ガンダムビルドファイターズ-Sailing to the Sunshine-   作:陽@曜花推し

31 / 37
こんにちわ!

コラボ9話でございます!

遅くなりまして申し訳ありません(汗)

あの外道キャラが再登場ですw

では、どうぞ!


運命の邂逅 その9

「意味わかんねぇえぇぇ!!」

 

仁「クッソォォォォ!」

 

なんなんだよ!マジで意味わかんねぇ!なんでシステムがないのに、ガンプラが動いてやがる!!

 

「げっ!『イナクト』に『リーオー』も来やがった!」

 

隆利「『ザク』系や『ジム』系も来たぞ。」

 

仁「ぐっ、オラァァァァ!」

 

仁が近くにあった青いゴミ箱の蓋を掴むと、それを量産機の群れへ投げ飛ばした。

量産機は射撃武装の攻撃を蓋に浴びせる。ちょっと待て・・・あんなの生身で食らったら・・・マジでやばい!!

 

あいつらがごみ箱に気を取られている間に速度を上げる。

 

「これじゃまるで、第七回世界大会の時の大型結晶体暴走の時と同じじゃねぇか・・・」

 

隆利「だが、こんな場所に結晶体があるとは思えない。」

 

だよなぁ・・・じゃあ、こいつらはなんなんだよ!つーか、何で俺らを狙ってやがる!!

 

仁「今はとやかく言っても仕方ない。全力で十千万まで走れ!」

 

まったくもってその通りだ!!逃げなきゃやられる!!

 

それからどれくらいの時間が経っただろうか・・・何とか十千万が見える距離まで来れた。だが、後ろからはあの量産機が迫ってきている。

 

仁「あともう少しだ!!」

 

本当にもうボロボロだ・・・あいつらのビームで服がところどころ焦げてるし・・・

 

接近されてビームサーベルで斬りかかられたときは焦った・・・でも、掠ったところが痛い・・・

 

でも、本当にあと少しだ・・・

 

しいたけは家の中か・・・ならあいつらに巻き込まれることはねぇな。

 

そして、勢いよく3人で十千万の中に飛び込む。

 

思いっきり音がしたな。それでみんなが慌てて降りてくる。

 

花奏「仁君⁉」

 

梨子「陽君!!」

 

恵里菜「それに、志木城隆利⁉」

 

俺達の状態にみんなが絶句してた。

 

そりゃそうだ・・・買い出しに行ったはずなのに、なんでこんなにボロボロになってたら驚くわな。

 

梨子「陽君・・・一体どうしたの!!」

 

「あ、ありのまま、今起こったことを話すぜ。買い出しに行ったら、ガンプラに襲われたんだ。何を言ってるのかわからねぇと思うが、俺も何が起こったのかわからなかった。頭がどうにかなりそうだった・・・ポルターガイストとか幻覚だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。まるで恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・」

 

梨子「・・・え、ポル〇レフ?」

 

あ、このネタわかるのね。って言ってる場合じゃねぇな。

 

そして、その時だった。

 

???「ハハハハハハハハハッ!ハハッハハッ!!」

 

外から高笑いが聞こえてきた。

 

梨子に支えられながら、何とか外に出ると・・・

 

「お、お前は・・・!?」

 

千歌「嘘・・・何で・・・」

 

梨子「兵藤玲音・・・ッ!」

 

そう・・・ここにいるはずがない兵藤がいたのだった。

 

しかも、空に浮かんでやがる。何もない空中に・・・こいつにこんな能力は・・・

 

なんだ・・・とてつもなく嫌な予感がする・・・

 

 

 

 

 

 




コラボ9話いかがだったでしょうか?

この先どうなるのか楽しみです!

では、また次回お楽しみに!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。