剣製を為す転生者は好きな子のために剣を振るう。   作:星の空

1 / 4
プロローグ

 

───お前がいるせいで○○さんが迷惑してんだよ!

 

クラスのリア充に言われた。

 

───ほんと、なんも出来やしないんだから。

 

血の繋がった両親から言われた。

 

───消えろっ!!!消えろっ!!!消えろっ!!!消えろっ!!!

 

周りの人間全てからそう疎まれた。

 

しかし、そんな中でも1人だけ俺、釘無彗時(くぎなしせいじ)に手を差し伸べてくれた子がいた。

 

幼馴染で俺の初恋の子だ。その子は容姿を始め、成績運動共に群を抜いて良く、周りからは高嶺の花のような存在だった。

 

その子が俺に手を差し伸べることを気に食わない奴は数多いた。

 

その結果、幼馴染は犯された(・・・・)

 

リア充を含めるクラスメイトの男子達が束になり、俺を拘束して俺の目の前で幼馴染を犯し捲り、腹上死させたのだ。

 

クラスメイトの男子達は罪を俺に擦り付け、俺は呆気なく逮捕となった。

 

情けなかった。申し訳なかった。悔しかった。されど、俺には何も出来なかった。

 

幼馴染に懺悔し続け、飲まず食わずの重労働の末に栄養失調と過労によって、永眠をすることになった。

 

その時はまだ中学生だった。

 

だがそれは自己満足にしかなり得ない。こんなことで死ぬのは良くない事だろう。

 

出来ることならば、幼馴染に再び会って…………今度は…………

 

 

『………………余興だ。貴様のその心意気を(オレ)に魅せて見ろ。形はどうあれ、唯一無二の存在を失うのは痛い程分かるからな。(オレ)はもう叶わぬが貴様はまだ叶う。幼馴染とやらの自我は既に潰えてはいるが根本的な魂はそう変わらん。貴様が己の信念に従い幼馴染を守り通すか、折れて道化となるか、この(オレ)が見定めてやる。』

 

 

意識が完全に潰える直前に1つの声が聞こえた。トーン的に男だろう。この男の言う通りならば再び幼馴染に会える可能性があるのだろう。

1度諦めかけた願いが叶うというのなら乗らない手はない。男にとっては児戯なのだろうが、俺にとっては最後のチャンスだ。

俺はその話に乗ることにした。

 

『…………ふん、そうでなくては面白くない。貴様の幼馴染とやらの魂のある世界に送ってやる。自力で再燃した褒美に色々と教えてやろう。』

 

曰く、その世界は地球と変わりはない。

曰く、その世界は表はこの世界と変わりないが裏には魔術が存在する。

曰く、聖杯戦争なる儀式があり、英霊という存在が確かにある。

曰く、死徒や吸血鬼などの異型がいる。

曰く、幼馴染の今の家族は古くから暗殺家業兼道場を営むが幼馴染は知らない。

 

『貴様はその一族の向かいにある武家屋敷の出身、そして幼馴染と同時に産まれるようにしてやる。信念を貫き通せ。それと、さっき言ったがその世界には異型がいる故な、守る力をくれてやる。その力は人間でありながらこの(オレ)に勝った奴の力だ。奴は(オレ)と同じ英霊となったのでな仮に魔術師として大成すればどうなるのか気になっておったのだ。力を持つことは相応に危険を伴うがそれくらいの危機は跳ね除けろ。ついでに(オレ)を召喚するためのものを用意しておいてやる。時期を見て呼びだせ。』

 

その言葉と共を男から聞き届けたとともに俺は完全に意識が潰えた。

 

 

 

『…………唯一無二を失うのは辛い。救えず悔やむより死を恐れて救おうともしなかった(オレ)とは違って諦念すれど意思はあった奴ならば成すだろう。釘無……いや、転生後は千子村正(ちこむらまさ)の子孫……千子刃(ちこやいば)だったな。至るか道化か、ここにいる間の余興で見定めてやる。』

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。