東方星神録   作:あんこケース

119 / 160
…一応、究極の闇に飲み込まれたりはしないので、安心してください…


凄まじき剣士

???「よろしくお願いします。この私、ヴィーナスがお相手致しますわ。」

 

妖夢「…はぁ…調子狂ってばっかだなぁ…メインステップ。ネクサス、機巧城を配置してバーストをセット。これでターンエンド。」

 

妖夢は頭をかきながらも、背後に白銀の城を配置する。白属性にとっては手札を増やしていく機巧城は優秀な一枚だった。

 

ヴィーナス「それではメインステップ。犬将クー・シーを召喚してバーストをセット。アタックステップ。クー・シーでアタックします!」

 

妖夢「…聖命ですか…ライフで受ける!」

 

黄色のバトルフォームを着た女性…ヴィーナスは犬の頭をした武将を召喚すると、そのままアタックさせた。妖夢はブロッカーもいないので、ライフで受けた。

 

ヴィーナス「ここで聖命の効果。ライフを一つ増やします。ターンエンド。」

 

妖夢「むぅ…メインステップ!原初の炎!創界神カグツチを配置!トラッシュに送った対象カードは二枚なので、コア二個を追加!さらに機巧武者シラヌイを召喚!」

 

カグツチ《…よし!いくよ!》

 

妖夢はさらにカグツチを呼び出し、フィールドにもがっちりとした鎧を装着したロボット武将が現れた。

 

 

 

妖夢「アタックステップ!シラヌイでアタック!」

 

 

ヴィーナス「ん~…ライフで受けます。」

 

 

シラヌイが腰の刀を抜刀して走り出すと、ヴィーナスのライフを斬り捨てた。

 

 

妖夢「ターンエンド!」

 

 

ヴィーナス「…メインステップ。ニジノコと子天馬スカイを召喚。召喚時効果で四枚オープンしてその中のアルティメットの手札に加えます。」

 

 

ヴィーナスは七色のヘビと小さなペガサスを召喚してデッキからアルティメットを引き当てようとする。そのなかには咲月帝アルティメット・ウィステリアがあったので、手札に加わった。

 

 

ヴィーナス「…シラヌイは疲労ブロッカーでしたね…ターンエンドです。」

 

 

妖夢「よし!機巧城の効果!ライフが減らなかったので二枚ドローする!そしてメインステップ!南蛮武者ハクライをレベル2で、さらに武龍魔神を召喚!そしてシラヌイに左合体!」

 

妖夢は南蛮甲冑のドラゴンと二本の剣を持った竜型魔神を召喚する。そしてシラヌイのソウルコアをハクライに移動した。

 

妖夢「アタックステップ!ハクライの効果でドロー!シラヌイでアタック!アタック時効果でトラッシュの武竜スピリットをノーコスト召喚!力がみなぎる!魂が燃える!神の炎が迸る!炎神皇帝ソウルドラゴン・ホムスビ!召喚!!」

 

シラヌイが再び走り出して、武龍魔神が左手の剣を振り下ろす。すると地面から炎が沸き上がり、オレンジ色の鎧のソウルドラゴンが大剣を振るって這い出してきた。

 

ヴィーナス「ライフで。そしてバースト発動します。まずはライフを一つ回復!そしてこのターンの間、スピリットのアタックを封じます!月の光受け輝きなさい!アルティメット・カグヤ!」

 

シラヌイの攻撃をライフで受けてライフ残り三つとしたヴィーナスだが、バースト効果で一つライフを回復させると、月から舞い降りた姫が黄色の防御壁を張って追撃を阻んだ。

 

妖夢「く!ターンエンド。」

 

ヴィーナス「さて…メインステップ。ニジノコをレベル2にして…夜に咲く華麗なバラ!咲月帝アルティメット・ウィステリア!!レベル4で召喚!そして明の星の刃!金星神剣ヴィーナスサーベルをウィステリアに直接合体!!コストはニジノコから。よって消滅。」

 

紫の闇が収束して現れたバンパイアめがけて空に浮かんだ金星から黄金の剣が降ってくる。ウィステリアはヴィーナスサーベルを握ると、金色に輝いた。

 

ヴィーナス「アタックステップ!ソード合体アタック!Uトリガー!ロックオン!!」

 

妖夢「来ましたね…コスト4、故郷の山に似た山です。」

 

 

