【完結】天才科学者と恋の話   作:オルトルート
<< 前の話 次の話 >>

8 / 10
前回から少し時間がたったあたりのお話です。


篠ノ之束と愛の話

 某日 夕刻 篠ノ之神社にて

 

 ☆

 

 ……おまたせ。

 ごめんね、ちょっと待った?

 どこ行ってたのか、って?

 あそこだよ、ほら、見える?

 そう、あの離れ。

 

 

 覚えてるかな、キミも入ったことあるはずだよ?

 そう、束さんの第六号秘密基地。

 ちーちゃんとキミと、三人で作った秘密基地。

 あそこにちょっと隠してたものがあってね。

 ちょっと気になったから取ってきたの。

 ……何かって?

 あとで教えてあげる。

 

 

 それより見て、ほら、演武だよ演武。

 あそこで舞ってるのがマイプリティーシスター箒ちゃん!

 わかる? ちょうどちーちゃんの横あたりに見える。

 そう、その子。 綺麗でしょ?

 だよね!! 束さんもそう思う!!

 

 

 ……え? 束さんが、アレを?

 いやー、えー、あのー。

 あれはティーンエイジャーだから許されるものであってね。

 束さんが巫女服着てるの見ても誰も喜ばないだろうし……。

 お、おう。 なかなかコアな趣味を持ってるね。

 ……そのうち、一回だけ着てあげるから。

 今はちょっと、ね?

 

 

 ん? ここに来た意味?

 ほら、演武が終わって、そろそろ祭りも終わるよね?

 で、毎年恒例の花火をやるわけだよ。

 この場所はね、誰にも見つからずに花火を見るにはちょうどいい場所なんだ。

 ちーちゃんにだって教えてない、ホントのホントに束さんの秘密の場所。

 ふふ、キミに教えちゃったから、もう秘密とは言えないね。

 

 

 で、ここでキミと一緒に花火をみたいなーと思ったんだ。

 ほら、これも覚えてるかな、えっと。

 秘密基地を作った年の夏に――――。

 ……そう、勢い余ってその、キスしちゃったこと。

 ……その様子だと、しっかり覚えてるみたいだね。

 あはは、はは……。

 

 

 ん、んん!

 あの時は、何やかんやで花火を見れなくてさ。

 それ以降も、なんとなく気まずくなって、二人で花火を見ようなんて言い出せなくて。

 結局、今日まで延びちゃったんだけど。

 ――――今日ね、キミと一緒に花火を見て。

 ついでにキミにに見せたいものがあるの。

 っていうか、さっき取ってきたやつなんだけどね。

 

 

 えっと――――――――。 

 

 

 ☆

 

「これ、ちょっと読んでみてよ」

「……なんだこれ、ノート?」

 

 手渡されたのは、古ぼけた大学ノートだった。

 使い込まれた跡が相当残っている。

 表紙には篠ノ之束、とかわいらしい字で書いてあるだけで、他には何も書いてない。

 中に何が書いてあるのか想像もつかないが、汚れ具合からするに相当の量だろう。

 恐る恐るそのノートを開いて。

 

「…………なぁ束」

「なにさ」

「俺の見間違いじゃなきゃこれはあれか。

 ――――なんかの理論式か」

 

 篠ノ之束は何も言わなかった。

 ただ、笑みを深めて曖昧に頷くだけだった。

 しかし、――最近付き合いはじめて分かったことであるが――篠ノ之束は無駄なことは嫌う。

 しからば、この乱雑に書かれた数式のようなものにも意味があるはずだ。

 そう心を奮い立たせ、一心不乱に読み進める。

 

 そうしてからどれほど時間がたったか。

 読み進めている間、束は何も言わなかった。

 ただ、嬉しそうな瞳がこちらを覗き続けていた。

 

「……束」

「なにさ」

「なんだこの式。全然わかんねーわ」

 

 ひらひら、と手を挙げて降参の意を示す。

 式自体は理解できるものが多かった。

 しかし、その解はまったくもって理解不能であった。

 世の科学者の何割がこの式を理解できるというのか。

 いや、そもそも。

 

「……多分、これオリジナルの式をいくつか混ぜてるだろ」

えへへ、ばれちゃったか

「……」

 

 道理で途中から急に理解できなくなった訳である。

 解が出てきたと思ったら、他の解と不可思議な展開を見せ、新しい理論が顔をのぞかせる。

 その飛躍の一つでも論文にしておけば、篠ノ之束の功績がまた一つ増えるだろうが。

 こちらを微笑みながら見つめる彼女は、そんなことはしないだろうな、とも思う。

 意味不明な骨子から理論が構築されていく――――。

 このノートを表すならば、まさにそれだ。

 

「……で、結局なんなんだ、このノート」

「ふふ。 いいよ、教えてあげる」

 

 そういって、篠ノ之束はそのノートを手に取った。

 どこか懐かし気に、そして得意げに。

 その内容を、説明し始めた。

 

「このノートに書いてあるのはね。

 ――――ISコアの基礎理論、だよ

「――――は? 」

 

 

 瞬間、思わず気の抜けた声が出てきた。

 ISコアの基礎理論。

 篠ノ之束が生み出したIS、そのブラックボックス。

 それを紐解くカギが。

 こんな、古ぼけた大学ノートに――――?

