変人がAクラスに降臨しました   作:孤独なバカ

9 / 14
当たり前

しばらくして

「なんだこのボロい教室は。」

「それ私も最初の全く同じこといってたよ。」

俺があっけにとられている。というのもこれはどちらというと廃屋に近いような

「……これはすごいね。」

さすがの工藤も少し引いているしそしてその中に明久の叫び声が印象的になっている

「はぁ面倒くさいなぁ。……それじゃあとりあえず。」

俺は結衣との手を離すとドアを開く

すると

黒いマスクを被った集団

明久に関節技を決める姫路と島田

島田と姫路のパンチラ画像を撮ろうとしている康太

俺はドアを閉める。

「……えっと。」

「……今の何?」

さすがに動揺してしまう。えっと、意味が分からない

「…えっと、お兄ちゃん。今のって。」

「いや。俺たちの見間違いなのかもしれない。ふぅ。」

といいドアを開けると

さっきと全く変わらない光景が

「……あの、帰っていいか?」

「ちょっと春斗助けてよ!!」

「お主の家に住んでいるからこうなったのじゃ。お主が説明してくれぬと戦争の準備もできぬのじゃ。」

木下の弟の木下秀吉がそんなことを言い出すが

「……いや、秀吉これだぞ。絶対話を聞かないだろうが。」

「だからお前を呼んだんだよ。全員戦死にすることなんて他愛もないだろうが。」

するとため息を吐く雄二

「お前今日の午後から戦争だろ。」

「別にいい。元々理系中心で攻める予定だったからな。補充試験も受けるし十分だろ。」

「了解。Aクラス黒壁がFクラス姫路瑞希に対し日本史で試験召喚戦争を仕掛けます。試獣召喚。」

すると腕輪を発動すると召喚エリアが発動し、日本史の召喚エリアが広がる。

召喚獣が出てくると全員の目が見張る

「えっ?先生がいないのに何で召喚エリアが。」

「黒壁くん邪魔しないでください。試獣召喚。」

島田は驚いたようにしているが、姫路は俺の腕輪がどういった腕輪なのか理解したらしく。姫路が召喚獣を出すとそこに大剣を持った召喚獣が出てくる

【日本史】

Fクラス 姫路瑞希  357点

 

