ヒエヒエの実の能力者が巨人が蔓延る世界に転生した   作:マスターM

4 / 8
巨人捕獲

ウォール・マリアに帰還しようとした一行は、ハンジの一言で作業の手を止めた。

 

「今回の成果はギルの発見だけってマズくないかな?一応目に見える成果があった方がいいんじゃない?」

「確かにそうだが どうするつもりだ?壁はもうすぐそこだ。今更まともな成果はあげられないだろ」

そう言うキース肩を落とした。

 

「団長大丈夫!私にいい考えがあるんだ!」

そう言うハンジの目線はギルに向いていた。

 

「その考えとは何だハンジ?」

ハンジに聞いたのはエルヴィンだった。エルヴィンはハンジの目線がギルに向いていてその意図を理解したが、会えて質問した。

 

「エルヴィンも人が悪いな〜分かってるのに聞いて来るなんて」

「敢えて聞くことで全員が興味を持つと思ってな。それにハンジが言わなければ私が提案していた」

「なら発表しよ。ズバリ、ギルを使っての巨人捕獲作戦!!どう団長!いい考えじゃない?人員的損害はなく巨人を捕獲出来たらいい成果でしょ!?」

ハンジは興奮気味にキースに言った。

 

「それは本人次第だ。我々が勝手に決める訳にはいかん。ギルよお前はどうする?私はお前の選択を尊重する」

そう言うキースだが心ではギルに参加してもらい成功させたいと思っていた。

 

「さっきも言ったが俺の力を頼ってもいい。勿論協力させてもらおう。唯俺はこの世界の巨人の事は殆ど知らない。必要最低限の知識を教えて欲しい」

そう言ったギルにハンジがものすごい勢いでギルに近づき両手を握りしめた。

 

「それだったら巨人研究をしてる私の出番だね!いいかいまず・・・」

ハンジの勢いは止まらず必要最低限な事を話終わると、自分の考察を交えての話になっていき、周りの者達は『また始まった』という顔をして同情の目線をギルに向けた。

ギルは二度と巨人の話はハンジが居るところでは話さない様にしようと、心に誓った。

 

「お、おいハンジいい加減にしろ。いつまでも話していては作戦が開始出来ん。もう最低限の事は話しただろ?お前の考察は帰還してからにしろ」

「ええ!?まだ話足りないよ!!」

「団長命令だ。いつまでも話していては何時奴らが来るか分からん。壁外での長居は無用だ」

「・・・仕方ないな。ギル帰ったら続きを話すから逃げないよね!」

ハンジの暴走を止めたのはキースで、ハンジは最初は不満そうにしていたがキースの説得でしぶしぶ話を切り上げた。

 

(絶対に逃げよ・・・)

ギルは心の中でそう誓った。

 

「で、何体狙う?大きさは?」

「3m級を一体でいいよ。本当はもっと多く捕まえたいけど、管理する場所も費用もないからね。今回の功績でもっと費用を貰ったら次は7m級。最終的には15m級の奇行種を捕まえてみたいな」

「3mか・・・了解した」

そう言いギルは立ち上がり正義の文字が書かれたコートを羽織った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外に出たギル達、ギルは南東に複数の気配を感じた。

「南東にいる。但し複数だがどうする?」

「3m級じゃなかったらギルの戦闘力の確認も出来るから、一石二鳥だよ~」

「まてハンジ!無駄な犠牲は出せんぞ!複数いるならなおさらだ!」

「いえ団長、彼一人で殲滅は出来ると思います。どうだ?」

「可能だな。時間が惜しい決めるのはキース団長、アナタだ」

「・・・よかろう。南東に向かうぞ!」

一行は南東に向かった。

 

 

 

 

 

 

南東には、3mが一体、5m四体、7mが三体、10mが二体、15mが二体いた。

「団長数が多すぎます!撤退を!!」

調査兵の一人が巨人の数にキースに言う。

 

「大丈夫だ直ぐ終わらせる」

そう言いギルは馬から降りた。

 

「おい何をする!?」

「少し離れていろ。それとしっかり気張れよ?」

ギルは一人巨人に近づいた。巨人達はギルを見ると捕食しようとギルに向かって、大地を揺らしながらギルに近づこうとした。

 

「巨人相手に通用するか確かめさせてもらうぜ?ふっ」

瞬間ギルを中心に覇王色の覇気が発せられた。調査兵団は遠くにいたが、そのプレッシャーを感じた。一方巨人達は・・・

 

「・・・成程10m以下までか・・・」

そう10m以下の巨人は立ったままだが動きは止まった。しかし、10m以上はぎこちないが動いているのだ。

 

「まあ、結果が分かっただけ儲けもんか」

そう言いギルは、剃を使い動いている10mと15mの巨人の項を破壊した。

 

「今回は3mだけ。次は捕まえるからな?」

ギルは3m以外の項を破壊し、3mの口と四肢を凍らせ動きを封じた。

 

「終わったぞ」

『『『・・・・・・・・・』』』

調査兵団の全員は言葉を失っていた。巨人達が一方的にしかも、立体機動装置も着けていない者に蹂躙されたのだから仕方ないが。

 

「はっ!それより巨人を確保するよ!」

最初に正気に戻ったのはハンジで、ハンジの言葉で全員が動き始めた。

 

「まさか、これ程とは・・・」

「団長、彼は変革の一翼になるのでは?」

「確かにな。その素質は十分あるだろう。しかし・・・」

「片翼では飛べないと?」

「そうだ双翼で初めて羽ばたけるのだ。彼は一人で一個旅団の戦力、いやそれ以上だろう。もう1人そんな人材がいればな・・・」

キースとエルヴィンはこの光景を見てヒソヒソと話していた。

 

「さて、今度こそ案内頼むよ」

「ああ。分かった」

巨人の拘束が終わり一行は壁に帰還すべく移動を始めた。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。