駄天使の堕とし方   作:いくも

6 / 6
天使と悪魔の集う食堂

 「シャー芯貸して」と、授業の度に手を合わせてくる人間がいる。

 

 俺も数多くの友人がいた頃は、たびたびそんな頼みを聞いていた。頼んでくる人間は大抵固定されており、彼らは毎度当然のように俺から一本のシャー芯を借り受ける。

 

 しかし、どうだろう。俺は何か釈然としない。「貸して」という言葉とは裏腹に、貸したシャー芯一本が返ってきたことは一度もない。逆に断ろうものなら、シャー芯一本も『貸さない』自分が、いかにも器の小さい人間に見える。

 

 シャー芯を『貸す』ことを疎む人間の器が小さいのか、シャー芯を『貸して』という人間の面の皮が厚いのか、果たしてどちらなのだろう。

 

「つまり、だ。春辺。お前は何が言いたい」

「なに、今ので伝わらなかったのか?」

「まったくわからん」

 

 昼休みの食堂。天真は俺の金で買った天ぷら定食のエビの尻尾をかじり、首をひねる。俺はから揚げ定食についてくる味噌汁をすすり、ため息を吐く。全くこんなこともわからないとは、天使と言う輩は人間のことなど何もわかっていない。

 

「『貸した』奴はいくらでも、いつまでもそれを覚えている。『借りた』やつはそんなことはすぐ忘れようとする。平気で踏み倒す。俺は基本的に、書面抜きで貸したものは返ってこないことが当然だと考える」

 

 付け合わせのたくあんを頬張り、俺は人差し指を立てる。

 

「だから俺に物を借りようとするときは、『貸してくれ』ではなく、『恵んでくれ』と言えと俺は言う」

「やっぱりわかんないな。そんな言葉遊びに何の意味がある」

「違う。これはいつもの言葉遊びじゃあない、簡単な話だ。貸したものは返ってこないなら、俺は『こいつになら貸したまま返ってこなくてもいい』と思う奴にしか、ものを貸さないことにしているだけだ」

「それが、そいつにいいように利用されていてもか?」

「ああ」

「催促もしない?」

「もちろん」

 

 天真は俺の金で買ったデザートのプリンに舌鼓を打ち、いかにも話半分に俺の話を聞く。

 

「貸し借りってのはそんな単純な話じゃない。どんだけ面の皮が厚い奴でも、踏み倒している罪悪感は残るものだ。その自覚があれば、相手は俺を避けるようになる。そしてその状態で俺が不意に近づけば、相手は知らずの内に俺の多少の無理は聞くようになる」

「お前、性格悪いな。友達いないだろ」

「お前にだけは言われたくないな」

 

 俺は最後に残しておいたから揚げに手を伸ばし、話を締めくくる。

 

「つまり俺がモノを貸すのは、返ってこなくても将来的にリターンを回収できると思った相手だけだ。お前もその自覚をもって――ってお前、それ俺のラストのから揚げえええええ!!!!!」

「ん?これだけ最後に残してるから、嫌いなのかと思ってたわ。うまかったぞ。残すのはもったいない」

「てめえ、本当に俺に金借りてる自覚あんのか!!!さっさと返せ!!!」

「十秒前のお前に聞かせてやりたいな、そのセリフ……」

 

 思わず目の前の天真の肩を揺さぶる。距離が少しあるため微妙に手が届かない。彼女はプリンを堪能しながら、目を細めて俺を見る。

 

「ガ、ガヴ。あんた流石に春辺君にお金返しなさいよ……」

「そうですねー。こんな得体の知れない男に貸しなんて作ったら、後で何を要求されるか分かったものではないですし」

「そ、そうよ!そこの私の第一の配下の言ったことはよくわかんなかったけど、とにかくガヴリール、あんたちゃんとお金は返しなさいよ!踏み倒すことは、どーとくてきに良くないんだから!」

「わ、わかってるよ。ヴィーネもラフィエルもバカも。ちゃんと金は返すって」

「だから誰がバカじゃあああああああああ!!!」

 

 ギャーギャーギャー。俺以外の天真、ヴィーネ、ラフィエル、胡桃沢の四人は、食堂の一角で姦しく騒ぐ。……なぜこうなった。

 

 

 話は今日の昼休み前まで遡る。

 

 

 昼休み。屋上前の踊り場。俺、春辺里亜と天真は顔を見合わせる。

 

「天真、今日は重大な話がある」

「なんだ」

「なんと、だな」

「うん」

「弁当を家に忘れた」

「は?」

 

 踊り場の空気が凍る。天真は声を震わせる。

 

