己がために   作:粗茶2号機
<< 前の話 次の話 >>

7 / 23
7話 プレゼント

 

 さてさて、今日はどこに行こうか。丸一日使っても南は満足に散策できないから行ってないし、西側はそれなりに楽しめた。東側は新鮮味に欠けるからなー。どうしたものかと考えていると、向かい側に座って紅茶を優雅に飲んでいるアリスが首を傾げた。どうやら俺が何も考えられていないことが不思議らしい。

 

「俺だって思いつかない時があんの」

「私はまだ何も言ってませんが……。当たってますけど」

「西も東もそれなりに行ったしさー。壁登るのだって一苦労だし」

「そうですね。私も慣れたとはいえ登りたいとは思いません」

「それなんだよなー。アリスが慣れちゃったから反応が薄くて」

「……お前、私の動転を見て楽しんでましたね?」

 

 自分の失言に気づいて顔を横にそらす。前方から無言の圧力がかけられてくるが、ここは耐えることにしよう。なんとかして話題を変えたいところだが、今日をどう過ごすかが問題なのだ。変えられる話題がない。

 俺が冷や汗を流しながら必死に話題を探していると、アリスがため息をついてカップをソーサラーの上に戻した。圧力も無くなったということは、ひとまずは許してくれるらしい。それどころか話題まで提供してくれた。ありがたいね。

 

「言われてみればたしかに、アリスにはまだ案内してない場所があるか」

「ええ。第七区と第八区はまだです。かれこれ八ヶ月は経っているのですがね」

「早いもんだな。まぁ、アリスが抜け出してこれるのも数少ないし、むしろ月に一回ぐらい出てこられてるのが凄いよな」

「苦労しますけどね」

 

 苦労の一言で済ませられることでもない気がするだよな。アリスは俺みたいにぶっ飛んだやり方で出てきてるわけじゃない。たしかに箱に入って出てくるのはなかなかな思考をしている。だが、それでも正規の方法だ。手順はちゃんと踏んでいる。むしろそれを疑問に思わずに毎回運んでる人の思考を疑いたい。

 さて、第八区はぶっちゃけてそこまで目新しいものや面白いものがあるわけじゃない。やっぱり行くなら第七区だろう。そろそろサードレの爺さんのとこに行こうって思ってたしな。今日行こうと思ってたのはさっきまで忘れてたけども。

 

「第七区ですか?」

「うん。ちょっと俺の用事もあるし、ちょうどいいだろ?」

「私は案内してもらう身。ジークの都合もあるのでしたら優先してもらって構いませんよ」

「大したようでもないから、適当に回りながらになる」

「わかりました。では早速行きましょうか」

 

 紅茶を飲み干したアリスが席を立ち、俺もそれに続く。会計を済ませて目指すは職人の街とも言える第七区。ちなみに俺の遊び場の一つでもある。何度店に行っても、職人たちそれぞれのこだわりがあるから見てて飽きない。次々と新作を作るしな。

 俺が何度も第七区に足を運んで抱いている感想をアリスに話すと、アリスは第七区に興味を持ってくれたようだ。素晴らしい腕の技師たちがいるんだなって楽しみにしてる。アリスの目にあれらがどう映るかはわからないんだけどな。アリスってだいぶいいとこの子っぽいし。

 

「……ジークは貴族についてどう思いますか?」

「おもむろにどうした」

「ジークの意見を聞いてみたかったので」

「なるほどね」

 

 ギャルゲーであれば私の家柄についてどう思いますかってことになって、それはつまり私についてどう思いますかって質問である。だが残念だな。これはギャルゲーの世界ではないのだ。そしてアリスもヒロインじゃない。一人の人間で、聡明な人物だ。そういう意図があっての質問じゃない。言葉通りに貴族に対する俺の意見を聞きたいのだろう。

 

