珈琲   作:おたふみ

81 / 112
それぞれの卒業~雪ノ下雪乃~

合格発表の日

コーヒーショップ

「雪ノ下、話があるんだが…」

「なにかしら?」

「大学、合格したよ」

「そう。おめで…」

「国立○○大に」

「え?」

「雪ノ下、お前と同じ大学だ」

「嘘…」

「嘘じゃねぇよ。ただ理系は無理だったから、文系だかな」

「本当なのね…」

「あぁ、本当だ」

「そう…なのね…」

「雪ノ下雪乃さん…」

「…はい」

「好きです。俺と…俺と…、付き合ってください!」

「比企谷君…。私で、…私でいいの?」

「雪ノ下がいい。雪ノ下じゃなきゃダメだ」

「そう…。私も比企谷君に話したいことがあるわ」

「なんだ?」

「比企谷八幡君。私は貴方が好きです。私と恋人になってください」

「…断る理由がねぇよ」

「私もよ」

「くくくっ」

「ふふふっ」

「これからも、よろしくな」

「これからも、存分に調教してあげるわ」

「物騒だな」

 

「ねぇ、比企谷君」

「ん?」

「由比ヶ浜さん達には、なんて言えばいいのかしら…」

「一色と由比ヶ浜には、話をしてきた」

「え…」

「それぞれと出かけてな…」

「浮気?」

「違ぇよ」

「そう…。ちゃんと向き合ったのね…」

「まあな」

「私も…向き合わないといけないわね」

「それは…」

「由比ヶ浜さんと一色さんと話すわ」

「無理…するなよ…」

「電話してみるわ…」

「お、おう」

「その前に…。お願いがあるの…」

「なんだ?」

「私に勇気をちょうだい…」

「…!」

「…」

「お、おま、な、なにを!」

「何ってキスよ」

「な、なんなの!」

「日本語で言うと接吻よ」

「そんなこと知ってる!」

「…」

「恥ずかしいなら、するなよ」

「ちょっとだけ…、勇気が欲しかったの…。それと…」

「それと?」

「…理由が欲しかったの」

「なんのだよ」

「…キス…するのに…」

「理由なんて、いらねぇだろ。俺と雪ノ下は…、ほら…、その…、恋人同士な訳だし…」

「そ、そうね。では、もう一度…。貴方からして…」

「お、おう…」

「…」

「…」

「よ、よし!由比ヶ浜さんに電話してみるわ」

「お、おう」

 

prrrrr

「もしもし。由比ヶ浜さん?」

『ゆきのん、やっはろー!そろそろ電話が来ると思ってたんだ』

「それは…」

『ヒッキーに告白されたんでしょ?』

「え、えぇ…」

『で、返事は?』

「私も比企谷君のことが好きだから、お付き合いすることになったわ」

『そっか…。おめでとう、ゆきのん』

「由比ヶ浜さん…その…」

『それ以上は言わないで』

「由比ヶ浜さん…」

『私もヒッキーのこと好きだったけど、ゆきのんのことも好き。だから、だから…おめでとう』

「由比ヶ浜さん…ありがとう…」

『ゆきのん…泣いてるの?』

「ごめんなさい」

『大丈夫だよ。ヒッキーに抱き締めてもらって。私はいろはちゃんと残念会するよ』

「一色さんのこと、お願いね」

『うん。それと、ヒッキーも居るんでしょ?』

「ええ、今はカウンターでコーヒーを煎れてるわ」

『コーヒー屋さんに居るんだ。じゃあ、後で行くね。二人に根掘り葉掘り聞いちゃうからね』

「ええ、待ってるわ」

『じゃあ、また後でね』

「はい…」

p

 

「由比ヶ浜、なんだって?」

「貴方に抱き締めてもらえって」

「ハードル高ぇよ」

「後で事情聴取に来るそうよ」

「帰っていい?」

「ダメよ。ちゃんと向き合わないと」

「そうだな」

「ねぇ、比企谷君…」

「なんだ?」

「由比ヶ浜さん達が来る前に…その…」

「どうした?歯切れが悪いな」

「も、もう一度、その…、キスを…」

「お、おう…」

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。