己がために   作:粗茶2号機
<< 前の話 次の話 >>

13 / 23
13話 着実に

 

 咎人の一人である剣士キリト。その者の《武装完全支配術》と私の《武装完全支配術》によって壁が破壊され、私達は外へと投げ出された。キリトは状況に応じてすぐに動ける人間のようで、私の手を掴み、剣をセントラル=カセドラルの壁の隙間へと差し込むことで落下を防いでいた。

 

「その手を離しなさい! 罪人に命を救われるなど、そんな恥を晒すことなど耐えられません!」

「おわっ! 暴れるなよバカ!」

「なっ!? 屈辱的な言葉を……。取り消しなさい!」

「いいや取り消さないね。こんなとこで暴れたって何も解決しないことが分からないからバカって言ってんだよこのバカ! あんたをここで死なせるわけにはいかないし、俺一人助かった時に俺は……ジークになんて言えばいいんだよ!」

「っ!」

 

 その名を出されて私は息を呑んだ。無茶苦茶な手段を取って、命を危険にさらしながらも会いに来てくれたジーク。三年ぶりに出会えて、まだ全然話をできてない。そんな彼のことを忘れて、生き恥なんて気にして死のうとしてたなんて。

 私が黙るとキリトは私の手を引き上げ、同じように壁の隙間へ剣を差し込むように頼んでくる。彼の腕が限界に近いらしい。私はその頼みを聞いて愛剣を差し込み、落下しかけたキリトの服を掴む。

 

「あ、ありがとう……」

「借りを返しただけです」

 

 キリトを持ち上げ、キリトがもう一度自分の剣へとぶら下がる。お互い二向き合ったところで私はふと気づいた。顔立ちや体格は当然違うのだけど、髪色と瞳の色はジークと変わらないということに。ジークはキリトと知り合いだと言った。ジークは"ベクタの迷子"だけど、キリトと生まれた場所が同じなのだろう。

 

「停戦協定を結ばないか?」

「停戦協定?」

「ああ。一人でここからどうにかするよりも、二人で協力した方が生存率も上がる。細かいことを決めても仕方ないし、どっちかが落ちそうになったらさっきみたいに助ける。どうだ?」

「……なるほど。たしかにその方が良いでしょう。ですが、この窮地を脱したその時から敵同士です。すぐさま斬り伏せますので」

「お、おう」

 

 冷や汗を流すキリトに冷めた目線を送りつつ、私は自分の鎧の籠手部分を鎖へと変えた。キリトはそれを見て物質変換術かと驚いていたが、そんなものを私ができるはずがない。知識の浅さを馬鹿にしながら今のは形状変化術だと教え、鎖をキリトへと渡す。鎖の端を腰へと引っ掛け、キリトもまた同様に引っ掛ける。これでお互い助けやすくなった。

 

「中に戻る手段は、壁をもう一度壊すか、下まで行くか、登るかだが……」

「壁を破壊するのは不可能でしょう。あの現象はお互いの《武装完全支配術》が衝突してたまたま起きたものです。狙ってするべきではないですし、足場もないですから」

「なら下か上かだな。たしか下に飛竜の発着所があるだろ? 飛竜で上までひとっ飛びしてもらうのは?」

「不可能です。最高司祭様の術式によって、飛竜はセントラル=カセドラルの一定の高さまでしか飛べません」

「なら自力で登るしかないか……」

「95階が《暁星の望楼》となっており、そこからなら入れます。そこまで登るとしましょう」

 

 そう決まったところでキリトが神聖術を行使し、杭を作り出す。それを剣と同じように壁の隙間へと差し込み、キリトがその杭の上へと登る。それを繰り返して上を目指すらしい。たしかに登る手段はそれぐらいしかないでしょうね。キリトが上がったところで私もキリトの一個下の杭へと移動し、剣をしまう。

 

「これなら行けそうだな」

「そうですね。ソルスが沈むまでに登れるのが望ましいです」

「だな。……それにしてもさすが整合騎士だな。こういうのも簡単にできるなんて」

「以前の私では無理だったでしょうね。足が竦んでいたと思います」

「そうなのか? じゃあ特訓したとか?」

「こんな状況を想定して特訓などするわけないでしょう。……ジークに連れられて《不朽の壁》を登らされてるうちに慣れただけです」

「……お疲れさん」

 