「中流貴族は貴族だなってだけだし、下級貴族はむしろ親しみやすい。上流貴族に関してはいけ好かない奴って考えだな。仲良くなりたいとは思わないね。アリスは別だけど」

「そうですか。私とあまり意見が変わりませんね」

「そうなのか?」

「はい。私も上流貴族にあまり良い印象を抱いてませんので」

 

 これはまた意外……でもないか。むしろアリスらしい気がするし、アリスがちゃんと見えていることに安心した。俺の勝手なイメージでは、地位が高いほど貴族が腐ってる気がするんだよな。三等爵家までしか見たことないから、上二つは知らないんだよな。とりあえず三等の時点でなかなか酷いもんだったよ。

 

「お、ジークじゃねぇか。可愛い子連れてるなんて……引っ掛けたか?」

「俺はそんなことする遊び人じゃないんだけどな」

「そうですよ。それに私だってそんな男に引っ掛けられるほど愚かではありません」

「はははっ、そりゃ悪かったなお嬢さん。それでジーク。店には寄っていくのか?」

「そうしようかな」

 

 第七区に入ってしばらくしたら、知り合いの職人に声をかけられた。店にいないのが珍しいが、荷物を見る限り買い出しに駆り出されたんだろう。奥さんはまだ幼い子供の面倒を見てるし、この人の店は人の出入りが多いわけじゃない。売ってるものは物珍しいものばかりで、値段も高いからな。生計は立てられてるみたいだけど。

 この人の店どういう店なのかとアリスが目で聞いてくるが、見てからのお楽しみだと返しておいた。俺のこの返しも予想はしてたみたいで、ため息をつかれたよ。パターンが読まれるのは少しばかり面白くないが、弄ろうと思えばこの返事からでも弄れる。今はやんないけど。

 

「ここがオレの店だぜ」

「相変わらずの閑古鳥」

「うるせぇ。生活できる程度には稼げてるし、なんだかんだで余裕もあるぐらいなんだよ」

「そうじゃないと妻子を育てられないしな」

「お子さんもおられるのですか?」

 

 妻子という単語を聞いてアリスが反応した。やはり女の子だからなのだろうか。男の俺が初めて子供の存在を知ったときよりも食いついてる。母性本能の一種なのか、少なくとも女の(さが)ではあるんだろうな。

 アリスが食いついたからか、気を良くしたオッサンが店の奥──つまり家の中へと案内してくれた。テキトウに上がるオッサンや俺とは違って、アリスは落ち着いた足取りで家へと上がる。今更ながらに思うが、俺はこんな上品な子と遊んでるんだな。住む世界が違うな。……元からか。

 

「あらジークくんいらっしゃい。また来てくれたのね」

「たまたまそこで出会ったので。今お子さんは寝てるようですね」

「さっきまではしゃいでたから疲れたみたい。ところでそちらの子は彼女さん?」

「申し訳ありませんが、私とジークは冗談でもそういう仲ではありません」

「辛辣だな。ま、友達ですよ」

 

 なぜかこっちにジト目を向けて辛口な口調で言ってくるアリスに肩を竦め、オバサンにアリスを紹介する。紹介と言っても名前ぐらいなんだけどな。俺はアリスのことをさっぱり知らないし、アリスも話そうとしないから名前しか情報がない。憶測はついているが、憶測で話すもんでもない。

 昼寝しているお子さんをアリスと二人で眺め、その間にオバサンがお茶を用意してくれる。アリスは遠慮していたが、用意された以上受け取るしかないだろって説得した。アリスはお子さんの話をオバサンから興味津々に聞き、俺とオッサンはそれをつまみにお茶を飲む。

 

「そういやジーク。サードレさんとこで何か作ってたんだっけか?」

「あー、まぁな。興味本位でやらせてもらった」

「興味本位であの人がやらせてくれるとは思えないんだが……」

「やり方ってもんがあるんだよ」

 

