東方星神録   作:あんこケース

149 / 161
…アマテラスの系統…うちのカグツチともろ被ったぁぁぁ!!


魔王

極点 神々の砲台

 

鈴仙「師匠~!ただいま戻りました……って…」

 

文「あややや!?これは…いったい…?」

 

さとり「…紫さんですね………」

 

駿太達に礼を言って弾達の元に戻ってきた三人が目撃したのは…一言でいえば戦場だった…そこら中には敗北したであろうバトラー達が転がり、宴会用に準備された飾り付けも無残に散らばっている。

 

弾「…三人共…お帰り…」

 

へカーティア《…さっそくだけど……あれ止めて》

 

鈴仙「いやいやいやいや無理ですよ!なら師匠が戦えばいいでしょう!?」

 

永琳「私たちは神々の砲台のエネルギーのコントロールをしないといけないから無理~♪」

 

鈴仙「ぁぁぁぁぁ!!!

 

神々の砲台近くでエネルギーを充填している係の弾、へカーティア、永琳に近寄った三人に吹っ掛けられたのは…かぐや姫の難題にも匹敵する超・超・超難題だった…

 

文「……|д゚)チラッ…」

 

霊夢「………チーン…」

 

魔理沙「……キゼツ……」

 

咲夜 早苗「「…ダンサマ…モウシワケアリマセン…」」

 

妖夢「…ミョン……」

 

幽香「……うぅ…」

 

妹紅「……まぁあたしは大丈夫……じゃなかった……グフッ」

 

天子「…………」

 

純狐「あぁ!うどんちゃん!助けに来てくれたのね!!」

 

鈴仙「げ……!」

 

創界神達も怯えて彼女達の中からでて来ない状態の中、まだ残っていた純狐の声が極点(戦場)に響き渡った……すると彼女達の真ん中に佇んでいた(もはや黒オーラで空中に浮いてるほど)彼女が鈴仙の方をギョロっと振り返る…

 

紫「アハハハハハ!!!ツギハウサギ!アナタネェ!!アナタモワタシとダンの愛の道をケガス敵!!ソウダ!ダントノ結婚式ノ具材二シテアゲル!!

 

依姫「レイセン!ちょうどいいところに!あなたも時間稼ぎを手伝いなさい!」

 

豊姫「期待してるわ!」

 

鈴仙「/(^o^)\…ち、ち、違うんですよ!紫さん!後ろに神々の砲台が見えるでしょう!?私達はそのために活動してたんですよ!この世界のために!」

 

月の都時代の元上司達にも背中を押され(見捨てられ)、鈴仙は最後の抵抗と説得を試みた。すると意外にも紫はその言葉をすべて冷静に聞いていた……

 

紫「…ツマリダンをマタ引キ金二スルノネ!!?サセナイ!モウ誰モ失イタクナイノ!!!サァ!ダンヲ助ケルタメニアナタニハ消ヱテモラウワ!

 

鈴仙「ひぇぇぇぇぇ!?逆効果だったぁぁぁ!!」

 

さとり「…哀れね…」

 

弾「…蓮子…できれば急いでくれ……」

 

…曲解してだが……業火にガソリンをぶちまけてしまった鈴仙は紫にターゲットされてバトルが始まる。それをすごく申し訳なさそうな顔で見ていた弾は蓮子の早期勝利を願った……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓮子「…こい…」

 

イオ「…我が覇道の前にひれ伏せ…!メインステップ!マジック、イビルドロー!デッキより二枚ドロー!ターンエンド」

 

バトルフィールドに魔王の如く立ち尽くしている蓮子にイオは少し怯みながらターンを開始する。まずはイビルドローで手札を増加させた。

 

蓮子「…メインステップ!ネクサス、彷徨う天空寺院を配置!バーストをセット…これでターンエンド」

 

威圧感を出しながら蓮子は赤ダブルシンボルネクサスの天空寺院を配置する。このネクサスを見るに以前の光導デッキとはかなり変化したデッキになっているようだ。

 

イオ「…赤か…メインステップ!小火竜ヒノコ、ドクロスリーパーを召喚!ヒノコの召喚時効果!デッキを四枚オープンしアルティメットカードを手札に加える」

 