 呆然とする俺をよそに、束は話し続ける。

 

 

「知ってると思うけど、ISコアの基礎理論っていうのは言っちゃえばISコアの作り方。

 で、今現在ISコアの製造法を知ってるのは、この地球上だと束さんだけ。

 それ以外の人間は知らなかったわけだけど」

「…………」

 

 

 ISコアの基礎理論は莫大な価値を生む。

 それは何十億、何百兆なんて言葉では言い表せないほどのものだ。

 なにせ、それを知れば、ISコアの製造技術を導き出せる。

 今まで束が独占してきたその方法が、世界に知れ渡る。

 その結果、何が起こるかなんてことは天才ではない俺でもわかる。

 ――――世界を変えるに足る力が、あちこちで乱立する。

 

 

「ふふ、ここに二人目が誕生しちゃった。」

 

 

 そんなことも予測できない束ではないだろう。

 いつにもまして何を考えているのか分からない。

 そこで、ふと気が付く。

 束は、笑っていた。

 声色も、どこか嬉しそうで。

 

 

「今、キミはこう思ってるでしょ。

 『なんでこんなことを今言うんだコイツは』って」

「……」

「むぅ、沈黙は肯定と受け取るよ」

 

 

 肯定も何もその通りだ。

 今の状況で、このノートを見せてきた意味が分からない。

 ついでに言えば、何故笑っているのかも理解できない。

 あのね、と束は続ける。

 

 

「――――キミに、知ってほしかったんだ。

 篠ノ之束が生み出したISのことを」

 

 

 そう語る彼女に、ふざけた様子は一切ない。

 ともすれば、本気で俺にISの基礎理論を見せたことになる。

 天才でも何でもない。

 篠ノ之束の彼氏というだけの、この俺に。

 

 

「きっと君が理解できないってことも分かってる。

 でも、知っておいてほしかったの」

 

 

 だってね、と束は続ける。

 無邪気に笑いながら。

 ためらう様子もなく。

 本当にうれしそうに、彼女は語った。

 

 

 

私の好きな人には、私の全部を知ってほしいと思うでしょ? 

「――――――――」

 

 

 あぁ、もう。

 初めからわかっていたことだが。

 俺は、コイツに勝てる気がしない。

 

 

「――――あー、でも困っちゃったな-。 

 キミが理解できなくでも、このノートの中身を流出されちゃったらなー。

 他の人が理解しちゃったら、束さんとーっても困っちゃうなー。」

 

 

 あまりにわざとらしく、感情のこもっていないセリフ。

 甘えたように声を出す彼女に思わず苦笑いを浮かべる。

 もしかして彼女は、俺がそう簡単に秘密を漏らす男だと思っているのか。

 そんなことはしない、と大げさに誓ってみればいいのか。

 何の気なしに、とりあえず弁明の言葉を言おうとして。

 

 

――――んっ

「――――」

 

 ――――束の唇が、俺の唇を強引にふさいだ。

 まるで、初めてキスしたあの時のように。

 いきなりかつ大胆に。

 けれど、初めてのキスとは真逆で。

 触れ合うように優しく重ねられて。

 俺の唇は、あっさりと束に奪われてしまった。

 

 

「――――だからね。」

 

 

 唇が離れていく。

 その感触は、まだそこに残っている。

 あんまり驚きすぎて呆然とする俺を見て何を思いついたのか。

 ぎゅっ、と束が抱き着いてきた。

 胸に顔をうずめるようにして、しっかりと抱き着いてくる。

 

 

キミはこれからずーーっと、束さんと一緒にいなくちゃいけない。

 なにせ、束さんの一番大事な秘密を握っちゃったんだから

 

 

 束が顔を上げる。

 笑みを浮かべていた。

 いたずらが成功した子供のように、無邪気な笑みだった。

 呆然としていた俺は、その笑みをただ綺麗だと思うだけだった。

 

 

束さんは君が秘密を漏らしたりしないように、キミを監視しなくちゃいけない。

 もちろん、いつだって、どこだって、ずっと隣で監視させてもらうからね。

 どんなことがあっても、ずっと、ずーーーっと一緒

「……束」

 

 

 あぁそうか、と理解する。

 これは、言うなれば、束なりの――――

 

 

束さんはそう簡単にキミから手を引かないよ。

 一生かかってもキミを監視し続けるかもね。

 ――――それでもキミは、一緒にいてくれる? 」

「……まったく、お前ってやつは」

 

 

 そんなの答えるまでもないだろ――――と。

 そう伝えるように、再び二人の唇が重なった。

 

 

 真夏の夜空に、大輪の花が咲いた。

 それは、まるで二人を祝福するかのようで。

 世界が闇に包まれ、黄金が暮れた今。

 輝きはまばらに、けれども確かにそこにあって。

 白と赤の花火が、いつまでも二人を照らしていた。

 

 




登場人物
・束さん
 ヒロイン。
 オリ主くんが好きすぎる。
 このあとめちゃ(

・オリ主くん
 主人公。
 束さんのことが大好き。
 このあとめちゃ(

いろんな質問
Q.束さん神社の娘なんだし巫女服着よう?
A.巫女っていうのは穢れの無い人しかなれないとかなんとか。
 つまり、そういうこと。

Q.ISコアの基礎理論ってなんだよ
A.ISコアの基礎理論です

Q.束さんの見せた大学ノートに書いてあるのはマジのやつ?
A.マジのやつ。

Q.二人はこの後どうなるの?
A.いつまでも二人、幸せに暮らしました。

 「天才科学者と恋の話」、これにて完結です。
 あとがき→活動報告にて公開予定


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。