とある師弟の成層圏   作:カツヲ武士

18 / 51
なんだかんだで原作三巻開始?

短編とは一体・・・

オリ設定!
オリ展開!

嫌いな人は読み飛ばし!


第18話

「司馬様ーフランス人って馬鹿なんですか?」

 

リンちゃん。いきなり何を言うかと思えば。

 

「准尉、軍人や為政者の有能無能は結果で

語るモノです。簡単な題材としては・・・

マジノ線要塞群と言うのを知ってますか?」

 

「はい!第一次大戦の後ドイツに備える為に

多額の税金を投入して造っておきながら、

結局アレだったヤツですよね?」

 

流石司馬少佐!凄い説得力だよっ!

 

「近代ではソレですね。近世においては

ナポレオン・ボナパルトがアレだけの国を

築いたにも関わらず、その後継を名乗った

ルイ18世にまともな統治は出来なかったし、

更に中世でのジャンヌ・ダルクの扱い等を

見れば、どう好意的に見ても指導層が優秀

とは言えないでしょうね」

 

「なるほどー個人的には優秀な人が

居るかも知れないけど、指導者層は

アホなんですね?」

 

うん、そうなるよね。マジノ線だって

元帥と大臣の派閥争いの結果妥協

したって説もあるし。

 

軍事要塞造るのに妥協したら駄目じゃん。

 

指導者層って基本的には歴史があったり

するお金持ちだから、一定の価値観が

定まっちゃうんだよね。

 

日本だって明治維新終わった後、薩長を

重んじて会津系とか東北の人間を徹底的に

差別して、軍閥の結束に利用してたし。

 

戦後軍閥や財閥は解体されても、実際には

彼らの影響力はあるってわかるよねぇ。

 

つまり革命があろうが何だろうが、

指導者に必要とされる能力や価値観が

変わらない以上、国のやり方や気質は

変わらない。

 

さらに民主主義は国民の気風を直接受ける

から、フランスではドイツ軍人みたいな

合理主義者が台頭することは無いんだよ。

 

つまりフランスの指導者層は私たちの

価値観からすれば・・・馬鹿だね。

 

「それで、いきなりでしたが何か異常

があったんですか?転入生が来たのは

今日ですが、いきなりボロを出すような

真似はしないでしょう?」

 

接触禁止令が出てたもんね。あっちが

甲龍の情報収集するために接近して

くる可能性はあったけど、そもそも

専用機の展開は許可されてないし。

 

「いやー何と言いますか・・・

隠す気無いんですよねぇ」

 

「「隠す気が無い?」」

 

バレてることを前提とした自爆特攻?

 

「いやぁ、本人は隠してるつもりなの

かもしれませんけどね?あまりにも

お粗末でして・・・周りも気付いてて

知らない振りしてるレベルですよ」

 

あぁ志〇~後ろ~!って感じかな?

 

「ふむ。良く分かりませんね。

映像記録を見せてもらえますか?」

 

「はい、コチラです!」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

カクカクシカジカフランスニムートンイトウ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「・・・なるほどコレはひどい」

 

「少佐、こいつ等馬鹿なんですかね?」

 

いや、リンちゃんが連中の頭の中を疑う

のも良く分かるよ。

 

「世界第二の男性操縦者という触れ込み

でありながらISに詳しく、専用機を持ち

ISの操縦も既に代表候補生並とは。

・・・馬鹿ですかね?」

 

ですよねー。

 

「大前提として、シャルル・デュノアを

名乗るアレが世界初の男性操縦者ならば、

デュノア社はその情報を公表して、男性

操縦者の情報を担保として世界中から

データや資財を集めたことでしょう」

 

ですよね。わざわざIS学園に入れて

情報の漏洩をする必要が無いんだよ。

 

「そうですね。つまりソレをしていないと

言うことはアレの設定は、あくま

で織斑のアホがISを起動したことで国中

の男性が調べられた時に、偶然起動出来た

人間なはず。それなのにコレは無いですよ」

 

ISの知識云々はデュノア社の人間

だから開発やら何やらを学んだで

済むかもしれないけど、それならISに

触れることだってあったよね?