イオはスピリットソウル持ちの小さな赤い竜とドクロスリーパーを召喚する。めくられたのは…バーゴイル、イビルフレイム、獄海の四魔卿イル・イマージョ、絶甲氷盾。

 

イオ「獄海の四魔卿イル・イマージョを手札に…ここは様子見と行こう…ターンエンド」

 

蓮子「…そんな判断じゃあ私達には勝てないわよ。メインステップ!最高最善の魔王!異界王を配置!!そして神託によりコアを一つ追加!」

 

異界王《ふん、アタックしなかったのはお前のミス。俺の配置時効果!BP7000以下のスピリット二体を破壊!そしてコア二個を追加で置く》

 

蓮子の後ろに創界神としての力を得た異界王が現れる。そして右手の手のひらから放った衝撃波がイオのヒノコとドクロスリーパーを吹き飛ばした。

 

蓮子「さらに大神剣アラマンディーを異界王に合体させるように召喚!ターンエンド」

 

イオ「ぐ……メインステップ!ビートルゴン、そしてバーゴイルを召喚!召喚時効果でコアを追加!さらに邪神域を配置!」

 

フィールドのシンボルの数でかなりのアドバンテージを握られたイオは、なんとかシンボルを確保しようとビートルゴンとバーゴイルを召喚する。ビートルゴンの効果で赤と緑のシンボルが増えているため邪神域まで張ることができた。

 

イオ「アタックステップ!行け!バーゴイル!!」

 

蓮子「ライフ…持っていきなさい!そしてバースト発動!アレックスの効果でコアブーストしたあと、アタックステップを強制終了!」

 

異界王《そして俺にコアを一つ追加だ…ふふふ…満ちていくぞ…!》

 

バーゴイルの鋭い爪が蓮子のライフを切り裂くが、蓮子は眉一つ動かさずにバーストを発動させる。そしてライフが減少したので異界王にもコアが追加された。

 

イオ「…ターンエンド…」

 

蓮子「…うふふ…メインステップ!道化神ポルック&カスターを召喚!手札をすべて破棄して相手の手札の数…つまり四枚をドローする…」

 

蓮子は双子の道化を呼び出して手札のヒルスビートルとゲンマコガネを交換に手札を補充した。そして……蓮子は天空寺院を疲労させる…つまり…

 

蓮子「…これでこのカードのコストをマイナス2する…!ひれ伏せ!神の下す鉄槌に!断罪の滅龍ジャッジメント・ドラゴニス!!きませい!!」

 

蓮子の手札が巨大な魔方陣に変わるとフィールドにも大きな魔方陣が張り付いた宝玉が現れる。それを中から壊してフィールドをはみ出そうかと言わんばかりの超ドラゴンがフィールドに出現した。

 

蓮子「…ターンエンド」

 

異界王《…良い選択だ。まだ場が整っていないからな》

 

イオ「…まずい…メインステップ!出でよ!地上を押し流す大津波!その大波で世界を飲み込め!アルティメット召喚!獄海の四魔卿イル・イマージョ!!レベル4!」

 

イオは先ほど手札に入れたイル・イマージョを召喚する。だがイル・イマージョはどちらかといえばサポート寄りのカードなので、まだ状況が整わない今はアタックできなかった。

 

イオ「…ターンエンド」

 

蓮子「…はぁ…つまんないわね…メインステップ!ポルック&カスターをレベル2に上げて…もっかい天空寺院を疲労!緑の命伝える白き騎士!終焉の騎神ラグナ・ロック!!」

 

異界王《召喚時効果!ポルック&カスターのレベル2効果も含め合計12コアをラグナ・ロックに!》

 

白と緑のシンボルがぶつかり合いそこから巨大な蝶の騎士がフィールドに舞い降りる。そしてポルック&カスターがラグナ・ロックの周りをぐるぐる回ってラグナ・ロックのコアブーストを倍に引き上げた。

 

蓮子「そしてそのコアで獄獣ガシャベルスをレベル3で召喚しジャッジメント・ドラゴニスをレベル3に上げてアラマンディーを合体させる!」

 

大量のコアを使って蓮子は三首の骨獣を呼び出し、異界王が持っていたアラマンディーをジャッジメント・ドラゴニスが咥えて大きく光り輝いた。

 

