東方星神録   作:あんこケース

113 / 163
カグツチ様のバトルの難点は武竜と機巧を繋ぐスピリットがいないことです。そこは…俺の腕に任せ……れるかなぁ…

あと、一身上の都合上これから毎日更新が厳しくなりそうです。こちらも頑張っていきますので、ご了承ください。


みょん&もみもみVS闇のソードアイズ

妖夢「先行を貰います。メインステップ!ドラマルを召喚して原初の炎!創界神カグツチを配置!トラッシュに送った三枚中、一枚が対象なのでコアを一つ置きます。ターンエンド。」

 

 

カグツチ《…戦うことは…やっぱり好きじゃないなぁ…》

 

 

妖夢のフィールドに小さな薙刀を持ったブレイドラが現れ、さらに後ろにカグツチが頭をかきながら登場した。

 

 

ゴーディ「俺の番ね♪メインステップ。ネクサス!魔王蟲の根城!はい、建築完了~!ターンエンド。」

 

 

ゴーディも背後に大きな樹木を配置してコアブと連鎖の前準備にかかった。

 

 

妖夢「…なんか調子狂いますね…メインステップ。機巧武者ジャコを召喚!召喚時効果で一枚ドローします。そしてバーストをセット。」

 

 

妖夢のフィールドに猫型のロボットが現れる。このスピリットは機巧スピリットで赤にもなれるハイブリッドスピリットで、カグツチのデッキの二色をうまく繋いでくれるのだ。

 

 

妖夢「アタックステップ!ドラマルでアタック!!」

 

 

ゴーディ「ん~…ライフで受けよ!」

 

 

ドラマルが飛び上がって薙刀をゴーディのライフスタイル突き立てた。

 

 

妖夢「ターンエンド!」

 

 

ゴーディ「へぇ~…メインステップ!ダーク・ディオマンティスを二体召喚!アタックステップ!ダーク・ディオマンティス君!お仕事お願いしま~す!」

 

 

ゴーディは二体の黒いカマキリのようなスピリットを召喚して一体に攻撃させる。さらに魔王蟲の根城が青に輝いた。

 

 

ゴーディ「あ!魔王蟲の根城の青シンボル発見~!ダーク・ディオマンティス君の連鎖で最高レベルにアッ~プ!!」

 

 

妖夢「ライフで受ける!」

 

青く光ってパワーアップしたダーク・ディオマンティスが妖夢のライフを叩き割ると、また魔王蟲の根城が輝いてゴーディのリザーブにコアを置いた。

 

ゴーディ「魔王蟲の根城の効果。連鎖を持つダーク・ディオマンティス君が~相手のライフを破壊したから…コアを一つ置いちゃ~う!さらにもう一体のダーク・ディオマンティス君!君もお仕事だよ!」

 

 

ゴーディがさらにダーク・ディオマンティスに攻撃させる。こちらも青連鎖で最高レベルになっている。

 

 

妖夢「これもライフ!」

 

次のダーク・ディオマンティスが鎌でライフを壊し、再び魔王蟲の根城の効果でコアが増えた。

 

 

ゴーディ「ターンエンド♪」

 

 

妖夢「…よし!メインステップ!無限に繋がる炎の斬撃!剣豪龍サムライ・ドラゴン・天!!召喚!」

 

妖夢のフィールドに炎の龍が落ちると、赤いドラゴンが背中の二本の刀を抜刀して大きく咆哮しながら現れた。

 

妖夢「アタックステップ!天でアタック!無限刃の効果発揮!相手スピリットを指定アタック!そして疲労はしない!ダーク・ディオマンティスを指定!!」

 

天が頭の鎧を展開して走り出す。そして有無を言わさずダーク・ディオマンティスに斬りかかり、一刀両断した。

 

妖夢「もう一度アタック!もう一体のダーク・ディオマンティスにアタック!」

 

ゴーディ「ああんもう!全滅じゃん!」

 

ゴーディの叫びを尻目に天はダーク・ディオマンティスを刀で貫いて破壊した。

 

 

妖夢「ドラマルとジャコで連続アタック!」

 

 

ゴーディ「ライフだ!」

 

