EDF日本支部召喚   作:クローサー

25 / 58
中々本編の執筆が進まん…
今回は日本列島が消滅した直後の、地球の様子をチラッと。


閑話 日本列島消失

太陽系第三惑星 地球。西暦にして、2028年6月28日。

全世界が、その日起こった出来事に戦慄いた。

 

「日本列島が、跡形も無く消失している」

 

時にして、6月28日の日本時間0時0分きっかり。突如日本列島から発せられている全通信、及び日本列島上空にあった一部衛星の通信が途絶。一切の連絡が途切れた事を受け、EDF総司令部は極東支部に日本列島の観測任務を発令。更に観測衛星の軌道をズラし、日本列島の衛星観測を試みた。

そして届けられた写真や画像には、日本列島の影一つ無く、唯々海を映すのみだった。

 

各EDF上層部の衝撃は、壮絶の一言に尽きる。

数字や書面だけを見るなら、日本列島とそこに居る十数万の陸軍、数百の航空機、数十の戦艦、3600万人の民間人が消滅してしまったという事になる。しかし、EDFの総合的に見れば、割合にして1割にも満たない数である為、打撃であるが致命傷という程でもないように見える。

 

 

しかし此処に、別の要素を入れると全く話は別となる。

 

一つ。EDF日本支部は世界最強の練度と質を持った、名実共に「最強のEDF」であるという事実。

一つ。消失した戦力の中に、決戦要塞X5デスピナを含んだ第7艦隊があった事。

一つ。そしてマザーシップを撃墜した「英雄(ストーム1)」が居た事。

一つ。更にEDF、否、人類史上最高の頭脳を持つ 天才科学者(篠ノ之束)が居た事。

 

この要素を含めると、人類が負った打撃は想像を絶する。

まず戦力的に見ても、一個の戦線を担う軍隊と陸地が消えた事により、EDFは対宙迎撃能力、対空迎撃能力、抵抗能力に大きく打撃を負った。更に、決戦要塞X5デスピナが消失してしまった。不幸中の幸いと言うべきなのか、デスピナは イジラク級2番艦(・・・・・・・・)である為、まだ1番艦 イジラクと3番艦 エウロパがある。しかし大きなリソースを注いで建造された決戦要塞を一つ失い、EDFの遠方航空打撃能力に大きな損失が生まれたのは変わりない。そして「EDF最強の歩兵部隊」とさえ言われている歩兵部隊、ストームチームとオメガチーム。特にストームチームは、かつてのフォーリナー大戦に於いてマザーシップを撃墜した「英雄」でもあり、その存在はEDFの象徴の一つとして、大きく宣伝されていた。それ故に、彼等が消えた事による人類の動揺は隠せるものではないだろう。そして、日本支部の兵器開発部に所属していた篠ノ之束の存在も極めて大きい。彼女はフォーリナー大戦にて幾多の技術と兵器を開発し、フォーリナー大戦終結後も数々の新技術や新兵器を開発してきた現代のエジソンだ。彼女を失う事は、それ即ち人類の技術進歩の大打撃そのものである。*1そして事実、彼女の支援を失った一部プロジェクトの進捗が大きく足止めされる事となるのが確実視される問題が発生する事となる。

 

 

精神的に見ると、ある意味戦力的損失よりも上回る物となる。

何せ日本支部は、フォーリナー大戦にて最後まで機能していたEDF司令部であり、唯一「戦線」として構築し続けた実績を持つだけでなく、マザーシップを撃墜し、地球奪還作戦(オペレーション・リィーカァプチャ)*2を完遂させた実績がある。この実績と地球奪還作戦(オペレーション・リィーカァプチャ)時に獲得したコネクションを合わせると、その権限力は現在のEDF総司令部と並ぶかそれ以上と噂されている。しかしそれ以上に、彼等が打ち立てた名声は余りにも大きい。EDF日本支部は、最早只の人類戦線の一つではない。

 

人類が持つ、最強の防衛(暴力)装置。

 

彼等は最後の最期まで決して戦う事を諦めず、そして負けを認めない。それを彼等は、フォーリナー大戦で実証して見せた。フォーリナー大戦前は、練度こそ自衛隊にも劣らないものであれど、その権限と保有戦力、そして士気はEDFの中でも下位にあった。が、フォーリナー大戦によって、その評価は180度覆る。

