ご~るでん☆れとりば~ず!   作:カール・ロビンソン

30 / 50
30・ご奉仕G41(その3)

 ご主人様の身体は頑丈ですが、それでも人間なので風邪をひくことがあります。特に最近お仕事が忙しいので生活が不規則になっています。こういう時は危ないと思います。

 仕事をしているご主人様が何度かごほごほと咳き込みます。顔色も良くない気がします。もしかして、風邪をひいてしまったのでしょうか?

 

「ご主人様、大丈夫?」

 

「ああ。あまりよろしくはないかもな」

 

 ご主人様は喉を押さえて言います。喉が痛いのかもしれません。声の調子も変です。

 

「ご主人様、失礼しますね」

 

 G41はそう言って、ご主人様のお膝にご主人様の方を向いて乗りました。そして、おでこをこっつんこします。これでご主人様の熱を測るのです。ご主人様の顔が近いので嬉しいです。ご主人様の顔の赤みが増した気がしますがどうしたんでしょう?

 しばらくそうして、計測が終わりました。38度ちょっとぐらいだと思います。結構高いです。

 

「風邪だと思います、ご主人様」

 

 G41はおでこを離してそう言いました。ご主人様はほっとしたような、少し残念そうな顔をしています。本当にどうしたんでしょう?

 

「まあ、大したことはないさ。すぐ治る」

 

 そう言って、ご主人様は仕事にとりかかろうとします。でも、その直後げほげほと咳をしました。

 これはいけません。仕事熱心なご主人様は大好きですが、そんなご主人様が風邪を引いているとG41は悲しいです。早く元気になって欲しいです。

 

『FALさん、ご主人様が風邪を引いてしまいました』

 

 というわけで、通信モジュールを開いて、FALさんに相談しました。ご主人様にゆっくり休んでもらうには、FALさんから一言言って貰う方がいいです。

 

『そうなの? …指揮官、仕事でどうしても代わりが利かないことは?』

 

『ないだろう。仕込みは全て終わった。後は細かいコントロールぐらいだな』

 

『なら、さっさと寝て、本番までにマシな体調にしなさいよ。次で今回の事件は終わりなんでしょ?』

 

『…そうだな。なら、FAL。たった今から臨時指揮官に任命する。しばらく任せたぞ』

 

『了解。…G41、指揮官の看病よろしくね?』

 

『はい、FALさん!』

 

 FALさんはご主人様からのやり取りの後、G41に看病を任せてくれました。お任せください、FALさん! ご主人様のお世話は、G41が頑張ってします!

 

 というわけで、ご主人様の部屋にやってきました。ご主人様のためにベッドを整えて、寝間着に着替えてもらいます。そして、ゆっくり寝てもらいます。

 

「ご主人様、アロマとか気になりませんか?」

 

「ああ。大丈夫だ」

 

 そして、ご主人様に尋ねた上で、加湿器を点けます。水にはラベンダー油を少し混ぜています。風邪の予防及び治療には空気の加湿が大事です。そして、ラベンダーの油には殺菌効果と精神をリラックスさせる効果があるといいます。

 しばらくすると、加湿器からほのかに甘い香りのする蒸気が出てきました。これでご主人様の喉の痛みが少しでも和らぐといい、と思います。

 

「G41は細やかな気遣いができるいい娘だな…」

 

 そう言って、ご主人様は布団の中から手を伸ばしてG41の頭を撫でてくれます。嬉しいです。G41はご主人様の役に立てると嬉しいので、普段からこういうことを一生懸命勉強しているのです。えっへん!

 

 後はお水を用意します。風邪の時は水分を摂ることが重要だからです。台所に行った、G41はレモンを薄く輪切りにします。それを水筒に入れて、そこに水を入れるのです。仕上げに塩を少し入れて、G41特製レモン水の完成です。

 

 それをコップと共にご主人様のところに持っていきます。そして、コップに注いで渡してあげました。

 

「ああ、美味い。ありがとうな、G41」

 

 喉が渇いていたのでしょう。ご主人様は美味しそうに飲んでくれました。嬉しいです。少し塩が入っているので、ミネラルバランスが崩れることもないです。G41は気が利きます!

 

「それで、G41。アレを頼む」

 

「はい、ご主人様」

 

 ご主人様の命を受け、G41はお風呂場に向かいます。そして、42度に調整してお湯を入れます。

 ご主人様は風邪を引くと、熱めのお風呂に入って治します。お風呂で身体の芯を温めて汗をかくことで、病気を治すのです。

 そして、G41はあるものを用意します。ネットに入った、乾燥したレモンやみかんの皮です。G41はこういう時のために、普段からレモンやミカンの皮を取っておいて乾燥させておくのです。これで身体の芯から温まるお湯になります。

 お湯を張って、皮を漬けておきます。しばらくすると、柑橘系の匂いのする蒸気がお風呂場を満たしました。お湯の温度も40度まで下がってます。頃合いや良しです。

 

「ご主人様。お風呂の準備ができました」

 

