東方星神録   作:あんこケース

143 / 163
創界神ゼウス=ロロの効果は思ったより二人の効果を踏襲してませんでしたね…さて…どうこの小説に絡ませるか……


マザーコアと蓮子の正体

蓮子「…行くわ…メインステップ!創界神ネクサス!光導創神アポローンを配置して神託を発揮!コアを三つ追加!バーストセットしてターンエンド!」

 

蓮子はいつも通りアポローンを呼び出して光導デッキの下準備をする。

 

弾「メインステップ!ヤン・オーガを召喚してバーストをセット!ターンエンド」

 

幽々子「…あ…」

 

霊夢「…分かっちゃった…」

 

対する弾はトンボの殻人を召喚する。それを見て幻想郷メンバーは弾のデッキ内容を悟った…全員苦い顔と共に……

 

蓮子「…緑…?…メインステップ!氷星獣レオザードをレベル2で召喚!アタックステップ!レオザードでアタック!!」

 

蓮子のフィールドにレオザードが現れるとそのまま弾めがけて走っていく。そして星読の効果でデッキが一枚オープンされる…

 

蓮子「…キャンサーシェルだったので手札に!そしてレオザードは回復する!」

 

弾「ライフで受ける!」

 

キャンサーシェルのカードが蓮子の手札に加わるとレオザードの前足が弾のライフを叩き割る。

 

蓮子「…ターンエンド」

 

 

フラン「…どっち勝つと思う?」

 

トト《検索しなくても100%弾だろうね》

 

イシス《…ま…彼女が使ってる天星十二宮はもともと弾のカード…カジキマグロと水泳対決するのと同じよ》

 

さとり「…何ですかその例え……」

 

 

弾「…さて…紫はイザーズの戦術を真似たのか…?メインステップ!ヤン・オーガをレベル3にアップ!続けてマジック!ライフチャージ!ヤン・オーガを破壊してボイドからコア三個をリザーブに置く!」

 

ヤン・オーガが緑に光りながら弾け飛ぶ。そしてライフチャージの効果で三個、ヤン・オーガ自身の破壊時効果でさらに三個コアがリザーブに補充された。

 

弾「さらにネクサス!闇の聖剣をレベル2で配置してソウルホース、骨孩児を召喚!召喚時効果で手札が三枚になるようにドロー!」

 

一気に増えたコアをふんだんに使用して弾は足に炎を灯した馬と骨の兵隊を呼び出す。さらに骨孩児の効果でゼロになった手札を三枚まで増加させた。

 

蓮子「…ヤンチャージに…闇の聖剣……オマケに骨孩児ですって…!?そのデッキ…まさかメリーの!?」

 

 

永琳「…ふぅん…昔からこのデッキを使っていたのね…」

 

文「…まさかそれを狙って…?でもどこでその情報を…?」

 

 

弾「…さぁね…ターンエンドだ」

 

蓮子「この…!メインステップ!樹星獣セフィロ・シープと甲冑双魚ピスケ・オステウスを召喚して召喚時効果!コアブーストして骨孩児を破壊するわ!」

 

蓮子のフィールドに光導デッキのコアブースト要員、セフィロ・シープと対のドラゴンのような魚達が現れる。そしてオステウスが両方の口から炎を吹き出して骨孩児を焼き尽くした。

 

弾「…光導デッキの弱点は召喚時効果バーストを踏みやすいことだ…バースト発動!双翼乱舞!メインの効果も含めて四枚ドローする!」

 

マナカ《…やっぱりわかってるね…》

 

蓮子「……アタックステップ!レオザード!もう一度アタックしなさい!星読を発揮!」

 

オステウスをトリガーにして弾のバーストが開いて手札が一気に四枚も増加する。だが蓮子は怯まずレオザードを攻撃させた。それにより星読で再びデッキがオープンされる……

 

蓮子「太陽神龍ライジング・アポロドラゴンXなので回収!さらにレオザードは回復よ!」

 