「は、春辺、今お前はこういったのか?弁当を家に忘れた、と」

「いや、間違いなく、一字一句違うことなく、そう言ったな。弁当を家に忘れた」

「ふむ」

「うむ」

 

 天真は飛び切りの笑顔を俺に向ける。

 

「春辺、お前は知らなかったかもしれないが、私は昼休みの栄養を、お前の弁当をつまむことで当てにしているんだ」

「天真、それは知らなかった。知らぬうちに当てにされていたとは。でも俺のようなどこの馬の骨ともわからない男が作った弁当を、今をときめく女子高生に食わせるのは気が引ける。今度からは遠慮してくれな」

「絶対にやなこった」

 

 あはは。うふふ。二人の間に春の日差しよりも柔らかな空気が流れ、天真は当然のように言う。

 

「昼飯が無いなら食堂に行くしかない。でも私にはその金がない。春辺、私に金を貸せ」

「絶対に嫌だ」

 

 

 

 

 そして話は現在に戻る。俺と天真が食堂に向かうと、そこには先日合ったヴィーネ、ラフィエル、胡桃沢の三人がいた。せっかくだから、というヴィーネの言葉により、俺と天真もそのご相伴にあずかることになった。

 

 俺と天真の会話を先ほどまで黙って聞いていたヴィーネが口を挟む。

 

「にしても、ガヴー。ほんと仲いいのね、春辺君と。あんたが男の子とこんな話してるところ初めて見たわ」

「そんなんじゃないよ。ただ私の愛しのネトゲ空間にこいつが居座ってるだけだよ」

「あんたはゲーム以外のことにも少しは関心を持ちなさいよ……あ、春辺君、ごめんね?こんなののわがままにつき合わせちゃって」

「ちょ、やめてよヴィーネ、頭押さえるなって。私は別に悪いことしてるわけじゃないし」

 

 ヴィーネは天真の頭を押さえ、頭を下げる。しかしその謝罪は的外れである。

 

「ヴィーネさん、さっきも言っただろう。俺は踏み倒されてもいいと思ったやつにしかものを貸さない。こいつになら、別に踏み倒されても騙されてもいい」

「きゃっ、それって……」

「……」

 

 俺はこいつを恋に堕とし、虜にしなければならない。そのためには少しくらいの貸しを作っておくことは、決してマイナスには働かない。

 しかしヴィーネは俺の言葉に目を輝かせ口を両手で覆い、天真は俯いてしまう。その反応から見るに、どうやら俺の言わんとすることはうまく伝わっていないらしい。人外との会話はやはり少し難しい。

 

「そうですねー。こんなろくでなし、少しくらいは痛い目に見たほうがいいかもしれません。ガヴちゃん、やっぱり踏み倒すくらいはしても罰は当たらないかもです」

「ああ、ラフィエルさん、そういえば今日はあれのサイズは大丈夫?破れたりしない?こないだの屋上だと、ちょっとサイズが小さかったみたいだから――」

「ごめんなさい余計なこと言わないからそれは勘弁してください春辺さん」

 

 ラフィエルは即座に九十度に頭を下げる。彼女は俺があの時の屋上の話を持ち出すと、すぐにこうやってしおらしくなる。恐らく、彼女にとってそれが恥ずかしいという以前に、自分の「完璧」という類のイメージが崩れるのが嫌なのだろう。

最もそれすらも自分を小さく見せ、俺を油断させるための演技なのではないか。その下げた顔は、俺の見えないところでどんな表情を浮かべているのだろう。彼女は得体が知れない。

 

「でもさー、あんたらさー」

 

 もぐもぐもぐ。スタミナ定食にがっつきながら、胡桃沢は横から口を挟む。

 

「昼休みも一緒に居て、こんなとこまで一緒に来るなんて、なに?付き合ったりしてんの?」

 

 食堂の一角が、静寂に包まれる。

 

 多分、胡桃沢自身は何も考えてはいない。彼女は自分の抱いた疑問を、純粋に口に出しただけだ。その証拠に、今もガツガツとスタミナ定食をかきこんでいる。

 

 しかし、それは他の人間にとっては小さな問題ではない。ヴィーネは先日から俺と天真をキラキラとした目で見てくるし、ラフィエルに至っては俺を監視していると言っていいだろう。下手なことを言えば、いろんな意味で大変なことになるのは目に見えてわかる。

 

 さて、どうしたものか。

 

「別に何でもない」

 

 冷たく、事務的に言ったのは天真だった。

 

