僕と剣姫の物語   作:泥人形

1 / 5
邂逅

 アイズ・ヴァレンシュタインは、ファミリア──延いてはこのオラリオで、剣姫という二つ名を与えられている。

 文字通り彼女は剣使いであり、その腕は二つ名がつけられるだけあって非常に達者で、数いる冒険者の中でもトップの実力を誇っているし、その容姿は本当にお姫様を攫ってきたのではと思わせるくらい可憐だ。

 そんなヴァレンシュタインとはもうだいぶ長い──もっと具体的に言うのであれば9年の付き合いではあるけれど、僕は未だに彼女とプライベートな交流をしたことが無かった。

 僕だってここ、ロキファミリアではそれなりの実力があると自負している冒険者であり、ダンジョン深層への遠征だって行くし、打ち上げと称して複数人で酒場に行ったこともあればダンジョン内で鉢合わせして一時的にパーティを組んだことも有る。

 ──だが、それだけだ。

 戦闘上の、非常に事務的な会話しか僕たちはしたことがない。

 だからといって、彼女のコミュニケーション能力や、僕の対人能力に特別問題が有るわけではなかった。

 確かに彼女は物静かで口数は少なく、自己主張はあまり強い方ではないが、かといって引きこもり気味だったりとか、誰とも仲良くしようとしないとか、そういう訳ではない。

 彼女だって親しい友人はいるし、僕だって同じように(少なくはあるが)良く絡み絡まれる友人がいる。

 彼女が親しい友人──例えば、彼女と同じレベル5冒険者であるティオナ・ヒリュテだったり、その姉でありやはりレベル5冒険者のティオネ・ヒリュテと良く談笑している姿を見かけるし、またレベル3冒険者であるエルフの魔法使い、レフィーヤ・ウィリディスに尊敬されていることも知っている。

 他にも僕には与り知らぬところで交流を重ねているであろう、そう思えるくらいには、彼女にコミュニケーション能力はあった。

 では全く話すことのない僕とヴァレンシュタインの仲が悪いか、と問われたらそれは恐らくノーであろう。

 決して本人から聞いたわけではないが、余程のこと──つまり無意識的に彼女の嫌う言動をしているか、僕が彼女を認識する前に生まれた恨まれるような過去が無い限り、そういったことはないと断言できた。

 なぜ自信を持って言えるかと言えば、答えは至極簡単だ。

 端的に言えば、嫌われるほどの関係を僕等は作り上げていないのだ。

 ロキ・ファミリアはオラリオ全体で見てもトップの実力、規模を誇っていて、抱えている人員もそこらのファミリアとは比べ物にならない。

 その上このファミリアは、主神の好みもあって女性が多く、男性がかなり少なかったりする。

 ほぼ同時期に入ったとはいえ、性別の違いもあり、共通して自ら積極的に関わりに行くような人間ではなかった。

 だから僕等は今まで関わることはなかった。

 ──それで良いのだろう、僕は僕で楽しくやれているし、彼女もまた彼女で充実して過ごしている。

 例え同じファミリアで、どれだけ長くいようがそれで個人的な絡みがない人間がいたところで果たして支障はあるだろうか?

 非常に現実的な意見として言わせてもらうが、それは全く無い。

 だから、僕等はきっとどちらかが死ぬまで、必要最低限の会話だけをするような仲なのだろう。

 ヴァレンシュタインもそう思っているだろう、いや、思っていなかったとしても、もし指摘されれば同じような答えに辿り着く筈だ。

 それで良いのだ、そういった関係の人間も、一人くらいは悪くない。

 そう、思っていた。

 だけれども、転機というのは不意に突然やってくるものだ。

 ある日のことだった。

 もっと詳しく言うのであれば、僕がロキ・ファミリア副団長──リヴェリア・リヨス・アールヴに寝過ぎだと叩き起こされた夏のあくる日のことだった。

 分かった分かった、今起きるから出て行けと枕をぶん投げて追い出した後にゆっくりと着替えてから踊り場に降りてきた時だった。

 ちょうど集まっていたロキ・ファミリア幹部──団長であるフィン・ディムナを含んだレベル5以上の冒険者たちのほとんどが揃い踏みして僕を見て来た後に、その輪から一人こちらに歩み寄ってくる存在がいた。

