東方星神録   作:あんこケース

120 / 160
さて…これでソードアイズ編も終わりですね……


依姫無双

???「フフフ…こい…この我…マーズが相手になろう…!」

 

 

依姫「…あなたが親玉のようですね…メインステップ。リボル・コレオンのアクセルを使用。デッキから三枚オープンしてその中の系統:神皇/十冠を持つスピリットと異魔神ブレイヴを手札に加えます。」

 

 

依姫の掲げた手札が赤く輝いてデッキがめくられていく。そのカードは……魔導双神ジェミナイズ…エリダヌス・ドラゴン…超・風魔神…

 

 

依姫「よって二枚を手札に。バーストをセットしてターンエンドです。」

 

 

マーズ「ではこちらのメインステップ。ネクサス、海魔巣食う海域を配置し、バーストをセット。ターンエンドだ。」

 

 

マーズが配置したネクサスによりバトルフィールドが荒れ狂う海域へと変化した。

 

 

依姫「赤青デッキですかね…メインステップ。手元からリボル・コレオンを召喚。召喚時効果を使って手札から異魔神ブレイヴをノーコストで呼び出す!超・風魔神を召喚して合体!」

 

 

依姫は先ほど打ったリボル・コレオンを召喚して超・風魔神を合体させる。しかし、まだ攻め時ではないと判断してターンエンドとした。

 

 

マーズ「…ふふ…メインステップ。戦竜エルギニアスと炎の剣聖リューマン・ソードウィングを召喚。アタックはしない…ターンエンド。」

 

 

マーズは青い闘牛と赤い炎の剣士を召喚するだけでターンを終える。ここまで二人共アタックせずに出方をうかがっていた。

 

 

依姫「…ふむ…メインステップ。星の女神!創界神リリア!三枚をトラッシュに置き、二枚の対象カードを確認したのでコアを二つ追加。そしてダンデラビットを召喚し、コアブースト。」

 

 

リリア《火星?……ふん…こっちは星々全部よん!》

 

 

ヤル気満々のリリアが出てきて、さらに緑のウサギが登場した。しかし、マーズのバーストが青く輝くと……

 

 

マーズ「召喚時効果発揮によりバースト発動!維持神ヴィシューテン!このスピリットを召喚したあと、相手のターンを強制終了!」

 

 

マーズのバーストからたくさんの腕を持った青い巨人が現れ、依姫のターンを無理矢理終わらせてしまった。

 

 

依姫「ヴィシューテンでしたか…フフフ!楽しくなってきた♪」

 

 

マーズ「…余裕だな…メインステップ。聖なる剣龍!神剣龍ファルシオンを召喚!さらにマジック!ネオ・ダブルドロー!デッキから三枚をドローする!コストはエルギニアスから使用。」

 

 

 

マーズのフィールドに現れた赤シンボルが輝くと、銀色の鎧のドラゴンが登場した。そしてエルギニアスのコアを外して消滅させる代わりに手札を三枚増やした。

 

 

マーズ「…ターンエンド。」

 

 

依姫「…動かないか…メインステップ!対の力を解放せよ!魔導双神ジェミナイズ!!召喚時効果で一枚ドローしたあと、手札の神皇を踏み倒す!その微笑みは全てを癒す!戦神乙女ヴィエルジェ!レベル2で召喚!不足コストはダンデラビットとリボル・コレオンから確保!よって二体は消滅!!」

 

 

 

ジェミナイズ「さぁ!」《お前の罪を!》《「数えろ!!》」

 

 

ヴィエルジェ《…ホルスの真似?》

 

 

地面に描かれた双子座からジェミナイズが腰に手を当て、マーズを指差しながらあの!ポーズを決める。そしてその隣に現れた乙女座がヴィエルジェに変化してツッコミを入れる。

 

 

依姫「ヴィエルジェの効果でライフを増やしてヴィシューテンを手札に!さらに超・風魔神を二体に合体させる!ダブルドライブ!発動!!」

 

 

リリア《いいわ!これで手札のカードは使えない!》

 

 

ヴィエルジェとジェミナイズが超・風魔神と合体し、二体とも緑のオーラを放出し始める。さらに依姫自身も緑の翼を展開してバトルフィールドに舞い上がった。

 

 

依姫「アタックステップ!ジェミナイズ!やりなさい!!」

 

 

マーズ「…ライフで受けよう!!」

 

 

ジェミナイズ《ダブルシンボル!》「ライフを二つぶっ壊す!」

 

 

ジェミナイズが回りながら緑のエネルギー球をぶつけてライフを二つ壊した。

 

