孤独な歌、孤高の姫   作:斬鉄剣

2 / 3
2話

 ──孤高の歌姫と出会って数日。

 

 あの日以降特に連絡を取り合うわけでもなく、いつもと変わらない日々が過ぎていた。

 もともとあの場にいたのは偶然で、彼女と話したのも奇跡のようなもので、これが俺の日常なのだ。だけど心では彼女の何かでありたいと思うもので、気づけば連絡先を開いてしまう。

 だからといって何か送るわけでもなく、そっとスマホの画面を閉じてしまう。

 

 布団から飛び出しリビングへと降りるが人の気配がない。テーブルの上には書置きが残っており、父さんの汚い字で俺に向けてのメッセージが残されていた。

 

『これから一週間出張で家を空けるから、自分で家事をしてくれ。食費と雑費はまとめて封筒に入れておくからそこからつかってくれ。足りなかったら追加で送るから、その時に連絡くれ』

 

 書置きの下の茶封筒を確認する。諭吉が三枚、高校生が一週間で使い切れる額ではないだろう。とはいえ買い足さなくてはいけないものもある。手持ちが多いに越したことはない。

 母さんが亡くなってから男手一人で俺を育ててくれた。俺が身の回りのことをできるようになったころには出張に行くことが増え、家でゆっくり過ごしていることが滅多にないのが父さんだ。息子としてはいつ倒れるか心配になる。

 

 諭吉を財布に入れていると、さらに一枚メモ紙が落ちてきた。

 二つ折りの紙を開く。

 

『女の子を連れ込んでもいいが、後始末と使用後のk……』

 

 最後まで読まずに粉々に破り捨て、ゴミ箱へと放り込む。

 前言撤回、やっぱ父さんを心配する必要はなさそうだ。

 

 

 

 平日のうちに家の消耗品がいくつかそこを突いていたため、重たい足を動かして家を出る。スマホのメモに買うものを書き込み、全部をまとめて買うことができる大きなショッピングモールへ。

 やはり休日なだけあって私服の学生や家族連れが多く、ぼっちの俺は浮いてるんじゃないかと思うくらい周りに人が多い。照りつける太陽も相まって不愉快さを感じる。

 必要なもの以外に特に興味があるわけではないのでひとまず買い物を済ませることにした。

 

「洗剤、食材、電池に……」

 

 食品フロアでスマホのメモを確認する。見落としは無く、会計を済ませるためにレジへと向かう。

 買ったものを袋へ詰めながら時計の針を確認すると、ちょうど長針と短針が一つに交わっており、周りの人々も昼食のために移動していた。

 俺も空腹ではあるが、家族連れの中に混ざって食事をする気にはならない。

 踵を返して出口へ向かおうとすると、視界の端に銀の髪が揺れた。

 

 自然と鼓動が早まる。

 

 見たことあるその姿に、今すぐ声をかけたいと思った。

 

 だが、彼女の隣にはもう一人別の少女がいるのが見える。二人の様子はまさに親友と呼べるもので。俺がその光景を汚してはいけないものに感じてしまう。

 

 彼女達の視界に入らぬようにそっと人混みに紛れる。だが次の瞬間、足元の何かに躓き、勢いのままに手をつく。近くの人々は驚愕し、それは視界から消していた彼女達にも伝わる。

 なんでもないですと返し立ち上がると、小さな声で名前を呼ばれる。

 

「奏汰?」

 

 呼ばれた方へと向き直すと、そこには長い銀の髪の少女。そしてその隣には茶髪の派手な少女。

 

「やぁ友希那、奇遇だね」

 

 何事もなかったかのように澄ました顔で彼女の名前を呼ぶ。すると友希那の隣の少女が、驚いた顔で尋ねてきた。

 

「キミ、友希那と知り合い?」

「まぁ一応」

「リサには紹介してなかったわね。彼は奏汰、私の……友人、でいいのかしら?」

 

 本人もよくわかっていない様子だ。確かに言われてみれば俺達の関係は上手く言葉で言い表せない。

 

「なぜに疑問形……秋山奏汰です。友希那とはまだ数日程度の付き合いですが」

 

 とりあえず挨拶から済ませることにした。終えると茶髪の少女も自己紹介をしてくれた。

 

「アタシは今井リサ。友希那とは幼馴染なんだ。リサって呼んでね☆」

 

 見た目に寄らず、礼儀正しくとても親しみやすく感じる。さぞ友達も多いのだろう。

 そんな少女は自己紹介を終えると、俺と友希那を交互に見始める。そして、口元に手を置きニヤニヤし始める。

 

「ところで二人はどうやって出会ったわけ? アタシは友希那からボーイフレンドが出来たなんて聞いてないんだけどなー?」

 

 わざと声を大きくしながら友希那をチラリと見るリサ。友希那は顔を真っ赤に染めながら必死の抵抗を始める。

 