 私が目を遠くしてあの頃の気持ちを思い出していると、キリトが同情したように言葉をかけてくる。その声からして、キリトもキリトでジークの無茶に振り回されたことがあるのだと分かる。変な共通点があったものだと呆れたところで一度深呼吸し、気持ちを切り替える。中に残っているのはジークとユージオの二人。ユージオはキリトのように上を目指すはず。

 

 ──でもジークは?

 

 それが不安だった。ジークがどう動くかが予想できない。ジークは馬鹿なことをするけど、頭がキレる人だ。状況判断だって間違えない。さっきの「自分を斬れ」発言は怒ったけども。

 ユージオと一緒にいてもジークに戦う術がない以上足手まといになるのは明白。そんなことをすればユージオが不利になるのをジークが分からないわけがない。だからジークはたぶんユージオに同行しない。けど、じゃあジークはそこからどうするのか。それが分からない。もしかしたら他の誰かに捕まって処罰されるかもしれない。それだけは起きてほしくない。

 

「アリス?」

「はっ、すみません。ジークが何してるかが不安になって」

「あー、行動が読めないからな。けど、ジークはジークで上手いことやる奴だぞ? そこまで心配しなくていいんじゃないか?」

「素手でデュソルバート殿に挑んだんですよ?」

「何してんだあいつ」

 

 このことはキリトの想像も超えていたようで、キリトは頭を抱えた。デュソルバート殿とも戦っているはずだから、あの方の実力も身にしみているはず。だからこそ余計に頭を抱えるのでしょうね。デュソルバート殿の《武装完全支配術》では炎が発生する。そんな相手に素手で挑んでいるのだから。しかも自分の負傷を鑑みずに攻撃をしかける始末。そんなジークの心配をするななんて言われても到底できない話なのだ。

 

「ま、まぁそれも考えるとすると、やっぱ着実に登っていくしかないな。慌てず、可能な限りの速さで」

「そうですね」

 

 不安になったこの心境を切り替えることはできない。でも、ジークのことを知るためにはやっぱり中へと戻る以外にない。私は《暁星の望楼》を目指して登るのを再開した。

 

 

 

 今何階あたりまで登っているのかは分からない。でも、ソルスは既に傾いており、すぐに日が落ちる。そうなってしまえばリソースの供給が無くなり、杭を作り出すことができない。まだ《暁星の望楼》までたどり着けそうにないというのに。

 

「なぁ、あそこになんか凹みないか?」

「……ありますね。私も知りませんでしたが」

「なんとかあそこまで登って一休みするとしよう。杭は……作り出せないか。あと二本あれば着きそうなんだが」

「二本……。もしもの為にと考えていましたが、どうやら今がその時のようですね」

 

 私は残しておいた反対側の籠手を形状変化させ、二本の杭を作り出す。それをキリトへと渡し、また一段上がる。そうしたところでキリトがまた何かに気づき、私もそれ(・・)を目にした。こんな所にいるはずのない存在。人界に生存するはずがない存在。そもそも人界の者が作り出す術を知るはずがない。

 

「ミニオン……!」

「ミニオン?」

「ダークテリトリーにいる術者によって土塊から作られる動く石像です。それがなぜこんな所に……」

「こんな所に設置させられる奴は限られてるから自ずと答えも出るんだが……っ!」

「足場が悪いです! すぐに上の凹みへと行きましょう!」

「んなこと言ったって……!」

 

 ミニオンが三体動き出し、飛来する。この場でも戦えなくはないけど、もしどちらも体勢を崩してしまったらひとたまりもない。落ちるのを防げてもまともに戦えなくなる。だから先に上がってからミニオンを倒すべきである。でもミニオンの一体がキリトへと迫っている。キリトがなんとか撃退するのを見届けたら、鎖を少し引いてキリトの気をひく。

 

