眠る前にも夢を見て   作:ジッキンゲン男爵

264 / 307
#74 お役人さん

下風月 十五日 10:47

 三人は無言で進み続ける老人の後を追いながら、どうやってこの場を逃れようかと話し合った。

 そして、シルバが手をあげる。

「あの、すみません。」

「なんでしゅかな。お役人様。」

「えーと、僕たちはあなたの案内がなくても平気なんです。ほら、役人だからここの事は解っていますし。」

 シルバがそう言うと、湿った足場を小さいネズミが小さな足音を鳴らして、したたた…と駆けて横切った。

 そして、バンッと汚物喰らい(ファエクデッセ)はネズミの引きずる尻尾を捕らえた。

 三人の肩は大きく飛び上がり、キィキィと必死に鳴き声を上げるネズミは汚物喰らい(ファエクデッセ)の手に掴まれていた。

 尻尾を掴まれ、逆さに持ち上げられる様は酷く哀れで、いったいそれをどうしてしまうのかと三人が見ていると、汚物喰らい(ファエクデッセ)は不意に口を大きく開けた。

 口の中がランタンの炎でゆらりと映し出されると、ぺーさんが小さく悲鳴を上げる。

 そして、ネズミは口に放り込まれた。

 ギィーッととんでもない鳴き声が響き、続いてゴギャコギャと骨が砕かれる音。

 はみ出ていた尻尾はちゅるりと飲み込まれた。

 身の毛もよだつ光景に三人はただ呆然と立ち尽くす。

「んん。申し訳ありましぇん。我々もなるべく衛生害獣はこうして見つけ次第美味しく――そう、ぐふふ、駆除しておりまするが、自然とまるで水が湧くように出てきてしまいますのじゃよ。」口を拭いた汚物喰らい(ファエクデッセ)はどこか照れ臭そうでもある顔をし笑った。

「――ほれで、なんでしたかのぅ。ひひ、新鮮な食事につい浮き足立ってしまっちぇ。ほら、あれのせいで中々あり付けませんで。ひひ。」

 新鮮な食事、そう聞いた瞬間三人の脳裏には人間を卸して食べると言う亜人達のことが一気に駆け巡った。

 そしてここの入り口に掛けられている衛生(サニタリー)スライム、汚物喰らい(ファエクデッセ)注意の文言。

 もしや注意とは食べられてしまうと言う意味なのでは。

 そう思うと、居ても立ってもいられず、一斉に駆け出した。

「う、う、うわあぁぁぁあぁああ!!」

 道も何もわからないが、兎に角走った。

 途端に小さくなって行ってしまった背中に汚物喰らい(ファエクデッセ)は何事かと首を傾げた。

「なんじゃ…?お役人様はどうされたんじゃろ…。」

 そう言い、最近仲間が地上に行った時に買ってきてくれた地の小人精霊(ノーム)による見事な刺繍が施されたチョッキのポケットに手を突っ込んだ。

 その中からは開いて干したネズミ。

 ぽいと口に放り込み、カリカリと噛み砕いた。

「――あぁ、そうじゃ。案内がなくても平気じゃったか。」

 汚物喰らい(ファエクデッセ)は急いでスライム減らしに向かってくれた役人達へその場で一度頭を下げ、自分の家に帰ろうと道を戻った。

 そして流れてきたスライムをすくい上げ、手の中でもちもちと弄んだ。

 下水は近頃衛生(サニタリー)スライムが増え過ぎ、汚物喰らい(ファエクデッセ)の食べ物が急激に減っている。

 新鮮な糞も少ないし、どうにもよくない。

 衛生(サニタリー)スライムは爆発的に増えることもあるが、当然減ることもある。

 そして汚物喰らい(ファエクデッセ)のように今日はここを綺麗にしたからあちらも行かなくてはと言う知能もないし、害獣や害虫退治もしないので、国は汚物喰らい(ファエクデッセ)を守ってくれる。

