東方星神録   作:あんこケース

105 / 163
今回は魔理沙のデッキを御披露目です。爪鳥だと文と被るので、少しデッキを変えました…


テガマル組VSマスタースパークコンビ!

フランは突然聞こえた声に振り返ると、そこにはがっちりした大きな青年とまるで好青年と見間違うほどボーイッシュな女性が立っていた。

 

 

 

フラン「…あなた達…棚志 テガマルの知り合い?」

 

 

???「オッス!自分は仁霧 コブシ!テガマル組のメンバーだ。」

 

 

???「同じく日下 チヒロ。テガマルに会いたいなら俺達を倒してからにして貰おうか。」

 

 

フラン「…つまりあなた達を倒せば棚志 テガマルに会えるのね?ならかかって…」

 

 

 

そう言った二人に上等とバトルをしようとしたフランだが、そこに今まで見守っていた魔理沙と幽香が割り込んだ。

 

 

 

魔理沙「おおっと!フラン!今度は私達に任せな!」

 

 

幽香「ごめんなさいね。私達も暴れたいのよ。」

 

 

フラン「…わかった…」

 

 

フランは少し物足りなく感じたが、魔理沙達もバトルしたいのだと考えて、潔く引き下がった。そして、魔理沙と幽香はコブシとチヒロに向かい合う。

 

 

 

幽香「…さて…私達両方があなた達を倒したら…案内してくれるわよね?」

 

 

 

コブシ「オッス!男に二言はない!」

 

 

 

魔理沙 幽香 コブシ チヒロ「「「「ゲートオープン!界放!!」」」」

 

 

 

 

 

 

コブシ「オッス!自分から!メインステップ。カッチュウムシ、そしてネクサス!聖者の木の実を配置!ターンエンド。」

 

 

 

コブシのフィールドに小さなカブトムシが現れ、背後に赤い葉をした大樹が出現した。

 

 

 

魔理沙「メインステップ!こっちもネクサス、神皇の時計台を配置してバーストセット!ターンエンドだぜ!」

 

 

魔理沙の後ろには大きな時計台が現れる。このネクサスが魔理沙のデッキの主軸の一つであるので、初手で出せたことは大きい。

 

 

コブシ「メインステップ!バーストをセット!俺の拳を見せてやる!グランドベンケイ!強爆召喚!!召喚時効果で一枚手札を破棄!」

 

 

魔理沙「お?ん~……こいつかな?」

 

 

 

コブシのフィールドに大きなヘラクレスオオカブトのようなスピリットが現れ、魔理沙の手札を破棄させる。魔理沙が選んだカードは………卯の十二神皇ミストラル・ビット…

 

 

 

コブシ「な!?Xレアを自ら!?」

 

 

魔理沙「へへーん!さぁて…今がチャンスだぜぇ~?」

 

 

コブシ「……アタックステップ!グランドベンケイでアタック!!」

 

 

魔理沙の行動を警戒したコブシだが、攻撃しないことには始まらないとグランドベンケイをアタックさせた。

 

 

魔理沙「ライフで受ける!」

 

 

ベンケイの背中から多数の武器が飛び出て、魔理沙のライフを破壊した。

 

 

コブシ「さらにカッチュウムシでアタック!」

 

 

魔理沙「これもだぜ!」

 

 

カッチュウムシの角が魔理沙のライフを貫いた。

 

 

コブシ「ターンエンド!」

 

 

魔理沙「へへ!メインステップ!創造主!創界神ロロ!配置時の効果で三枚をトラッシュへ!それが全部対象カードだったので、コアを三個追加!!

 

そして十二神皇の時計台の効果!カード名に「十二神皇」と入っている自分のスピリットを召喚するとき、赤/紫/緑/白/黄/青の中から色1色を指定する!そうするとこのネクサスのシンボルを指定した色のシンボル2つにするぜ!今回は青だ!」

 

 

ロロ《よし。一気に私の神域発動だ!》

 

 

 

コブシ「何だって!?」

 

 

時計台の下にロロが現れると、背後の時計台が青く発行し始める。そして魔理沙が取り出したのは……!