 それが、アイズ・ヴァレンシュタインだった。

 前述の通り、僕等はダンジョン以外で、更に言えばホームでも事務的なこと以外では全く話したことは無い。

 その上もっと正確に言うのであれば彼女は歩み寄ってきたのではなく、彼女の友人であるヒリュテ(妹)の方に押される形で僕の前にやってきた。

 だが彼女は一言も言葉を発すること無く、伏し目がちに言いづらそうに口を開けたり閉じたりしている。

 正直に言えば気まずい。

 この状況を誰かが見れば告白でもするのか?と言わんばかりの有様である。

 その可能性は絶無と言って良いほど無いと断言は出来るが、少なくともすぐ言葉にするには少々気後れしてしまうような内容であるのは分かってしまった。

 どうするべきかと悩んだものの、僕は彼女の言葉をそのまま待つことにした。

 後ろでニヤニヤと見守っているフィン達に助けを求めるのは意味のない行動だろうし、かと言って何も聞かずに去ってしまうのは印象が悪い。

 だから僕は待つことにした、その判断はきっと万人が正しいと思う判断だったと思う。

 実際それは、結果だけを見れば正しかったのだ。

 どうしてかと言えば、それはヴァレンシュタインがやっと絞り出した言葉に問題があった。

 彼女は少しだけ咳払いをしてからはっきりと、聞き間違いなんて許さないと言わんばかりに正確に、こう言ったのだ。

 コンビを組んでほしい、と────

 

 

 コンビ:コンビネーションの略語でありその意味は何かを行うために二人で組むこと、またその二人、である。

 聞き間違いかとも思ったが彼女はあれほどはっきり言ったのだ、間違いだなんてことはまずないだろう。

 であればヴァレンシュタインの申し出は、ダンジョンを攻略する際の相棒になってくれ、ということで間違いはない。

 正直な感想としては、何で僕? である。

 先程から言っている通り、僕と彼女はプライベートなやり取りは本当に、一切したことがないのだ。

 誰かからの言伝だったり、遠征の知らせだったり事務的な会話ならしてきたが、それ以外の会話はまるで存在しない。

 個人的なやり取りだって全く無いし、強いて共通点を挙げるのであれば同じファミリアである、といったくらいである。

 そんな仲、というか関係である僕に対し何故彼女はそんな要求をしてきたのだろうか。

 何かの罰ゲームとか? 身内でちょっとしたゲームをして負けたやつは僕とパーティを組む、みたいなそんな残酷なゲームをしていたのだろうか?

 だとすれば趣味が悪いというレベルではないが──それはまず無いだろう。

 そんな下らないことをするような人間でもあるまいし。

 であれば何故なのか。

 実力が同じくらいであるだろうから。ふむ、それであれば納得できないこともない。

 だが、それだって問題がある。

 それを理由にコンビを組むのであればぶっちゃけ僕じゃなくても良い。

 それこそ、ヒリュテ(姉妹)だったりウィリディスの方がよっぽど連携は上手くいくだろう。

 あえて僕に頼んだ理由というのが見えてこない。

 申し出自体は嫌どころか嬉しい部類に入るのだが、如何せん意図が掴めなくて僕は黙りこくってしまった。

 そうしてイエス、ノーを答える以前の問題で答えに詰まっていれば彼女は小さく嫌なら良い、と震えて言った。

 それを聞いてしまった僕からは断るという選択肢はほとんど無くなってしまった、周囲から注目されているという状況というのに慣れていないことをも相まって、僕はついに考えを捨てて了承した。

 了承、してしまったのだった。

 

 

 ──コンビ結成おめでとう、といっても二人共あまり関わったことは無いだろうし、今日は二人でご飯にでも行ったらどうだい?

 用意されていたかのような台詞を言い放つフィンに、僕は大して深く考えることもなく頷いた。

 それはヴァレンシュタインも同じだったようで、僕等は現在夜ご飯を二人のみで食べに来ていた。

 店は──これまた用意されていたように、リヴェリアが勧めた店に来ていた。

 派手に目立つような店でもなく、かといって寂れている訳でもなく、簡潔に言ってしまうのであれば僕が普段来ないような、ちょっとお洒落な場所で僕等は料理を食べていた。

 しかし、そこに会話は全く無い。皆無、あるいは絶無である。

 何度でも言うようだが、僕は決して社交性が無い訳ではない。

 それは勿論彼女もだが、だからといって僕等の間に必ずしも談笑が生まれるわけではなかった。

 何というか、距離感を測りかねるのだ。

 何せ互いの存在自体はこのファミリアに入った時から認知している。

 幾度か模擬戦もしているし、遠征の際も最低限の連携はしてきた。

 ──だが、本当にそれだけなのだ。

 言ってしまえば業務的な関係でしか無いのである。

 ファミリアは家族であるとは良く言うが、僕等に限っては近所に住んでいる、ということを互いに知っているだけの他人、のような認識でしか無い。

 少なくとも、僕にとってはそうだ。

 そういう、特殊とも言える関係性である僕等は、その特殊な距離感を縮めようとした結果互いに気まずさを感じながら無言を貫いているというわけだった。

 といっても、このまま帰るまでずっと無言であるというのもまたフィン達に申し訳が立たない。

 何故かはわからないが、距離を少しでも詰めようとしてきたヴァレンシュタイン同様、僕も少しは踏み込んだ方が良いのかも知れない。

 というか、そうするべきなのであろう。

 意を決して、僕は口を開いた。

 