「この鎖を使って私を上へと飛ばしなさい! そうすればすぐさまお前も上へと引っ張りあげます!」

「整合騎士が考えるやつとは思えないが……、やるしかないか! しっかり掴まってろ!」

「っ!!」

 

 キリトが両手で鎖を握り、私も鎖を鎖を握りしめる。キリトが腰を落とし、思いっきり私を投げ飛ばす。軽く放物線を描くように飛んだ私は無事にたどり着き、今度は私がキリトを引っ張りあげる。正直言って飛ばされるのが怖かったから、意趣返しも兼ねて全力でキリトも飛ばすように引っ張り上げた。するとキリトは一度壁へと激突してから私と同じ場所に到達した。

 

「痛かったんですけど……」

「すぐさま引き上げる必要がありましたので。それよりも構えなさい。来ますよ」

 

 文句を言ってくるキリトを適当に流し、ミニオンへと意識を向ける。飛んでいるミニオンは三体。一体は先程キリトが迎撃した際に杭が一本胸に刺さっている。私の籠手から作った杭があのミニオンに刺さっているのはいい気がしませんね。というかもうあれ使いたくありません。籠手はまた新しく用意する必要が出てきました。

 二体のミニオンが私の方へ飛来し、その一体に杭が刺さっているミニオンもいる。先に飛んできたミニオンを一閃で切り裂き、後から来た杭付きのミニオンも一閃で終わらせる。杭付きの方では少し力んでしまいましたね。まだまだ修行不足のようです。

 

「……手伝う必要がありますか?」

「ない、よ! っはぁっ!」

 

 まだ倒していなかったキリトに少し煽りを入れると、キリトは珍しい剣技を使ってミニオンを倒した。四角を描くような四連撃。あれは見たことがありませんね。

 

「奇妙な剣術を扱うのですね。夏至祭で見世物小屋でもやればいいのでは?」

「そういう剣術じゃないよ。って、夏至祭に行ったことがあるのか? あれは庶民的なもので貴族も滅多に来ないし、そもそも整合騎士は民衆の前に姿を現さないもんなんだろ?」

「騎士見習いの時にジークに誘われたんです。ジークと合流出来たのは最後の舞踏会の時でしたが」

「まじであいつ何してんだ……」

 

 ジークの行動は、私からしても当然訳のわからないもの。身分を隠していたとはいえ、ジークもジークなりに推測は立てていた。それでもジークは私を友人として対等に接してくれて、惜しみもなく手を差し出してくれた。裏がなく、純粋に。だからこそ私もジークの誘いに乗っていたし、今もジークとの関係が続いていることに喜びを覚えている。

 また頭を抱えたキリトなのだけど、私はその頬にミニオンの血がついていることに気づいた。ミニオンの血は放っておくと病を呼ぶ。私は血を拭き取るようにキリトに言うも、キリトはそれを袖で拭おうとした。

 

「手巾の一枚も持っていないのですか。ジークはちゃんと持ち歩いていましたよ」

「すみません……」

「その手巾は洗って返しなさい。無論中に戻れば斬りますので、避けながら洗って返して斬られなさい」

「無茶苦茶だな!」

 

 冗談交じりに言ってはいるのだけど、手巾を洗って返してほしいのは本音。それに戻ればまた斬るというのも本音。だから、洗って返してもらうまでは待ってあげるだけ。それ以降は容赦なんてしない。……ジークにどう思われるか分からないけど。

 

 ──もしかしたら、嫌われるかもしれないわね

 

 そう思った途端胸が締め付けられる感覚を覚えた。私は膝を抱え、口元を膝で隠し呆然と前方を眺めた。いや、目を開いているだけで景色が脳に届いているわけでもない。ジークに嫌われたくないという思いが強くて、それ以外何も考えられない。

 

 ──どうしたらいいの……

 

 私は整合騎士だ。使命を果たさないといけないし、役割を捨てようだなんて思わない。だからキリトもユージオも斬り伏せる必要がある。そして、私の擁護が認められなければ、身の潔白の証明ができないジークも。

 そんなことはしたくないし、ジークに嫌われるのも嫌。だけど私は騎士の役割を果たさないといけない。教えてよジーク。私の心が痛まない、私が苦しまなくて、ジークも傷つかない方法を。

