己がために   作:粗茶2.5歳
<< 前の話 次の話 >>

15 / 35
15話 誓い

 

 腕の中にいるアリスの髪をそっと撫で続ける。アリスは真面目過ぎる子だし、私情よりも役割を優先しようとする。だから、自分が消えるという道を選んでいたわけだし、それを告げるのに相当心を押し殺したはずだ。優しい子だから。そんなアリスを消すなんてことは俺にはできないし、させる気もない。たしかに今ここにいるアリスがアリス・ツーベルクから居場所を奪った。それは否定しようのない事実だ。だが、消えていい生命なわけがない。そんな生命などこの世に存在しない。たとえどんな悪であろうと、見る位置を変えればたいていが正義だ。正義のない悪のみが許されない存在だろう。

 

 ──建前なんていくらでも言える。だが、重要なのは本音だ

 

「そんなわけだキリト。この戦いが終わったら、俺はキリトとユージオの敵に回る」

「だと思ってたよ」

 

 肩を竦めてヤレヤレと首を振ったキリトは、それでもどこか嬉しそうに頬を緩ませていた。キリトの本音は「選べない」なんだろうな。だからこそアリスの事はユージオの意志に委ねようとしていたのだろう。アリスの記憶を戻し、取り戻すためにここまで来たユージオを優先する。それがキリトの考えだ。

 そして俺の考えは記憶を戻さない。俺が知っているのはこのアリスだけだから。強くて優しくて、そして弱いこの子だけだ。だからこそ俺はこの子を守る。たとえ戦友を敵に回しても、ユージオの意志を蹴り倒してでも。そんな俺の考えはきっと"俺らしい"のだろう。キリトがどこか嬉しそうにしていたのも、俺が変わらない言動を取るからかな。

 

「んっ、ジーク。もう、大丈夫です」

「そう? っとアリスジッとして」

 

 顔を上げたアリスに腕を離してくれと頼まれたので、俺はそれに従ったが、アリスの顔を見て止まるように言った。涙の跡があるから、それを拭くためだ。ポケットからハンカチを取り出し、そっと拭いてあげる。俺がハンカチを持っていることにキリトが驚いていたが、俺も驚きだ。シェスキ家に滞在していた間にハンカチを持ち歩くように習性が付いたのだから。元々は持ち歩いてなかった人間だからな。その度に母さんに腹パンされるんだがな。

 

「……ありがとうございます」

「どういたしまして」

「なぁジーク。ユージオはどこだ?」

「あーそうだった、そうだった。それについて俺も相談したいことがあってな」

「相談したいこと?」

「ここで話すより、一回見てもらった方が早いな」

 

 首を傾げるキリトとアリスを連れ、俺は下の階へと案内する。俺が二人に見せたいというか、相談したいことは風呂場で見たあの光景についてだからな。氷漬けになった大きな浴槽に石化した誰かがいるなんて、口で説明して説明しきれるわけがない。

 俺のすぐ横をアリスが歩き、キリトは一歩下がった位置で着いてきてる。なんかキリトが後ろにいるのは慣れないというか、蹴りたくなるな。いつも俺が後ろからフレンドリーファイアしてるから。だが、今回は俺が案内しないといけないから仕方ない。我慢するとしよう。

 

「ん? アリスどうかしたか?」

「い、いえ。なんでもありません」

 

 袖を握られたから何かあるのかと思ったんだが、アリスは何でもないという。ならなんで袖を掴んだのかと聞きたいが、それは聞かないほうがいいんだろうな。それに、なんとなく分かる。以前同じようなシチュエーションもあったからな。これでもし違ったら俺は恥ずかしさでさっきの場所からスカイダイブしてやる。

 

「っ! ジ、ジーク!?」

「俺がこうしたいから。駄目か?」

「……どうしてもと言うなら仕方ありませんね」

「ははっ、ありがとう」

 

 袖を掴んでいたアリスの手を握る。きっとこうするのが正解だろうからな。プライドか、恥じらいなのか、アリスの方からは来なかったから、俺からのお願いという形でこうする。アリスは仕方なしに許可しているという体で応じて顔はそっぽを向いた。それでも頬が緩んでいるのは見て取れるから、これで良かったのだろう。

