EDF日本支部召喚   作:クローサー

8 / 46
彼にとっては、「平穏」こそが家族と並ぶ一番の宝物だった。


彼の記憶

「彼」は、元々はどこにでもあるような、普通の人間だった。

特にこう、秀でた特技や異端な趣味があった訳でもない。ただ人一倍努力する事が好きで、EDFに入ったのも他の仕事よりかは給料が良かっただけだ。正直な話、彼にとってはフォーリナーも人類もどうでも良く、ただ自分と家族を養える事が出来ればそれでよかった。ただ整然と、訓練や書類作業をこなす毎日。平和な日本支部という事もあり、それだけで並よりも良い給料が貰えたものだ。

 

それが崩れたのは2017年4月1日。東京に、地球にフォーリナーが襲来したその日だった。

世界中に出現する巨大生物との交戦をキッカケに、彼も部隊長として、そして1人の兵士として最前線に赴き、フォーリナーと戦い続け、多くのモノを失い続けていった。

 

初めは「赤の他人」だった。

フォーリナーの輸送船団によって地球に降下された巨大生物によって、市民達が次々と彼等の目の前で喰われていった。EDFや各国の軍人達も当然その光景を見やり、恐怖、怒り、悲壮、呆然…様々な感情を抱いただろう。だが彼は、不思議な事にそういった感情を一切抱く事は無かった(・・・・・・・・・・)。彼は淡々と、敵を撃ち続けた。

鋼の精神と言えばそれまでだろうが、もしかしたらこの時点で、彼の心は大切なモノを壊してしまっていたのかも知れない。

 

次は「仲間達」だった。

フォーリナーと人類の本格的な戦争が始まり、その戦いは熾烈を極めた。その最中で、彼の目の前で何人もの兵士達が死んでいった。彼はその遺体の上に立ち、銃を撃ち、フォーリナーを倒し続けていた。仲間の死を悲しむより、敵を一つでも倒すことを優先し続けた。

 

次は「故郷」だった。

マザーシップの砲撃により、彼が生まれ育った街は跡形も無く消え去り、地図から消滅した。

 

次は「戦友達」だった。

ある日、彼の部隊を含んだ攻撃部隊はフォーリナーの罠を受けて包囲下に置かれ、輸送船8隻から降下し続ける巨大生物の群れの猛攻を受けた。彼等は必死に包囲の突破を行なったが、最終的に基地に帰還出来たのは彼を含めた2人で、生き残れたのは彼だけだった。*1

これをキッカケに、彼は心の内に宿っていた違和感を自覚した。奴等を目に入れるたびに、何か胸がムカムカするような、厭な感覚だった。

 

そして最後に失ったのは、「家族」だった。

その始まりは何のこともない、避難民キャンプの一つに巨大生物が襲撃し、偶々そこに彼の家族が居てしまったという不運だけだった。彼が任務から帰還した時に家族の訃報を聞き、元避難キャンプから届けられたその袋には、母の左足しか入っていなかった(・・・・・・・・・・・・・・)残りの父や姉は行方不明になっていたが、その末路は自然と察していた。*2

 

そして彼は、心の内に宿っていた違和感の正体を理解した。胸を焼き焦がす程の憎悪、全身を貫いて震える程の怒り。

それを理解した彼は、1人の死兵と化した。誰よりも前に前線に赴き、誰よりも速く戦場を駆け抜け、己の危険も厭わずに戦い、時には死んだ仲間の武器を拾ってフォーリナーの残骸の山を築き上げた。

 

そうしていつしか、彼は「英雄」と呼ばれるようになった。

 

 

 

 

 

 

意識が、浮上する。

 

「…」

 

一瞬の事だが、まるで長い長い夢を見ていたかのような感覚。これが早めの走馬灯なのだろうか、と呑気に考えていた。

 

『…此方はEDF日本支部。これより、最終作戦「アイアンレイン」を発動する』

 

ヘルメットの通信機から、大石司令の声が入る。短い演説をしているようだが、彼の耳には一切入らなかった。彼の全てが、空に浮かぶマザーシップと6隻の護衛船団、そしておよそ80の小型ヘクトルを睨んでいた。

正直な話、今の彼にとっては人類がどうとか地球がどうとか、関係無かった(・・・・・・)。自分から全てを奪っていったフォーリナーを、一つでも多く道連れにする事だけを考え、そしてマザーシップを叩き墜とす事だけを考える。全身が憎悪と怒りに包まれ、感覚が研ぎ澄まされる。

来る、来る、来る。

 

『…全部隊、攻撃開始!!!!』

 

刹那。両足の運動エネルギーを起点に、彼の身体は前方に吹き飛んだ(・・・・・)

*1本来ならば部隊の再編成が行われるのだが…この時点で彼の戦闘能力について行ける者は、戦死した彼の部下を除けば実質的に皆無であり、何より全世界的にも苛烈な戦闘が行われ続けていた為、一部の部隊は再編成される暇もなく出撃し続けていた。彼もその1人ではあるが、1人1部隊というケースは彼を除いて他に無い。

*2フォーリナー大戦に於いては、実は「死者」の数よりも「行方不明者」の数の方が圧倒的に多い。(割合は3:7)何故ならば、巨大生物による攻撃によって人間の身体を貪られる場合や、ヘクトルや四つ足歩行要塞、マザーシップの砲撃によってそもそも人の死体を発見出来ない(・・・・・・・・・・・・・・・)というケースが多発していたからだ。その為、フォーリナー大戦の行方不明者は「=死者数」としても計上できる為、実質的な死亡者は死者数+行方不明者が正確である。が、これはあくまでも非公式な死者数の計上方法である事を明言する。




「彼」
フォーリナー最大の誤算。人類史上最大の化け物(・・・)でありながら、人類を救った英雄。
彼の戦果は他の追随を一切許さない。以下がフォーリナー大戦に於いて彼が撃破した戦果である。

蟻型巨大生物:1万以上
蜘蛛巨大生物:1万以上
赤蟻型巨大生物:1万以上
女王蟻:7
巨大蜘蛛(奈落の王):4
ヘクトル:150以上
飛行ドローン:1000以上
精鋭ドローン(レッドカラー):14
輸送船:41
超巨大生物 ヴァラク:4
四つ足歩行要塞:1
マザーシップ:1

当然、この戦績を個人で成し得たのは「彼」以外に存在しない。この戦績はEDF陸軍1個軍団以上に匹敵する。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。