弾「ライフだ!」

 

レオザードが今度は口からビームを発射して弾のライフを砕き、残りライフ3とした。

 

蓮子「よし!ターンエンド!」

 

弾「……一つ聞こう。君は結局何がしたい?俺を倒したいのか?父のマザーコアを取り返して何がしたいんだ?例えオレに勝てたとしても君の世界を救うことはできないぞ!」

 

蓮子「………」

 

弾の言葉に蓮子は言い返せなかった。父のやったことは間違い…それなのに自分の記憶にある父の姿が正しいと思い込んで…しかも自分の世界の危機を救うことそっちのけで、駄々をこねている子供同然なことに何も反論できずにいた。

 

弾「…そして…勘違いを訂正させてもらう…君の父親が持っていたマザーコアと…オレが今持っているマザーコアは……別のものだ

 

蓮子「…え………?」

 

弾「そもそもマザーコアというものは巨大なエネルギーの塊というものというだけでは収まらない。この力は世界を思うがままにコントロールできる…いや…マザーコア自身が世界なんだよ」

 

トト《…弾、僕からも質問させてもらおう。マザーコアとはなんなんだい?》

 

研究者としてマザーコアが気になったトトがここにいる全員の疑問を代表して弾に尋ねた。

 

弾「…マザーコアは……創界神の遺体がエネルギー化したものだ

 

永琳「…!!なるほど…!弾!あなたが持っているマザーコアは……メジェドの!」

 

弾「ああ、以前この世界を滅ぼそうとした邪神の創界神の死体…それが変化したのがこのマザーコアだ。これはオレだけじゃない…幻想郷のみんなが命懸けで勝ち取ったもの…それを渡すわけにはいかない!!」

 

蓮子「…」

 

弾「メインステップ!イチバンスピアー、さまよう甲冑、ニジノコを召喚!さまよう甲冑の効果でドロー!さらにオワリノセカイを配置だ!」

 

大きな啖呵を切った弾は白い槍兵と紫の甲冑、七色のツチノコを呼び出すとフィールド全体が水晶に覆われた大きな天守閣を配置した。

 

蓮子「…ブンブン…!ダメよ…今はバトルに集中しないと…!!これでフィールドのシンボルは六色…!ここでくる!ゴッド・ゼクスが!」

 

弾「闇の聖剣をレベル2に…ターンエンド」

 

蓮子「…なに!?」

 

弾「ふふふ…何か期待していたか?ターンエンドだ」

 

首を振ってバトルに集中しようとした蓮子の出鼻を挫くように弾はターンエンドを宣言した。

 

蓮子「……ゴッド・ゼクスを出さなかった…!?…もしかして…まだ手札に来ていない…?…なら合体するなら今しかない!メインステップ!駆け上がれ!神より生まれし星の龍!太陽神龍ライジング・アポロドラゴンX!召喚!!」

 

弾のプレイングに一瞬動揺した蓮子だったが、すぐに頭を回転させて戦略を弾き出す。そして闇の聖剣がほぼ常時レベル2なので、蓮子はゴッド・ゼクスがいない今のうちにライジングを合体させたかった。

 

蓮子「…そして……仕方ない!極星剣機ポーラ・キャリバーをライジングに直接合体するように召喚!」

 

弾「闇の聖剣レベル2の効果!合体したスピリットは疲労する!」

 

少し躊躇しながらも蓮子はポーラ・キャリバーをライジングに合体させる。ライジングの背中にジェット機のブースターが、その手には剣が握られたが、闇の聖剣が放った紫のオーラで強制的に疲労させられてしまった。

 

蓮子「…ターンエンド」

 

幽々子「…ここで紫なら…!」

 

へカーティア《…なんかイヤーな予感……》

 

弾「メインステップ!闇の魔王!滅神星龍ダークヴルム・ノヴァ!レベル3で召喚!さらに戦国に降臨する魔王!天魔王ゴッド・ゼクス!