 

 

魔理沙「早苗の十二神皇!正面から打ち破れ!亥の十二神皇カラミティ・ボア!!そしてアタックステップ!カラミティ・ボアでアタックだぜ!」

 

 

魔理沙のフィールドに青い炎を纏いながら大きな亥が走ってくる。そしてその勢いのままコブシめがけて突っ込んだ。

 

 

 

魔理沙「まずは封印!ソウルコアを私のライフに!んでもって封印後のバースト発動!古の十二神皇ガルダーラ!召喚時効果でカラミティ・ボアにコア三個を追加!!」

 

 

魔理沙のバーストから緑の巨鳥が飛び立つと、カラミティ・ボアに力を与えた。さらに魔理沙のコンボは続く。

 

 

魔理沙「そしてカラミティ・ボアの封印時効果!突進!!カッチュウムシを指定アタック!そしてその次にグランドベンケイとバトルだ!さらにレベル2の効果でデッキを計16枚破棄だぜ!」

 

 

 

カラミティ・ボアが青く輝きながらカッチュウムシを吹っ飛ばす。そして向きを変えて今度はグランドベンケイに突撃した。グランドベンケイは自慢の角で受け止めようとしたが、敢えなく引き殺されてしまった。

 

 

 

魔理沙「さらにガルダーラでアタック!!」

 

 

コブシ「く!ライフで受ける!」

 

 

爆煙からガルダーラが飛び出してコブシのライフを足で破壊した。しかし、聖者の木の実の効果でコブシのコアは増加する。

 

 

魔理沙「ターンエンドだぜ!」

 

 

 

コブシ「…まさか…デッキ破壊まで…!自分、このターンは何もしない!ターンエンド。」

 

 

 

魔理沙「ふーん、ま、カラミティ・ボアの効果を警戒すれば当たり前か…メインステップ!咲夜の十二神皇!紫の闇から目覚めよ!辰の十二神皇ウロヴォリアス!」

 

 

 

時計台が紫に輝くと、地面が割れて紫のドラゴンが這い出てきた。

 

 

 

魔理沙「アタックステップ!ウロヴォリアスでアタック!!」

 

 

コブシ「今度は紫か!フラッシュタイミング!ムシャメガを神速召喚!そしてブロックだ!」

 

 

ウロヴォリアスが翼を広げて飛び立ったが、どこからか飛んできた一体のバッタのようなスピリットが突進してきて行く手を阻む。しかし、ウロヴォリアスはすぐさま反応してムシャメガを前足で叩き落とした。

 

 

コブシ「バースト発動!まずはスピリットを二体疲労!!吹けよ嵐!轟け疾風!出でよ!緑の覇王Xレア!!風の覇王ドルクス・ウシワカ!レベル3で颯爽召喚!!」

 

 

コブシのバーストからフィールドに緑の風が巻き起こると、魔理沙のカラミティ・ボアとガルダーラが疲労状態になる。そしてその中心にあった緑のシンボルから、翼を持ち和服に身を包んだスピリットが降り立った。

 

 

 

魔理沙「ターンエンド!ウロヴォリアスの呪縛!ステップごとにコアをトラッシュ送りにするぜ!」

 

 

ウロヴォリアスから紫の龍が伸び、ウシワカを拘束する。しかしウシワカのコアは六個だったので、消滅までは至らなかった。

 

 

 

コブシ「…アブねぇ…メインステップ!カッチュウムシを召喚してウシワカをレベル3に!アタックステップ!ドルクス・ウシワカでアタック!!」

 

 

魔理沙「ライフで受けるぜ!」

 

 

 

ウシワカの蹴りが魔理沙のライフを蹴り砕く。するとウシワカは突如、フッと消え去ってしまった。

 

 

 

 

コブシ「風の覇王ドルクス・ウシワカの効果!このスピリットを手札に戻すことでカッチュウムシをBPプラス3000!そしてカッチュウムシでアタック!!」

 

 

 

魔理沙「…あー…そんな効果あったな…ライフ!でもウロヴォリアスの呪縛でカッチュウムシは消滅だ!」

 

 

 

ドルクス・ウシワカの力を受けたカッチュウムシが魔理沙のライフを破壊した。しかし、エンドステップ時に魔理沙はカッチュウムシのコアを指定した。

 

 

 

