幼女戦記フォースとともにあらんことを   作:丸亀導師
<< 前の話 次の話 >>

3 / 63
人物紹介

黒帯 帯一

本作の主人公。過労性心臓麻痺で死んだ後何かの声に導かれこの世界に転生、憑依してしまった。肉体の身体能力、頭脳が優れていたためジェダイに見初められ大聖堂へ行くことになる。本作は、彼の記憶として出来ている最終的は、パダワンを持つまで成長する。剣術はソーレスを中心に攻防全て一流である。

名前の由来は、オビ=ワン・ケノービである。

 

開眼 人

帯一のマスター剣術頭脳とても優れた人物で周囲からの信頼も厚いが何か不思議な人であるため周囲からの奇異の目で見られることもあるが本人は気にしていない。アタロを納める。元妻子持ち

 

要蔵

ジェダイ評議会8人の議長の1人最年長者であり、体内のフォースの流れをコントロールすることにより200年生きている。最近身体的衰えと自らの限界を感じており後継者の確保を始めている。アタロを納める。

 

大山正嗣

統合参謀本部陸上部の総長。陸上部内部での発言力は絶大なものがあり私利私欲を行わない誠実な人物。少し頑固な部分もあるが非常に冷静な判断を行うことができ。周囲からの信頼も厚い。元ジェダイ養成員であり、フォースを、限定的ではあるが使用することができる。

 

東郷平八郎

統合参謀本部宇宙部総長兼海上部総長。海上部はほぼ原型がなくそれすらも一纏めにするのは大変なデスクワークである。少々難のある性格ではあるが、参謀の秋山真之に翻弄され性格に丸みをおびてきている。

 

徳川家鷹

日本国首相・先祖に謀将といわれた徳川家康がいる。

家康は謀略の天才であったが、家鷹自信は謀略の才能は皆無であるしかしながら正直者で憎めないやつでもある。そのお陰か政敵は、殆どおらず汚職を防ぐために日夜議員達を厳しく監視している。

そこから、政界の閻魔とも呼ばれている。

 

秋山好古

日本騎兵の父 この世界だとガンシップ(ヘリ見たいな空中浮遊する人が大勢乗れる乗り物)やスピーダーバイク(空中浮遊するバイク)を使用しての機動戦術を得意とする。ただし後に戦車部隊の創設に大きく関わることとなる。

 

児玉源次郎

前線指令部総参謀長兼最高司令官源さんと呼ばれる軍人 守勢に回った場合無類の強さを誇る。はっきり言って膠着状態を作るにはうってつけの人材ただし攻勢側には難あり。

 

乃木希太刀

最古参の軍人の一人第三軍を率いる歴戦の強者要塞線攻略は非常に優秀であるが、忠誠心が強すぎて扱いが難しい。ジェダイとの中は天皇直属の組織と言うこともあって肯定的に見ている。

 

クロパトキン

ヴァシリエヴィチ満州軍総参謀長兼最高司令官防御戦術とヴァシエ伝統の引き付け攻撃を中心に作戦を立てているしかし、それが後々響くこととなる。

 

リネウィッチ

ヴァシリエ軍次参謀クロパトキンを信頼しているが、引き付け攻撃にはあまり賛同しかねている。攻勢が得意。

 

グリッペン

ヴァシリエ軍騎兵部隊最高司令官、引き際の見極めと攻勢の見極めにたけた人物。しかし、この戦いではその判断は遅すぎた。

 

ビフテス

ヴァシリエ軍参謀の一人。勇敢や無謀とは遠い人物。負けない戦を好み引き際を見極めるのが旨い。しかし、この戦いでは感覚が麻痺を起こしている。

 

奥康隆

日本軍第二軍司令官 攻勢作戦においてかなりの自信を持っている更に言えば戦闘での見極めはかなり良い。ただし損害を多くだしやすい。

 

田神波紫

ジェダイの一人。開眼と同期であり、実戦経験は非常に多くその経験は後のものたちのために教義の一つとなった。文才がある。シエンを納める。

 

桂太郎

大日本帝国統合軍総司令官。天皇からの厚い信頼に加え政治・経済の方にも、知識がある。

ついた渾名は、「ニコポン宰相」ニコニコ笑って肩をポンと叩き、政治家や財界人を手懐けるのに巧みであるがゆえである。

 

渋沢英一

究極の大蔵大臣。もしもランクが10段階有れば10に更に上乗せしても良いくらいに財務が得意である。彼が上に立つだけで国の財政は上向きになり、より安定し、生活水準が上がるというすごい人。徳川家鷹とは、家鷹に《財政とは、経済とは》と、自ら教鞭を取った存在である。

 

ニコラウ2世

ヴァシリエヴィチ帝国の国家元首。その性格はあまり誉められたものではなく。自分よりも能力の高い人物を左遷し、自分の言いなりとなる人物を中心に内閣を決めている。五児の父

 