 後ろでキリトが「コーヒー欲しい」なんて呟きやがったが、言わせてもらおう。お前は普段からこれ以上に甘い展開を見せつけてきているのだと。しかも相手がコロコロ変わっているからな。本当にお前は刺されないのが不思議だわ。いつか刺されてしまえ。……あ、こいつリアルでラフコフのメンバーに刺されたんだった。

 

「着いたな」

「ここは?」

「大浴場になってたんだが、ま、俺が言いたいことはすぐに分かるさ」

「……っ! これは、冷気か?」

 

 扉から漏れる白い煙。それは大浴場の湯気じゃない。ユージオの力によって凍らされた浴槽からから漏れでる冷気だ。俺が先に中に入って、手を繋いでいるアリスがその後に入り、キリトが続いて入ってくる。アリスは鎧を着てるからマシかもしれないが、ただの服を着てるだけの俺とキリトは普通に寒い。マジで寒い。できれば即刻出たい。

 

「氷ってことはユージオがやったことだと俺は思ってたんだが、合ってるか?」

「……ああ。ユージオの《青薔薇の剣》もあるし、間違いないだろう」

「あれそんな名前なのか。キリトのは?」

「黒いやつ」

「死ね」

「辛辣!! まだ名前を決められてないだけだから! ちゃんとしたやつをまだ考えられてないだけだから!」

 

 いや自分の剣の名前を黒いやつって呼ぶとか、どうかしてるとしか思えないな。しかもなんだよ、『ちゃんとしたやつを考えられてない』って。変なやつなら考えついてるみたいじゃないか。みたいじゃなかったか。黒いやつだもんな。

 俺とキリトが茶番していると、右手が強く握られた。もちろん握ってきたのはアリスだ。アリスの方に視線を向けると、信じられないものを見るような目である一点に釘付けになってた。その視線をわざわざ追わなくたって分かる。石化してる誰かなのだろう。俺は黙って足を動かし、アリスと共にその石化した人に近づく。ある程度近づいたところで足を止め、アリスとも手を離す。その瞬間アリスはその石化した人に駆け寄った。

 

「小父様!」

「その人は?」

「騎士長ベルクーリ閣下です……。なぜ小父様がこのような目に……!」

「キリト。ユージオが石化させられる可能性は?」

「ないな。俺もユージオもそんな高度な術式は知らない」

「……元老長です」

 

 ないとは思っていたが、一応キリトに確認してみるとやはりユージオの仕業ではなかった。まぁ、愛剣を放ったらかしにして姿を消すわけもないしな。ならやはり別の誰かになるわけだが、アリスが答えを出してくれた。元老長なんて言われても俺は全くピンと来ないんだけどな。ユージオから細かく教会の構造を聞いておけばよかった。……ん? 過去に聞いたこともあったような……。忘れてるだけか。

 

「元老長や最高司祭が使用できる高位の神聖術だと聞いています。ですが、最高司祭アドミニストレータはあの場から出ることはない。自ずと元老長だと絞り込めるのですが……、こんなことを……小父様がこんなことをされる謂れはありません!」

「アリス……」

 

 涙を溢すアリスに寄り添う。何か言える立場でもないし、何かしてやれるわけでもない。だから、ただ寄り添うことしかできない。己の無力さを痛感しつつも、そんな弱音をアリスに悟られないように振る舞う。

 アリスが溢す涙が騎士長へと落ち、まるで呪いが解けるようにその箇所からひび割れていき、騎士長の首から上の石化が解ける。石化してる状態では分からなかったが、その眼を見ればよくわかった。この騎士長の器の大きさも強さも。とても俺では敵わないだろうな。ところで騎士長さん。開口一番がアリスに向かって「泣いたら美人の顔が台無しだぞ」って、あんたもなかなかに誑しだな。

 

「嬢ちゃん……右眼の封印を……破ったのか。このオレが……三百年かけてできなかった……ことを……」

「小父様……」

「……横にいるのは……そうか、お前が(・・・)

「え、どゆこと?」

「気にするな。大したことじゃ……ねえから」

 

 そう言われた方が余計に気になるんですけどねー! すんごい思わせぶりなことを言っておいて、大したことじゃないってどういうことだよ! 絶対大したことだろ!