 

依姫「…深追いは禁物…ターンエンドです。」

 

 

マーズ「…ドローステップ…フフフ…ハハハ!!メインステップ!このターンで終わらせるぞ!まずは戦竜エルギニアスを召喚!未来を切り開く最強の剣聖!大剣聖イーグレン!!ファルシオンの効果でコスト4として召喚!召喚時効果発揮!デッキから七枚オープン!!」

 

 

 

マーズのフィールドが真っ二つに裂け、下から黒い翼と白い剣を持った鷲の鳥人の剣士が回転しながら飛び出してきた。そしてイーグレンは剣を高々と掲げて青く輝き、その光がデッキをめくっていく…

 

バーニングソード…剣神無双リューマン・ゴッドソード…炎星斧エルナト…究極龍神アルティメット・オーバーレイ…海底王国の秘宝…火星神剣マーズブリンガー…炎の剣聖リューマン・ソードウィング……

 

 

マーズ「この中の剣使をコストを支払わずに全て召喚!こい!リューマン・ゴッドソード!リューマン・ソードウィング!……そして…!!究極の剣聖!!究極龍神アルティメット・オーバーレイ!!さらにイーグレンの連鎖!トラッシュから、今破棄された剣刃を二枚手札に戻す!」

 

 

 

イーグレンが輝いている剣を横凪ぎにブンっと振るう。すると地面から炎が沸き上がり、もう一体のリューマン・ソードウィングと白い剣士の竜人が現れる。

 

さらに……ドラゴン状の炎がフィールドで燃え盛り、そのドラゴンが黄金のオーバーレイへと変化してマーズのフィールドに降り立った。

 

 

マーズ「Uオーバーレイの召喚時効果!大抜刀!先ほど手札に戻した炎星斧エルナトと火星神剣マーズブリンガーを直接Uオーバーレイに合体するように召喚!!エルギニアスとファルシオンのコアを全て使い、Uオーバーレイはレベル5へ!」

 

 

マーズの背後の夜空に現れた火星から赤い光がフィールドに降り注ぐ。その光を受けたUオーバーレイの右手に大きな紅色の大剣が装備され、左手にも夜空から降ってきた斧を持ち大きく構えた。

 

 

リリア《…ファァ……終わったぁ……?》

 

 

依姫「長いですよ……待ちくたびれました…」

 

 

マーズ《…なんだ…!?この娘…!?この状況でなぜそんな言葉を吐けるんだ!!?》

 

 

髪を弄りながら「ようやく終わった…」とぶっちゃける依姫にマーズは内心冷や汗をかいていたが、気を取り直してアタックステップに入る。

 

 

マーズ「…アタックステップ!Uオーバーレイ!ソード合体アタック!!Uトリガー!ロックオン!!」

 

 

依姫「コスト5!騎士王蛇ペンドラゴン!残念ですが、マーズブリンガーのアタックステップ追加効果はヒットしたカードがコスト4以下でないと発揮できません!」

 

 

マーズ「…くぅ!だがヒットだ!相手のスピリットを二体破壊!さらにエルナトの効果でBPプラス7000!合計45000だ!」

 

 

 

オーバーレイがマーズブリンガーとエルナトを振り下ろして斬撃を放ち、ヴィエルジェとジェミナイズを切り裂いて破壊した。しかしマーズブリンガーの効果は不発だったので、Uオーバーレイは回復できなかった。

 

 

依姫「ヴィエルジェの効果で二体を手札に戻し、Uオーバーレイのアタックはライフで受けます!!ここで創界神リリアの神域の使用!減ったライフ分の光導スピリットを召喚!ジェミナイズとヴィエルジェを一コスト召喚!!」

 

 

リリア《…何度破壊されようと!星の輝きは壊れない!!》

 

 

 

リリアが左右の杖を突き出して、乙女座と双子座を浮かび上がらせる。そこから先ほどヴィエルジェの効果で手札に返っていった二体が再びフィールドに現れた。

 

 

依姫「ヴィエルジェの召喚時効果でライフを回復し、イーグレンを手札に返します!」

 

 

マーズ「バカな……俺のUオーバーレイの攻撃を…逆に利用するなど……」

 

 

ヴィエルジェの黄色の光がイーグレンを強制送還し、ライフを回復させる。すると依姫は「ああ…」と何かを思いだしたかのように呟いた。

 

 

 

依姫「…そうでした…ジェミナイズの召喚時効果を忘れていました……よって一体スピリットを召喚!愛の弓!平和の剣!ラブ&ピースを創る神!召喚!!光龍騎神サジット・アポロドラゴン!!

