東方星神録   作:あんこケース

127 / 160
東方二次創作の東方キャノンボールの製作陣に問いたい……オープニングに映姫がいないじゃないか!幽香や小町はいるのに!


羊狩り

妹紅「…こいつも操られてんな…スサノヲに解術を頼むか…」

 

 

リン「…牡羊座のターン…ネクサス、天空貫くバリスタを配置…ターンエンド…」

 

 

牡羊座のバトラー…リンと名乗った彼女は背後に巨大なバリスタを配置してターンエンドした。

 

 

 

永琳「…赤緑連鎖…かしら…」

 

 

妹紅「…おーこわこわ…メインステップ!ゴッドシーカーパラサノカンナギを召喚!召喚時効果でデッキから三枚めくり、その中のスサノヲと赤/青の天渡/化神を手札に!」

 

 

妹紅は赤側のゴッドシーカーであるパラサノカンナギを召喚してデッキをめくる…カミムスビハイドラ…創界神スサノヲ…海将軍イサリビノツサカ…よって後者二枚が妹紅の手札に加わった。

 

 

妹「さらに二色の龍操る神!創界神スサノヲ!トラッシュに対象カードを二枚送ったので、コア二個を追加する!ターンエンド!」

 

 

スサノヲ《羊…狩りの時間だぁ~!》

 

 

妹紅はパラサノカンナギの青シンボル追加効果でスサノヲを配置してターンを終えた。

 

 

リン「…牡羊座のターン…ホムライタチ…六分儀剣のルリ・オーサを召喚…召喚時効果で二個コアを増やし…暴皇ティーズ・ドラゴンをレベル2で召喚…」

 

 

リンは緑シンボルを増やすホムライタチでコアブ要員のルリ・オーサを召喚し、そのコアで緑色のドラゴンを呼び出した。

 

 

リン「…アタックステップ…ティーズ・ドラゴンでアタック…!ワンドローして緑連鎖…!パラサノカンナギを疲労させる」

 

 

妹紅「ライフに来い!」

 

 

緑の風でパラサノカンナギを疲労させたティーズ・ドラゴンのパンチが妹紅のライフを砕いた。

 

 

リン「…ターンエンド」

 

 

妹紅「もうちょい来てもよかったんだけどな…メインステップ!ディモルフォノスケを召喚して相手ネクサスを破壊!さらに青連鎖でコアブースト!燃え上がる剣!大地を凪ぎ払え!恐竜武神ムラクモレックス!」

 

 

スサノヲ《おおっと!》

 

 

スサノヲの振り下ろした剣がフィールドを砕き、剣と盾を持ったティラノサウルスが炎と共に現れた。

 

 

妹紅「バーストもセットして…アタックステップ!ムラクモレックス!燃やしてこい!天界放でスサノヲのコア二個を自身に移動してティーズ・ドラゴンを破壊!」

 

 

スサノヲ《さらに青シンボルの存在によりターン一で回復!そんでレベル2からの効果でライフも貰ってくぜ!》

 

 

リン「ライフで受ける…」

 

 

スサノヲの力を受けたムラクモレックスが剣でティーズ・ドラゴンを斬ると、口からの火炎弾で効果も含めてライフを二つ破壊した。

 

 

妹紅「…ま…これで終わりかな」

 

 

リン「…牡羊座のターン…殻法師シロカブトをレベル2で召喚…夜空を駆ける魅惑の牡羊!牡羊星鎧アリエスブレイヴを召喚…!そしてシロカブトに合体…!」

 

 

蓮子「…来た…十二星鎧…!」

 

 

リンのフィールドに白い羽のような飾りをつけた殻人の法師が現れると、星空を駆け抜けて来た緑の羊が鎧へと変わり、シロカブトに装着される。最後に錫杖を一振りして緑のオーラを放出した。

 

 

リン「…アタックステップ…合体アタック!シロカブトの合体アタック時効果…スピリットを二体疲労させることで回復…ムラクモレックスとディモルフォノスケを指定…」

 

 

シロカブトの錫杖から放たれた緑の衝撃波がムラクモレックスとディモルフォノスケに膝をつかせる。

 

 

妹紅「…仕方ないな…パラサノカンナギでブロック!」

 

 

パラサノカンナギは炎を放ってシロカブトを止めようとしたが、シロカブトは易々と振り払って錫杖でパラサノカンナギを叩き潰した。

 

 

妹紅「バースト発動!護国龍オオナムチハイドラ!最もコストの高い又は低いスピリットを破壊する!シロカブトを指定だ!」

 

 

妹紅のバーストが青く輝き、フィールドが海へと変わる。そして水を被りながら金の翼に銀色の鎧を纏ったドラゴンがシロカブトを吹き飛ばしながら現れた!

