ご~るでん☆れとりば~ず!   作:カール・ロビンソン

3 / 48
3 ・G41はいけないことを思いついてしまいました(その1)

 最近は鉄血の連中が大人しいので、ご主人様の仕事がすぐに終わることが多いです。

 なので、今日も仕事が終わってるといいな、と思いながらご主人様の所に行きます。

 もちろん、仕事が終わっていたらご主人様と遊びたいです。ご主人様のお伽話を聞くのがG41は大好きです。本当はご主人様がご主人様になる前の話も聞きたいのですが全然話してくれません。

 ご主人様はグリフィンに来る前は軍のえりーとだったらしいです。えりーとはかっこいいらしいので、是非その話を聞きたいです。でも、それを聞こうとすると凄く暗い顔になります。

 FALさんは知っているらしいですが、FALさんも全然話してくれません。

 きっと、余程嫌なことがあったんだ、と思います。えりーとはかっこいいらしいですが、大変でもあるらしいからです。なので、いつか話してくれたらいいな、と待ってます。

 

 ふと、廊下の向こうから歩いてくる人がいます。ご主人様です! G41は嬉しくなって飛んでいきました。

 

「ご主人様~!」

 

「お、G41!」

 

 ご主人様は突撃したG41を優しく受け止めてくれて、なでなでしてくれました。G41は幸せです。今日もご主人様が一緒にいると思うともっと幸せな気持ちになります。

 

「おい、ボス。鍵借りてくるぞ?」

 

 後ろにいたトンプソンさんが言います。G41はご主人様になでなでしてもらっている頭を少し傾げました。倉庫の鍵か何かでしょうか?

 

「うん、お願いね。ついでに一服して来ていいわよ?」

 

 同じく後ろにいたFALさんがトンプソンさんに言います。3人は一緒に何かするのでしょうか?

 

「ご主人様、どうしたの?」

 

「ああ。これから少し外に出かけてくるんだ」

 

 ご主人様の言葉を聞いてG41は少し悲しくなりました。折角、ご主人様といられると思ったからです。でも、G41はすぐに気分を切り替えました。G41は戦術人形です。だから、ご主人様のお役に立てます。

 

「ご主人様! G41を護衛として連れてって!」

 

 G41は笑顔で言います。G41は元々護衛用として開発された戦術人形で、故に他の戦術人形にないミミ型簡易動態センサーと、精密射撃用の狙眼が搭載されています。この基地でもM4さんやFALさんと並ぶエースです。きっと連れて行ってもらえる、と思いました。

 

「いや、護衛とドライバーはトンプソンとFALに頼んでいるんだ」

 

 あう。いきなり断られてしまいました。G41はしょんぼりです。

 

「悪いな、G41。少しビジネスの話もあるんでな」

 

「G41は一〇〇式(モモ)と一緒にお留守番をお願いね?」

 

 トンプソンさんとFALさんがそう言います。二人とも頼りになる先輩で、特にFALさんは戦闘以外の仕事でもご主人様に頼られる凄い戦術人形です。なので、戦力としては心配ないと思います。

 でも、G41はご主人様と一緒にいたいです。連れてってくれないなら出かけて欲しくないです。でも、どうしたら出かけるのを止めてくれるでしょう?

 

 いけないことを思いついてしまいました!

 

 G41は走って整備班の方に行きます。それで恐らくご主人様達が使うであろうトラックの鍵を先に借りてしまいます。なぜトラックなのかというと、鍵が必要な車両はトラックしかないからです。

 

 それでご主人様のところに戻ります。ご主人様は笑顔でG41を待っててくれました。G41が鍵を借りてきてくれた、と思っているのかもしれません。でも、今日のG41は悪い子です。

 

「大変です、ご主人様! 鍵がありません!」

 

 G41は後ろ手に鍵を隠して言いました。鍵がないとご主人様は出かけられません。どうしても出かけたいなら、鍵を持っているG41を連れていくしかないです。とっても名案です!

 もちろん、これは悪いことです。でも、ご主人様は目的のためなら親の仇でも使う、ってよく言ってます。G41がちょっと悪いことをしても怒らないと思います。

 

「おい、G41。お前な…」

 

「まあ落ち着け、トンプソン」

 

 呆れ顔で詰め寄るトンプソンさんをご主人様が止めます。G41を連れてってくれるのでしょうか。G41はワクワクしてご主人様の言葉を待ちます。

 

「鍵が無くなったのか。困ったな、FAL」

 

「そうね、指揮官」

 

 ところがG41の目の前でご主人様はFALさんと相談を始めました。あう。もしかして、G41が鍵を持ってるんじゃなくて、本当になくなったと思ってるんでしょうか? でも、今更G41が持ってます、とは言えません。今日のG41は悪い子です。

 

「でも、大切な用だから必ず行かないといけないわね、指揮官?」

 

「ああ、仕方ない。歩いて行くか」

 

「そうね。丸一日がかりになるから、今日は帰ってこられないわね」

 

 FALさんの言葉を聞いて、G41は内心で大慌てです。大変です。ご主人様の帰りが遅くなったら本末転倒です。どうしましょう。

 

「それに街まで歩いて行ったら危険よね。指揮官死んじゃうかもしれないわよね」

 

「そうだな。大気汚染もあるし、鉄血の連中に襲われるかもしれないしな」

 

 ご主人様の言葉を聞いて、G41は超大慌てです。ご主人様が死んでしまったら、G41は生きていけません。ましてやG41のせいで死んだりしたら泣くに泣けません。どうしましょう。とんでもないことになってしまいました!

 

「鍵があったら昼までには帰ってくるんだけどな」

 

「そうよね。お菓子もいっぱい貰ってね」

 

 ご主人様とFALさんがG41を見つめて言います。もうどうしようもありません。G41は観念して、鍵を差し出して言いました。

 

「ご主人様、ごめんなさい。鍵、ありました…」

 

「ああ。ありがとう、G41」

 

 ご主人様は鍵を受け取って、頭を撫でてくれます。ご主人様は怒らなかったです。でも、本当は連れてって欲しかったです。

 でも、ビジネスの話をする時、G41や一〇〇式(モモ)ちゃんがいると気兼ねしちゃうそうです。ご主人様の負担になってはいけません。G41は自分にそう言い聞かせて、諦めることにしました。

 

「そういえば、SOPMODがG41を探してたわよ? 面白い玩具を手に入れたんですって」

 

「そうだな。二人で仲良くお留守番頼むな?」

 

 FALさんとご主人様がそう言ってくれます。SOPMODちゃんは大の仲良しです。二人で遊んでたら、きっと楽しくてすぐ時間も経って、ご主人様が帰ってきてくれると思います。

 なので、G41はご主人様を駐車場までお見送り押した後、いい子でお留守番することにしました。ご主人様、待ってます。 まる。

 

 ちなみに、SOPMODちゃんに通信モジュールで連絡を取ってみると、野外訓練場で待ってる、とのことです。どんな玩具を手に入れたのでしょう。楽しみです。わくわく。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。