 

幽々子やへカーティアの予感通り弾はゴッド・ゼクスを隠し持っていた。さらに天から降りてきたゴッド・ゼクスの隣に紫の煙を吐きながら現れた巨大なドラゴン……滅神星龍ダークヴルム・ノヴァが蓮子のライジングを睨み付けて大きく咆哮した。

 

弾「残念だが…さっきの時点でゴッド・ゼクスは手札にあったんだ。読みが外れたな」

 

蓮子「…くぅ……しかもダークヴルム・ノヴァだなんて……!!」

 

弾「アタックステップ!滅神星龍ダークヴルム・ノヴァ!!効果で合体スピリットを指定アタック!!」

 

ダークヴルム・ノヴァが紫のオーラを放出しながらライジングめがけて飛び出す。ライジングもジェット噴射でダークヴルム・ノヴァを迎え撃つ。

 

弾「ダークヴルム・ノヴァレベル2の効果!合体スピリットとのバトル時、BPプラス10000!!」

 

蓮子「…フラッシュタイミング!マジック!キャンサーシェル!!アポローンのコア四個をボイドに戻してアタックステップを強制終了させる!」

 

ライジングの剣とダークヴルム・ノヴァの拳がぶつかり合う中、蓮子のフィールドに白い防御壁がそびえ立つ…だが弾は不適な笑みを崩さなかった……

 

弾「…良いぜ?こっちは一撃で決めるからな…フラッシュタイミング!手札から天魔王ゴッド・ゼクス終ノ型をフィールドのゴッド・ゼクスと入れ換える!そして六天連鎖:終ノ型を発動!!」

 

アンターク《…これで弾のスピリット全てが六つのシンボルを持つこととなる…!》

 

弾「さらにマジック!メテオストームを使用!!ダークヴルム・ノヴァが相手のスピリットを破壊した時、シンボル分のライフを砕く!」

 

ゴッド・ゼクスが終ノ型に切り替わり、背中の翼を展開してスピリット達にシンボルを増加させる。さらに二体が空中で何度もぶつかっていると、大空から数多の流星が流れ落ちてきた。

 

蓮子「…ならダークヴルム・ノヴァを破壊するまで!マジック!タウラスチャージ!合体スピリットをBPプラス10000!!さらに回復!これでライジングはBP24000!!23000のダークヴルム・ノヴァを上回った!!」

 

アレックス《…これでノヴァを破壊できればポーラ・キャリバーのブロック時効果でオワリノセカイをバウンス出来て、六天連鎖を崩せるけど……》

 

徐々にダークヴルム・ノヴァに押されて勢いを失ってきたライジングに蓮子の手札から放たれた雷が膨大なエネルギーをライジングに与えた…が…

 

弾「無駄だ!土の熾天使ラムディエルをマジックとして使用!合体スピリットをBPマイナス10000!!その後そのまま召喚!」

 

弾の手札から黄色い光線が放たれ、タウラスチャージのBPプラスを打ち消してしまう。そしてフィールドに金の盾を浮かべた童顔の天使が現れた。

 

蓮子「まだ!まだ終わらない!マジック!フェーズチェンジ!!これでライフは残る!!」

 

蓮子がさらに手札を切って自分の前に白い魔方陣を出現させ…ようとしたが…

 

弾「…加速癸鳥エアイレイザー…!アクセル発動…!!」

 

ケイ《…えげつないな……》

 

白い魔方陣が現れた瞬間、弾のアクセルが蓮子のフェーズチェンジを粉々に粉砕した……その瞬間、壊れた魔方陣を見て蓮子の目から色が消え失せる……

 

弾「……まだなにか有るか?」

 

蓮子「……………」

 

そんなやり取りをしている最中、天空では二体のぶつかり合いが最終面まで来ていた。ライジングが剣を構えて突っ込んだが、ダークヴルム・ノヴァはヒラリと上にかわす。

 

そしてライジングの上から黒い暗黒光線を放ってライジングを地面に叩き落とすと、落下しながら渾身の右ストレートをライジングにおみまいした!!