 たんに設計図とか完成図を書いて、これを作りたいから工房貸してって言っただけなんだけどな。設備的にサードレの爺さんとこぐらいしか作れそうになかったし、爺さんもその図に目を通して渋々貸してくれた。自分のとこでしか作れないって爺さんも思ったからだろうな。

 工房のことは極秘事項だから、オッサンに聞かれても何一つ教えてやらない。不貞腐れ始めたが、そもそもオッサンと爺さんのジャンルが違うだろうに。爺さんは金細工でオッサンは骨董品なんだから。そうやって何故か年上を諭していると、後ろから泣き声が聞こえた。お子さんの声だな。振り返ってみると、あやそうとして失敗し、困惑しているアリスが目を若干潤わせてこっちを見ている。時たま可愛いとこ出るよな。

 

「何してんだよアリス」

「お子さんが起きまして、それで抱っこしていいと言われたのですが……」

「貸してみ。泣きやませるから」

 

 アリスが抱きかかえている子を受け取り、子供の脇に手を添える。この子はたしか二歳だったかな。多少動きがあったほうが泣き止む。なんせあのオッサンのの子だし、男のだし。ってなわけで腕を上げていき途中で手放す。バスケのレイアップみたいな感覚だな。少し手から離れるって感じ。子供が一瞬宙に浮いて、すぐ落ちてくるのを優しくキャッチ。そしてアリスに強奪されるのが落ち。

 

「何すんだよアリス」

「お前が何してるのですか! 子供を少しとはいえ投げるなど! もしものことがあったらどうするのですか!」

「絶対落とさないし、アリスも備えてくれてたじゃん。それに、こうした方が泣き止む」

「そんなわけないで……しょ。……あれ?」

「泣きやんでるだろ?」

 

 アリスに抱きかかえられてるお子さんは、泣きやんでるだけでなく楽しそうにキャッキャ笑い声を上げている。それに唖然としてるアリスにドヤ顔を向けると足を踏まれた。理不尽なことで。

 オッサンが何度もこの子をポンポン投げてるからな。この子はこれが大好きなんだよ。それをアリスに教えてやったが、アリスは子供を投げるなんてできないって首を横に振った。だから別のやり方でこの子を笑わせる方法を教えてやると、嬉々としてそれをやってた。現金な子だねー。

 

「ふふっ、ジークくんとアリスちゃん。夫婦みたいね〜」

「夫婦!?」

「いやいや、この年齢でこの年の子なんてないでしょ」

「冗談よー。でも、そう見えちゃったんだもん」

「そうですか。っと、アリス。そろそろお暇しようか。サードレの爺さんとこ行くから」

「え……」

 

 すんげぇ名残惜しそうな顔するなー。そんなにその子と戯れるのが楽しかったのか。たしかに赤ん坊って可愛いからついつい構っちゃいたくなるけどさ。今日の目的はここで時間を潰すことじゃないんだから。ここも第七区だけど、全然見て回ってないだろ。

 渋るアリスを諦めさせ、二人に礼を言って家を出た。てか、そもそも店の方に来るはずだったんだが、アリスが楽しめてたし別にいいか。俺は何度でもここに来られるし。

 

「あの子……可愛かったですね」

「まぁな。……女の子ってやっぱ母親になることに憧れるのか?」

「そう、ですね。こうやって実際に見てみると、自分の子を育てたいって思ったりするものですね。どうしてそれを?」

「いやな。知り合いでそういう子がいたから、アリスもそうかなって」

 

 思い出すのは別の仮想世界で出会った少女。共にゲームを駆け抜け、共に実力を高め合い、共にいる時間を、あの幸福を謳歌した。何年も前の話ってわけじゃないのに、あの日々が懐かしい。

 

「ジーク?」

「……ん? どうしたアリス」

「いえ、珍しく哀愁がただよっていたので。あの、私何かしてしまいましたか?」

「そんなことないぞ」

 