ヴィーナス「ここでヴィーナスサーベルの効果を使用します!Uトリガーのヒットをクリティカルヒットにしますわ!よってクリティカルヒット!ソウルドラゴン・ホムスビのレベルコストをプラス2に!そしてクリティカルヒットの効果でネクサスのコストも増やしますわ!よって機巧城は消滅!」

 

 

ウィステリアが放った紫の煙がソウルドラゴン・ホムスビを包むと、そのまま機巧城にもまとわりつかせて両者消滅させた。

 

 

妖夢「…まずい…フラッシュタイミング!マジック!デルタバリア!コストはシラヌイから確保!よって消滅させる!ウィステリアのアタックはライフで受ける!」

 

妖夢の前方に銀色のデルタ型のシールドが現れ、ウィステリアがその上からヴィーナスサーベルを突き立てた。これでヴィーナスのコスト3以下のスピリットはスカイ一体。妖夢もハクライがいるので、ヴィーナスはフルアタックしても妖夢を倒せなかった。

 

ヴィーナス「仕方ありませんね。ターンエンドです。」

 

妖夢《…どうしよう…今の手札だと次の私のターンで決められない…こんな悪党に負けることはできないし……正義は負けちゃいけない……勝たないと…》

 

カグツチ《…妖夢ちゃん…それは違うよ。》

 

妖夢が意識の深層で考えていることを見透かして、カグツチが声をかける。妖夢はハッと驚いてカグツチと向かい合った。

 

 

カグツチ《…ねぇ、ヴィーナスさん。君たちはどうして白夜王を倒したいの?》

 

 

ヴィーナス「え……彼の統治はあまりにも苦しすぎます。民に重労働を強いてきた過去もある。私達はその圧政に苦しむ人々を間近で見てきたのです。彼が王座に就いている以上、それを変えることは不可能だと感じたからです。」

 

ヴィーナスがカグツチに話しかけられて少し戸惑ったあと話した内容を聞いて、カグツチは再度妖夢に視線を戻す。

 

カグツチ《…妖夢ちゃん…今の言葉を聞いたかな?世界ってのは正義か悪かで判断できないんだよ。正義の反対はまた別の正義なんだ。彼女が言った言葉に嘘偽りはない…でも妖夢ちゃんの思いも間違いとか悪とか言うわけでもないんだ。》

 

 

妖夢「…正義の反対は…別の正義……なら…私の剣は…知らず知らずのうちに他の人を傷つけて…」

 

 

カグツチは冷静に話すと、妖夢は目を伏せて迷い始める。彼女がここまで戦ってこれたのは自分が正しいのだと言う認識があってこそだった。それを否定され、どうしていいか分からなくなってしまったのだ。

 

 

カグツチ《…そうだね…俺も昔…永琳と一緒に仕事してたときにすごく感じたんだ。当時は俺…よくツクヨミとかとぶつかってケンカとかもしてた。でも…高天ヶ原や月の都を飛び出して旅を続けていると、なんとなーくわかってきた……俺達は手が届くまでしか助けちゃいけないってね。》

 

 

妖夢「…?どう言うことですか?」

 

 

カグツチ《だって、そこまでがちゃんと自分で判断できる範囲だからだよ。無理に一人でやろうとすると絶対に暴走しちゃうからね。だから妖夢ちゃん、君には俺や幽々子ちゃん、弾君…幻想郷の仲間がいる!君が守れなかったモノは…俺達が守る!君は目の前の守りたいモノを守るんだ!》

 

カグツチの言葉に妖夢は目を瞑り、今頃他の世界で奮闘している仲間達のことを思い浮かべる。霊夢、魔理沙、咲夜、アリス、鈴仙、依姫…そして幽々子……

 

カグツチ《それに、君がわざわざデルタバリアをデッキに投入しているのは弾君へのリスペクトでしょ?彼も紫ちゃんや永琳がいるから真っ直ぐ戦えるんだ。そうやって助け合えば、仲間が君の間違いを止めてくれる!》

 

その言葉に妖夢はトラッシュに置かれたデルタバリアを見つめる。

 

妖夢「……そうだ…!私は…私が守りたいモノを守る!もし間違っても仲間が教えてくれる!!」

 

カグツチ《うん!さぁ、バトルに戻ろう!弾君も言ってたよ!「来たカードにどう答えるのかが大事」ってね。》

 

妖夢「…ドローステップ!………よっしゃ!メインステップ!戦国ジークヴルムを召喚!召喚時効果でデッキから六枚オープン!その中のコスト8の武竜をノーコストで召喚!…弾様…紫様…お力…お借りします!唐紅に染まりし伝説の救世主!戦国超龍磁威駆武流無・乃刃(ジークヴルム・ノヴァ)!!