コブシ「構わないさ!ターンエンド!」

 

 

魔理沙「…さて…こいつの登場だ!メインステップ!グラン・ロロの化身!世界龍グラン・ロロ・ドラゴン!召喚時効果で手札の壬雷の三馬神バイアリー・ダーク・Zを一コスト召喚!!」

 

ロロ《私の世界そのものだ!こい!》

 

 

ロロが腕に魔方陣を展開すると、そこから緑の体をして七色のオーラを纏った巨大なドラゴンが現れ、その隣に雷の体をした神馬も降り立った。

 

 

 

魔理沙「アタックステップ!ウロヴォリアスとカラミティ・ボアでアタック!」

 

 

コブシ「どちらもライフで受ける!」

 

 

ウロヴォリアスの光線とカラミティ・ボアの突進がライフを砕き、聖者の木の実の効果でコアが増加する。

 

 

 

魔理沙「さらにバイアリーでアタック!!」

 

 

コブシ「フラッシュタイミング!風の覇王ドルクス・ウシワカを神速召喚!!ブロックだ!そしてウシワカを手札に!」

 

 

 

バイアリーが走り出すが、空からウシワカが降りたってバイアリーの頭を掴むとそのまま地面に叩きつけて破壊した。

 

 

 

魔理沙「グラン・ロロ・ドラゴン!界放の効果!コア二個を置いてウロヴォリアスとカラミティ・ボアを回復だ!」

 

 

コブシ「なんだと!?再度ウシワカを神速召喚!!そしてブロック!!」

 

 

グラン・ロロ・ドラゴンが咆哮してウロヴォリアスとカラミティ・ボアを立ち上がらせる。そして再び空からウシワカが飛びかかってくるが、グラン・ロロ・ドラゴンはサッと避けるとウシワカの足に噛みついてそのまま炎を放ち、ウシワカをやきつくした!

 

 

 

魔理沙「これで終わりだぜ!ウロヴォリアス!カラミティ・ボア!」

 

ウロヴォリアスとカラミティ・ボアが強烈なエネルギー弾を放った!

 

 

 

 

 

 

 

 

幽香「先行貰うわよ?メインステップ。イシスの花園神殿、そして咲き誇れ!創界神イシスを配置!トラッシュにカードを三枚置いて、対象カードが二枚だったのでコアを二つイシスに置く。ターンエンド。」

 

 

 

イシス《…あら…かわいい娘…気分が良くなるわぁ…》

 

 

 

幽香の背後に花びらが舞う神殿とイシスが現れて光輝き始める。

 

 

チヒロ「メインステップ。ラクーンガード、エゾノ・アウルを召喚してバーストセット。アタックステップ!二体でアタック!」

 

 

チヒロのフィールドに小さな白い犬と羽がタービンのように回っているフクロウが現れると、幽香めがけて攻撃してきた。

 

 

 

幽香「せっかちね。ライフで受ける。」

 

 

 

ラクーンガードの回転突進とエゾノ・アウルの風が幽香のライフを二つ砕いた。

 

 

 

チヒロ「ターンエンド。」

 

 

幽香「イシスの花園神殿の効果でドローする代わりに三枚オープンしてその中のエジットの天使長ネフェリエルを回収。メインステップ。エジットの天使ティティエルとエジットの天使長ネフェリエルを召喚。召喚時効果で計三枚をデッキ下からドロー。」

 

 

 

幽香のフィールドに小さな天使と大きな十字架を形をした杖を構えた大天使が現れた。

 

幽香「ターンエンド。」

 

 

チヒロ「攻めないか…メインステップ。ミブロック・ソルジャーを召喚。こちらもこれでターンエンド。」

 

 

チヒロも新撰組のような格好をした機械兵を召喚するだけでターンを終える。

 

 

 

幽香「…たぶんあのバーストは…メインステップ。ネフェリエルをレベル4に。アタックステップ!ネフェリエルでアタック!アタック時効果でライフを増やして回復よ。」

 

 

ネフェリエルがサッと杖を振るうと、幽香のライフが一つ回復する。そして幽香は手札から出したカードを構えた。

 

 

幽香「フラッシュタイミング。ネフェリエルに煌臨!四大熾天使の一角!水の熾天使ミレディエル!」

 

 

ネフェリエルが青い光に包まれるとその姿が大きな剣を携えた大天使に変わる。

 

 

 

チヒロ「…ライフで受ける!そしてバースト発動!降臨せよ!凍てつく大地の王者!氷の覇王ミブロック・バラガン!!