 俺達はお互いに踏み込まないでいる。一定の距離を保つために。だからこそ知らぬ間に地雷を踏んだり、触れるべきでないところに触れてしまいかねない。今までそんなことはなかったのだが、俺がちょっと黄昏れてたからかな。アリスが自分に非があるのでは、と申し訳なさそうにしている。本当にそんなことはないから、俺は気持ちを切り替えてアリスの髪を雑に撫でる。頬を膨らませて怒るアリスにいたずらっぽく笑いかけ、サードレの爺さんの店へと足を運んでいく。

 

「爺さん来たぞー」

「呼んどらんがな」

「まぁまぁそう言わずに。俺も置いてたやつを取りに来ただけだし」

「むしろなんでお主は作った時に持って帰らないんだ……」

 

 なんでだろうな。俺も不思議だわ。というのは冗談で、保管場所としてこの店の方がいいと判断したからだ。なんせ俺の部屋って屋根裏部屋だからな。金細工だから保管に慎重にならないといけないってわけでもないが、気にかけるに超したことはない。そんなわけでここに保管させてもらっておいたのだ。

 

「見事な品ばかりですね」

「この人は一級工匠の認定を受けてるらしいからな」

「なるほど、道理で」

「どうせジークは何も買う気ないだろ」

「自分で作ったしな」

 

 俺が自作したということに、アリスは目を見開く。そこまで驚くことかと思ったが、普通に考えて驚くことだな。ド素人が金細工を作ったのだから。リアルの方で言うと、全部金属でできてるアクセサリーを自作したってことだもんな。俺にはできない。この世界だからできる。そのへんファンタジーで許されてるから便利。

 爺さんが俺の作った金細工を取ってきてくれて、俺はそれを受け取る。アリスが中身に興味を持っていたが、まだ見せてあげない。この店の中で見せると周りにある品に完全に埋もれるからな。技術職だけあって一朝一夕じゃ大したもんは作れない。

 

「後で必ず見せてくださいね」

「それはもちろん」

 

 アリスに見せると約束して、この店に置かれている物を二人で見ていく。どういう系統が好みだー、とかな。とても俺に買える値段じゃないから俺は見るだけ。アリスはどうするのかと思ったが、アリスも買うのはやめとくらしい。そんな中、アリスがふと目線を上げた。その先にあるのは、金細工のこの店には珍しいもの──剣がある。俺は剣にそんな興味ないから、ふーんで終わったけど、アリスはそうでもないらしい。

 

「いい剣ですね」

「まぁ、刃先まで精魂に作られてるしな。剣に興味あるのか?」

「……多少は。ジークは?」

「ない!」

「即答ですか……。お前なら興味あってもおかしくないと思ってたのですが」

「どうにもピンと来ないんだよ」

 

 本音の半分だけ言って話を流す。剣にイマイチ興味を持てないのは事実。もう半分は刀になら興味があるということ。この世界ではまだ刀を見ていないから、刀が無いと仮定してそのことは言わなかっただけ。刀があるなら、刀にしか興味がないと言っていた。

 剣を見たら店を出て第七区をぶらつき、アリスが興味を示した店に入っていく。そんなことを繰り返し、時間が近づけば第七区から出る。アリスが帰る時間が来るからな。

 

「どうだった? 第七区は」

「ジークの言うとおり、興味深い場所でした。職人の腕の高さがよく分かりましたね」

「ならよかった。さて、それじゃあ俺が自作したやつも見せるか」

「これだけ引っ張ったのですから、さぞ期待していいのですよね?」

「……アリスっていい性格してるよな」

「ありがとうございます」

「褒めてない」

 

 ハードル上げるなよな。高すぎて全力でハードルの下を潜って通り抜けるぞこっちは。冗談です、とクスクス口元を隠して笑うアリスにジト目を送りつつ、俺は箱を開けて自分で作った金細工を取り出す。俺としては全力を尽くしたものなのだが、いろいろと見て回ったことで目が肥えたアリスの反応はどうなんだろうな。ちょっぴり怖い。