ラスプーチン

ヴァシリエ聖教の神父ニコラウの息子であるアレクセイを病から救ったということとなり、政治に口を出す程の権力を持っている。ニコラウの傲慢に拍車をかけさせた張本人。

 

坂田 隆興

ジェダイマスターの一人。先祖に黒人がいたらしく覚醒遺伝で黒人見たいな体格と姿である。モーフィアス見たいな背格好。シスに近い戦いを得意とし隠密行動が得意分野。サーベルは赤両刃。ジャーカイ・ジュヨウを納める

 

高野 幸

坂田のパダワン。ジェダイナイトであり主人公の一つ下の年齢。主人公のことを兄のように慕っている。マスターである坂田の影響で攻撃的なフォームで戦闘を行う。団体戦は苦手。マカシを納める

 

大村寿太郎

姿は小村寿太郎外務大臣。この世界でも外務大臣。今回の作戦は実はこいつからの提案から始まった。

 

波多野隆正

珍しくジェダイ崩れではない。法務大臣。男爵の爵位持ちで人の良さそうなおじいさん。

 

菊池大道

文部科学大臣。 自信も数学者で東帝大、京帝大での教授でもある。

 

ウラジミール・レニン

ヴァシリエ共産党の首領人身掌握と恐怖により内部を締め付け反抗する勢力をことごとく潰していった。ルーシー連邦最初の指導者。病気により死亡したため幼女戦記の本編突入には絡めない。

 

真田武郎

ジェダイで最も剣術が強い。ヴァーパッドを納める

 

御舟貞那賀

ジェダイ評議会の知恵者。技術研究や多くの博士号を持っている。専門は宇宙推進工学。シャイ=チョーを納め基本に忠実な戦闘を行う。

 

アナーキン・スカイウォーカー

主人公の初のパダワンとなる。非常に強いフォースを感じる。扱えれば最強であるが、全力を出せない。

 

但馬筑前

ジェダイマスター。評議会議員。ジェダイ聖堂での初等訓練を担当する。剣術は勿論話術など多彩な部分があるが、全てを完璧にはできない。

 

佐藤 市

ジェダイマスター。評議会議員。女性の数少ないジェダイマスター女性である。非常に器用にフォースを扱う。

 

羽柴 秀近

ジェダイマスター。評議会議員。政治。特に金融に最も明るいジェダイ。損得勘定でいつも動く。

 

高橋 佐之助

ジェダイマスター。評議会議員。薙刀型のサーベルを使用する。薙刀等のながものが得意である反面超近接戦闘を苦手とする。

 

アドルフ・ヒトラー

有名なあの人の生まれ変わり。

前世の記憶を持っており自らが独裁者であったことを今でも懐かしむ傍ら、前世で中退した学校を卒業後建築士としての道を歩んだ。

嘗ての行いについては反省はしておらず、国民の願いを叶えるために必要だったと今でも考えを変えることはない。

やはり演説が上手く社会の有方や上流階級の人間に対する不満などを回りに簡単に伝える能力を持つ。

現在の帝国に対しては強かったドイツの面影を見ているため好意的である。

しかし、社会福祉政策などを行うように帝国内での抗議活動をしており、帝国の秘密警察に眼をつけられている。本人も承知の上である。

エヴァ・ブラウンとはこの世界で結婚をした。

後に20世紀最高の風景画家といわれ非常に立体的で透き通る水の表現。現実を当時の写真以上に描くその絵が生涯売れることはなかった。

人物画に対してはエヴァを完璧に描きたいがために上達したと自著に記している。

また、203魔導大隊司令官ターニャ・デクレチャフと書かれた絵が一枚のみ鉛筆描きでスケッチされている。そのあどけない少女の姿が真実なのかそれとも幻を描いたのかは、今のところ分かっていない。全ては極東の国が知っている。

 

アナトミクマ・マグナ

シスマスター

名前の由来はラテン語で

【アナトミクマ・解剖学者】【マグナ・大いなる】

 

チャールズ・ドーバー

 

合衆国副大統領

転生者であり、フリーメイソンのリーダーの一人。シスの事を警戒しており、やによりも信用していない存在。

元々SFオタクからの転生であったため大日本帝国の事を聞いた瞬間に狂喜していた。

そのため存在Xを非常に危険視している。

経済学者であり、金融で一財産を築いているため、副大統領として閣僚入りした。

 

黒帯 雪

 

主人公の娘。ジェダイのパダワンとなっている。本来は甘えん坊の性格であるが、父親があまりにも家庭にいないためか変な方向に曲がっている。本音は父親に甘えたいだけである。

剣術やフォースは、両親譲りの才能がある。優しい子であるため、殺しに関して黒帯は、やらせたくない。

 

滝 奈緒

 

雪の最初の友人であり、良きライバル。

才能は雪を凌駕しているが如何せん努力が足りない。実家は元々マタギをしていたためか、動物の殺しに抵抗がない。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。