仮面ライダーミラージオウ 鏡の王の異世界旅行   作:言葉・紡
<< 前の話 次の話 >>

10 / 17
今回はルオンさんの『戦姫絶唱シンフォギアドラグーン』の海崎 真護と『戦姫絶唱シンフォギアマッハジードアマゾンズ』の朝倉剛が出ます。

ちなみに時間列なんですが、カロスのある二人を仲間にした後にした出来事です。


・ソウゴはこの世界で何をするのか?

イガミ「つまりお前は世界をトラベルしてるって訳か?」

 

ソウゴ「そうだ……それに……」

 

「「それに?」」

 

ソウゴ「この世界には興味がある。」

 

と俺たちが話をしてると……

 

トレミア「こら!勝手に動くな!」

 

真護「離せ!離せってよ!」

 

剛「俺はアイツらに話があるんだよ!!」

 

「「は?」」

 

ソウゴ「はぁ……」

 

戦兎「コイツらは?」

 

ソウゴ「何故か途中の駅で紛れ込んだ不届き者だ……」

 

真護・剛「不届き者ってなんだ!!」

 

ソウゴ「うるせぇ……恐らくだが……ここら辺を統治してるか分からないが……フラダリラボがあるはずだ。」

 

フウロ「フラダリラボって!?」

 

カミツレ「正解ね……フレア団の基地とも言える場所よ。」

 

イガミ「恐らく何かを企んでるんだろう……」

 

戦兎「企んでるって……何を?」

 

イガミ「クセロシキ……カロスに向かう必要があるな。」

 

真護「おい、ソイツは何を企んでるんだ?」

 

イガミ「恐らくお前らの言う異世界線路の破壊だろう。」

 

トレミア「えぇ!?ウソでしょ!?」

 

狂三「それは放っておけませんわね~!」

 

トウコ「うぉぉぉ!?」

 

カミツレ「こ……怖い……」

 

ソウゴ「なるほど……その異世界線路を破壊する兵器がフラダリラボにあるってことだな?」

 

健介「そんな場所は放っておけないな。」

 

戦兎「そうですね…おい、真護って言ったな?あと朝倉、お前らも手伝え。」

 

真護「初対面で呼び捨て!?」

 

剛「落ち着け……意味は分かる、困ってる奴は放っておけないからなぁ?」

 

ソウゴ「だがそのカロスにはお前らの知り合いはいるのか?」

 

イガミ「ここ辺りがある奴がたぶんいるだろう……でも……」

 

「「でも?」」

 

イガミ「二人いてな?一人はいかれてて、もう一人は継承者かなんだか……」

 

ソウゴ「(何か嫌な予感しかしない……)」

 

こうして俺たちはイガミの案内でまずシャラシティのコルニって奴に出会う。

 

コルニ「|ω・`)ノ ヤァ!どうしたの!」

 

イガミ「クセロシキがまた何かを企んでる……」

 

コルニ「えぇ!?またー!?」

 

イガミ「言っとくがマジだ。」

 

コルニ「もぉー……分かったわよ……マーシュなら今クノエに戻ってるわよ。」

 

イガミ「分かった。」

 

フウロ「今回は自棄に冷静になってるわね。」

 

ソウゴ「いつもさっきみたいな感じじゃないのか?」

 

カミツレ「あぁ見えて色々とコロコロ変わるのよ。」

 

そして来たクノエには……

 

ソウゴ「フレア団の戦闘員!」

 

イガミ「いると思った……だが…クノエ自体はまだ無事のようだ……」

 

ソウゴ「トレミア!あれを!」

 

トレミア「分かったわ!狂三!」

 

狂三「待ってましたわぁ!このマシンを使う時をぉ!」

 

取り出したキューブを俺とイガミと戦兎と健介と剛と真護を巻き込む。

 

トウコ「あ!ちょっと!私たちは!?」

 

フウロ「イガミ君!」

 

イガミ「お前らは武装してない奴を相手にしとけ!」

 

カミツレ「もう!世話が焼けるわね!」

 

ソウゴ「いくぞ。」

 

戦兎「あぁ。」

 

健介「フィルス!」

 

フィルス「あぁ!仮面ライダーモード!ステンバイ!」

 

ラビット!タンク!ベストマッチ!

 

シグナルバイク!

 

ドラグーン!

 

ジオウ!

 

フィルス「イーグルモード!レディ?」

 

健介「変身!」

 

アーユーレディー?

 

戦兎・真護「変身!」

 

剛「レッツ!変身!」

 

ソウゴ「変身!」

 

ライダータイム!仮面ライダージオウ!

 

ドラグーン!

 

ライダー!マッハ!

 

フィルス「大空の戦士!イーグルモード!」

 

鋼のムーンサルト!ラビットタンク!イェーイ!

 

変身した俺たちは戦闘員を攻撃するが………

 

真護「なんだよ!どういうこっちゃ!」

 

ソウゴ「たく……しょうがねぇな。」

 

チェイサー!

 

ソウゴ「アーマーアップ!」

 

アーマータイム!チェイサー!チェイサー!

 

ソウゴ「さて……」

 

俺は戦闘員たちを一掃し、これのボスらしきものを見つける。

 

バラ「ほう……やるじゃないか、小僧。」

 

ソウゴ「小僧とか無礼だぞ、口が悪いからお仕置きが必要か?」

 

フィニッシュタイム!チェイサー!

 

ヒッサツ!タイムブレイク!

 

ソウゴ「ふ……」

 

マッテローヨ!

 

戦兎・健介・真護・剛「は?」

 

イガミ・トウコ・フウロ・カミツレ・コルニ「はぁ!?」

 

バラ「何をバカげたことを!」

 

バラは俺の赤信号を無視して俺に向かうが……

 

プゥーーン!プゥーーン!

 

車が通りかかりバラをひく…

 

バラ「ぬぅぅぅぅぅぅぬわぁーーーーー!?」

 

ソウゴ「赤信号の横断歩道は渡らない……それが人間のルールだ。」

 

イッテイーヨ―!

 

俺はその場から飛んでバラを蹴りあげた。

 

バラ「なっぁーーーーーーー!?」

 

バラはスーツが劣化しそのまま俺のキックで爆発四散した。フィールドは解除され、俺たちは変身を解除する。

 

トレミア「その車は一体どこから出るのよ。」

 

戦兎「全くだよ……お前は誰なんだ?」

 

ソウゴ「鏡の中の存在だが?」

 

健介「はぁ……」

 

とイガミの味方がピンチだ。

 

ソウゴ「今度はそっちか。」

 

と俺が助けようとしたが………

 

マーシュ「ムーンフォース!」

 

ドカァーーーン!

 

「「!?」」

 

フレア戦闘員「に!逃げろぉ―――!」

 

何かが降ってきてその攻撃で顔が悪くなったフレア団の戦闘員は去っていった。

 

マーシュ「全く……うちのクノエになにしとるん?いけずやわな、イガミはん。」

 

イガミ「たく……」

 

マーシュ「お客さん、うち、この町のジムリーダーやっております♪マーシュともうします(__)何卒よろしゅうございます(__)」

 

そしてミアレシティでクセロシキはある計画を立てている事に俺たちは一切知らなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




次回はミアレシティのフラダリラボを攻略します。

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。