三体目の龍【黒龍王】   作:龍狐

12 / 15
特訓と覚悟

~龍side~

 

 

今、俺達はとある場所にいる。

 

 

「龍さん…ここはどこなんですか?」

 

「響…それは後から分かるよ」

 

「え…?」

 

 

俺達はあのレーティングゲームの戦いのために特訓をすることにした。

ちなみに店と学校は休んでいる。

そして鳴滝から渡されたチップは今フィーネ(もうフィーネって呼ぶことにした)たちが解析している。

 

 

「さて、そろそろ来るはずだ」

 

「え?」

 

 

《ビュン!!》

 

 

――シュウウウウウウウウウウ………

 

 

 

『『『『『……え?』』』』』

 

 

この音の発生源は響の目の前だ。響がいたところの前の地面が貫通していてなくなっていた。

 

 

「今のって…」

 

「なんデスか……?」

 

「レー……ザー…?」

 

 

そう、【レーザー】が降ってきたのだ。

ちなみにここっは【トリコ】のグルメ界のエリア8の【雨の大陸】であり、ここはレーザーの雨が降る場所である。

 

 

「ここはね、レーザーの雨が降る場所なんだ。だから皆にはここをシンフォギアを纏って通り抜けてもらよ」

 

『『『『『無理無理無理無理無理!!!!』』』』』

 

 

九人全員がつっこんだ。

――ちなみになのだが、ここには九人全員がいる。三人はアーティストの仕事で忙しいはずなのだが、緒川さんがいろいろとやってくれた。

 

 

「レーザーの雨なんてどうやって躱せばいいですか!?」

 

「絶対無理デス!!」

 

「危険すぎる!!」

 

「大丈夫大丈夫。じゃあ俺がやってみるよ」

 

 

俺はそう言うとレーザーの雨の中に入って行く。

皆は顔を隠すが、その必要はなかった。俺はすべてを避けたのだ。

ちょこっと力を出してね。

 

 

「さて、到着。ほら、皆もここに来て」

 

『『『『『…………』』』』』

 

 

皆は俺の走りを見てなのか開いた口がふさがらなかった。

そんなに驚くことか?

 

 

「龍さんって…生身だよね?」

 

「どうしてあんなスピードが出せるのデスか!?」

 

「……人間?」

 

「失礼な。それに、危険な場所に挑んでおくことで精神が鍛えられるんだぞ」

 

「…よーし!!やってみる!!」

 

「なっ!?お前、正気か!?」

 

 

そして響が最初にレーザーの雨の中に向かって行った。

そして…

 

 

「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば!!!」

 

 

案の定、当たった。

遅い…あの程度のスピードじゃ当たるぞ

 

 

「仕方ない…」

 

 

俺はすぐに響をあの場所から救出した。

 

 

「やっぱり無理デス!!」

 

「…無理」

 

「さーさー、これはまだ序の口だぞ!!この後に百倍の重力の山を登ってもらうからな!!」

 

『『『『『ひぇええええええええええええ!!!』』』』』

 

 

ちなみに、その場所は【100Gマウンテン】である。

 

 

そして、しばらくの間、この場所での特訓が続いた…

全く、どうしてこの程度のことが出来ないのかな?まぁ…女の子だから仕方ないか。もう少しこの後ゆるくしてあげよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~そして今現在…~ ~三人称side~

 

 

「ふぬぬぬぬぬぬぬぬぬ……!!」

 

「か、体が…」

 

「お、重い…デス…!!」

 

「これが…100倍の重力…!!」

 

「想像してたのと…」

 

「全然違った…!!」

 

「お、重いよぉ~」

 

「き、きつい…!!」

 

「どうして…」

 

 

奏が呟いた。

そして、『そのどうして』とは…

 

 

「おーい、どうした?」

 

『『『『『どうして龍さんは平気なの(なんだ/なんデスか)!?』』』』』

 

 

そう、龍だけが平気だったのだ。

 

 

「おいおい…百倍くらいどうってことないだろ?シンフォギアを装着してるのに…」

 

「いや…シンフォギア装着してても辛いものは辛いんですよ…」

 

「それに…軽くしてくれるって言ったじゃないデスか…!!」

 

「いや…これでも軽い方だぞ?本来、ここでラジオ体操でもやってもらおうと思ったんだが、響たちの負担を考えて、歩くだけにしたんだ」

 

『『『『『(確かに、それに比べたら軽い方だけど…!!辛い!!)』』』』』

 

 

実際、龍はここでラジオ体操ができるだけじゃなくバク転もできる。

 

 

「さて、ここまで歩いてきて。それで休憩だから」

 

「!!よーし…頑張るぞぉー…!!」

 

 