 「……ごめんなさい。迷惑だった?」

 

 ヴァレンシュタインは半端に口を開いた僕より先にそう問いかけた。

 いつもより少し沈んだ調子の声で、多少の遠慮を見せながら、僕にそう問いかけたのである。

 僕は、行き場の失った言葉の処理をしてから、改めて返事をした。

 

 「いや、迷惑だと感じていたらそもそも僕はここにはいない。僕が気になっているのは…その、何ていうのかな……言いづらいんだが、どうして僕だったんだろう、ということだ」

 「私は…同時期に入った十華のこと、ずっと気になってたから。でも中々話す機会を見つけられなくて、そしたらフィンが、少しずつじゃなくて一気に距離を縮めてみたらどうかって」

 

 それでコンビを組んでみようかと思った、と。

 言われてみればそれは非常に合点がいく話だった。

 とても論理的でなおかつ筋が通っている。フィン達が随分ニヤけていたのも、納得がいった。

 ただ非常に、そう、とても非常に意外なことであり、想像の埒外であったという面から眼を背ければそれは頗る分かりやすい理由だった。

 ヴァレンシュタインが僕のことを気になっていた…? 正直滅茶苦茶意外である。

 というかこの場合、興味を持っていなかった僕の方がおかしく映るのだろうか。

 そういえば僕の友人──同じようにレベル5冒険者であるベート・ローガからも、一時変なやつだと言われたことがあった。

 気にしたことは無かったが、もしかしたら彼女は今まで何とか距離を縮めようと努力をしていたのかもしれない。

 ──いや、していたのだろう。誰かに相談するということは、そういうことなのだ。

 それはつまり僕は極度の唐変木かつ鈍感野郎だったというわけで、それが何となく癪に障って僕は僕自身へ多少の苛立ちを覚えた。

 

 「そうだったのか…それは、すまなかったな。僕はちっともそう思われていたとは、全く気づきもしなかった」

 「ううん、十華はきっとそうなんだろうなって、何となくわかっていたから。でも、だから、これから知っていきたいな」

 「…そうだな、僕にもヴァレンシュタインのことを教えてくれ、その分僕も僕のことを教えよう」

 

 等価交換というやつだ。そう言えば彼女は何それ、と薄く笑った。

 そういえば、ヴァレンシュタインの笑った顔というのをこの距離で見たのは僕は初めてかもしれない。

 それは何というか──そう、とても美しく、思わず眼を奪われるようなものだった。

 ──なるほど、これはベートが惚れるわけだ、と僕は嘆息した。

 

 

 「それで、アイズとの食事はどうだったんだい?」

 「どうだったかと言われれば返しに困るな、ただ、そうだな…面白くはあったよ」

 

 ふぅん、何というか、とても無味乾燥な感想だねぇ、他になんか無いの? とフィンはつまらなそうに言った。

 あれから、僕等は普通に会計を済ませ、それなりに弾むようになった会話を上手くキャッチボールしながら一緒にホームへと帰宅した。

 帰宅するなり、ヴァレンシュタインはヒリュテ(姉妹)へと連行されていき、僕は僕でフィンに呼び出しをくらって現状に至るというわけである。

 因みに部屋は僕の部屋。それほど大きくもなく、されど小さくもなく。

 簡素なベッドと本棚、クローゼットといった最低限のもののみ揃えた面白みの無い部屋で僕は尋問されているかのような気分で会話していた。

 フィンは僕のお気に入りの安楽椅子に腰掛け、グラグラと軽く上下しながらいつもは見せないようなだらけっぷりで僕に問いかけてきていた。

 因みに僕はベッドに腰掛けている、この部屋の椅子は一つしか無いのだ。

 

 「というか、僕等のしてきた会話にあまり面白みを求めるなよ、男女とはいえ、恋仲でもあるまいし」

 「それはそうなんだけどね、でも君たちはほら、同じ時期に入ってきたにも関わらずこれまで一切関わってこなかったじゃないか。そんな二人が9年の年月を経て初めてまともに二人だけで食事だなんて、昔から君たちを知っている僕等にしてみれば、ちょっとしたニュースなのさ」

 

 まあ、それは──言いたいことは分かる。

 僕だって僕の知り合いにそんなやつがいたら恐らく──いや、絶対に気になってしまうだろう。

 とはいえ、いい歳こいたおっさんとも言えるフィンがこうも聞いてくるのは少し予想外……でもないか。

 ヴァレンシュタインはフィンからアドバイスを貰って僕をコンビに誘ったわけだし、聞いてくるのも無理ないというものなのかもしれない。

 流石に根掘り葉掘り聞いてくるのはどうかとは思うが……それだけ僕等が気にかけられているということなのだろう。

 