 

 

 

青黒いオーラがフィールドに落ちると、そこからビームソードを構えた大きなロボットが現れる。

 

 

 

幽香「……ターンエンドかしら」

 

 

イシス《…いいのって…あなたも弾に似てきたわね…》

 

 

 

イシスはミレディエルの効果でバラガンを除去しないか尋ねたが、顔がにやけている幽香を見てため息をついた。

 

 

 

チヒロ「メインステップ。バーストセット。アタックステップ!ラクーンガードでアタック!」

 

 

幽香「…やっぱりね…ライフで受ける。」

 

 

ラクーンガードがさらに回転攻撃でライフを壊す。

 

 

 

チヒロ「…読まれている……ターンエンド。」

 

 

チヒロはもうこれ以上攻めても無意味と悟り、ターンを終える。どうやら幽香はチヒロのバーストを見抜いているようだ。

 

 

 

 

幽香「花園神殿の効果でオープン…星天使女神イシスターを回収…!メインステップ!天使達の大輪の花!星天使女神イシスター!!そして天霊王杖ウアス・セプターを召喚!そしてイシスターに合体!さらにティティエルのコアを使ってイシスターにコアを追加……」

 

 

 

イシス《…私の愛杖…これで蹴りをつける…!!》

 

 

 

イシスの光からイシスターが現れると、花園神殿から一本の杖が飛んできてイシスターの手に収まる。そして幽香は界放も踏まえてコアを多めに置いたイシスターに攻撃を命じる。

 

 

 

幽香「アタックステップ!イシスター!合体アタック!!ウアス・セプターの合体アタック時効果!ライフを一つボイドへ!さらにイシスターの効果でもう一つライフをイシスターに置いて、スピリット二体バウンス&ライフ貫通!!」

 

 

 

イシス《そして私の神域の効果!ライフをさらに削る!》

 

 

 

イシスターがウアス・セプターを構えて羽ばたく。そして、幽香が自分でライフを二つ壊す。そのエネルギーを使ってイシスターが翼から光弾を放ってエゾノ・アウルとミブロック・ソルジャーを手札に返し、イシスターのレベルが4になったので、回復する。

 

 

チヒロ「…仕方ない…!ミブロック・バラガンでブロック!」

 

 

ミブロック・バラガンがファンネルを分離させて放つが、イシスターの翼に弾かれる。そしてイシスターはウアス・セプターにエネルギーを貯めて魔方陣を展開し、マスタースパークを放った!バラガンはファンネルで防ごうとしたがそのまま吹き飛ばされて爆発した!!

 

 

 

チヒロ「く…!!だがバースト発動!時代を切り開け!白の巨人!魁の覇王ミブロック・ブレイヴァー!バースト効果でイシスターをデッキ下に戻す!」

 

チヒロのバーストが開き白い光が止むと、花びらが舞う中でビームソードを構えたロボットが現れる。そしてブレイヴァーの斬撃がイシスターに直撃したが…!!

 

 

幽香「…あら…さっきウアス・セプターの効果でライフを削ったでしょ?そうすると合体しているアルティメットは相手の効果を一切受けなくなるのよ……まぁその代わりにミレディエルがボトムに行っちゃうけど……」

 

 

 

ブレイヴァーの斬撃をイシスターはウアス・セプターを振るって弾き飛ばす。しかし、その流れ弾がミレディエルに当たってミレディエルが消えていった。

 

 

 

 

幽香「イシスターで再度アタック!イシスのコアを置いて、ブレイヴァーとラクーンガードをバウンス!さぁ!覚悟なさい!!」

 

 

イシスターが今度は翼からひまわりの形をした丸のこを打ち出してブレイヴァーとラクーンガードをバウンスさせる。

そして、ウアス・セプターの先から強力なマスタースパークがぶっぱなされた!!

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

魔理沙は神皇デッキになりました。そして、ロロ様と契約しています。その話は…書けるかな……

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。