「私はこいつで昼の時間を潰してるし、こいつは小賢しい話をして日頃の鬱憤を紛らわせる。それだけだ。ヴィーネとラフィエルが思っているようなことじゃないよ」

「……そう」

「そうですか」

 

 ヴィーネは天真の様子に拍子抜けしたようにコクコクと頷き、ラフィエルはいつものようにニコニコとした笑顔を浮かべるのみだ。わかっているのかいないのか。

 

「あ、私次の授業で日直の手伝いあるから、早めに戻るね」

「私も次の授業の予習確認しておきたいので、戻りますね~」

「ひょ、ひょっとまひなはいよ~」

 

 ちょ、ちょっと待ちなさいよ。まだスタミナ定食を食していた胡桃沢はそう言いたかったのだろう。食器をもって立ち上がるヴィーネとラフィエルの後に続く。ああ。今日は胡桃沢と少し話もしてみたかったのだが。

 

 結局食堂の一角には、俺と天真だけが残される。

 

「……」

「……」

 

 二人の間に沈黙が降りる。

 

 さて、どうしたものか。俺は首をひねる。どうやら天真はご機嫌が斜めらしい。先ほどのヴィーネとラフィエルへの天真の短い応答だけでも、それはわかる。

 もういいと。お前たちには関係がないと。天真はそう、彼女たちを否定した、ように俺には見えた。

 

 だが、俺にはその理由がわからない。彼女の機嫌が悪いままでは、俺の目的に差し障る。

 

 恐る恐る、俺は不機嫌な天真に尋ねる。

 

「えーっと、天真。何か不都合なことでもあったか?」

「……」

 

 天真は口をとがらせ、目を合わせない。やはり少しおかしい。

 

「天真、何か文句があるなら早く行っておけ、その方が面倒も少ない」

「……」

「天真、我慢は体に毒だぞ」

「……」

「天真、言いたいことを言わないことは、必ずしも美徳というわけでは――」

「――だから!」

 

 ビクリ。突然発せられた声に、思わず肩が震える。食堂の人間の目が一斉にこちらに向く。天真は俯いたままでいるためか、それに気づかない。

 

「あんた、それやめてよ」

「……なんのことだ?俺は頭が良くない。はっきり言ってもらわないと、わからない」

 

 不意に天真と俺の距離が縮む。彼女はテーブルに身を乗り出し、俺もうつむく彼女の声を聞こうと体を伸ばしていた。

 

 吐息がかかるほど、彼女の顔は近かった。

 

「だ、から……」

 

 距離の近さと周りの目に今更気づいたのか、天真は身を縮こめる。

 

「その……」

 

 絞り出すように、天真は言う。

 

「天真って呼び方、やめてよ……」

「は?」

 

 俺の頭にクエスチョンマークが浮かぶ。彼女の名前は天真だったはずだ。天真=ガヴリール=ホワイト。それが彼女の本名だ。間違ってはいないはずだが。

 疑問を口に出すと、彼女は俯いたまま渋々と口を開く。

 

「だって、ヴィーネのことはヴィーネさんって呼んでるじゃん。ラフィエルのことはラフィエルさん。なんで私だけ、天真なわけ?」

「それを言うなら胡桃沢のことも俺は胡桃沢と呼んでるが」

「あのバカは問題外!大体あんた、あいつのことバカとしか呼ばないじゃない」

「そんなことは――」

 

 思い当たって、閉口する。確かに俺は、胡桃沢を直接名前で読んだ覚えはない。しかし別にヴィーネとラフィエルのことだって、呼びたくてファーストネームで呼んでいるわけじゃない。単純に天真が彼女たちをファーストネームでしか呼んでいないから、ファミリーネームもミドルネームも知らないだけだ。胡桃沢の場合は自分のフルネームを開口一番名乗ってくれていたのが助かった。

 

「天真、やはりそれは誤解だ。俺は――」

「て、ん、ま?って、だあれ?」

 

 にっこりと彼女は俺を見つめ、もうその表情は動かない。厭世的な彼女がここまで頑なになることは珍しい。

 

 しばしにらみ合い、彼女の瞳が潤み始めた頃。俺は両手を上げる。

 

「悪かった。ファーストネームで彼女たちを呼んでいたことに他意はない」

 

 彼女だけを見て、俺は言う。

 

「ガヴリール。俺の特別は、今のところお前だけだ」

「よろしい。その殊勝さこそ、堕天使もどきにふさわしい」

 

 ガヴリールは、今までに見たことのない笑顔を浮かべ、得意げに言う。

 

 その笑みを見て、俺は思ってしまう。

 

 やはり天真=ガヴリール=ホワイトは、天使である。

 

 ただし、多少意地汚くはあるが。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。