何年も前からISに関わってたのに

触れたのは数か月前?有り得ないでしょ。

 

「そうですね。ISの搭乗者として

不備が無い程度に整備が出来る習熟

度合いが有りながら、ISに触れた事が

無いとでも言うのでしょうか?」

 

「更に触れてから数か月で代表候補生

クラスの操縦技能?イギリスのアレ

と違い特殊兵装の適正で選ばれた

わけでも無いのに?」

 

アホみたいに遺伝子操作を受けたわけ

でも無いのに?有り得ないでしょ?

 

「これらの矛盾を一切合切隠していない

と言うのは、流石に異常です。

更にドイツの人形は何故コレに反応

しない?情報収集も任務でしょうし、

不倶戴天の隣国の弱点ですよ?」

 

ですよね。ドイツとフランスが手を

組んだとでも言うんですかね?

 

「さらに山田教諭・・・自分が兵器を

扱っていると言う自覚が無い」

 

「そうですね。制御を失って落ちて

くるとか・・・コレ、あと数メートル

ずれてたら生徒が肉塊に変わってますよ?」

 

普通に出てこいや。

 

「織斑・螺旋頭対山田教諭については

・・・まぁ教導と言うことで手加減

したのでしょう。

コレが全力ならIS学園の警備に教員

を使うことを禁じる必要があります」

 

こんなのまるっきり案山子ですよねぇ。

 

スッと行ってドンで終わりますよ。

 

「しかしアレですね。この映像を

見てると盗撮動画みたいですよね」

 

「「・・・」」

 

あ、あれ?!引いた?まさか少佐まで?!

 

「ま、まぁ実際盗撮だし?」

 

「・・・一応授業内容の監査の為に

映像資料を残すことは伝えてますが

・・・まぁコイツらみたいな痴女みたい

な恰好してる連中の動画ですからね。

特殊な趣味の持ち主にとっては高値で

取引するモノなのかもしれませんね」

 

で、ですよねー

 

「そ、そう言えば司馬様は最初から

だけど、簪もズボンタイプの制服に

したよね!」

 

リンちゃんナイス!せっかくだから私は

このビックウェーブに乗るぜ!

 

はいはい!この話題はココまでー

盗撮なんか有りませんでしたー!

 

「うん。大佐殿の側室云々は別に

しても、男の人に肌を見せるのは

ちょっとアレだし・・・そもそも

整備するのに制服とかスカート

とか有り得ないでしょ?」

 

整備室で恰好なんか気にしてるんじゃ

ねーよ。整備ならツナギだろツナギ!

 

「そうですね。私も基本は技術士官

ですし、非常時に戦闘になる事も

ありますから行動を阻害しない服装

にするのは基本です。そもそも私は

師以外に肌を晒す気もありません」

 

さすが司馬少佐!愛、覚えてますね!

 

「なるほどなー。私もそういうの

気にしないと、周りから痴女とか

言われちゃうんですかねぇ?」

 

え?今なんて?

 

「「今更?」」

 

ホラ、司馬少佐も普通に驚いてるよ?

 

「( ゚Д゚)」

 

あ、なんか本気でショック受けてる?

いや、だけど自覚無しって有り得なくない?

 

「いや、リンちゃんは控えめに見ても

露出狂でしょ?

健康的な露出と過度の接触で織斑を

落とすつもりなんじゃないの?」

 

ぱっと見制服もソレ目的で改造してる

よね?それ以外考えられないよ?

 

「( ゚Д゚)」

 

「そうですね、私もてっきり周囲からの

誹りや嘲りを覚悟した上で任務の遂行

の為にソッチに振り切れたモノだと・・・」

 

ですよねー

 

「( ゚Д゚)」

 

「あの無駄に露出の多いISスーツだって

見栄えを良くして男の興味を引くための

モノじゃなかったんですか?」

 

「「え?そうなんですか?!」」

 

なんかアレを着た方が稼働率とかに

プラス修正が付くんじゃなかったの?!

 

「いや、それ以外に何があるんです?」

 

「え、いや、ISの稼働率に・・・」

 

そ、そうそう。そうじゃなかったら

あんな痴女っぽい恰好なんかしませんよ!

