珈琲   作:おたふみ

1 / 112
一話

予備校の帰り道。

ぼーっとして歩いていたら、道を間違えて薄暗い路地に入ってしまった。

ふと目に入ったコーヒーショップ。何か吸い込まれるように店の中へ。

 

 

「いらっしゃいませ」

「あ、ど、どうも」

「高校生とは、うちの店には珍しいお客さんだ。カウンターへどうぞ」

「は、はい」

 

コーヒーとタバコの匂いが漂う。

 

「難しい話をしてもわからんだろうから、ブレンドでいいかい?」

「じゃあ、それで」

 

素人でもわかる丁寧な作業でコーヒーを煎れるマスター。

 

「はい、ブレンドね」

「あ、ありがとうございます」

 

いつものように、砂糖とミルクを入れようとすると、マスターに止められる。

 

「まずは、ブラックで飲んでみてくれ。それで飲めないなら、砂糖とミルクを入れな」

「は、はぁ」

 

ブラックのコーヒーは苦手だが、口にふくんでみると…。

 

「うまい…」

「だろ。本当に美味いコーヒーはブラックで飲めるんだよ」

 

苦味と共にくる旨味。そしてほのかな酸味が口の中をすっきりとさせる。

 

「お兄さんも、ここのコーヒーの味がわかったかい」

奥に座る老紳士が語りかけてきた。

「はい。とても美味しいです」

「それはよかった。マスター、彼の代金は私の伝票につけてくれないかな?」

「そ、そんな!悪いですよ!」

「ここの味を知ってくれた同士だ。おごらせてくれないか」

「じゃ、じゃあ、お言葉に甘えて…」

 

しばらく三人で他愛もない話をして、その日は店を出た。

 

翌日、奉仕部の部室。

 

「ヒッキー、遅いね」

「そうね」

「私より先に教室出たのに」

 

そんな会話をしていると、部室の扉が開く

 

「う~す」

「ヒッキー、遅い!」

「そうよ。連絡ひとつ、まともに出来ないのかしら」

 

女性陣から非難の声があがる。

 

「悪かったよ。ちょっと寄り道してたんだよ」

「そう…。では、紅茶を淹れましょうか」

「わ~い、お茶の時間だ」

「悪い、俺は今日はパスだ」

 

すると、鞄から数本の缶コーヒーを出す。しかも、全部ブラック。

 

「ひ、比企谷君、どうしたの?」

「MAXコーヒーじゃない!しかも、ブラックだよ!ヒッキー、どうしちゃったの!?」

「いや、なんとなくだけど」

「『マッカンを飲まないなんて千葉県民じゃない』と言ってた貴方が…」

「『マッカン飲まないと死んじゃう』て言ってたヒッキーが…」

「そこまで言ってないからね。言ってないよね?」

 

文庫本を読みながら、一本目の缶コーヒーを口にする…。

 

「ん…。これはこんなモンか…」

「ヒッキー、苦くないの?」

「まぁ苦いな」

「どうしたのかしら?貴方の人生に甘いことなんてないはずよ」

「まぁな。だからマッカンだったんだけどな。なんとなく、のんでみたかったんだよ」

「そう」

 

小説を読みながら、別の缶コーヒーを口にする。

 

「こっちはダメだな」

「コーヒー飲みながら、独り言を言わないでくれないからしら。気持ち悪い」

「悪かったな」

 

そんなやりとりをしながら、部活の時間は過ぎてゆく…。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。