ドラマルの薙刀とジャコのビームがゴーディのライフを二つ破壊する。これで残りライフ数では妖夢が多くなる。

 

 

妖夢「これでターンエンド。」

 

ゴーディ「イッタタタ…もう…ヤンチャなんだから~メインステップ!ダーク・マッハジーに続いてぇ~!こっちも本気でいこうかな~!光をも切り裂く鎌は絶望への道標!黒蟲魔王ディアボリカ・マンティス!カモ~ン!」

 

 

小さな緑の昆虫に続き、地面から大きな鎌が突き出ると巨大カマキリが両腕の鎌を振り回しながら現れた。さらにゴーディは続ける。

 

 

ゴーディ「さらに!闇の緑のソードブレイヴ!黒蟲の妖刀ウスバカゲロウをディアボリカ・マンティスに合体!」

 

 

緑のエネルギー体から一本の禍々しいオーラを放っている刀がフィールドに落ちてくると、ディアボリカ・マンティスの右鎌と合体して大きく輝いた。

 

 

ゴーディ「アタックステップ!ソード合体スピリット!ドーンと一発お願いしま~す!!ディアボリカ・マンティスのアタック時効果!天は疲労しま~す!」

 

 

ソード合体スピリットから放たれた緑の風が天に膝をつかせる。これで妖夢がライフで受ければ、ディアボリカ・マンティスレベル2の効果で合計ライフが3つ破壊される。しかし、妖夢はニヤリと笑い、手札のカードを取り出した。

 

 

妖夢「…弾様直伝!フラッシュタイミング!マジック、デルタバリア!その攻撃はライフで受ける!」

 

妖夢の前に毎度お馴染み三角のバリアが張られてディアボリカ・マンティスの効果ごと斬撃を軽減して、ライフは1残った。

 

 

ゴーディ「あらら…でんもねぇ~!そいつはコスト4以上のスピリットしか防げない!ダーク・マッハジー!今度こそ決めてきちゃって~!」

 

 

ゴーディはデルタバリアの盲点である低コストスピリットでの攻撃を狙い、ダーク・マッハジーをアタックさせた。だが妖夢の狙いはこれだった!

 

 

妖夢「バースト貰います!ライフを増やして召喚!八百万の神の剣!機巧剣神アマノオハバリ!そして自分のスピリットが全て武竜又は機巧を持つので、このバトルでアタックステップは終了!アマノオハバリでブロック!!」

 

カグツチ《ウスバカゲロウの効果は厄介だからね。》

 

カグツチの刀から放たれた斬撃がフィールドを真っ二つに裂き、そこから白い翼を生やし、二本の小太刀を持ったロボットが現れ、向かってきたダーク・マッハジーを一刀両断した。

 

ゴーディ「ぬぇぇぇぇ!?…ターンエンド!!」

 

妖夢「このターンで決めます!メインステップ!一時の夢!天下武者デイブレイク・サードを召喚!そしてアマノオハバリをレベル2に!」

 

アマノオハバリの隣にビームソードを抜いた白いロボットが現れる。これでカグツチのコアは五つになったのでレベル2に上がった。

 

 

妖夢「アタックステップ!アマノオハバリでアタック!カグツチの効果でブロック時効果がアタック時にも発揮!天界放でコアを二つ置いてディアボリカ・マンティスを手札に戻し、赤シンボルの力で自身を回復!」

 

 

アマノオハバリが小太刀を構えて斬撃を飛ばし、ディアボリカ・マンティスを切り裂くとそのまま手札に返っていった。

 

 

ゴーディ「ええ~!ライフしかないじゃ~ん!!」

 

 

妖夢「アマノオハバリはダブルシンボル!!これでフィニッシュ!」

 

 

フィールドに突き刺さったウスバカゲロウの隣を通り抜けてアマノオハバリの小太刀がゴーディのライフを一気に二つ破壊した!