 

「ソレは嘘ですよ。こんなの少し考えれば

わかるでしょう」

 

「( ゚Д゚)」

 

今日のリンちゃんは驚きすぎだよね!

 

「もしアノ恰好が必要なら織斑だって

同じ格好しないと駄目でしょう?

アマチュアレスリングみたいに」

 

ア、アマレスか。まぁ確かにそうなるよね?

 

「更に言えばアレで稼働率が上がるって

どんな理屈ですか?素材云々言うなら

全身を包んで全体的な接触をさせるべき

だし、直接の接触が必要なら量子変換で

部品として服を出せば全身ISと接触して

るってことになりますよね?」

 

「「・・・」」

 

た、確かにそうだよ。ロボットモノ

だって普通は全身を包むか裸だよね!

 

中途半端に水着みたいな格好にする

理由が・・・無い?!

 

「え、じゃ、じゃあコレは何で?」

 

「先ほど言いましたが、男の興味を

引くためでしょ?軍人であると共に

スポーツ選手でも有りますし。

あと軍としてはシールドエネルギーが

切れた時に対象を殺すことも考えたの

ではないでしょうか?

防弾スーツとか着こまれたら生存率

が上がってしまいますからね」

 

なるほど・・・ISスーツもソコソコの

防弾性能はあるけど、本格的な専用

装備と比べたらアレだし、その上で

この露出だもんね。

これだったらいくらでも隙は突けるか。

 

うん。普通に武装してたら、ISが無く

なっても生存されちゃうもんね。

 

これはつまり搭乗者をISに依存させる

ためのモノなんだよ。

 

「そ、それが何でコレを着ることが常識

みたいになったんですか?!普通誰か

気付きますよね?!」

 

最初に気付くのは軍の関係者だから

ISの搭乗者が裏切ったときとか

調子に乗った時の粛清手段を公表

したりはしないよね?

研究者が個人的に気付いても予算とか

回さなければ研究は出来ないし、勝手に

やったら予算の横領扱いだし。

 

「軍の意向もありますが、所詮は10年

にも満たない期間しか研究していない

にわかの研究者ですからね。

元々兎が言い出したことですし。

製作者が言うならそうなんだろうって

感じで受け入れられたのもあるのでは?」

 

「( ゚Д゚)」

 

「ふぅ。コレだから技術に便乗するしか

出来ない三流の技術者は駄目なんです」

 

篠ノ之束が悪いのか、そこから一歩も

進めない技術者が悪いのか?

いや、まぁ国もISスーツの見た目より

IS自体の性能の向上を優先してたし

予算の割り振りもソッチ向きだったはず。

 

織斑千冬のせいで、細かいことは個人の技量

だって言う風潮もあるね。

 

「ちなみに兎がこんなことを言い出した

のは織斑千冬にあの恰好をさせる為です」

 

「( ゚Д゚)」

 

予想以上にくだらない理由だったなぁ。

 

「そもそもが宇宙服ですよ?露出したまま

だと生命維持に掛かるエネルギーが無駄に

かかるでしょう?

出来るだけエネルギー消費を抑えるなら

簡易の宇宙服の上から展開するべきだし、

無駄な動きを無くして最大の操作効率を

出すなら、全身を覆うタイプのISスーツを

纏いその上にISを纏うのが最良です」

 

なるほど。そもそも宇宙服ですもんね。

肌着とコートみたいな感じかな?

 

「ソレをしない理由は、軍の意向と

今までの常識を否定したくない研究者。

そして量子変換のスロットを節約する

為ですか・・・」

 

所詮ISを戦力に考えてる人たちって

ごっこ遊びなんだよね。

 

コストパフォーマンスが悪すぎだし。

整備とか部品代とかもあるけど、結局は

搭乗者個人の能力に依存しすぎなんだよ。

 

ISを装備した連中が100人いても

司馬少佐一人に勝てないんだから兵器

としては失格だよね。

 

それでも各国がISの開発を止めないのは

篠ノ之束と冬林技研がISに依存

するような社会を作ったからか。

 

もっと細かく言うならISに使われてる

機能を個別に研究させない為に、ISと

いう偶像だけを見るようにしてる?