 

 

サジット《元祖ダブルブレイヴの力を見せてやるぜ!》

 

 

依姫の後ろに生みだされた炎のフィールドからサジット・アポロドラゴンが走って来て、フィールドに降り立つ。

そしてヴィエルジェの素数ロックにより、コスト3のリューマン・ソードウィングとコスト5のリューマン・ゴッドソードがアタック不能になってしまった。

 

 

マーズ「( ゜o゜)……ターンエンド……」

 

 

依姫「メインステップ!ネクサス!黎明をレベル2で配置して超・炎魔神を召喚!そしてサジット・アポロドラゴンをレベル3にアップ!超・炎魔神よ!サジットとジェミナイズに!超・風魔神よ!サジットとヴィエルジェに合体!!ダブル!ダブルドライブ!!!展開!!」

 

 

依姫の背後のリリアのさらに後ろに大銀河が広がり、二体の異魔神がサジット達に力を与える。さらにサジットの翼がファンネルになり、体にも黄金の鎧が現れる。最後に赤と緑のラインが身体中を迸ると、弓を片刃の長刀に変形させ大きく咆哮した!!

 

そして変化は依姫自身にも現れる!!

 

 

依姫「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

 

 

サジット《うぉぉ!?この力は…依姫の…?》

 

 

リリア《…ッッ!…なーる……依姫ちゃんの能力のせいで、私やサジット達と一体化しているのね…だから弾以上にダブル合体の力を受けている…前はケイがいたから星の力が分散されてたのかしら……?》

 

 

大きく叫んだ依姫の薄紫の髪がほどけ、色も深紅に染まる。展開していた緑の翼はサジット・アポロドラゴンのファンネルへと変化し、まるでその姿は人間版ダブル合体サジットと言えた。

 

 

依姫「アタックステップ!八百万の力を今一つに!ダブル合体アタァァァァァック!!!!

 

 

サジット《まずはゴッドソードを破壊してアルティメット・オーバーレイを指定アタックだ!!》

 

 

サジットが愛弓でリューマン・ゴッドソードを射抜き、Uオーバーレイへと向かっていく。Uオーバーレイもマーズブリンガーとエルナトを構えてサジットの弓が変化した長刀を受け止めた!

 

その瞬間依姫は愛刀を引き抜き、自身の異能を発動させるべく大きく叫ぶ!

 

 

依姫「エジットの創界神が一柱!砂漠の神セトよ!射手座の神に砂海を制したその豪腕の力を!!」

 

 

サジット《おおお!力が漲る!》

 

 

依姫にセトの豪腕の力を与えられたサジットはUオーバーレイを力任せに上空に弾き飛ばす。しかしUオーバーレイは剣から斬撃を、口から無数の火炎弾を放った。

 

 

依姫「オリンの創界神が一柱!知恵と鋼鉄の神アテナよ!絶対防壁の守りを見せよ!」

 

 

依姫が今度はアテナの防御力を与えたことによりサジットは身体中を銀色に硬化させて火炎弾や斬撃を弾くと、一気にUオーバーレイに接近する。

 

 

依姫「ウルの創界神が一柱!魔法と地獄の神ヘカーティアよ!三界を統べる魔術で敵に地獄を!」

 

 

リリア《…うふふ!そっちで喚んでくれるのは嬉しいわねぇ♪》

 

 

リリアが何やら赤い光の球…御霊を依姫を通じてサジットに与え、サジットの長刀に魔方陣が展開される。そしてサジットがUオーバーレイのエルナトめがけて突きを繰り出すと、エルナトが闇に包まれて吹き飛ばされた。

 

 

依姫「インディーダの創界神が一柱!破壊の神シヴァよ!不可能を破壊せよ!」

 

 

一旦距離をとろうとしたUオーバーレイだったが、サジットが放った斬撃が紫の龍と化して襲いかかった。Uオーバーレイは咄嗟にマーズブリンガーで受け止めたが、あまりの衝撃に耐えきれずマーズブリンガーを手放して、Uオーバーレイ自身も地面に叩きつけられる。

 

 

依姫「アマハラの創界神が一柱!月の神ツクヨミよ!神世界の百鬼夜行を今ここに!」

 

 

サジットがファンネルから数えきれないほどの御札を放ち、それら全てが折鶴となってUオーバーレイにまとわりついて動きを封じ込めた。

 

 

依姫「…師匠…失礼します!ウルの創界神が一柱!知恵の神オモイカネよ!その矢で我らに勝利を!」

 

 

とどめと言わんばかりにサジットが赤と青に光る矢を弓につがえ、フルパワーでぶっぱなした。式神によって動けないUオーバーレイはなすすべも無く射ぬかれて大爆発した!!