 

 

 

 

 

 

 

 

椛「私から。メインステップ。駆け抜けろ!創界神ヘルメス!デッキからトラッシュに三枚送り、対象が二枚なのでコアを二つ置きます。これで終わりです。」

 

 

ヘルメス《はぁ…何でテンコちゃんは元ソードアイズにケンカ売っちゃったのかなぁ…》

 

 

椛の後ろにヘルメスが現れる…愚痴りながら…

 

 

ブラウ「メインステップ。ダーク・スクアーロを召喚。ターンエンド。」

 

 

ブラウは剣と盾を持った黒いサメを召喚して、ターンを終えた。

 

 

椛「…メインステップ。パキラフォックスを召喚。召喚時効果でコアブーストします。バーストをセットして……緑の同行者!道化神ポルック&カスターを召喚!」

 

 

ヘルメス《……もみもみ…本気じゃん…》

 

 

椛は小さな子猫のスピリットを出すと、さらに緑シンボルが弾け飛び黄金のオーラを放ちながら緑の帽子と服を身につけた兄弟が現れた。

 

 

椛「ポルック&カスターの召喚時効果!手札を全て棄てて、相手の手札と同じ数ドロー!よって四枚!これでターンエンド。」

 

 

ブラウ「…メインステップ。バーストをセット。そしてミゴーを召喚し、ネクサス!珊瑚の樹海を配置。アタックステップ!ダーク・スクアーロ!攻撃!」

 

 

椛「ライフで!」

 

 

ブラウは羽が生えたザリガニのスピリットと紫に輝く珊瑚礁を配置し、ダーク・スクアーロに攻撃を命じる。ダーク・スクアーロは剣で椛のライフを突き刺した。

 

 

ブラウ「ターンエンド。」

 

 

椛「…メインステップ。ポルック&カスターをレベル2にして英雄獣 老将タイガー・ネストールを召喚!召喚時効果でコアを二個置く。さらにポルック&カスターの効果!コアブースト効果をもう一度行える!」

 

 

椛はさらに金色の体に白い髭を生やしたトラを召喚し、ポルック&カスターの効果も入れてコアを四個増やした。

 

 

椛「さらに、海より沸き上がる三つ首!三叉神海獣トリアイナ!!コストはネストールとパキラフォックスから使用。召喚時効果でダーク・スクアーロとミゴーを破壊!さらに剣獣魔神を召喚してトリアイナと合体!」

 

 

椛は増えたコアを使って青い三つ首を持った海獣を召喚して口からの水流でブラウのスピリット達を押し流した。さらにトリアイナの背後に緑の虎の魔神が現れ、力を分け与える。そして二体を消滅させながらもポルック&カスターをレベル2に留めていた。

 

 

椛「アタックステップ!トリアイナでアタック!アタック時効果でデッキを五枚破棄!そしてその中のスピリット三枚につき、コアを一つ置きます!さらにポルック&カスターの効果でおかわりです!」

 

 

ヘルメス《ええっと…これで破棄されたスピリットは…あちゃ~五枚…1コアしか増えないね…》

 

 

ブラウ「デッキ破壊…!?トリアイナのアタックはライフでぶつかる!」

 

 

トリアイナが青い衝撃波を放ち、ブラウのデッキを合計十枚破壊してコアブーストする。そしてトリアイナの突進がブラウのライフを打ち砕いた。

 

 

椛「これで終わります。ターンエンド。」

 

 

ブラウ「……こちらも行くぞ!メインステップ!暗く青き深海に潜む海の支配者よ、俺に力を!異海神ディスト・ルクシオン!!

 

 

バトルフィールドの周りから大波がブラウのフィールドに注がれると、深海から首長竜のようなスピリットが泳いでフィールドに現れた。

 

 

ブラウ「アタックステップ!異海神よ!逆境を跳ね返せ!アタック時効果!コスト5以下のポルック&カスターを破壊!さらに連鎖!疲労しているトリアイナも破壊!!」

 

 

ディスト・ルクシオンがフィールドを泳ぎながら胸の珊瑚から雷を放ってポルック&カスターを破壊したあと、珊瑚の樹海の紫シンボルの存在により連鎖を発動させ、再び放たれた雷がトリアイナを痺れさせて破壊した。

 

 

椛「く!ライフで受ける!」

 

 

ディスト・ルクシオンの角が椛のライフを一気に二点貫いた。

 

 

 

ブラウ「ターンエンド。」

 

 

 