 

元々ハイパーセンサーの機能だけで

世界を取れるモノだからね。

 

飛翔ユニットや生命維持システム

だけでもかなりのモノなのに、ソレを

解明するような動きが無いのは、研究の

ためにはコアをバラす必要があるから。

 

連中はコアを自作出来ないからどうしても

コアがあることを前提とした技術を研究

することが出来ないんだよね。

 

篠ノ之束を抱えると言うことはそういう

障害を全て無視できると言うこと。

 

だから世界中の国家や組織が彼女を

探してるけど、彼女は発見されてない。

 

中国や冬林技研が抱えてるんじゃ

ないかって意見は昔からあったけど、

その証拠が無いしこの前の無人機

の件で私たちも被害者と言う印象を

植えつけることが出来た。

 

・・・まぁ実際被害者ではあるけど。

 

「まぁ結局のところ予算の関係もあるで

しょう。全身のISスーツは基本的に

オーダーメイドだし、素材だって

安いモノではありません。私や特尉は

普通に購入できても何のコネも資金も

無い学生では手が出ませんからね。

支給された一般の装備を使うしか無い

のであれば、最終的にコノ痴女の見本市

のような光景が出来上がるのでしょう」

 

「痴女の見本市って・・・え?まって!

簪も全身タイプなの?!( ゚Д゚)」

 

あ、そこ気付いちゃった?

 

「そりゃそうだよ。細かい理由は今

知ったばかりだけどさ。そもそもの話、

全身タイプがあるならソッチを選ぶのが

普通じゃないかな?」

 

何であんな【きわどいみずぎ】を授業中に

着なきゃ駄目なの?水泳でも無いのに。

私はアナタと違って痴女じゃないんだよ。

 

ISだって体の線を隠すための装甲もちゃんと

装備してるから、見た目にはフルプレート

の騎士みたいな感じかな?

 

「司馬様は余裕ある道着タイプだし!私だけ

痴女って思われてたの?!」

 

「「なにを今更」」

 

司馬少佐は多少効率が落ちても体の線を

出さないことを優先したんだよね。

 

冬林技研も司馬家もソレが当たり前って

感じでISスーツの開発してたし。

おかげで全身スーツのノウハウも手に

入って冬林技研もにっこり、司馬家も

にっこり、少佐もにっこりでみんな大満足。

 

大佐殿?あの人が見たいって言ったら

少佐が嫌がるわけ無いじゃん。

普通のISスーツも着るんじゃない?

 

あぁ、いまはリンちゃんか。愉悦愉悦っと。

 

「そうだよ?みんなしてアイツも大変だなー

って噂してたくらい見世物なってたよ?」

 

代表候補生として写真とか普通に

撮られてたしねー。

 

「( ゚Д゚)」

 

あんなの、どのアングルからみても

痴女のサービスショットだから。

 

私はイジメに遭ってたからそういう

意味での露出は無かったけど、今

考えたらラッキーだよね!

 

「リンちゃんとか他の代表候補生なんか

写真からウス=イ本まで、幅広い用途で

相当数の悩める男子諸君のオカズとして

今日も食卓に上がってるよ?」

 

現在進行形で。

 

「( ゚Д゚)」

 

まぁコレは織斑千冬とか山田教諭も

一緒だけどね。

 

ふっ、リンちゃんは犠牲になったのだ。

少佐や私の代わりにな。

 

いやーアレ歳を取ったら黒歴史だよねー。

 

「し、司馬様!私にも!私にも全身

タイプのISスーツ下さいっ!体の線が

出ないヤツをっ!!」

 

リンちゃんは何着ても真っ直ぐだよねー。

 

「簪、アンタ私を見てナニを考えた?」

 

ふ、そんな目をしても可愛いだけだよ!

そういうのはアホにやってあげなさい。

 

「さて、フランスの阿呆が隠す気が

無いのか、隠蔽が出来ない程の阿呆

なのかですけど、少佐はどう思います?」

 

「無視しやがった!( ゚Д゚)」

 

任務優先なのは当然だよね?