 

「──リス。おい、アリス」

「っ、……なんですか?」

「ほらこれ。ちょっとしかないが、食べないよりはマシだろ? ……あー、温めたほうがいいよな」

 

 キリトが手に二つの饅頭を持っており、それに神聖術をかけて温めようとしていた。しかし、キリトが行使しようとした術式では温まるどころか黒焦げになってしまう。私はキリトから饅頭を奪い取り、それを温めて一つをキリトに返す。気休め程度の量しかないが、キリトの言うとおり食べないよりマシ。

 

「ところでアリス。なんか距離空きすぎじゃない? 間に成人もう一人は余裕で座れそうなんだけど」

「ジークとの会話を聞いての判断です。お前は女の敵ですから、これぐらいの警戒は当然でしょう」

「それは盛られた話だと言いたいんだが……、アリスってジークのことだいぶ信じてるよな」

「えぇ。ジークは私に多くの刺激と経験を与えてくれましたから」

 

 ジークと過ごした期間は一年にも満たないし、日数ではなく時間だけで考えれば本当に少ない。だけど、その少ない時間でジークは本当に多くのことを教えてくれた。本人は遊んでるだけのつもりだったようだけど、私にとってはどれも大切な経験で、一つ一つが掛け替えのない思い出。

 

 ──これも(金細工)その一つね

 

「それは?」

「ジークが私にくれたものです。私は何も返せないというのに」

「へー」

 

 鎧の内側に入れていた首飾りを取り出し、取り付けられた蝶の金細工を手のひらに乗せ、その時のことを思い出す。これも忘れてない。ずっと持ち続けて、大切に手入れしている。

 

「……ん? 交換とかじゃなくて?」

「そうですが、何か問題でも?」

「いや、珍しいなって思ってさ。俺が知る限りジークが一方的に渡すのって他に一人しかいないんだよ」

「……一人いるのですね」

「でも本当に珍しいんだぜ? 要はそれだけアリスのことが特別なんだろ」

「へっ!?」

 

 特別? ジークにとって、私が? いえ落ち着きなさい。落ち着くのよアリス。特別というのはそう、友達の中でも特別というだけよ。ジークはきっとそういう考えよ。だってジークなのだもの。勘違いしちゃ駄目。キリトの言い方に問題があっただけ。だからこの熱くなった顔も冷まさなきゃ。この煩い鼓動も静かにさせなきゃ。でも……、

 

 ──でも本当にジークがそういう(・・・・)こと(・・)でくれたなら……

 

「アリス大丈夫か? なんか顔が赤い気がするんだが……」

「だ、大丈夫です。キリトの気のせいでしょう」

「ならいいけど。それにしてもアリスって神聖術上手いのな。さすがセルカのお姉さんだ」

「……は? お前今なんと!? 今なんと言いましたか!」

「……君には妹がいる。そう言ったんだよ」

「馬鹿な……私に……妹など……」

 

 キリトのその話は、私の熱くなった顔を冷ますには十分だった。早まっていた鼓動も止まったんじゃないかと思うぐらいの衝撃を受けた。私は天界から召喚された騎士の一人。五年間の鍛錬の後に最高司祭アドミニストレータ様に整合騎士に任命されたのだ。そのはずなのに、妹なんて……。

 

「君には妹がいる。もちろん父親も母親も。いや、アリスだけじゃない。整合騎士には全員元々家族がいるんだ。みんな大切な記憶を抜かれ、偽りの記憶を植え付けられてる」

「お前のその話が事実であるという証拠は?」

「明記に提示するのは難しい、かな。だから、俺が全て話すからそれから判断してくれ。俺達の目的のこともそれで理解してくれるだろうしな」

「……いいでしょう。聞いてから判断します。たしか、私の妹がセルカという子でしたね。……セルカ

 

 "セルカ"。知らない子の名前のはず。そのはずなのにどこか懐かしくて、愛おしいと思う名前。

 月がある程度登るまで私達はここから先に進めない。だから、それまでの間に私はキリトから話を聞くことにした。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。