「リサ! 彼とは別にそんな……」

「そんなー? なにー? アタシわかんないなー」

 

 リサに弄られるも、上手く反撃出来ずに口をわなわなさせている友希那。そんな二人の様子に自然と笑みがこぼれる。

 

「だから、その……奏汰も何か言ってちょうだい」

「え? そうだな……」

 

 世間では俺達のことを友人と言うだろう。しかし俺も友希那もそんな感じには思えていない。となれば俺達の関係はなんと言えばいいのか。

 俺たちは頭を抱えてしまう。

 

「なんで二人して悩んでるの……普通に友達じゃダメなの?」

 

 リサは揶揄うのをやめ、呆れ始めていた。確かに友達として付き合っていけるなら俺としては嬉しいけど。

 

「友希那がいいって言ってくれるなら、友達になってくれると嬉しいかな」

「私は別に構わないわ。それじゃ友達として、改めてよろしく奏汰」

「よろしく友希那」

 

 こうして俺たちは改めて友人となったのだ。リサは自分のことのように嬉しそうにしている。

 

「うんうん、それがいいよ! ところでアタシとは?」

「え?」

 

 まさかそう言われるとは思わなくて、つい言葉に詰まる。

 すると笑顔から一転、リサは俺を睨みつけてくる。

 

「ふーん、アタシとは友達になってくれないんだ……へー」

「いや、別にそんなわけじゃないんだけど……」

「けど?」

 

 ぐっと近づかれてつい怖気づいてしまう。

 距離を詰められているからかいい匂いが鼻腔を刺激してくる。このままでは身が持たない、俺の本能がそう告げている。

 

「ほら、初対面だから馴れ馴れしいかなって思ってさ。リサがいいなら友達になってくれると嬉しいかな……」

「そっか、それなら仕方ないね。アタシは大歓迎だよ! よろしくね!」

 

 咄嗟に思いついた言葉で弁明してみる。

 すると理解してくれたリサはすぐに俺から離れ、友希那の隣に戻る。

 先程まで鳴り続けていた心臓を落ち着かせるために深呼吸しよう。スーハー……空気うまいな。

 そんなことをしていると、リサが「あれ?」と声を上げる。

 

「友希那そんなに怒ってどうしたの?」

 

 リサの言葉を聞き、視線を上げ友希那を見る。一瞬目が合うと、キッと睨まれ目をそらされる。何か気に障ることをしてしまっただろうか。

 俺たちの様子を見たリサは、思い出したように俺に再び話しかけてくる。口角が上がったのは気の所為だろうか。

 

「そうだ、連絡先交換しようよ!」

 

 そう言い画面を押し付けてくるリサ。これは俺に拒否権がないと言いたいのか。

 仕方なくスマホを取り出し、アプリを起動する。

 

「ちょっと待って。……これでよし」

 

 リサの連絡先を登録し、スマホを閉じる。

 二人に挨拶をして帰ろうと思って声をかけようとすると、一瞬友希那と目が合った。しかし再び目を逸らされる。

 

「あれー? 友希那、そんな怒ってどうしたのー?」

 

 リサはそんな友希那を見ては彼女に近寄り頬をつつく。友希那は鬱陶しそうな顔をしている。

 

「もしかしてーヤキモチ焼いてるの?」

「なっ! 私は別に……」

「別にー? どうしたのー?」

 

 リサに追及され、真っ赤になる友希那。

 うん、これは誰が見ても可愛い。一人平和な光景を眺めていると、満足したリサがこちらを一瞥し友希那のもとを離れこちらに近寄ってくる。

 

「ねーねー、奏汰はもうお昼食べたの?」

 

 質問しながらグイッと近づいてくるリサ。ちょっとこの子初対面の男子相手に無防備すぎません? いくら親友の知り合いとはいえ、俺も一応男子高校生なんですが。

 

「いや、まだだけど」

「ほんと? それならこれから一緒にランチいこうよ!」

 

 燥ぐリサだが、目の前でそんなに喜ばれてしまうと目のやり場がですね……。

 

「俺は構わないけど」

 

 とりあえず質問の返事をし、視界で揺れる双丘から目を離すため、友希那のほうを見る。

 あ、小さ……あれ? なんか目が怖いんですけど。友希那さーん、どうしてそんな怖い目してるのー。

 

「変態……」

 

 小さく罵倒されてしまった。

 

「よしそれじゃみんなでいこっか! アタシおススメのお店あるんだ!」

 

 そういって俺から離れ、再び友希那の隣に戻るリサ。二度も美少女に接近されては俺の心も体も持たない。イヤほんとマジで。

 そんなわけで友希那とリサの二人とランチに行くことになったが、友希那のご機嫌をどう取るべきか。俺はそんなことを考えながら、二人の後をついていくことにした。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。