蓮子「アタックステップ!ジャッジメント・ドラゴニスでアタック!!アラマンディーの効果でビートルゴンを破壊してドロー!」

 

イオ「フラッシュ!インファナルウィンド!アルティメット二体にコアを置いて相手のスピリット二体を疲労させる!バーゴイル!守れ!」

 

ジャッジメント・ドラゴニスがビートルゴンを踏み潰したお返しにイオのマジックがラグナ・ロックとポルック&カスターを疲労させる。だがジャッジメント・ドラゴニスはアラマンディーでバーゴイルをスパッと斬り……レベル3効果が発動した…

 

蓮子「残念…ターンエンド……だけどジャッジメント・ドラゴニスレベル3効果!もう一度私のターンが巡ってくる!そしてBP8000以上のスピリットがいるのでドローをプラスする!メインステップ!駿太君のカード…!究極の砲撃放つ神皇!究極神皇アルティメット・エグゼ・ティーガをレベル4で召喚!!」

 

ジャッジメント・ドラゴニスの効果でエクストラターンをゲットした蓮子はガシャベルスの効果でもう一枚ドローしたあと、フィールドに金色の寅を呼び出した。その身体にはエグゼシードの鎧がくっついている。

 

蓮子「アタックステップ!効果でイル・イマージョにアタックよ!Uエグゼ・ティーガ!WUトリガー!ロックオン!!」

 

イオ「ぐぅ…!カゲロウ・シーカーと邪神域…コスト3と4」

 

蓮子「ダブルヒット!デッキから二枚ドローしてライフ二点貫通!食らいなさい!!」

 

アタックしているUエグゼ・ティーガがUトリガーでイオのカードを撃ち抜くとそのままライフも二つ撃ち抜いていった。そしてフィールドに残っているイル・イマージョにUエグゼ・ティーガは飛びかかる。

 

イオ「だがアタックはここまでだ!イル・イマージョのUハンド発動!エクスティンクションウォール!!減らされたライフの数だけライフを回復しフラッシュ効果を使用する!!」

 

Uエグゼ・ティーガがイル・イマージョにゼロ距離砲撃を浴びせて破壊する。しかしUハンドによって発動したエクスティンクションウォールが蓮子の追撃を妨害してしまった。

 

蓮子「あらら、ターンエンド」

 

イオ「…ドローステップ……!…フン…メインステップ!邪神域をレベル2に上げて疲労!これで手札のアルティメットの召喚条件を無視する……出でよ…最悪の化身…!邪神皇デスピアズ!!

 

先ほどまでの苦しそうな表情だったイオは邪悪な笑みと共に一枚のカードを掲げる。するとフィールドに邪悪な煙が立ち込め、そこから超巨大なアルティメットが沸き上がってきた。その姿はまるで形容し難い…混沌としたオーラを放っている……!!

 

蓮子「…これが邪神皇…!」

 

異界王《…フム…案外強めのようだな》

 

イオ「デスピアスの召喚時効果!アレックスを残して他のスピリット/アルティメットをすべて破壊!!」

 

デスピアスの目から紫のビームが蓮子のフィールドを凪ぎ払うように襲う。その衝撃にアレックスを除いた蓮子のスピリット/アルティメット達が全員吹き飛んだ。

 

蓮子「…くぅ…!アラマンディーはスピリット状態で残すわ!」

 

イオ「さらに龍魔皇イビルフリードを召喚!Uトリガー!ロックオン!!」

 

蓮子「コスト4…遺跡草原…」

 

イオ「ヒット!トラッシュからコアをイビルフリードへ!デスピアスをレベル5にしてアタックステップ!イビルフリードでアタック!!アレックスを破壊して一枚ドローする!」

 

デスピアスの前に黒いUジークフリードが飛び出してきた。そして戻ってきたコアを使ってレベルアップしたイビルフリードがアレックスを燃やして破壊する。

 

蓮子「…ライフで受ける!」

 

イビルフリードの頭突きが蓮子のライフを破壊する。だがそのライフのエネルギーがさらに異界王の力になっていく。

 

イオ「ターンエンド!」

 

異界王《蓮子、ここからだぞ》

 

蓮子「……うん!」

 

 

 




…はい…ありがとうございました…

…長くなったので一旦切ります……すみません…ショックがでかすぎて…もーどーしよ…

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。