 

蓮子「やった!」

 

 

リン「…ターンエンド…」

 

 

妹紅「ここらで終わりにするぜ!メインステップ!スピリット達をレベルアップ!!アタックステップ!ムラクモレックス!もう一発噛ましてこい!天界放!!発揮!」

 

 

スサノヲ《今回もライフ貫通&回復がついてくるぞ!》

 

 

リン「…バースト発動…!風の覇王ドルクス・ウシワカ…!ムラクモレックスとオオナムチハイドラを疲労…!そして召喚…!」

 

リンのバーストから飛び出したドルクス・ウシワカのバースト効果が回復したムラクモレックスとオオナムチハイドラを疲労させてしまった。

 

 

蓮子「…あ…まずい!」

 

 

永琳「大丈夫よ。さっき妹紅が手札に加えたカードを忘れた?」

 

 

妹紅「…このターンで決めるつったよな?フラッシュタイミング!オオナムチハイドラに煌臨!海将軍イサビリノツカサ!煌臨時効果でコスト8以下のスピリット二体を破壊する!ドルクス・ウシワカとルリ・オーサを指定!」

 

 

オオナムチハイドラが青く輝き、銛を持った二つ首のドラゴンに変わる。そして銛のフィールドに突き刺すと、大波が発生してドルクス・ウシワカとルリ・オーサを飲み込んだ。

 

 

妹紅「イサビリノツカサレベル3効果!地竜/海首スピリットに青シンボルを追加する!さぁ!まだムラクモレックスの攻撃は続いてるぜ?」

 

 

リン「…ホムライタチでブロック…」

 

 

イサビリノツカサの青い炎を吸収してWシンボルとなったムラクモレックスを残りライフ2のリンはブロックするしかなかった。

 

 

 

妹紅「ムラクモレックスの効果でもう一発ライフをぶっ壊す!とどめだ!ディモルフォノスケでアタック!!」

 

 

ムラクモレックスの火炎弾とディモルフォノスケの突進がリンのライフを粉々に粉砕した!

 

 

 

 

 

 

スサノヲ《こいつの解術は成功したぜ》

 

 

妹紅「よし!あたしはこいつを医務室に連れてくから後は御ゆっくり~♪」

 

 

気絶しているリンを背負いながらスサノヲを体に戻した妹紅はさっさと中庭を去っていった。

 

 

蓮子「…あれが……素戔男尊かぁ…昔の私が見たら興奮して失神しちゃうかも……」

 

 

永琳「…私…天照大御神や月読命、ギリシャ神話のアテナとかとも交流があるわよ?」

 

 

蓮子「…え…ウソ……マジですか…!?」

 

 

永琳「ふふふ…信じるか信じないかは…あなた次第です♪」

 

 

スサノヲを見て秘封倶楽部時代の血が騒ぎだした蓮子に、追い討ち[良い意味で]を仕掛けた永琳は蓮子の追及を某都市伝説ハンターの名台詞を言いながら、部屋へと帰ろうとすると…真面目な顔つきで蓮子に問いかけた。

 

 

 

永琳「…あと一つ聞かせて…あなたはなぜ戦うの?」

 

 

蓮子「…え…えっと…その…」

 

 

突然藪から棒な質問をされて蓮子はしどろもどろになる。そして少しの深呼吸のあと、蓮子は宣言した。

 

 

 

 

 

 

 

蓮子「…王様になるためです!」

 

 

永琳「へぇ…王様に…………へ?王様…?」

 

 

蓮子「はい!私の父は別世界で王様をやっていたそうなんです!いつもは家に帰って来なかったので、母がよく話してくれました。だから私、そういうオカルトめいた話に惹かれていたんだと思います…ですが母は父のことを「最高最善の魔王」と称賛してました!私もそんな王様になりたいんです!!」

 

 

蓮子は続けざまにそんな話をマシンガンの如くぶっぱなしてくる。さすがの永琳も顔をひきつらせることになった。

 

 

蓮子「…あ、すみません…これ言うとみんな変な顔するから…あまり言えなかったんですけど……その父の数少ない私との思い出にこんな言葉があるんです…「目の前の人を救えない王は王に値しない」…だから私は戦います!王が民を見捨てるのは王失格ですから!!」

 

 

熱弁する蓮子を見て永琳は彼女への見方を改めた。さっきまでは「なんか中途半端な感じの娘」だったが、少し変わってはいるが芯の通った信念を聞いて「変わり者の戦士」…つまり幻想郷の面子と同じ格まで評価を底上げした。

 

 

永琳「…そ、そう……その覚悟を…バトルでも見せれるといいわね……」

 

 

 

その言葉が終わらないうちに永琳は自室への歩みを始めていた……

 

 

 

 

 

 

自室へ戻る途中、突然永琳の脳内に語りかけてきた声があった。

 

 

カプリコーン《先程の蓮子さんとのバトル…自分が創界神であることを認めたのですね?》

 

 

永琳「……あの尻軽親父と同じになるのは癪だけど……弾と同じって思えば…悪くないな~…って思っただけよ…て言うか…あなたあいつと知り合い?」

 

 

カプリコーン《……まぁ…昔お世話に…何せ私は『冥主』ですから……》

 

 

永琳「そうだった…あいつの系統の一つだったわ……」

 

 

カプリコーンとそんな会話を繰り広げながらその夜は更けていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

???「…我がゴッドから聞いていたが……なかなか面白い娘……王を目指すとは……おっと…私の出番はまだ先でした…」




はい。ありがとうございました。

何で牡羊座だけこんな所でバトルになったかと言うと……頭数的にここで一人削らないと永琳陣のバトラーが足りなかったからです…

そして……あの…ジオスロスもありますが、蓮子をこんなキャラにしたのは訳があります……フフフ…

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。