いちゃいちゃ大好き提督日常   作:ぶちぶち
<< 前の話 次の話 >>

83 / 101
だっこの時間です

 こつこつと時計の音が聞こえる。もうすぐ昼になるのだろうか。

 春が訪れ深まる季節。陽光は暖かく。過ごしやすい季節だ。日の光が差し込む執務室は、静かに緩やかな時が流れていく。

 そんな中で、俺は時雨を抱き座っていた。

 

 まさかの対面し抱きしめ合う形。彼女のこぶりな胸が、俺の分厚い胸板にくっつく形。

 互いの鼓動が伝わっている。彼女の匂い。不思議と仄かに甘い香り。白露みたく、なんというか活動的な匂いでなく。涼やかな香りを感じた。

 

 抱き合う体は暖かい。これはイメージと違って、時雨は体温が高いのだろう。いつもクールだと思っていたせいか、妙に気恥ずかしい。

 変に興奮しないのは、照れながらも無邪気に甘える時雨のおかげだ。でもこれって、完全に入って。

 

 などと考えない。間違っても愚息を反応させるな。素直に甘えさせろ。

 俺は軍神だ。どや! うむ。わけが分からない。

「重くない?」

 

 耳元で彼女の声が聞こえる。儚い声でささやかれると、とてもくすぐったく心地良かった。一発だけなら誤射かもしれない。落ち着け。落ち着くんだ。

 いきなり甘えてきた理由は分からない。しかし、これが誘惑でないのは考えるまでもない。

 

「軽い位だ。ちゃんと食べているのか」

 下手したら響並に軽い。細身で、なんだろう。疲れを意地でつなぎ止めている体。

 …白露型で一番気を張っているのは、彼女なのだろうな。白露も認めるだろう。

「うん。お腹いっぱい食べてる」

 

 仄かに照れての言葉。ふふふ。可愛らしいぞ。

「なら良い」

 のんびりと時間が進んでいく。お互いに何も話さない。

 

 言葉を交わさなくても、ただ触れ合っているだけで心が伝わる。少し大げさな表現だが、あながち間違ってもいなかろう。

「提督」

 ぽつりとした呟き。とくんとくん、と彼女の鼓動が早まる。緊張が分かった。

 

 だからこそ何でもないように。落ち着いた声を意識して。

「ん?」

「頭、その」

 続く言葉がなくても分かった。それに続く言葉を待っていたら、恐縮して求めないだろう。…なでなでである。うむうむ。

 

「ああ。よしよし」

 彼女の艶やかな黒髪を撫で始まる。まずは頭のてっぺんを優しく。徐々に髪を梳く形で静かに撫でていく。手触りが良い。つやつやとした撫で心地だ。

 

「えへへ」

 嬉しそうな声が耳元で聞こえた。表情は見えないけど、きっと微笑んでくれているのではないか。嬉しいね。なんだか毒気を抜かれる反応。

 

 川内の頭を撫でた時とは違う。妙な感覚。完全に父性を刺激されている。

 甘えられているなあ。可愛いやつめ。うりうり。もっと甘えて良いんだぞ。

「…いきなりでびっくりしたよね」






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。