 

弾「ダークヴルム・ノヴァの効果でポーラ・キャリバーごと破壊!!そしてメテオストームによりライフを六個リザーブに!!」

 

蓮子「……え…?」

 

ライジングがポーラ・キャリバーごと爆散し、ダークヴルム・ノヴァがその顎から暗黒のビームを発射しようとしたその時、蓮子は胸元になにかエネルギーが集まっていくのを感じ取った。

 

蓮子「…これは……」

 

弾「……まったく…自分の娘の面倒ぐらい自分でみろよ…!打て!ダークヴルム・ノヴァ!!」

 

不思議な力に躊躇している蓮子に弾は問答無用、容赦なしの攻撃を命じる。その命を受けてダークヴルム・ノヴァは六個のシンボルを吸収した特大の光線を蓮子めがけて放った!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

霊夢「ちょっと!!手加減無しのバトルは良いけど、最後の一撃ぐらい手加減しなさいよ!!」

 

へカーティア《お陰で蓮子ちゃん気絶しちゃったじゃない!!》

 

弾「す、すみません………」

 

さすがに六個のシンボルを一発にぶちこまれた衝撃はすさまじく、蓮子はショックで意識を失ってしまった。永琳と鈴仙が診ている一方、弾は主に霊夢とへカーティアにお説教を食らわされて星座…じゃない正座して反省している。

 

鈴仙「…あれ?…師匠、この人……おかしな波長をしてますよ」

 

永琳「…どういうこと?」

 

鈴仙「彼女に波長を飛ばすと二重で返ってくるんです。まるで創界神様を降ろした依姫様みたいに」

 

倒れていた蓮子を介抱していた鈴仙は蓮子の異質さに首をかしげる。彼女の『波長を操る程度の能力』は敵に幻覚を見せたり、自身を暗示して身体能力をあげることなどができる。その応用で鈴仙は永遠亭のMRIの役割を担っているのだ。

 

鈴仙「…むー…少し体のオーラを活性化させる波動を打ちますね……えい!」

 

蓮子「………カ!……」

 

文「あやや!?なにやら目が…」

 

鈴仙が活性剤のために放った波動を浴びた蓮子の目が怪しげに赤く輝いた…すると気絶していたはずの蓮子がばっと起き上がった。

 

天子「…ん?気がついた?」

 

蓮子《……………ハァ!》

 

ごぅぅぅぅぅん!!

 

サグメ《……!?衝撃波…!?》

 

セト《うぉっと!!?》

 

目を覚ました蓮子は何も喋らず無表情のまま腕から衝撃波を放った。不意を突かれて創界神達も全員後ずさらせると、蓮子は別世界へのゲートを開いてそこに飛び込んだ。

 

弾「…さとり!」

 

さとり「…………了解!」

 

ブラフマー《え、ちょっと…!》

 

グレン《…行くぞ…!》

 

弾はすぐさまさとりの名前を呼ぶ。人の考えていることがわかる彼女は即座に弾の思惑を理解して創界神と共にゲートに入っていった。

 

ホルス《…よし、文!俺たちも行くぞ!》

 

文「…何で私達も……って…まぁ最近出番なかったから良いけど」

 

クリシュナ《…オッホッホ!鈴仙ちゃん!ワテクシ達もよ!》

 

永琳「うどんげ…行ってらっしゃい♪」

 

鈴仙「ひぇぇ…ですが患者を診るのが私の仕事です!」

 

出番欲しさにホルスと文が、医者としての矜持のためにクリシュナと鈴仙がさとりの後に続いた。そしてゲートが閉じると弾はボソッと独り言を呟いていた……

 

 

弾「…さて……仲間が死ぬ気で手にいれたマザーコアだ…大事に扱ってくれよ……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

筆が進んだので連続投稿!そしてここからダブルドライブ編という最終章に入ります!どうぞお楽しみに!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。