椛「さて…切り替えて……メインステップ。神をも恐れぬその豪腕!七大英雄獣剛勇士ヘラク・レイオス!!こちらも剣獣魔神と合体!」

 

 

椛は貯まったコアで豪腕を持つ大きな白虎を召喚する。これはディスト・ルクシオンの効果破壊の対象を外すという目的もある。

 

 

椛「アタックステップ!ヘラク・レイオスでアタック!ヘルメスの神域の効果でBPプラス10000!」

 

 

ブラウ「…ライフでぶつかる!そしてバースト!ディメンションシールドの効果でアタックステップを強制的に終わらせる!」

 

 

ヘルメスの力を受けたヘラク・レイオスのダブルパンチがブラウのライフを二つ砕いたが、バーストから形成された防御壁を追撃を妨害した。

 

 

椛「やりますね…ヘルメスの神域の効果!ヘラク・レイオスはターンに一度回復します。ターンエンド。」

 

 

ブラウ「…BPアップだけでなく…回復も行うとは……そして先程のコンボを崩されてもすぐ立て直す精神力……見事!」

 

 

椛「ぇ…あ…ありがとうございます…」

 

 

ブラウの称賛に、普段はあまり誉め慣れてない椛は面を食らった様子でしどろもどろに返事をする。

 

 

ブラウ「強き者には敬意を払う…それが俺の流儀だ。メインステップ!リュウグウウシ!そして出でよ!闇の青きソードブレイヴ!深淵の巨剣アビス・アポカリプスよ!紺碧の従順を大地に誓え!」

 

 

 

ブラウはさらにリュウグウウシを召喚すると、フィールドに深海から飛んできた青い剣がフィールドに突き刺さり、召喚時効果でブラウのスピリット達を最高レベルとした。

 

 

ブラウ「そして深淵の巨剣アビス・アポカリプスを異海神ディスト・ルクシオンに合体!アタックステップ!潰せ!ソード合体アタック!!」

 

 

 

椛「…やむを得ませんね…ヘラク・レイオスでブロックします!」

 

 

ソード合体スピリットが口に咥えたアビス・アポカリプスをヘラク・レイオスに叩きつける。ヘラク・レイオスは豪腕で受けとめていたが、最後は切り裂かれて爆発した。しかし、椛は一切同様せずにただ冷静にバトルフィールドを見つめていた。

 

 

ブラウ「……ターンエンド。」

 

 

椛「メインステップ。ヘラク・レイオスはライフ1にまで追い込みました。十分な活躍です!あとはこのスピリットが!新緑の化身!キングタウロス大公!!レベル2で召喚!」

 

 

 

椛のフィールドに巨大な竜巻が巻き上がり、六足に上半身の右腕が剣になったオオカブトが現れた。

 

 

 

椛「アタックステップ!ヘルメスの効果でBPプラス10000されたキングタウロス大公でアタックです!キングタウロスはバトル後にライフを破壊します!そしてソウルコアをリザーブに戻してフラッシュタイミングを封印!!」

 

 

ブラウ「…見事だ…リュウグウウシでブロック!」

 

 

キングタウロスがリュウグウウシを突き刺し、そのままキングタウロスが最後のブラウのライフも貫いた!

 

 

 

 

 

 

 

椛 「…すみませんでした!」

 

 

天子「うー…どうしてよ…」

 

 

ハガクレ「え、あ、お、う、い、いや…こちらも…すまぬ…でこざる…」

 

 

バトルのあと、椛は無理矢理天子の頭を下げさせてハガクレに謝っていた。もうどっちがバトルに勝ったかわからないぐらいである。その律儀な姿にハガクレも動揺するばかりだった。

 

 

妖夢「わかりました。一応、その過激派とは無関係ですが、あなた方にご迷惑をかけたのは事実です。白夜王にも謝罪した方が良さそうですね。」

 

 

ブラウ「感謝する。」

 

 

ゴーディ「あらら…律儀だねぇ…」

 

 

ハガクレに謝罪している隣で妖夢はブラウやゴーディと話を続いていた。そしてブラウとゴーディが三人とハガクレを王宮に案内しようとすると……!

 

 

アマレロ「見つけたわ!」

 

 

天子「また!?もうめんどくさいわね!!」

 

 

ビッシィィィィン!!