 「そうは言うけどさ、幾ら聞いたって何か盛り上がるようなことは話しちゃいないよ。僕等に限っては互いが互いを、初対面の人間レベルで知らないことばかりだったんだから。精々好きな食べ物だったり、苦手なモンスター、お勧めの武器職人とか防具職人とか、その辺さ」

 「君たちは口を開けば二言目には必ずダンジョン関係の話題が出てくるんだね……」

 「そりゃあ、僕等で共通して話せる話題なんて、それくらいなんだから仕方ないだろ」

 「そんなんだから君は何時まで経っても女っ気が無いんだ、語彙が、貧弱」

 「うるさいぞぅ!? 僕はまだまだこれからだ!?」

 

 僕はまだ20歳にもなっていないんだ! まだ未来に希望は有る!

 というか最後の言葉をわざわざ切ってまで強調するな! 語彙力が低いのは自覚済みだ!

 僕だってまるで洒落っ気のない話題を出してしまったとは思ったが、何だかんだヴァレンシュタインはそこから饒舌になったので個人的にはナイスチョイスな話題だと思ったのだが…

 プレイボーイなフィンからすれば、やはりそれはあまり活かした話題選択ではなかったらしい、無念。

 

 「あぁ、でも」

 「うん? 何だい?」

 「明日、ヴァレンシュタインとは一緒に冒険者通りに行くことにはなったな」

 「うん!? 何だいそれはそんなことさっき言ってたか?」

 「いやほら、お勧めの武器防具とかの話はしたって言ったじゃないか、その時に僕の武器も先日の探索で結構ガタが来てたから、明日にでも見てもらいに行くかなって言ったらヴァレンシュタインもメンテしてもらいたいだかで一緒に行くことになったから、ついでに色々見て回ろうかってなって」

 「な、なるほど……デートの約束をしてくるだなんて、やるじゃないか」

 「なっ……! だからどうしてお前らは何でも色恋方面に持って行きたがるんだ……」

 

 デート:親しい男女が日時を決めて会うこと、またその約束。

 それに当てはめて見てみればやはり僕等のそれはデートには該当しないだろう。

 決して僕等は親しいというわけでは無い。

 どちらかと言えば親交を深めに行くのである。

 つまりこれは……何だろうか、うまい言葉は見つからないが、ちょっとした買い出し……? みたいなものに該当するのではないだろうか。

 少なくとも、男女としての好意が入り交じるようなものでは無いと断言できた。

 

 「何を恥ずかしがっているんだい、男女が二人で出かける、それだけでデートと呼べるだろう?」

 「確かにその言葉が一番しっくりとは来る、けれども! 僕等のそれは決してそういう方面のものではないだろう……」

 「というかデートくらいの単語に過剰反応し過ぎなんだよ、君は。だから童貞のままなのさ」

 「さっきからチクチクと心に針を立ててくるのはやめろ!? それとこれとは関係が無いだろう!?」

 

 いい加減泣くぞ!? 僕はメンタルの弱さには自信が有るんだ!

 それこそ明日ヴァレンシュタインと朝から出掛ける。それもダンジョンでもなく仕事でもなく、それだけでちょっと緊張しているレベルなんだ!

 女性──それも同年代かつ贔屓目なしに見ても美しいと称せる人と、プライベートで朝から出掛けるとか僕史上初の出来事なのである。

 しかもこのことが広まりでもすれば僕は明日ベートにボコられることは間違いなしなのだ。

 ベートはヴァレンシュタインにべた惚れなんだぞ! そうやって色恋方面に意識を持っていかれると緊張に申し訳無さまでプラスされるじゃないか!

 あんまりいじめるなよ! そう言えば、彼は一頻り笑った後にごめんごめんと涙を拭きながら謝った。

 

 「でも正直なことを言えば傍から見てそれはデートにしか見えないし、仕方ないから明日は僕がベートを引っ張り回してあげるよ」

 「本当か? それは非常に助かる、ありがとう!」

 

 フィンは笑いながら、ちょっといじめ過ぎたからね、これくらいは任せると良いと言って椅子から立ち上がった。

 時計を見れば、彼がこの部屋に来てからもうだいぶ時間が経っている。

 思いの外話し込んでいたようだ、フィンは団長でもあるし事務仕事もそれなりにあるだろう。

 仕事をするようなら手伝おうかとも言ったが、大丈夫だと断り彼はそれじゃあと部屋を出ていった。

 何だかどっと疲れたな、と思いそのまま寝転がる。

 寝具が僕の身体をゆっくりと包み込んだ瞬間、閉じられたばかりの扉は勢いよく開いた。

 

 「あ、そうそう、明日はしっかりとお洒落していくんだよ! 髪もきちんとセットしていくこと!」

 「うるせぇ! 余計なお世話ですぅ!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。