまう。

 

 

最大火力で真っ向から挑んでも傷一つ付けられず、弱点を見付けようとしてもそれらしきモノが存在しなかったのは直接奴の身体に刃を叩き込んだ時の手応えだけで分かってしまった。

 

 

今の自分の力で奴に挑むには力不足に過ぎる。それを否が応でも理解させられてしまうが、だとしても、此処で自分が引けば響の繋がりを取り戻せないのもまた事実。

 

 

ならば勝機が無くともどうにか見出すしか手はないと必死に思考を巡らせるクロスだが、その時、何か遠くから嫌な気配を感じ取って思わず動きを止めてしまう。

 

 

『?なんだ……この気配は……?』

 

 

『あ?……ッ!まさか……!』

 

 

思わずポツリと声に出して気配が感じる方へと振り向くクロスの呟きを聞き、イグニスイレイザーも最初は訝しげに首を傾げるが、直後に何かを察した様子で慌ててクロスが顔を向ける先へと意識を集中させ、忌々しげに舌打ちした。

 

 

(あの野郎っ……あんだけ釘を刺しておいたのに先走りやがったな……!)

 

 

『この気配は……イレイザー……?しかし何故…………ッ?!まさかっ?!』

 

 

クロスが察したのは、目の前のイグニスイレイザーとは別の新たなイレイザーの気配。

 

 

何故もう一つのイレイザーの気配が……?と怪訝な表情を浮かべてしまうクロスだったが、僅かな思考の後に、此処に辿り着くまでに引っ掛かりを覚えていた疑問が線と線で繋がっていき、其処で一つの可能性に辿り着いたクロスが何かに気付いたようにハッとなるが、それを目にしたイグニスイレイザーが舌打ちと共にクロスへと巨腕を振りかざして襲い掛かり、クロスは寸前の所で拳を回避しながらイグニスイレイザーを睨み付けた。

 

 

『貴様っ、最初からコレが狙いだったのか……!』

 

 

『……さあな。何の話だ?』

 

 

『惚けるなっ!今回の改竄はお前の手による物じゃないっ!別のイレイザーに改竄の力を使わせて隠し、お前自身は此処で俺を足止めする為の囮だったんだろうっ?!』

 

 

そう、思えば此処に辿り着くまでに不審な点は幾つもあった。

 

 

この場所に至るまでにあからさまに残されていた痕跡、そもそも街から離れたこの場所にわざわざ自分を誘い込んだのも今にして思えば疑問だった。

 

 

つまり、この戦い自体がイグニスイレイザー達の仕掛けた罠。

 

 

改竄の力を使ったイレイザーから唯一対抗策を持つ自分を遠ざけるのが目的だったのだと気付いたクロスの指摘に対し、イグニスイレイザーは僅かに沈黙するも最早言い逃れは出来ないと悟ったのか、三度目の舌打ちをしながら面倒そうに溜め息を吐いた。

 

 

『此処まで勘付かれたからにゃ、これ以上シラを切るだけ無駄か……』

 

 

『なら……!』

 

 

『……そうだよ。今回の件を指示したのは確かに俺だが、別に俺が直接手を下したって訳じゃねぇ。改竄自体は手駒にやらせて、俺自身はテメェを釣る為のデコイって訳だ』

 

 

最早隠し通すのは無理だと分かったからか、イグニスイレイザーは開き直った様にそう語りながらクロスが感知するもう一つのイレイザーの気配がある方向を指さしていく。

 

 

『お前とあの立花響が何かしらの関係を築いてるのは見て取れて分かってたからな……其処であのガキの身に異常が起きれば、お前が顔見知りの人間の為に動くのは目に見えていた。だからそれを利用させてもらったんだよ。お前は事態解決の為にどんな僅かな手掛かりでも欲しがる筈だ。その為に痕跡を残し、此処まで誘導してお前をあのガキから遠ざけた……本当ならお前を始末した後で、あのガキも改竄で自然に消すつもりだったんだがな……肝心なとこで人選を見誤ったようだぜ、俺も』

 

 

『消す……だと……?まさか、お前達は俺だけじゃなくアイツまでっ……!』

 

 

『当然だろ。お前も知ってる筈だよな?奴はイレイザーの改竄を受けながらも、その進行は他より遅れてる……お前と少なからず繋がりを持ってしまったが為に、その影響が奴にも出始めてんだ。そんな奴を生かしておく訳にはいかねぇ……だから俺達の脅威に成る前に、あの小娘も消す。奴の存在をこの物語から抹消した上で、な』

 

 

『……ッ!!』

 

 

奴等は自分だけでなく、響までも消そうとしている。

 

 

つまり、今自分が感じ取っているイレイザーの気配は……。

 

 

其処まで思考するより早く、クロスはすぐさまその場から文字通り閃光の如く駆け出し、急ぎ響の救出に向かおうとするが……

 

 

 

 

──それを予見していたかのように、イグニスイレイザーが意図も容易くクロスの前に飛び出しながらその巨腕を素早く伸ばしていた。

 

 

『ッ?!なっ……ガッ、ァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァァァァーーーーーーーーーーーーッッッッ?!!!』

 

 

『これでも俺は慎重派でなぁッ!!そんな俺が何でテメェにベラベラ計画を喋ったか、分かるかァアアッ?!』

 

 

ガガガガガガガガガガガガガガガァッ!!!!と、クロスの頭を巨腕で鷲掴んだイグニスイレイザーは背中から炎のブースターを噴出し、猛スピードで飛び出しながらクロスの頭をビルの壁にめり込ませ勢いよく引きずり回していき、そのまま廃ビルの壁を突き破って外へと飛び出しクロスを乱雑に投げ捨ててしまった。

 

 

地面に打ち付けられたクロスの仮面はボロボロに傷付き、複眼も割れて痛ましい姿へと変わり果て、身を起こす事もままならないその惨い姿を見据えながらイグニスイレイザーは巨腕の掌に炎を宿していく。

 

 

『これは俺なりの意思表示だ……テメェは此処で俺が必ず殺す。絶対に逃がしはしねぇ。俺達の復讐を果たす為にも、今度こそ此処に墓石を建てやがれ……黒月蓮夜ぁ……!』

 

 

『うああァッ……ぐぅっ……ァッ……!!』

 

 

炎に包まれる掌を固く握り締め、イグニスイレイザーは改めてこの場でクロスを完全に始末する事を宣告する。

 

 

割れた複眼の間から血粒を落としながら、その言葉に宿る決意の強さから奴が本気で自分の命を奪おうとしている事を感じ取ったクロスはどうにか震える身体を起こしてこの場から離脱し響の下に向かおうとするが、震える腕に力が入らず再び倒れ込んでしまう。

 

 

そして、その間にもクロスの真上に跳躍したイグニスイレイザーが倒れるクロスの背中に目掛けて落下し、そのまま背中を勢いよく踏み付けたと同時にクロスの身体が巨大なクレーターの中へと沈んでいき、黄昏色に染まろうとしている旧市街地にクロスの悲痛な雄叫びが木霊したのであった。

 

 

 

 

 

第三章/改竄×断ち切られた繋がり END

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。