「こりでまた暮らし易くなると良いのう。」

 うきうきと歩いていると、ふと、「おい」と声を掛けられ、汚物喰らい(ファエクデッセ)は足を止めた。

 そちらにはこれまた若そうな人間達。

「ほ?なんじゃらほい。」

汚物喰らい(ファエクデッセ)のドルノド=ディリだな。私は漆黒聖典の隊長を預かる者だ。今日は案内を頼む。」

 そういうと首に掛けていたネックレスを鎧の中から引き抜き、小さな赤い玉のトップを見せた。――その中には神聖魔導国の紋章。

「ほや〜。二隊も送って頂けるとはありがたい話じゃ!ひひ!」

「あぁ、私はもちろん、漆黒聖典の神聖呪歌、一人師団、神領縛鎖、紫黒聖典隊長、重爆が来たのだからすぐに元の状態に戻るだろう。」

 先に来たたった三人ではあれだけ増えたスライムを減らすのは大変だろうと心配していたが、分隊に六人もくれば文句なしだろう。

 汚物喰らい(ファエクデッセ)は「六人と三人だから――」と頭の中で足し算をしようとしたが、よく分からず自分の手に視線を落とし、指を折る。

 一、二、三……――九人だ!

 なんと心強いのだろう。

「こちらですじゃ、お役人様。」

 汚物喰らい(ファエクデッセ)は深くお辞儀をしてから再び案内へ向かった。

汚物喰らい(ファエクデッセ)、良い物を着ているな。」

「ありがとうございまする。みだちなみ(・・・・・)には気を使ってましゅので。特に今日は外の言葉の"セイケツ"とか言う奴を目指しましてごじゃいますよ。」

 皮膚を守るねばねばも取ったし、人間が嫌うような臭い――汚物喰らい(ファエクデッセ)としては良い香りなのだが――も極力落とした。

「そうかそうか。合わせてもらって悪いな。我々が帰ったらいつも通りに過ごしてくれ。」

「おしょれいります。」

 先の役人達はあまり話してくれなかったし、どこか冷たいと思ったが、この役人は中々良い者達だ。

 汚物喰らい(ファエクデッセ)は機嫌良く先導して行く。

「良ければ少し我々の家などもお見せしましゅが、どうですじゃ?」

「……いや、我々も積もる任務がある。ナインズ殿下のお誕生日の祝賀会も近いだろう。」

「おぉ、しょれはしょれは。ひひ。素晴らしいことですなぁ。では、真っ直ぐご案内しましょう。」

 神の子が生まれてもう一年かと思うと汚物喰らい(ファエクデッセ)も嬉しい限りだ。

 神都は汚物喰らい(ファエクデッセ)が消化できないような油や鉱物を含むゴミが下水に流れてくるような事も無くなったし、下水は大下水道と呼ばれ大きく広くなり、以前より快適だ。

 感謝を表するために下水の最も綺麗なところに自分たちで祭壇も建てている。

 あまり日光も無臭に近くなる事も得意ではないし、人間に触れてしまうと人間は病にかかってしまうので、地上にはそう出ない。大神殿には中々行けない汚物喰らい(ファエクデッセ)だが、信仰を忘れた事はなかった。

 一年前の誕生祭の時には下水の蓋の下からお祭り騒ぎの街を皆で眺め、酔っ払った親切な人間が嘔吐し、下水にアルコール混じりの吐瀉物を流してくれたりと楽しく過ごした。

 