 俺の心中を思いっきり叫んでやりたかったが、今はそういう状況じゃない。俺もキリトも完全に部外者だ。アリスに騎士長と話してもらおう。石化を解いたのも一時的なことだろうからな。

 

「嬢ちゃんなら……できる。公理教会の過ちを……正し……。歪んだ世界を……導くことが……」

「……私には……」

「一人で……やる必要は、ないさ。そうだろ? ボウズ」

「全くその通りですね。すぐに一人で抱え込むのはアリスの悪い癖だぞ。それと騎士長。俺の名前はジークだからな」

 

 難しいことほど。大きなことほど一人で何とかしようと考えるアリスの頭を軽く小突いて注意する。俺と騎士長に咎められたアリスはシュンとしたが、今回は放置だ。たまには反省してもらおう。

 

「俺と戦ったユージオのことだが、おそらく元老長チュデルキンに最高司祭殿の部屋へ……連行された。急げよ……記憶の迷宮に……囚われる前に」

「あぁ」

「それと、ジーク」

 

 俺の名を呼んだ騎士長が目を鋭くして俺のことを見てきた。敵意があるわけじゃない。俺のことを見定めているのだろう。俺はそれに動じずにジッと見返す。間違った評価をくだされたって面白くないからな。ぜひとも俺という人間を理解してもらおうじゃないか。

 5秒ほど見られたら、ふっと騎士長が口角を上げた。嘲笑われてるのでもなく、面白がられているわけでもない。騎士長の中で何か落ちるものがあったのだろう。

 

「なるほどな。だからか(・・・・)

「マジで先程からなんですか?」

「ジーク。お前はアリスを守れるのか?」

 

 俺の質問は無視ですか。そうですか。まぁ別にいいんだけどさ。だって騎士長と話せる時間ももう長くないんだから。俺の話に付き合せたら時間が足らないわな。

 脳内で軽い調子で考えるのも程々にして、俺は表情を引き締め直して騎士長の目を見る。相変わらず鋭さが消えないその眼光に、俺は俺の意志を伝える。嘘偽りなく、ずっと決めていることをな。

 

「守れるかどうかのその質問に意味は無いですよ」

「……ほう?」

「俺はアリスを守る。誰が相手だろうと、どれだけ強い奴が立ちはだかろうと関係ない。俺は必ずアリスを守り抜く」

「くくっ、……なるほど……な。安心……したぜ。……アリスを……頼む」

「言われずとも」

 

 再び石化した騎士長に、元老長の術式をかけられた状態から僅かな時間とはいえ自力で解除した騎士長に敬意を評すと共に、決意を己の心に刻みつけ直す。隣で涙を流すこの心優しい少女を何がなんでも絶対に守り抜くと。

 

「ジーク……」

「ん。おいで?」

「はい……」

 

 敬愛する騎士長のこの惨状に心を痛めたアリスの髪をそっと撫でる。騎士長と話せたから、アリスも決意が固められたとは思う。だが、それはそれ。流れる涙とはまた別。だから俺は、アリスが弱音を吐ける場を作る。アリスが弱ったときに逃げられる場所である。そしてまたアリスが前を向けるように。

 アリスが落ち着くのを待っている間に、キリトは《青薔薇の剣》を回収し、右腰に引っ掛ける。バランスを取るために調整してたってことは、神器ってのはそうとう重たいってことだろう。

 

「……剣を二本持つとは酔狂ですね」

「キリトだからな」

「それで俺の説明を片付けようとすんのやめてくれね? ユージオにこれを届けるために持ってるだけだからな? 神器二本はさすがに無理がある」

「でしょうね。秘奥義も使えないでしょうから」

 

 秘奥義ってのはたしかソードスキルのことだったな。騎士たちはソードスキルをさらに昇華させてるようだけどな。ソードスキルとは思えないぐらいに威力が高いんだったか。秘奥義は単発系のしかないらしいけど。連続のは連続剣と呼んでるらしい。

 で、二本だったら秘奥義は使えないと……。どうせキリトのことだから神器二本でも使うんだろうさ。知ってる知ってる。キリトは結局そういうのをできちゃう奴だってお兄さん知ってるよ。俺はやろうとも思わないけども。まず刀ほしい。