するとわっと湧くFクラスのクラスメイト。まぁ普通なら高得点で叶う人はほとんどいないだろう。

「文系科目で俺に勝てると思うな。」

俺は一瞬で姫路の首を槍で突き刺す

「えっ?」

姫路は驚いたようにしているのだが、俺はため息を吐く

【日本史】

Aクラス 黒壁春斗 710点

俺の点数が表示され全員が絶句する

本好きの俺にとって文系科目はかなりに鬼門であり、全部の点数が550点オーバーだ。

特に日本史、現代文。英語は600点オーバーであり、2位と200点以上の差が開いている

「戦死者は補習!!」

「えっ?」

何が起こったのか分からないような顔をしているが、雄二が呆れたようにしている

「伊達に次席を名乗ってないからな。こいつは。姫路ぐらいだったら楽々倒せるさ。」

「島田、これ以上明久に関節技決めるようなら、姫路みたいに補習室送りにするぞ。」

俺の召喚獣は槍をふるうと島田は睨みつけられるが

「さすがお兄ちゃん。」

すると後ろから、抱きついてくる。

「へ?」

「お兄ちゃん?」

「えっ?ちょっと、どういうこと?」

すると誰もが首を傾げている。

まぁ、説明するか

「俺の両親が再婚がきっかけで苗字が違うけど兄妹なんだよ。俺が家の事情で旧姓を使っているから。」

「うん。だから明久くんと住んでいたお兄ちゃんの家にお邪魔しただけだよ。」

「そういうこと。てか、俺も結衣が来ていること俺も一週間くらいに知ったから。てか結衣離れろ。」

「え〜。」

「結衣ちゃんもくっつきすぎだよ。ほら離れて離れて。」

すると結衣を引き離す工藤。不機嫌そうにしているが

「悪い。助かった。話を進めるぞ。んこんな内戦を俺に沈めさせるなよ雄二。」

「知るか。お前が妹がいることは俺も想定外だったんだよ。」

「あんまり知られたくなかったんだよ。俺の家、家庭環境が結構複雑って言っていただろ。」

すると少し納得した様子で頷く雄二

「それで、何で呼んだんだ。たったこれだけって訳じゃないんだろ?」

「あぁ、少しBクラス戦なんだが、Cクラスとの宣戦布告を1日ずらすことは。」

「却下。これは貸しを返してもらうぞ。……ってか気づいていたのか。」

「隠す気のなかった癖によくいうぜ。」

「……どういうこと?」

明久が首をかしげる。

「春斗はわざと情報を流していたんだよ。……多分、Cクラスと協定を結んでいるな。」

「えっ?」

「……つまり、どういう?」

「Bクラスの教室を出汁にしたんだろ?そして多分Dクラスとも協定を結んでいるはずだ。一年間の不可侵ってところか?」

「…まぁ、せめてくるって予告があるのに動かない訳には行かないだろ。」

俺は遠回りの肯定をする。

「……くそ。完全にやられた。」

「どうしたの雄二。」

「…完全に策を見破られてるんだ。それも、俺が想定していたAクラス戦の戦略が全く使えない。」

「「なっ?」」

「……どういうことよ。」

「……元々一騎討ちが目的だったんだろ。それくらいじゃないと勝てる要素が皆無だからな。」

俺が答えると雄二は苦しげに頷く

「一騎討ちならば勝てる要素は多いしな。姫路、明久、結衣、雄二。康太。Aクラスに対抗できる人物が5人もいる。……さすがに他は勝てる要素は皆無だからな。召喚獣の扱いはせめて数十回は必要だ。それならば、その戦いにさせないようにすればいい。」

「……つまり、勝機のある戦いにさせないようにしていたんだよ。情報を提供することも、何か目的があったんだろ?」

「あぁ。……条件付きでよるがその一騎討ちに載ってやる。」

「……えっ?」

全員が驚く。

「……その条件を聞かせてもらおうか?」

「あぁ、条件は3つ。一つ目まずはBクラスの戦終了後の処理をAクラスに委任すること。二つ目、一騎打ちのルールはお互いで公正なルール。つまり戦争のルールは話し合いで決めること。そして三つめ。Aクラスは勝ち星をあげた分だけFクラスかFクラス個人への命令権がほしい。」

「……」

すると雄二は考え始める

「……受けなかった場合は。」

「こっちから宣戦布告をして相手をねじ伏せるだけだが。」

「分かった。その条件呑もう。」

軽く脅すと、諦めたように頷く。

「オッケー。ついでに命令権は反対側も有効にする。てかそうしないと私欲だけで戦争を起こすことになるしな。それと最低7対7だ。人数はそれ以下だと明らかに有利はFクラスだからな。それと、さすがにこれ以下の教室になるのは俺も嫌だし。俺たちが勝ったならもう一個命令権くれないか?」

「別にいいが。」

「なら交渉成立だな。それじゃあBクラス戦頑張れよ。」

俺は笑う。これでBクラス戦はFクラスが勝とうか負けようが関係ない。

ノルマは達成だな

すると教室からでるとジト目で見られると

「……相変わらず性格悪いね。」

「よく言われる。それじゃあサボろうぜ。どうせ。」

するとチャイムがなる

「遅刻で補充試験は受けられないしな。」

「……えっと、でも西村先生には。」

「あの先生は話せば分かってもらえるから。高橋先生にも後から俺が話しておくし、最悪俺だけが怒られるさ。」

さすがに巻き込んで工藤の評価が落ちたら悪いしな。

するとクスクス笑い出す工藤に俺は首をかしげる

「どうした?」

「やっぱり黒壁くんって面白いね。やっぱり黒壁くんのいる学校に転入してよかったよ。」

「お前こそ中学時代はいじられキャラだったのにな。純愛小説見ただけで顔真っ赤になってたのに。」

主に俺と無自覚だろうけど結衣の言葉に顔を真っ赤にしていたなぁ

「ボクだって成長するんだよ!!」

「はいはい。そうムキになるところで何も変わってないのは丸わかりだからな。」

俺は笑ってしまう

「……まぁいいや。工藤。図書館行こうぜ。それなら言い訳も聞きやすいし小さい声でなら話せるしな。」

「まぁ、久しぶりにデートかな?」

「……おい。走るぞ。」

「えっ?」

俺は工藤の手を引き走り出す。ここはFクラスであり、そして須川たちのいるクラス。

つまりどういう事だというと

「これより異端審問会を始める。被告人の確保を最優先にし捕らえろ。」

「「「おう。」」」

「くそ。彼処でデートとか冗談でもいうべきじゃねーよ。走って生徒指導室まで走るぞ。」

「えっ。うん。」

後ろから来る覆面の奴らから逃げるために

 

 

なお、補習室まで逃げ込むことに成功した俺たちは鉄人に事情を話しFクラスの生徒を説教と呆れながらトラブルに巻き込まれた俺に緑茶を煎れて顔を真っ赤にした工藤と次の時間の開始まで自主勉に明け暮れることになった。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。