「さぁ、そろそろ――なんですが、おかしいのう。」

 もにもにとスライムを握ると汚物喰らい(ファエクデッセ)は首を傾げた。

「――おかしいねー。これ、どう言う事?」

 スライムが大量発生どころか、下水の川にはチラホラとしかスライムがいなかった。少なすぎるくらいの様子だ。

 皆水路脇の通路に集まり、ぷるぷると怯えているように見える。

「おかしいにょ。朝まではもっといたのに…。あ、先のお三方がもう討伐してくれたんでしゅかな?」

「三人?誰のことだ?」

 隊長がそう言うと、汚物喰らい(ファエクデッセ)も「え?」と声を漏らした。

 一応指を折って、一、二、三と数を数え直した。

「先にいらした三人のお役人様でしゅ。皆さんより少し若いくらいの。」

「私達より若い?おかしいな。誰か聞いている者は。」

 隊長は漆黒聖典の神聖呪歌、神領縛鎖、一人師団に振り返った。

「聞いてないわねぇ。そもそもこれ、外に漏らしたくない案件でしょぉ?」

「俺も聞いてないな。クアイエッセは?」

「聞いてません。クレマンティーヌ達…も聞いてないね?」

「聞いてない。どーも怪しいねー。私らより若いってのも引っかかる。」

「若くなければ陽光聖典のような気もしますが、私達より若いのでは国の機関のものではないと思いますわ。――ドルノド=ディリ、その者達は国の証を見せましたの?」

 レイナースが鎧の中から赤い玉の付いたネックレスを引き抜き問うと、汚物喰らい(ファエクデッセ)は首を左右に振った。

「い、いえ。当然お役人様かと思ってしまいましちぇ…。」

「冒険者のような気がするな…。既にどこかにスライムが溢れて派遣されたか。あまり減らされ過ぎても都市に悪影響だ。狩り尽くされる前に止めなくては。」

 隊長の狩り尽くされると言う言葉を聞いた汚物喰らい(ファエクデッセ)はそれは困る!と声を上げた。

 時に硬い物などは一度スライムに柔らかくさせてから食べたりもするし、水に溶けた汚れを汚物喰らい(ファエクデッセ)では綺麗にはできない。

 清潔な水がなければ汚物喰らい(ファエクデッセ)の食物を生む人間も生きられないし悪い事づくめだ。

 

「隊長、冒険者達がどこへ向かったか解りませんし、ここは二班に別れましょう。」

 神領縛鎖の提案に皆頷く。目の前の道は二手に分かれていた。

「三人づつに別れるぅ?」

 神聖呪歌がそう言うと隊長は一人師団を指さした。

「一人師団、君は紫黒聖典二名と行け。疾風走破が勢い余って冒険者を殺さないように見張ってくれ。」

 それは疾風走破すら自分の部下のような口ぶりだ。

「わかりました。――じゃあ、一緒に行こう。クレマンティーヌ、レイナース。」

「はぁ!?お前ら勝手に決めてんじゃねーぞ!こっちはレーナースと二人で紫黒聖典だった事もあるんだから二人で――」

「よし。ではドルノド=ディリ、案内はここまでで良い。私達は行く。」

「お役人様、お願いしましゅ…。申し訳ありません…。」

「良い。気にするな。ここまで助かった。――神聖呪歌、神領縛鎖。行くぞ。……こう言う時に限って占星千里を地上に置いてきてしまったなぁ。」

 隊長は長い髪を一つに括り、目の前の道を左へ行った。

 

「…本当に私らと来んのかよ。」

「ふふ、昔を思い出すね。」

 クレマンティーヌは実に不愉快そうに兄を見た。

「思い出したくもねーわ!」

「クレマンティーヌ、なんでそんなにクアイエッセさんを目の敵にするの?」

 レイナースの呆れ混じりの声に、ふとクレマンティーヌの表情が変わった。声の調子からも、先程の僅かにふざけ混じりのものは消えた。

「本当になんでだろう?そいつと仕事でいろんな人を殺し続けたから?そんで優秀すぎるそいつと比べ続けられたから?親の愛情がそいつばっかりに行ってたから?それともまだ弱っちかった頃、グルグル回されてたのにそいつが助けに来なかったから?友人が目の前で死ぬのを傍観したから?ミスって捕まって、数日に渡って拷問を受けても迎えに来なかったから?熱せられた洋梨って痛いよね。」

 そこには任務だったとしても納得しきれないと嘆く幼子がいた。しかし、それは瞬時に薄れ、再びいつものクレマンティーヌに戻った。

「なーんてね。全部、嘘、嘘、うーそ。そんなことされた事ないって。でも、どーでもいーじゃん。そんなこと。過去を振り返ったって何も変わらない。色々積み重ねてこーなったんだってことさー。」

「ふふ。そうだね。色々あったね。ああ、クレマンティーヌが陛下に連れられて帰ってきた日を思い出すなぁ。二人で神の再臨を喜んで抱き合ったね。」

「黙れ。さーて、行くかね。」

 

 レイナースはクレマンティーヌの地雷を初めて踏み抜いた事を少し反省し、その後を追った。




さすが隊長!褒めてもらえてうきうきしちゃう汚物喰らい(ファエクデッセ)さん可愛いね!!

次回#75 僕達の冒険譚

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。