 大浴場から出て上へと戻っていきながらアリスとキリトの会話に耳を傾ける。俺がちゃんと聞いたのは最高司祭の話ぐらいなんだけどな。アリスが記憶を失い、目覚めたばかりの時に話したことがあるということ。その時に抱いた恐怖心が、教会に従わないといけないとアリスに思わせたらしい。

 

「さっきのとこに戻ったが、この上が元老院なんだよな?」

「はい。元老院があり、最上階が最高司祭の部屋となっています」

「残り5階……。ユージオも上にいるわけだし、ちゃっちゃと行きますか」

「ジークはもっと緊張感を持ってください」

 

 緊張感を持てと言われてもな。会ったことはなくても、たとえどれだけ長く生きてる奴が相手だろうと、同じ人間であることに変わりはない。どれほどの強さだろうと関係ない。持てる力のすべてを出し切って倒すのみ。油断なんてしない。そして、心には余裕を持って挑む。それが俺のやり方だから。口調が軽いだけでやることは重たく考えているから。

 アリスがそれを知っているわけでもないから、こうして苦言を呈されるのも無理はない。キリトからのフォローが入ったところでアリスも渋々頷くってだけで、まだ「本当にこいつ大丈夫か」みたいな目してる。大丈夫だっての。信じていただきたいものだね。

 そんなことをしているうちに一階分の階段を駆け上がり、元老院がある階にたどり着く。さっきの《暁星の望楼》までは豪華できらびやかな場所ばかりだったのだが、元老院はその反対だな。全く豪華じゃない。というか暗くて陰湿な印象を受ける。

 

「奥に扉があるが……、なんでここになっていきなり小さいんだろうな」

「さぁ?」

「二人とも意識を切り替えてください。元老院は私達整合騎士以上の神聖術を行使できます。ですが、近接戦は人並みです」

「なら近接戦に持ち込むしかないな」

「私が神聖術を防ぎます。その間にキリトが斬り込んでください」

 

 たしかにアリスの《武装完全支配術》なら神聖術を防げるだろうな。応用が効くから。汎用性がずば抜けて高いのも《金木犀の剣》の強みの一つだろう。キリトは魔法系の敵を大の苦手にしているが、妥当な采配だ。キリトの剣がアリス以上に応用が効くなら話は別なんだけどな。これにはキリトもぶつくさ言いながらも納得した。我儘を言える状況でもないのだから。

 

「俺とキリトが前に出りゃいいってわけだし。分担すりゃ楽だろ」

「ジークは私の後ろです」

「はい?」

「武器を持っていないのだから当然でしょう」

「素手でデュソルバートさんと戦ったけど?」

「それで死にかけてたじゃないですか」 

 

 たしかに死にかけていましたけども。今はあの時と状況が違うじゃん。キリトもいるし、アリスもいる。元老院の数は知らないけども、二人だけに戦わせるのはなんか違う。戦いの勘だって戻ってきてるから、デュソルバート戦よりは負傷せずに済むはずだ。何よりも、アリスの後ろにいてはアリスを守ることができない。

 だからここは譲る気なんてない。アリスに何と言われようと俺は前に出て戦う。神聖術だって俺は習ってないからどういうのがあるのかなんて知らない。そもそもリソースが少ないこの場では悪手にしかならない。前に出て戦うしかないし、俺もそれ以外できない。アリスに目でそう訴えるも、アリスだって譲る気はないらしい。折れることなく目を見返してくる。そんな俺たちの仲裁をしたのはキリトだった。折衷案も提示してきたしな。

 

「ジークは一回しか戦ってないんだろ? 経験が少ないわけだし、最初はアリスの後ろにいてくれよ。そこから状況に応じて動く。それでどうだ? ジークなら見てるだけでも掴めるものがあるだろ」

「……はぁ。俺はそれでいいよ」

「キリト、ですがそれでは結局ジークが……!」

「俺達で全部できるならジークも動かなくて済む。そうだろ?」

「それもそうですが……分かりました。ここで時間をかけるわけにもいきませんしね」

 

 俺もアリスもキリトが出した案に納得するということで戦法が決まった。冷静に考えてみれば、後ろなら後ろで全体の様子が見れる。それはそれでアリスを守ることにも繋げやすい。

 俺達はキリトを先頭にして、身を屈めないと通りにくいほどに、妙に小さい扉を通って元老院に突入した。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。