バカと姫路弟の召喚獣   作:絆と愛に飢えるシリアス

2 / 47
~試召戦争編~
姉と共に自己紹介


皆さん初めまして。俺の名前は姫路総司といって、お姉ちゃん・・・つまり、姫路瑞希の弟だ

 

朝は家の事でドタバタだったため、学校にはギリギリの到着になってしまった

 

「お姉ちゃん大丈夫?」

 

「だ、大丈夫です・・・」

 

「無理しないでね」

 

「は、はい・・・」

 

お姉ちゃんは昔から体が弱かったのは弟の俺がよく知ってる・・・。あんまり無理してほしくないけど、お姉ちゃんが大丈夫というならゆっくりと様子見とこう

 

そうおもっていると・・・・

 

『『『『ダーリィィーーーン!!!』』』』

 

『・・・失礼、忘れて下さい』

 

教室の外からなんかとんでもない声が聞こえた・・・うん、絶対あのバカが何か煽ってそういう声がでたのか・・・ってか、ドン引きだ

 

「・・・」

 

「な、なんでしょう?今の声は?」

 

「お姉ちゃん、気のせいだと思うよ(あの野郎なに朝から恐ろしいことしてくれてるんだ・・・)」

 

お姉ちゃんは本当に頼むからきれいな心のまま今のはしらないことにしてくれ・・・とりあえずここにいても仕方がないのでドアを開けた

 

「「「「「えっ・・・」」」」」

 

Fクラスのみんなが驚いた顔で見事なシンクロで声揃えていたのは少しだけ笑ったのは内緒だ

 

「ああ、ちょうど良かった。今自己紹介の最中ですので、お願いします」

 

このクラスの担任の先生が俺らを見て挨拶を促していたので俺達は自己紹介をしはじめた

 

「はい、姫路瑞希です!宜しくお願いします!」

 

「俺の名前は姫路総司。隣にいる姫路瑞希は俺のお姉ちゃんだ。後・・・おもしれぇ事会ったら楽しみにしとけ」

 

「「「「「(こいつもしかって噂の・・・!?)」」」」」

 

なんか失礼なこと考えているやついるがまぁこの際はスルーだ。すると一人の男が手をあげてきた

 

「はい!質問です!何でここにいるのですか!?」

 

「お恥ずかしながら試験中に熱を出してしまいまして・・・」

 

「俺は体調崩して寝込んでいたから受けれなかった」

 

その答えに・・・

 

『ああそうそう、俺も熱(の問題)が出たせいでこのクラスに・・』

『ああ、化学だろ?あれは難しかったなぁ」『妹が事故に遭ったって心配で・・』

『黙れ一人っ子』

『前の晩彼女が寝かせてくれなくって』

『異端者がいたー!コロセー!』

『逃げるが勝ち!』

『弟は多分バカだから体調崩した?』

『バカ!?それだと姫路さんもバカとなってしまうだろ!』

 

「てめぇらこそこそなに騒いでやがる?あと、俺はバカではない」

 

「いや、バカでーー」

 

シュン!と風切れのいい音で俺はその発言した男に笑顔で挨拶した

 

「誰がバカだ?明久・・・切り刻んであげようか?あそこからあそこまで」

 

「すいませんでしたぁぁぁぁ!」

 

「初めからそうしたらいいのに・・・」

 

俺は呆れながら木刀をさっさとしまって座ろうとしてる姉のそばの席に俺は座った

 

「姫ーー「あ、お姉ちゃん。俺はここ座るね」・・・(シクシク)」

 

「えーと、とりあえずお姉ちゃんに分かりやすく名前わかる人教えるね?あそこの赤毛のゴリラが坂本雄二でそこにシクシク泣いてるのがバカの代表吉井明久だ」

 

「「誰が(赤毛のゴリラだ!?/バカ代表だ!?)」」

 

「よ、吉井君!?」

 

なぜか明久の顔を見て姫路は必要以上に驚くのだ。あれ?お姉ちゃんと明久ってそんなに面識あったって・・・?

 

「姫路・・・・あぁ、弟もおるが弟には総司って呼ぶが、姉には姫路で呼ぶな?」

 

「はい!なんでしょうか?」

 

「いや、なに・・・明久がブサイクですまんな・・・」 

 

「そ、そんな!目もパッチリしてるし、顔のラインも細くて綺麗だし、全然ブサイクなんかじゃないですよ!その、むしろ・・・・」

 

「そう言われると、確かに見てくれは悪くない顔をしているかもしれないな。俺の知人にも明久に興味を持っている奴がいたような気もするし」

 

「そ、それって誰ですかっ!?」

 

「お姉ちゃん落ち着いて。後、俺も知ってるよ」

 

えーと、たしか名前が・・・

 

「「確か久保・・・・利光だったかな?」」

 

俺と雄二がきれいにハモると明久はさらに号泣して聞いてきた

 

「ねぇ?!それ本気でいってるの!?」

 

「安心しな。1%は冗談だ」

 

「え?!残りの99%は!?ねぇ!」

 

「・・・自分で考えな・・・」

 

「おしえてー?!何でそんな悲しそうな顔してるの!?ねぇ!?」

 

明久がでかい声で叫ぶと先生から注意が飛んできた。

 

「やれやれ、カルシウム不足ですか・・・」

 

「誰のせいだと思ってるの!?」

 

「はいはい。そこの人達、静かにしてくださいね」

 

「あっ、すいませ・・・」

 

明久の声に反応した福原先生が注意しながら叩くと教壇が壊れた

 

「・・・替えを持ってきますので、それまで自習してください」

 

福原先生は替えのを取りに行くために出ていったのだが、これは明らかにヤバイな。まぁ、和室なのは落ち着くからそれでいいけど、俺はいいがお姉ちゃんの体は心配だな・・・

 

「そういえば総司どこからアイマスク取り出したのさ?」

 

「企業秘密だ・・・。あと、明久、さっきのは冗談・・・・ZZZZ」

 

「「「寝るの速い!?」」」

 

「冗談なの!?本気なの!?本当のを教えて!?」

 

皆の突っ込み聞こえるが気にしたら敗けだ。ったく・・・久保に関しては教えたら流石に可愛そうだから言わないがな

 

数分後に先生が戻ってきたので俺は目を覚まして最後の自己紹介は雄二がすることになった

 

「坂本君、あなたで最後です。自己紹介をお願いします」

 

「わかりました。さて・・・」

 

雄二は自分の席からゆっくり立ち上がり堂々と教卓の前まで進む

 

「俺がこのFクラスの代表の坂本雄二だ。俺の事は坂本でも代表でも好きなように呼んでくれ」

 

「なら、某愛妻家代表」

 

「だれだ!?恐ろしいことを言うやつは!?」

 

「何でもいいといったのはそっちだぜ?」

 

雄二は何もなかったように咳払いをして、周りを見た。まぁ今日はこれぐらいにしとくか・・

 

「ゴホン、諸君らに訊きたい事がある。Aクラスは一人一人にシステムデスク、パソコン、エアコンにリクライニングシート。更には菓子や飲み物も完備。そして正面にはウン千万するであろうプラズマディスプレイが鎮座しているわけだが・・・・不満は?」

 

「「「不満は大有りじゃぁぁぁぁあああ!!」」」

 

「そうだろう!?これに関しては俺も代表として問題意識を持っている!!そこでだ、我々Fクラスは、Aクラスに対して、【試験召喚戦争】を仕掛けようと思う!!」

 

 

・・・・・・何?戦争だと・・・・?




ここまで読んでいただきありがとうございます!早速、お気に入りや評価もしていただきありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。