 

「まだ初日ですから何とも言えま

せんが、おそらくは両方でしょう」

 

両方か、なるほど。

 

「えっと、両方って言うのは?」

 

リンちゃんは素直だからなぁ

 

「リンちゃん、もともとこの阿呆は

潜入工作が出来るような性格でも無いし、

自分たちの計画が上手く行くって思って

いるようなバカでも無いんだよ」

 

父親と義理の母親に虐待を受けて

いるから、会社の為に何かしようとも

思っていない。投げやり状態だね。

 

「そうですね。特尉の言う通りでしょう。

つまりは学園が予測し、望んだ人間が

そのまま来たと言う形になります」

 

「あぁ、引き抜こうにも馬鹿じゃ

使えませんもんねー」

 

そうだね。後はアホの織斑と仲良く

させて引き抜くだけか。

 

恋愛脳の10代女子を潜入工作に

使うことが間違ってるって話だね。

 

引き抜かせることまでが狙いかも

知れないけど、その場合は何かする

前にフランスとデュノア社を潰す

くらいのことは出来るよねぇ。

 

いくら追い詰められてるとは言え

世界的企業の社長がナニをして

るんだって話だよ。

 

「まぁ織斑一夏も、同室なら男性と

女性の違い程度はすぐに気付くでしょう。

我々は高みの見物をすれば良いだけ」

 

学園は女を引き付けるフェロモンを持つ

アホの織斑にアレを接触させて、アホを

引き抜きさせる気か。

 

それで引き抜いたなら責任とれって感じで。

なし崩し的に織斑も手に入れるつもりかな?

 

まぁ引き抜きが成功したら我々は

学園の美人局を非難できますもんね。

 

女性と知りながらアホの織斑と同室にした

のは何故だって感じから切り込むかな?

 

「でも一夏とフランスの女を一緒

にして間違いがあったら・・・」

 

いや、別に良いんじゃない?

 

「最終的にリンちゃんが織斑を獲得

出来れば良いんじゃない?

そうやってアホの織斑が持つ女に対する

ハードルを下げて貰えば良いじゃん」

 

「ん?な、なるほど・・・」

 

「ですね。今一時的に体の関係を持って

周囲と軋轢を生んで捨てられるよりは、

最終的に添い遂げる為の雌伏と思えば

良いでしょう」

 

「か、体の関係!」

 

そうですよね。この辺は理解あるところを

見せるのが好感触だと思うなー。

 

「そうそう、篠ノ之と螺旋頭が搗いて、

フランス人がこねた餅をリンちゃんが

食べればいいんだよ」

 

まぁ学園での思い出を胸に一人

寂しく生きるのも有りだけどねー。

 

「最後の勝者になる為に・・・か」

 

うんうん。少し前ならソレすら認めな

かっただろうに。

やっぱりアノ襲撃で洗脳じみた恋心

に綻びが出来たのかな?

 

それともそういう駆け引きっぽい

のに疲れただけ?

 

ま、私たちとしてはどっちでも良い

話なんだけどね。

 

大佐殿はやさしかったし。ちゃんと

私も見てくれるし、意見を笑わないで

真剣に聞いてくれたし。

 

・・・アホとは違うのだよアホとは!

 

「そうですね。結婚後の事を考えれば

シャルロット・デュノアはどうしても

安定感がありません。篠ノ之箒もソレは

一緒です。螺旋頭は・・・間違いなく

家庭が破綻するでしょう」

 

まぁアホに貴族的な考えとか企業の

トップに必要な判断はできませんか。

 

最悪バツ1かバツ2になったのを

拾っても良いよね。

 

「普通に考えたら好きだけじゃ結婚

なんかできませんよねぇ。その後の

生活や子供のことを考えたら、今は

地道に昇進して足場を固めつつ千冬さん

の攻略ですね!」

 

お、この前の私たちの話を聞いて

結婚について深く考えたんだね?

 

けど私もこの前初めて知ったけど、幸せな

家庭を築くには体の相性も大事だからねー。

 

ひんぬーは駄目だとか言われたりして

体に不満を持たれてNTRとか笑えないよ?

 

更に言えばアホには801疑惑あるんだし。

 

野獣のような先輩に迫られたら、勢いに

負けて「アッー!」しちゃうかもよ?

