IS〜運命の切り札を掴み取れ!〜   作:proto
次の話 >>

1 / 14
あらすじ書くのって苦手です。


今作は、CSMブレイバックルの発売記念で
書きたくなっちゃったものです。

よろしくお願いします。


第1話 誘拐と異常

これは、運命の切り札を掴み取ろうとした1人の少年のお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年は誘拐された。

少年には姉がいた。世界最強の称号《ブリュンヒルデ》の肩書きを持つ姉がいた。

そして今、ブリュンヒルデの称号を掛けた戦いが行われようとして居る。

それ故に少年は誘拐されたのだった。

 

 

廃工場。

少年を誘拐した犯人達はテレビを見ていた。ブリュンヒルデの称号を掛けた一戦のテレビ中継だ。

「お、おい!ブリュンヒルデが決勝戦に出てるぞ!」

1人の男がそう叫ぶ。

「ちゃんと日本政府には連絡入れたんでしょうね?」

声から苛立ちが隠せない女性は、パワードスーツを纏っている。

そのパワードスーツの名は『インフィニット・ストラトス』。通称IS。

それは少年の姉の友人が作った宇宙活動を目的としたものだ。いや、だった。その高すぎる性能が故に、戦争に用いられそうになったが、現在はアラスカ条約によりスポーツ用に運用されている。

「は、はい!たしかに伝えました!」

「はぁ、クライアントからクレームだよ。捕まえたガキは自由にしていいわよ。」

「じゃ、じゃあ!殺さない程度に撃ち殺しても?」

「好きになさい。」

「へへ!ちょうど生きた的が欲しかったところだ!」

「私は帰るわ。足が付かないようにしなさい。」

そう言ってISを纏った女性は奥へと消えていった。

「やったぜ。さて、これからたっっぷりと遊んでやるから……簡単に死ぬんじゃねぇぞぉ〜。んじゃ、的ゲットの景気付けに1発!」

廃工場に銃声が響き渡る。

「ウグッ!グァァァ!」

「いいねぇ♪その叫び、無機物の的には無い痛覚!そそるねぇ、1発にしようと思ったけど、全弾ぶち込んでやる。死ぬなよぉ〜。」

そこで少年の意識は消えた。

 

 

 

 

 

少年は目を覚ます。見覚えのない天井に恐怖心を煽られつつ、重たい体を起こそうとする。

「いっくん!目が覚めたの?」

少年を“いっくん”と呼ぶ、不思議の国のアリスのようなメルヘンな格好に、メカのうさ耳を付けた人物。彼女こそISの開発者『篠ノ之 束』である。

「束さん……!?」

束の手には医療用の何か……、と思われるものが握られていた。

そして、少年……織斑一夏は自身の体確認する。

「傷が……ない。おかしいあんなに撃たれたはずなのに……。」

肉体には一切の傷がなかった。

「束さん、俺が気絶してから……どのくらいの時間が…。」

「………3時間前後だよ、いっくん。」

「………束さんは、俺に何かした?」

「…ううん、まだだよ。」

「……つまり俺は……、束さん。俺ってさ……なんなの?知ってるんでしょ?きっと……。」

「いっくんはいっくんだよ。」

「そうじゃない!異常な再生能力だけでも充分に察しがつくよ!俺は普通の人間じゃないって!」

「……だよね。………わかった、話すよ。他ならぬ本人の…いっくんからの頼みだもんね。」

こうして束は一夏に事の全てを話すのだった。




全くブレイド要素がありませんが、
早くブレイド出したい。

あと、アンデッドは出ませんので、ご了承くださいませ!


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。