皇軍魔導士七尾理奈   作:ガバエイム衛生兵
次の話 >>

1 / 2
蒼島の戦い
蒼島の戦い①


20世紀、皇国軍は蒼島《ピンインタオ》で帝国軍と戦闘を繰り広げていた。戦闘は日を追う毎に激しさを増し、犠牲者を増やしていった。争いは空にまで及び戦闘機や魔導士が戦っている。今までの突撃戦術は意味を成さず毎日新たな戦術が生み出され、それが塗り潰される新たな戦争。大規模徴兵、大砲、自動小銃、塹壕、毒ガス、戦闘機。そう、今まさに人類初の世界中を巻き込んだ総力戦が起きているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

激戦区から僅かに離れ、塹壕上空。

「女性というのはまったく未知で恐ろしくそして魅力的だ」

短髪の少女が双眼鏡を覗きながらそう呟く。だが少女は兵士にしては幼すぎる。肩には身長に不釣り合いな小銃が掛かっており、それが少女の幼さを強調している。

「【七尾】、急にどうした。それに貴様だって女だろう」

隣で浮いている青年魔導士は不思議そうに聞くと七尾は「女でも女について理解するのは非常に難しいのさ。何せ秋の空だからね。南條」と答えた。

南條は難解な顔をしながら話を続ける。

「そう言えば帝国軍のあの魔導士を知っているか?」

「あぁ、彼女だろ。近い歳の子の話題だから知ってるよ。だけど今の私たちには関係無い。関係しているのは共和国軍くらいかな」

七尾はその帝国軍の少女に興味を持っていなかった。答えがはっきりとしているからだ。その少女は私と同じ「2周目」だ。そもそもあの戦績だって、戦局を放置していたらあの帝国が滅びる事を知っていての事だろう。私もあの未定形に連れてこられたのだから。

こちらに生まれ変わってから時折、幻聴紛いの声が聞こえる。未定形の声だ。奴はいつも「信仰をせよ」と私に囁く。耳障りだ。奴は神を気取った陰湿なストーカーだ。未定形の息の根を止められるのであれば私はどんな手段を使ってでもそれを完遂する。

「七尾!」

南條の怒鳴り声に近い声が七尾の耳に刺さる。

「なに?」

「なにじゃない!通信を聞いていなかったのか!敵魔導中隊がこっちに飛んできてるんだぞ!」

「は!?先に飛んでいったこっちの部隊は?」

「全滅だ!今残っている魔導士は我々5人だけだ」

南條のあの言い方からしてこちらの本日中の増援は臨めないのだろう。あ、そう言えばうちの海軍の輸送船が昨日帝国軍に沈められたらしい。なんだか最近悪い事が起きている気がしてきた。

「まぁ、頑張ろうよ」

七尾がそう答えると南條は呆れながら「貴様はこういった時程そうだ。いつも落ち着いている。心底羨ましい」と言ったがそれは違う。何も考えていないだけだ。七尾をひとしきり羨ましがった後に南條は小銃に銃剣を取り付け七尾もそれに続くように銃剣を取り付ける。後ろにいる3人の候補生達に七尾はひとつ命令を出した。

「あー、候補生の3人。最低1人は仕留めて。それから危なくなったら死なないように気を付けるように」

「たったひとり!?少尉!俺はもっと撃破出来ますよ!」

候補生の1人が威勢良く答える。この時、七尾は彼は死ぬなと思った。彼の声が大きくなったのは気合いが入っているのではなく、緊張で全身に力がガチガチに入っているからだ。

帝国の魔導中隊は予想していたよりも早くこちらに向かっており、こちらの塹壕が潰されるのも時間の問題だろう。彼らは確実に塹壕を潰し我々をハエのように叩き落とす気でいる。それならば我々が先に彼らを潰してやれば良い。

「南條、奴らは何人だ」

「20人。やれるか?」

「勿論」

七尾がニヤリと笑うと彼女の宝珠は青白く光り初め高速で飛び、敵を討つ為に中隊へ突っ込んでいった。

「なんだあの魔導士は!」

銃剣を構え猛スピードで飛んでくる七尾を見て敵の中隊長は驚いていたが中隊に七尾を撃つように命じる。彼らから飛び出した銃弾が彼女を貫こうとするが高速回転をしこれを回避。彼らが再び彼女の姿を見たとき彼らの仲間の1人は頭を無くしていたが頭はすぐに見つかった。

「まずはひとり」

七尾は敵魔導士の頭を持っている。

「…っ!撃てっ!」

今度は先ほどより低速で動いているものの、結界で銃弾から身を守りながら術式を狙い敵を牽制。そうしている間にひとり、二人と七尾は敵を減らしていった。二人目の頭に銃弾をめり込ませた辺りで南條たちが追い付き、敵は更に減っていった。

「くたばれ!くたばれ!」

先ほどの声の大きい候補生が息を荒くしながら乱射している。やはり私の予想通りだ。彼は緊張しきっている。

「伍長!お前は撤退しろ!そんなに興奮していたら当たる的も当たらない!」

「そんな事ありまっ!」

反論仕切る前に彼の頭は飛び散った。やっぱりだ。やっぱり興奮する奴はすぐに死ぬ。当たり前の事だ。興奮すると周りが見えなくなる。兵士にとって周りを正確に判断するのは基本中の基本。基本を守らなかった彼が死ぬのは必然だ。

「七尾!伍長は死んだ!」

「あいつが悪い!」

敵を半分程削るとブゥゥゥーーン!という大きな音が近づく。戦闘機のエンジン音。友軍機が機銃を敵魔導中隊に撃ちながら颯爽と登場してきた。戦闘機の機銃掃射により敵魔導中隊は壊滅。残った敵たちは撤退していく。我々は生き残る事ができた。

安全圏に帰る途中、南條に「ひとりで突っ込むな」と七尾は叱られた。

「分かってるよ」

「何度目だ。まったく。いつか死ぬぞ」

南條にこんな風に言われているとなんだか兄妹のようだ。南條、見てみろ。後ろで二人の候補生が微笑んでいるぞ。

「まぁ、善処するよ」




※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。