IS〜運命の切り札を掴み取れ!〜   作:proto
<< 前の話 次の話 >>

3 / 14
第3話 切り開く運命

一夏の目の前に差し出されたスペードスートのカテゴリーA『Change beetle』とブレイバックル。仮面ライダーブレイドへ変身する為のものだ。

仮面ライダーブレイドは一夏にとって思い出深い作品だ。

たしかに序盤こそオンドゥルなどとネタにされていたが、回を重ねるごとに加速していく話や、最終回衝撃のラストなど、平成ライダーの中で一夏が最も好きな作品だ。

「剣崎さん、ディケイドとかゴライダーに出てくれて嬉しかったなぁ。」

と、結構惚れ込んでいるのである。

「さて、いっくんはこの運命の切り札を掴み取る勇気、あるかな?」

「やりますよ。俺……運命を切り開いてみせます!」

そう言ってブレイバックルとラウズカードを受け取った。

「試運転してみたいでしょ?ちょうどISのテロが確認されたから、鎮圧して来てよ。」

どうやら、束が仕組んだというわけではなさそうだ。

「わかりました、行ってきます。」

一夏は意気揚々と出口へ向かっていく。

「あ、ラウズアブゾーバーはまだ無いからね!」

強化フォームには、なれないようだ。

 

 

 

 

テロが発生したショッピングモールまでブルースペイダーで移動する。

『目標地点まで、あと3キロだよ。』

ヘルメットに内蔵された通信機から、束の指示が聞こえる。

「了解!」

一夏はブルースペイダーのスピードを上げ、到着を急いだ。

 

 

 

 

その頃、ショッピングモール2階では…

ISを纏った5名の内3名が、人質を囲い、銃を向けていた。

そして通信機で何か話しているリーダー格の者が人質に話を始めた。

「今日の午後3時までに日本政府に要求した5億が支払われなかった場合、ここにいる皆さんは殺します。恨むのなら金を渡さなかった日本政府を恨んでね。」

そう告げられた人質たちは時間を確認する。現在午後1:30。日本政府の判断は遅いだろう。人質たちは死を覚悟するという選択肢しか残されていなかった。

そんな時だ、リーダー格の者が何か良いもの見つけたような笑みを浮かべ、人達の中へ。

「これはこれは、更識のお嬢様では無いですか。」

リーダー(ryが接触した少女は、対暗部用暗部家の次女『更識簪』だった。

「あなたを交渉材料にすれば確実に政府は動くでしょう。」

と、ちょうどその時だった。急に大きな音が響いた。

 

 

 

 

 

 

 

一夏はブルースペイダーを走らせていた。が、目的のショッピングモールはすでに警察が囲んでいる。束の情報で二階にいる事は分かっている。が、真っ直ぐ突入できそうになかったので、一夏はブルースペイダーを宙に浮かせて、二階の外壁へ突っ込んだのだった。

中に入って、車体を横にしスペイダーを停める。

「何者?」

その問いに対し、一夏はヘルメットを取らず無言でブレイバックルを取り出した。そしてバックル中心部の〈ラウズリーダー〉にスペードスートカテゴリーA『Change beetle』を装填する。バックル左からカード状のベルト・〈シャッフルラップ〉が自動的に伸長しバックルが装着される。

一夏は右手を左斜め前方へ突き出す、

「変身!」

その掛け声ととも一夏は右手首を返し左腕を右手があった位置に、そして右手で〈ターンアップハンドル〉を引くのだった。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。