 

 

マーズ「…な…こ…こんな…ことが……」

 

 

依姫「黎明の効果!合体しているスピリットの数だけライフを破壊!私の合体スピリットは三体!あなたのライフは残り三つ!ウルの創界神が一柱!幻想の世界守る星の神ダンよ!我が剣に未来を照らす光を与えよ!!」

 

 

爆煙を突っ切って依姫がマーズに接近すると愛刀に星のエネルギーを込め、黄金の黄道十二星座が描かれた剣をマーズのライフめがけて振り下ろした!!!!

 

 

 

 

ジェミナイズ「キング!」《ギリギリスラッシュ!!》

 

ヴィエルジェ《まぁ作者もジオウは好きだってちょい!》

 

サジット《うっそーん!俺が斬るんじゃ~!?》

 

リリア《大丈夫よん♪アルティメット編でもあんた達は見せ場あるらしいから。》

 

 

リリア様!ネタバレしないでください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤイバ「協力感謝する。お前達の探し人も余が探しだしてみせよう。」

 

 

依姫「ありがとうございます m(__)m」

 

 

ハガクレ「拘束完了したでござるよ~!」

 

 

ツルギ「おお~!流石ハガクレだぜ!」

 

 

マーズ「……フフフ……」

 

 

ヤイバが依姫達に謝辞を述べている間、ハガクレやアマレロ達が六人を拘束していた。しかし、マーズの顔からは不気味な笑みが消えなかった。それに気づいたアマレロはマーズを問い詰める。

 

 

アマレロ「…何がそんなに可笑しいのかしら?」

 

 

マーズ「フフフ…良いのか?アマレロ・ベルジェ?…グレナダ様のお側に居なくても…」

 

 

 

マーズの言葉を聞いた全員の脳に電撃が走った。グレナダの近くに居なくても良いのか……つまり……!

 

 

 

ツルギ「母さんが危ない!!」

 

ソラ「く!こいつらは囮だったか!!」

 

アマレロ「グレナダ様ぁぁぁ!!」

 

 

ソードアイズ達は顔を青ざめてグレナダの部屋へと飛んでいく。しかし、依姫達はゆっくりとあとを追って歩いていた。なぜなら……

 

 

 

椛「…毎度毎度……本当に速いですねぇ……」

 

 

天子「確か神世界一だっけ?」

 

 

セト《…ま!ヘルメスに任せて良いだろ。》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

王宮 グレナダの部屋

 

 

 

ヘルメス《曲者はどこじゃ~!(゜Д゜≡゜Д゜)…あら?》

 

 

ヤイバ「母上!」

 

 

ブラウ「ご無事でしょうか!?」

 

 

グレナダ「ええ、何とか……」

 

 

誰よりも先に飛び出していったヘルメスがグレナダの部屋にダイナミック入室すると、見たところは無傷のグレナダと隣でグルグル巻きになっている赤フードの男が気絶していた。

 

 

ハクア「良かったぁ~…でも誰がこいつを?」

 

 

グレナダ「実はつい先日、私の侍女になったとある女性が突然乗り込んできた彼とバトルをして、見事打ち負かしたのです。」

 

 

キザクラ「スッゴーイ!どなたなんですか?」

 

 

グレナダが話した内容……それにソードアイズ達も遅れてやって来た依姫達も目が飛び出るほど驚いてしまった。

 

 

 

 

グレナダ「確か……宇佐美 蓮子さん…でしたでしょうか……そのあと何かに気づいて外に飛び出して行ってしまいましたが……」

 

 

 

 

 

 

 

とある世界 とある場所

 

 

 

???《……ちぃ…赤の軍急進派を唆しても無駄だったか…元サウスピ団やあの腰抜けの子供を使うのも失敗……次の手を考えるか……》

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

ここで東方を知らない人に解説を!依姫の能力と言うのは[非公式ですが]『依代になる程度の能力』と言って、神々を自在に反動無しで降ろし、その力を振るうことができるチート能力です。
仮面ライダーを知っている人ならディケイドみたいなモンと言えば良いでしょうか?[ただし本人は呼び出せない]

依姫がリアルファイトで強い理由はほぼ100%このせいです。それをバトスピで再現したくてこの回にぶっこみました。

注!原作だと八百万の神々[日本の神々]しか降ろしていません!
つまり、ギリシャやエジプトの神々は降ろせない……かも?

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。