ギレンの野望(笑)   作:itou01

6 / 43
6話 UC0069年2月

サイド3 ジオ・マッド社研究所

 

やあ…諸君。新年あけましておめでとう。ギレン・ザビである。

ハゲをアステロイドベルト送りにして、寝正月も一段落したので今日はジオ・マッド社の視察に来ていた。

ミノフスキー博士はミノフスキー粒子を使った小型核融合炉の開発で忙しいようなので代わりにアイナの兄であるギニアス・サハリンが案内してくれる事になった。

 

案内してくれているギニアス曰く、まだ3社が経営統合されてそれほど日がたっていないものの、今までそれぞれの会社が秘匿してきた技術情報を共有する事で次々と新しい技術が産まれているという。

今日はその中で産まれたジオ・マッド社の新製品第一号を見せてくれるという事だった。

 

…ってこれプチモビじゃね??思わず

 

「ギニアス。これは先日私が貴様に話したプチモビのように見えるが?」

 

と聞いてみれば、

 

「はっ。ギレン閣下よりお聞かせ頂いたアイデアがあまりに素晴らしかったため、今回ジオ・マッド社の製品第一号として使わせて頂きました。閣下のアイデアを無断で使用させて頂いた事、どうかお許しを…。」

 

と神妙な顔で深々と頭を下げてきた。なので

 

「私のアイデアが今後ジオンの柱石を担っていくジオ・マッド社の役にたったというなら許すも何もない。MS-01 の形式番号とモビリティ・スーツの名称を与えその量産と販売を許可する。」

 

と言ってみた。まあそもそも俺のアイデアという訳ではないしね!そして視界の端にアイナを捉え

 

「それにギニアス、貴様の妹には色々と世話になっている。故に今後より一層職務に励む事を貴様への罰として命じる。」

 

とか言ってみた。やべ何か今の俺ちょっと格好よくね?

 

ついでに他に何か良いアイデアがないか聞かれたので、今度はメガ粒子砲とモビルワーカー01型について簡単にスケッチして説明してみた。ミノフスキー粒子の兵器転用と人形の大型汎用作業機械という概念は斬新だったようでどうやら次はこれらを開発する気になったようだ。

 

ククク…これは上手くやれば大好きなガンプラをこいつらに造らせる事ができるかもしれん。

試作モデルを造った時に送ってくれるのなら他にも色々とアイデアを出せるかもしれないと提案した所、試作モデルができ次第送ってくれる事になった。

今後俺が欲しいガンプラのイメージを送ってあげる事にしよう。

 

俺に上手く利用されているとも知らず喜んでいる愚かなジオ・マッド社の研究員どもを尻目に研究所を後にするのであった。

 

一一一一一一一一一一一一

 

side

ギニアス・サハリン

 

私はギレン閣下に初めてお会いした日の事を生涯忘れる事はないだろう。

ジオ・マッド社への技術顧問に抜擢して頂いたお礼に伺ったあの日の事を。

 

「この度、技術顧問としてジオ・マッド社に派遣される事になりました。閣下のお力添え誠にありがとうございました。」

 

「ウム。技術顧問への就任おめでとう。先ずは祝いの言葉を述べさせて貰おう。しかし貴様はひとつ思い違いをしているようだ。」

 

「思い違い…でありますか?」

 

「そうだ。私は貴様が技術顧問として相応しい人材であるから推薦しただけであり、便宜など何一つ図っていない。仮にアイナ嬢が私の元で働いていなかったとしても、私は同じように貴様を推薦しただろう。」

 

その言葉は妹を、アイナを差し出した対価として技術顧問に選ばれたと思っていた私に、とてつもない衝撃をもたらした。

 

「それは…身に余るお言葉をいただきありがとうございます…。」

 

「ふん、貴様の才能には期待しているのだ。そうだな…。その証としてこれをやろう。」

 

その言葉の後、閣下より何やら手製の人形のようなものを受け取り私が困惑していると、

 

「それはな、宇宙空間での作業やジャンクの回収などに使う作業用自走マニピュレーター・ポッドで、私が考えた「プチモビ」という物だ。コクピットは360度回転式で良好な視界を確保でき、小型スラスターによりコロニー内でもジャンプや飛行が可能。また、作業用にレーザー・トーチを装備している。先日宇宙服ひとつでコロニーの外壁作業を行っている作業員を見てこのような物があれば楽だろうと思い作ってみたのがその模型だ。貴様にくれてやろう。」

 

「あ、ありがとうございます!」

 

「アイデアだけならこのように私のような素人でも出すことはできる。しかしそれを実現するには貴様のような優れた技術者の力が必要不可欠なのだ。故に貴様の今後の活躍を期待する。」

 

「はっ!粉骨砕身の覚悟で努めてまいります!」

 

「ふん。貴様の体の事は聞いている。無理をして倒れては今後に支障をきたす。粉骨砕身も良いが体に影響が出ない程度にしておけ。以上だ。」

 

「はっ!ありがとうございます!それでは失礼させて頂きます。」

 

閣下の部屋より退室すると部屋の前で控えていたアイナが微笑みながら話しかけてきた。

 

「お兄様。ギレン閣下へのご挨拶は無事に終わりましたか?」

「ああ。過分なお褒めの言葉を頂いてしまったよ。お前も元気そうで何よりだ。」

「はい。閣下のお陰で充実した日々を送らせて頂いております。この間などは閣下に…うふふ。やっぱりこれは内緒です。」

 

家では人形のように俯いている事が多かった妹が、楽しそうにギレン閣下について話している事が衝撃的だった。なので試しに

 

「それは良かった。…アイナ。今日のご様子から見るにまもなく閣下も退院される事になるだろう。お前が退院後もお側で働かせて頂けるよう私からお願いしてみようか?」

 

と聞いてみた所、

 

「是非お願いします!お兄様!」

 

と今まで見たことのない勢いでお願いされ、閣下との間に何があったのか問い詰めたくなってしまった…。




誤字、脱字、
文の加筆修正(細かな描写の追加、文脈の修正)等色々と募集しています。

次期主力モビルスーツとして採用するなら次の機体のうちどれ?※このアンケートで選ばれた機体が本作の次期主力機になるかはわかりません。

  • やっぱり安定のゲルググ
  • みんな大好きギャン
  • ゲルググもギャンもいらぬ。ドムこそ至高
  • 次期主力機?もうジムでいんじゃない?
  • いっそのこと他の作品から持ってきてビルゴ

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。