ゼノブレイド2×逆行(仮題)   作:フトモモ族ヒカリ派の人

1 / 2
逆行

 「うわぁぁぁ!?」

 

 少年は叫ぶ。

 体を襲う風圧と、頭を揺さぶる重力──浮遊感に負けないように。

 本能が忌避する、落下という行為。11メートル辺りから恐怖を覚えるというが、少年が不運にも足を踏み外したのはもっと上──世界樹と呼ばれる、雲海の遥か上方に聳える高空からだ。

 

 少年は眼下に広がる雲海を見て、それからせめて仲間たちと、大切なパートナーの顔を見ておこうと上を見て──

 

 「レックス!!」

 「何諦めとんねん、ボン!!」

 「手を伸ばせ!!」

 「レックス!! 諦めちゃ駄目だ!!」

 「アニキ!!」

 

 「みんな···!?」

 

 絶望した。

 ここまで一緒に戦ってきた仲間たちが、自分を助けようとしてか、或いは自分を信じてか、足場から身を踊らせて、或いは存在しない足場に踏み出して、共に眼下の雲海へと落下して──

 

 「いや、だ」

 「レックスっ!!」

 

 空中でホムラに抱きしめられる。

 だが、それは感傷を満たす以外に意味のない行為だ。せめて空を飛べる──

 

 「ホムラ、あの力を──ホムラ?」

 

 ホムラは驚愕と絶望を宿した目で眼下を見つめていた。レックスもつられて視線を下げ──

 

 

 

 ◇

 

 

 

 「うわぁぁぁっ!?」

 「きゃぁっ!? どうしたんですか、レックス」

 

 レックスが跳ね起きたとき、目の前にあったホムラの胸と顔。

 既知感に苛まれながら周囲を見渡すと、そこはいつぞやの湿地──グーラの巨神獣の背中だった。

 

 「え、え? なんで、ここ、グーラ···?」

 「ここに来たことがあるんですか? レックス」

 「え···何言ってるんだ、ホムラ、ここは···」

 

 ふと自分の腕が目に入り、違和感を覚える。

 黒いインナーと、青い外装。それは間違いなくレックスのサルベージャースーツであったが、もはや着ることの無かったハズのものでもある。

 その服は、ホムラとヒカリの全てを受け入れたときに得た力、世界を意のままに操るホムリ···或いはヒカラの力で「カッコいい」ものに変わったはずだからだ。

 

 「まさか」

 

 レックスは振り返り、もう一度振り返り、更に振り返り。

 

 「あぁもう!」

 

 ヘルメットを外して確認する。

 そこにずっと居た筈の保護者が、小さな巨神獣セイリュウが不在だった。

 

 「嘘、だろ···」

 「レックス···大丈夫ですか?」

 

 明らかに挙動不審なレックスを心配して、ホムラが声をかける。レックスは我に返ると、ホムラに真剣な眼差しを向けた。

 

 「ホムラ、確認なんだけど···オレのこと覚えてる?」

 「? もちろんです。 レックス、ですよね?」

 「違う、そうじゃなくて、えっと···オレの好物とか、オレの住んでた村の名前とか!!」

 「···」

 

 驚いたように目を見開くホムラ。レックスは期待混じりに見つめ返すが、ホムラの返答は否定だった。

 

 「ごめんなさい、レックス。命を共有してはいても、記憶までは···」

 「···あ、あぁ。いや、いいんだ。これから知っていけば良いんだしさ···そ、そうだ、じっちゃんを探さないと」

 

 予期してはいた。だがそれを受け止めるには、レックスのこころは未熟に過ぎた。

 

 ふらふらと、しかし方向を違うことなくセイリュウが落下した方に向かうレックスを、ホムラは心配そうに見つめながら後を追った。

 

 (どうなってるのかは分からない。けど···時間が巻き戻ってる、んだよな?)

 

 幸いにして、技術や経験は忘れていない。だが──

 

 「GAAA!!」

 

 威嚇の声を上げて突っ込んできたカエル型のモンスターを見るに、レベルは巻き戻っているようだ。

 数々のネームドモンスターを、そしてシンとメツという強敵を倒してきたレックスは、何分割もされた一秒の中で思考し、剣を構える。ホムラが焦ってエネルギーを供給しようとするが──

 

 「レックス、戻って!!」

 

 ──届かない。

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。