しかし、それは当然といえば、当然だったのかもしれない。日本は、日本人は、歴史的に見ても強大な敵と何度も戦ってきた。

 

1274年〜1281年の元寇(蒙古襲来)

1904年の日露戦争。

1941年〜1945年の太平洋戦争(第二次世界大戦)

 

そのいずれも、強大な国力差があった。特に太平洋戦争は、アメリカ合衆国だけでも日本の数十倍もの国力差があった。そして最終的に、当時の日本(大日本帝国)は全世界を相手に最後まで戦い続けた。どれだけ絶望的な戦局であっても、どれだけ絶望的な戦力差があっても、どれだけ絶望的な状況であっても。戦い続けた。

第二次世界大戦が終結し、日本が平和国家として生まれ変わり、世界が平和を求めるようになっても。その血は薄れる事なく眠り続けた。

 

そして2017年のフォーリナー大戦によって、再びその血は、その諦めの悪さは、およそ70年の時を経て目覚め、覚醒した。

 

彼等は最後まで諦めを知らなかった。どれだけの巨大生物の波が押し寄せようとも、どれだけのヘクトルが隊列を成しても、どれだけの巣穴が形成されようとも、どれだけの飛行ドローンが空を覆っても、どれだけの都市が廃墟になろうとも、どれだけの軍隊が消えていっても、どれだけの命が散っていっても。

 

暴力的な戦力差があっても、隔絶的な技術差があっても、絶望的な戦局であっても。

 

果てには、自分達(日本支部)しか居なくなったとしても。

 

その血の運命に従って、戦い続けた。そして彼等は、遂にマザーシップを倒し、そして地球全土を再び人類の手に取り戻す原動力となった。

故に彼等は、人類最強の防衛(暴力)装置なのだ。

 

 

そんな彼等が、一瞬で消えて居なくなった事の衝撃は半端なものではない。

幸い、まだフォーリナーの再襲来こと観測されていないが、しかし日本列島消失という状況説明が全くつかない。このタイミングでフォーリナーが観測出来ていたら、最悪ではあれど説明は付くのだから。

証拠となるものは何一つとして存在しない。しかし、調べない訳には行かない。

 

EDFは、雲を掴むような難易度の調査を決行する事となる。

それが果たして身を結ぶのか、日本列島はどうなったのかが分かるのか。それさえも分からぬままに。

*1
実際、過去に総司令部は優秀な人材が日本支部に集中している事を防衛上の観点で懸念を示し、せめて彼女を総司令部へと異動辞令を発行した。しかし彼女はこれを拒否し、あくまでも日本支部に留まる事を希望した。が、総司令部の一部派閥…「人類至上主義」が総司令部権限を利用して彼女を強引に引き込もうとする動きが見られ、彼女はこれに激怒。EDF総司令部のセキュリティネットワークをハッキングし、人類至上主義の不正行為や裏行為の一部証拠を入手し、ネットワークにバラまく暴挙を行う事態となった。この事態によって総司令部は一時混乱状態へと陥る事となり、篠ノ之束の総司令部異動は立ち消える事となる。

*2
その名の通り、およそ4年間にも渡って行われた地球奪還戦。当時、まともな戦力と指揮系統を両立していたのはEDF日本支部のみであり、その他の残存EDF部隊及びレジスタンス連合「カインドレッド・レベリオン」は僅かな資源を求めて、フォーリナーの巨大生物と人間同士による三つ巴戦を行っている事も決して少なくなかった。(この時期の人類同士の戦いは、人類内戦と呼称されている)約1年をかけて日本列島全域を奪還すると、EDF日本支部は必要最低限以外の全戦力を世界各地に派遣を開始。最初こそ近辺の極東からだったが、やがて人類支配領域の拡大とインフラ拡大に合わせ、欧州や南北アメリカ、オセアニア等の地域にも派遣を開始。各戦線に於いて、セントエレモ級イージス戦艦による強力な火力支援によって橋頭堡を確保し、現地人類勢力と合流。インフラ整備と戦力拡充、化学食糧の提供などを施しつつも巨大生物を掃討。そして2021年10月30日、遂に最後の巨大生物を掃討し、地球奪還作戦(オペレーション・リィーカァプチャ)は成功に終わる事となる。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。