その言葉で力が出たのか頑張るシンフォギア勢たち。

この後、なんとかこの場を切り抜けた皆だった。

 

 

 

「はぁあ~~~~っ!!疲れたぁあああああああああ!!」

 

「うるさいぞバカ!!」

 

「…龍さんがどうしてあんなに強いのか…分かった気がするデス…」

 

「…同感…」

 

「さて、休憩だ。アーシア!!」

 

 

すると、空間に穴が開き、そこからアーシアと――ティナが出て来た。

 

 

「あれ、ティナちゃん!?どうしてここに!?」

 

「私はみなさんのこともう知ってますからね。それに――いえ、これはあとから話しましょう」

 

「えぇー!!教えてよぉー」

 

「駄目です」

 

「いじわるぅー」

 

「みなさん、お疲れのようなので、いろいろと作ってきましたよ」

 

 

そうして、アーシアはお弁当を出した

 

 

「おいしそおぉー!!」

 

「さて、疲れたし、食べるか!!」

 

「そうデスね!!」

 

 

と、まぁこんな感じで、女子トークが進む中、マリアがある疑問を出した。

 

 

「……そう言えば私達、どうしてここの重力を急に感じなくなったのかしら?」

 

 

マリアのその言葉に皆は手を止めた。

実際、休憩のときにこの山の重力を一切感じなくなっていたのだ。

 

 

「確かに…まだここあの山の中なのに…」

 

「急に感じなくなっていましたデスよね?」

 

「…不思議……」

 

「ああ、それはね。俺がそれ専用の結界を二人に持たせているからだよ。それが周りにも効果が及んでね。それで重力を感じなくしているのさ」

 

『『『『『………』』』』』

 

 

『圧倒的な理不尽だ』…と皆が思ったが、龍がそのことを皆の表情で呼んだのか『それじゃ特訓にならないでしょ?』と、返す

 

 

「まぁ、しばらくは休憩だね。その後は……後から決めよう」

 

「龍さん!!お願いですからもうちょっと優しいものにしてください!!」

 

「…………善処しておくよ」

 

「…その間はなんですか?」

 

「さて、ティナちゃん。ちょっと来て」

 

「……はい」

 

 

そうして、ティナと龍はその場を跡にした。

 

 

「…二人とも、どうしたのでしょうか?」

 

『『『『『…さぁ?』』』』』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~龍とティナの場所~

 

 

「……本当に覚悟が出来ているのかい?」

 

「はい、私も…皆さんと一緒に戦いたいんです……」

 

 

急な緊迫した雰囲気。

何故、この話になったのかは、ここに来る前に遡る…

 

 

 

「さてと…準備完了」

 

「…龍さん。どこにいくんですか?」

 

「ああ、ちょっと皆の特訓をしてくるよ」

 

「特訓……?」

 

「ああ、実はね―――」

 

 

龍はティナに今までの事情を話した。

 

 

「――とまぁこんな感じで、皆を強くするための特訓をしてくるよ」

 

「………」

 

「?どうしたの?」

 

「…龍さん、私も戦いたいです!!」

 

「…はぁ?」

 

 

 

と、こんな感じである。

 

 

 

「…君は…どうして戦いたいんだい?」

 

「だって、龍さんだって、響ちゃんたちだって、アーシアちゃんも、皆特別な力を持っていて…それだけじゃなんです。私も、友達として、皆と一緒に「それだけかい?」!!」

 

「……裏の世界は…戦いの世界は、友達だからと言う理由で介入できるほどヤワじゃない…時には自分が怪我をし、時には血で血を洗う戦いにもなる…そんな戦いに、君を巻き込むなんて、俺にはできない」

 

「!!それでも!!私は……皆さんの役に立ちたいんです…!」

 

「……それが例え、もう表の世界に戻れなくなったとしても?」

 

「…大丈夫です。なにせ、私はもう裏の世界のことを知っていますから」

 

「は、そうだったね。じゃあ……君の勇気とその思い…確かめさせてもらうよ」

 

 

そうして龍は、ティナに『白いデッキ』を投げ渡した。

 

 

「殺しはしない。君の今の全力を俺に向けてかかってきな」

 

「………はい!!」

 

 

そうして、二人はそれぞれのデッキをかざす。

二人の腰に【Vバックル】が装着され、二人はVバックルにデッキを装填した。

 

 

「「変身!!」」

 

 

そうして、二人は【仮面ライダーリュウガ】と【仮面ライダーファム】に変身した。

リュウガはドラグバイザーに、ファムはブランバイザーに手をかけ…

 

 

《SWORD VENT!!》

 

 

《SWORD VENT!!》

 

 

二人は【ドラグセイバー】と【ウイングスラッシャー】を召喚し――

 

 

―ガキィン!!―

 

 

二つの武器が交じり合った。

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。