「ああ。ありがとう、G41」

 

 ご主人様はそう言って、G41の用意したどてらを着て、頭を撫でてくれました。嬉しいです。嬉しいので、ご主人様に寄り添ってお風呂場まで行きました。G41は温かいのでご主人様の体温を保つ役に立てると思います。

 

 ご主人様がゆっくりお風呂に入っている間に、G41はご飯を用意します。風邪が治るようにお粥を食べてもらうのです。

 

 まず、柿葉茶のパック2つと水を大きなお鍋に入れます。そして、濃いめのお茶を煮出します。

 柿葉茶はビタミンが多く、熱処理しても壊れません。しかも、癖がなくて香ばしいので茶粥にうってつけです。

 お茶ができたら、パックを取り出してお米を入れます。そして、鍋底に焦げ付かないようにじっくりかき混ぜて、炊き上がるのを待ちます。灰汁が出たら、とることも忘れません。

 そして、ある程度煮えてきたら、火を中火と弱火の間ぐらいにして、卵を3つボウルに入れて菜箸でよく溶きます。そして、それを鍋に加えて、蓋をして、5分ほど蒸らしました。最後に出汁醤油で味を整えて、ネギを散らして完成です! 付け合わせには、ザウアークラウトを用意しました。

 

 お粥と漬物をお盆にのせて持っていくと、ご主人様はお風呂を出てベッドにいました。お風呂で温まったからか、顔色が少し良くなった気がします。嬉しいです。G41は元気なご主人様が大好きです。もっと元気になるようにG41は頑張ります。

 

「ご主人様、お粥をお持ちしました」

 

「ああ。すまん、G41」

 

 ご主人様の傍に小さなテーブルを置いて、その上にお粥と漬物を置きます。お腹が空いていたご主人様は嬉しそうにそれを匙で掬って食べました。

 

「…めっちゃ旨い」

 

 ご主人様がしみじみと言います。よく蒸らしたふわふわ卵と、出汁醤油と柿葉茶の風味が何とも言えないのだと思います。G41は嬉しいです。ご主人様のために一生懸命作った甲斐がありました。

 

「G41は本当に俺の天使だなぁ…」

 

 ご主人様がザウアークラウトをパリパリしながらしみじみと言います。超褒めて貰えたので、G41はとっても嬉しいです。天使とはどういうことなのかはわかりませんが、ご主人様にとってG41が役に立てればとても嬉しいです。

 

 ご主人様はお粥を3杯もおかわりして食べてくれました。これだけ食欲があればすぐに良くなると思います。口を漱いだご主人様はお休みモードです。

 というわけで、G41はもっとご主人様が安らいで眠れるようにしたいと思います。

 

「ご主人様、子守唄を歌いましょうか?」

 

「なん…だと…!?」

 

 G41の申し出にご主人様が驚愕して言います。G41は首を傾げました。そこまで驚くほどのことではないと思うのですが。

 

「ああ。ぜひとも頼む、G41」

 

「はい、ご主人様」

 

 ご主人様の許可が下りたので、G41は歌います。ご主人様、早く元気になってください。そんな思いを込めて一生懸命歌います。

 

「ゆ~りかご~の~う~たを~♪ カ~ナ~リア~がう~たうよ~♪ ね~んね~こ~♪ ね~んね~こ~♪ ね~んね~こ~よ~♪」

 

 G41は静かな声で、でも一生懸命歌います。こんな時のために、G41はお歌を一生懸命覚えて練習しました。ご主人様はG41達のために、世界を少しでも良くするために一生懸命働いてくれています。そんなご主人様のためなら、できる限りのことを何でもしたいのです。

 

「嗚呼… 天使の歌が聞こえる…」

 

 ご主人様がとっても嬉しそうにそう言いました。お歌の練習をして本当に良かったです。ご主人様に喜んで貰えて本当に嬉しいです。ご主人様、ゆっくりお休みください。そんな思いを込めて、一生懸命歌い続けます。

 

「ゆ~りかご~の~ゆ~めに~♪ きい~ろ~いつ~きがか~かるよ~♪ ね~んね~こ~♪ ね~んね~こ~♪ ね~んね~こ~よ~♪」

 

 しばらくすると、ご主人様の寝息が聞こえてきました。安らかに眠っています。ご主人様の寝顔は何だか可愛いです。ご主人様がG41の歌声で安らいでくれて嬉しいです。えへへ。

 ご主人様が寝ても、しばらくの間G41は子守唄を歌いながら見守ります。ご主人様、ゆっくりお休みください。

 

 翌朝、目を覚ましたご主人様の熱はかなり下がってました。ご主人様はG41は本当に俺の大天使だ、と喜んでくれて、抱きしめて超なでなでしてくれました。G41はとっても嬉しいです。ご主人様のために一生懸命頑張った甲斐がありました!

 

 でも、風邪はまだ完全には治ってません。G41は今日も看病します。まずはレモン水の補充からです。

 ご主人様、早く元気になって、いっぱい遊んでください! まる。

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。