 

 

妖夢の背後から武将の鎧を纏ったジークヴルムを召喚する。そして大きく咆哮すると、天空から落ちてきた巨大隕石の中から武将姿のジークヴルム・ノヴァが現れた!

 

 

妖夢「乃刃の召喚時効果!戦国ジークヴルムのコアをトラッシュに置くことで、ライフを5まで回復させます!さらに魂皆伝(ソウルマスター)ブゲイシャー・ドラゴンを召喚!武龍魔神よ!乃刃に左合体!ブゲイシャー・ドラゴンに右合体せよ!!」

 

ヴィーナス「…!?ライフを…全回復!?」

 

 

戦国ジークヴルムが炎に包まれ、消えていく。そしてその力を使って妖夢のライフが全回復した。さらに乃刃とその隣に現れた武芸者のドラゴンに武龍魔神が剣の先から力を注ぎ込む。

そして乃刃の赤い部分が緑に変化して、妖夢カラーの二刀竜へと変わった!

 

妖夢「…参る!アタックステップ!ここでブゲイシャー・ドラゴンの力でトラッシュのコアを乃刃と自身に置いて両者レベル3に!乃刃でアタック!!武龍魔神の効果でソウルドラゴン・ホムスビを蘇らせる!コアはブゲイシャー・ドラゴンから使ってレベル2!」

 

ブゲイシャー・ドラゴンがトラッシュのコアは回収して乃刃をレベルアップさせると、武龍魔神が再度ソウルドラゴン・ホムスビを地獄から復活させる。

 

 

妖夢「続いて乃刃の効果!クー・シーとスカイを破壊!そして強制的にブロックしてもらいます!」

 

 

カグツチ《まだまだ!ホムスビの効果でライフを一つ破壊!》

 

 

ヴィーナス「フラッシュタイミング!ピュアエリクサー!ウィステリアを回復させてブロック!」

 

 

ピュアエリクサーの力で起き上がったウィステリアの剣が乃刃の二本の剣とぶつかる。しかし、乃刃は一旦離れたあと、急接近してウィステリアの懐に入る。そしてヴィーナスサーベルごとウィステリアを上に斬り上げた。

 

 

妖夢「…人鬼…[未来永劫斬]!!」

 

 

空中でなんとか体勢を立て直そうとしたウィステリアだったが、乃刃はその隙を見逃さずに目にもとまらぬスピードで接近し、連続で何度も斬っていく。とどめにウィステリアの真上から二刀をおもいっきり振り下ろしてウィステリアを切り裂いた!!

 

 

 

妖夢「ソウルドラゴン・ホムスビでアタック!天界放!発動!!カグツチのコア二個を自身に置くことで、BP20000以下のスピリット/アルティメットを二体破壊!そして白シンボルを確認!二枚ドロー!!」

 

ソウルドラゴン・ホムスビが剣を地面に突き刺すと、噴き上がったマグマがフィールドに残っていたヴィーナスサーベルとアルティメット・カグヤに直撃して焼きつくした。

 

ヴィーナス「ライフで受けます!!」

 

 

ホムスビが剣を引き抜いて真っ直ぐ上に掲げ、炎により天まで届くほどまでに変化した炎剣を咆哮しながら振り下ろしてライフを壊した。

 

 

妖夢「ブゲイシャー・ドラゴン!覚悟!!」

 

 

ヴィーナス「…お見事です…!!」

 

 

ホムスビと入れ替わりで飛び出したブゲイシャー・ドラゴンが一旦、愛刀を鞘にしまう。そして超高速で抜刀し、ヴィーナスのライフを全て斬り裂いた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

妖夢「…カグツチ様…」

 

 

カグツチ《…ん?》

 

 

妖夢「…グ!」

 

 

バトル後妖夢は再度カグツチに向き合い、その目を合わせる。そして朗らかに笑うと右手でカグツチにサムズアップをして見せた。

 

 

カグツチ《…グ!》

 

 

カグツチも妖夢がこのバトルで大きく成長したと感じて、微笑みながらサムズアップを返した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。


今回のカグツチ様は五代君よりも映司君に近くなりました。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。