 

「……初めてというわりには上手いものですね」

「頑張るだけ頑張ったからなー。まだまだ残念な出来だが」

「そんなことないですよ。私はこの金細工好みです」

「ありがとう。アリスにあげる気だったからそれは嬉しいよ」

「え? これを、私にですか?」

 

 俺の手のひらに乗せられてる金細工を見て、アリスが首を傾げる。アリスのことだから、貰う理由なんてないって思ってるんだろうな。俺からすれば渡すだけの理由があるというのに。

 

「アリスには世話になってるし、俺の我儘に突き合わせてる。そのお礼とお詫びを兼ねて、これをアリスにあげたいんだ」

「それは私にも言えたことですよ。ですが私はお前に何も返せない……」

「んー、じゃあアリスがこれをつけてる所を見せてくれよ。それがお返しってことで。……駄目か?」

「お前はズルいですね……。そんなことを言われたら受け取るしかないじゃないですか」

 

 フッと笑みをこぼすアリスに金細工を渡す。俺が作ったのはブレスレット兼ネックレスだ。だいぶ難しかったし、何度も失敗したがなんとか完成に漕ぎ着けることができた。なぜブレスレット兼ネックレスなのかというと、フックが取り付けてあって長さを調整できるようになっているからだ。リアルでそんなのがあったから、それを思い出して作ってみた。首にかけたりする部分はチェーンになってるってわけ。

 それをアリスに説明し、実際に長さを調整して手首の部分につけてあげる。調整の仕方を覚えたアリスは感心して、今度は首のほうへかけた。腕はお気に召さなかったのかな。と思ったが、そうでもないらしい。

 

「お前に見せるのだから、こちらの方がいいでしょう?」

「お気遣いどうも」

「それで、どうなのですか?」

「自分で作ったやつをつけてる子に言うのは照れくさいけど、似合ってるよ。というか、金細工がアリスの魅力に負けてる気がしてきた」

「またお前はそんなことを……。私を口説いているのですか?」

「そんな気はないぞ」

 

 どこか定番にもなったこのやり取りだが、本当にそんな気はないんだよな。母親に『女の子を褒められないならくたばりな!』って教育されてるから、語彙がなくてもとりあえず褒めるという行為が染み付いたのだ。とはいえ誰しもに言ってるわけじゃない。相手は選んでる。その子が誰かに気があるなら、褒めたあとに『〇〇も好感を持ってくれるはず』とか言うし。

 それはともかくとして、金のチェーンがアリスの首に下げられ、胸元の少し上辺りにサファイアに輝く蝶の金細工がある。シンプルにワンポイントにしたのだが、これはこれでよかったのかもな。アリスってそんなに着飾るタイプでもなさそうだし。俺の目線がその蝶に行ったのに気づいたアリスは、それを手のひらに乗せて優しく微笑んだ。喜んでくれてるらしい。

 

「さて、そろそろ時間だな。アリスが次来たら第八区かな。第七区ほど見所があるとも思えないが、俺の感性だしな。アリスなら魅力を見つけられるかもしれない」

「あ、ジーク」

「ん?」

「その……いえ、やっぱりなんでもありません。……次を楽しみにしてますね」

「おう! じゃあなアリス」

「はい。またお会いしましょう」

 

 アリスと別れて俺はシェスキ家へと歩いていく。アリスがいるであろう後方を振り返ることなく。

 アリスが言い淀んだこと。その内容には簡単に察しがついてる。

 

 そして、その予想通り、アリスが街へ出てくることはなくなった。つまり、アリスと出会うことがなくなったのだ。

 

 

 

 ──約三年後。キリトがセントラル=カセドラルで事を起こすその時まで。




 次回が助走で、その次から物語をググっと進めたいと思います。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。