 

「その通り。急がば回れとも言いますし、

今は必要以上に過敏になる必要は無い

でしょう。むしろ余裕を見せることで

アレにとっての数少ない癒しの対象に

なるのも良いかもしれませんね」

 

さすが司馬少佐です!

 

「確かに。大人しい猫って癒し効果あり

ますもんねぇ」

 

確かにソッチ方面ならリンちゃんの

一人勝ちだよね。

寄り添って甘えさせれば良いんだよ。

 

「ふむぅ(ΦωΦ)」

 

あ、「さぁ私に甘えに来たまえ」って

言うのは特尉の私のセリフだから

リンちゃんは言わないでねって、後で

釘を刺さなきゃ。

 

「とりあえず近日中に動きがあるで

しょうから、その時に備えて学園側を

追い込む仕込みをしておきましょう」

 

追い込む仕込みか・・・流れとしては

 

1・アホの織斑がデュノアが女性と気付く

2・織斑千冬に相談する

3・学園とフランスの折衝

4・デュノアが女だったと公表する

5・フランスが被害者面する

6・デュノア社がトカゲの尻尾切りに遭う

7・デュノアが学園内で亡命OR帰化宣言

 

ってところだよね?

 

私たちが関わるとしたら、最速で3かな。

後は好きな時に介入できるね。

 

介入のタイミングごとに発生する

メリットデメリットを考えて司馬少佐

のサポートするのが私の仕事だね!

 

「そのときリンちゃんはデュノアを責める

んじゃなく、認めてやる方向で行けば

アホの織斑の好感度も上がると思うよ」

 

なんたってあのアホは力も無いくせに

「自分が何とかしなきゃ」って思う

ような人間だからね。

 

自分が守るって決めた人間を非難

するより、認めてもらった方が印象は

良くなるはず。

 

「え?良いの?」

 

「まぁ積極的に行くと駄目だけどね?

どうせ学園とフランスで話をつける

んだから、こっちには何の責任も無いし。

連中に便乗してやれば良いんじゃない?」

 

一石二鳥どころじゃないよね。

フランスは勝手に恩を感じるし、

アホの織斑からの好感度も得られるし、

織斑千冬とも共通の話題が出来るし、

私たちの行動の隠れ蓑にもなるし。

 

もうウハウハじゃない?

 

「特尉の言う通りです。貴女にこの

情報が入るのは学園とフランスの折衝

が終わった後でしょう。

故にあくまで理解を示すだけにしなさい。

下手に協力する姿勢を見せれば我々

の動きが警戒されてしまいますからね」

 

「了解です!」

 

普通に考えたらそのタイミングだよね。

 

司馬少佐に連絡が来るのは2の

織斑千冬に相談が入った時かな?

 

勝手にフランスと折衝する前に

一報くらいは入れてくるハズ。

 

もし無視したらそれも介入の口実

になるし。

 

しかしフランスもアレだよね。アホを転入

させる準備が終わって書類とかの処理が

終わったと思ったら司馬少佐の監査員就任

だもん。焦っただろうねぇ。

 

常任理事国の会議と、IS委員会で司馬少佐

の監査員就任に反対票を入れたのは間違い

なく失策だった。

 

過去の一挙手一投足がそのまま墓穴に

変わるのが政治の世界。

司馬少佐と大佐殿の怖さは轡木十蔵を

遥かに凌ぐんだよ。

 

今回更識は無能の烙印を押されるかな?

 

あえて受け入れたと言えば学園の

美人局。知らなかったと言えば無能。

 

どっちに転んでもプギャーで愉悦っ!

 

「簪、なんか機嫌良いですね?」

 

「・・・まぁ学園と更識に吠え面

かかせてやれますからね」

 

 

私は日本の敵になりたいのだっ!!

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「司馬様ードイツ人って馬鹿なんですかぁ?」

 




フランスの評価については
あえて悪い面だけを出してます。

あくまでも弟子とかんちゃんの価値観ですよ?


6月に入ってようやく歩行訓練って
・・・普通に考えて駄目だと思うんだ。

あとISスーツ。
中途半端すぎ。
宇宙なめんなってお話

 ▲ページの一番上に飛ぶ