 

 

アトランティアの反対側を探していたアマレロが到着すると、愛用している鞭で天子を捕らえようとしたが、天子はすぐさま緋想の剣で弾くとアマレロを睨み付けて火花を散らす。するとブラウがアマレロを止めに入った。

 

 

ブラウ「待て、アマレロ。彼らは一応だが同行を承諾した。それに彼らを見る限り過激派とは関係無いと思われる。」

 

アマレロ「それは白夜王閣下が判断されること!」

 

 

ブラウ「それはそうだ。だがまだ疑いの段階である以上彼らを罪人同様の扱いはできない!彼らに失礼だ!」

 

 

アマレロ「しかし…もしグレナダ様に何かがあれば!!」

 

 

カグツチ《ちょっといいですか?》

 

 

ゴーディとハガクレは二人の言い争いがヒートアップする様をあたふたとして見ていたが、突然妖夢の中のカグツチが妖夢から飛び出してきた。

 

 

 

ソードアイズ達「な!!!?」

 

 

 

妖夢「ちょ!出てきたらまずいですよ!」

 

 

カグツチ《まぁ、待って……え~と…アマレロちゃんだっけ…》

 

 

ソードアイズ達は突如現れたカグツチを見て驚いた。人の体からなんだか粒子が出て、それが人の形をとって喋りだしたのだから無理もないが……カグツチはそんな事を気にせずアマレロに話しかける。

 

 

カグツチ《ごめんなさい!驚かせてちゃって…でも…君のその姿勢…本当にそのグレナダって人が好きなんだね。だから守りたい…その思い…スッゴク伝わってきたよ。だからさ、その思いがあるならほんのちょっとでいいんだ。俺達を信じてくれないかな?》

 

 

アマレロ「…しかし……そんな都合の良いことばかりとは…」

 

 

腰に指した刀を一旦、地面に置いてアマレロを説得しようと試みるカグツチだったが、まだアマレロは猜疑心をぬぐえなかった。

 

 

カグツチ《だからだよ!都合が良いってことは君も俺達もハッピーだからさ!確かに現実的じゃないけど、だからこそ話し合って解決できるってものすごく素晴らしいことじゃない!?》

 

 

アマレロ「…!」

 

 

ブラウ「…おお…」

 

ゴーディ「…へぇ…」

 

ハガクレ「…話し合えた時…」

 

 

カグツチの言葉を聞いて、心の奥底から沸き上がってくるものにジーンとなったソードアイズ達。さらにカグツチは地面に置いた刀を拾って話し続ける。

 

 

カグツチ《それに…これや鞭、拳でしか話せないって…悲しすぎるよ。君は鞭で人を傷つけて喜ぶ人じゃないよね?ならその鞭を俺達はぶつけたら……きっと君が一番痛いと感じるよ…俺は…君が苦しむ姿なんて…見たくないんだ。だから…お願いします!》

 

 

 

アマレロ「…わかりました……ご無礼をお許しください…」

 

 

アマレロはわかってくれたのか、鞭をしまって頭を下げてくれた。妖夢や椛、天子もホッとしてそれぞれの剣をおさめた。するとカグツチは年不相応に喜ぶ。

 

 

カグツチ《やったぁ~!ありがとうございます!ねぇ妖夢ちゃん!これって本当に凄いことだよね!》

 

 

妖夢「…はぁ…確かによかったですが……そこまで喜ぶことですか?」

 

 

カグツチ《そうだよ!だって百人の友達と仲良くしているより、一人の敵と仲良くなれたじゃん!それに他のソードアイズの人とも分かりあえた!もう喜ぶしかないって!!》

 

 

セト《…かなわねぇな……》

 

 

ヘルメス《…妖夢ちゃん…感動して固まっちまっててるよ…》

 

 

 

妖夢「……カグツチ様…キラキラ…!!」

 

 

 

カグツチの言葉に感動して、目をソードアイ以上にキンキラキンに輝やかせていた妖夢であった。

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

カグツチ様…!この方の聖なる泉が枯れ果てることはないでしょう…それにアマハラの愉快な仲間達がいますし♪

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。