東方星神録   作:あんこケース

150 / 161
…これで特別編終了!!そして蓮子の新しいオリカ!


相棒

イオとのバトルを進めている蓮子。現在圧倒的不利にもかかわらずその表情には笑顔が見えた。

 

蓮子「…楽しくなってきたわ!メインステップ!アラマンディーを再度異界王に合体!そして三叉神海獣トリアイナ、水の熾天使ミレディエルを召喚!!どちらもレベル2に!」

 

蓮子は怯まずに三首の海獣と剣を構えた黄色の大天使が現れる。ラグナ・ロックやポルック&カスターの効果でコアは十分足りていたようだ。

 

蓮子「アタックステップ!ミレディエルでアタック!効果でボイドからコアを三つライフに!」

 

イオ「青に…黄色だと…!?ライフだ!」

 

剣を一振りしてライフを回復させたミレディエルは翼から光弾を放ってライフを砕く。

 

蓮子「続きなさい!トリアイナ!アタック時にデッキを十枚破棄!!」

 

異界王《…デッキ破壊か。追加のコアブーストは期待できんが…精神的な揺さぶりには効果的だろう》

 

イオ「…これもライフ!」

 

トリアイナが青い雷でデッキを破壊しながらライフも貫いていった。だがアルティメット主体のデッキなためコアブーストはできなかった。

 

蓮子「ターンエンドよ」

 

異界王《蓮子、これでやつのライフは3。四魔卿が来るぞ…!》

 

蓮子「もーお父さんたら!わかってるって!」

 

イオ「…はぁ…はぁ…メインステップ!イビルドローにより二枚ドロー!そして…出でよ!地獄よりきたる紫の死神!敵を切り刻め!アルティメット召喚!獄土の四魔卿マグナマイザー!!」

 

かなりキツそうなイオはイビルドローで手札を増加させたあと、地面を割ってマグナマイザーを呼び出した。

 

イオ「アタックステップ!マグナマイザー!征服せよ!TUトリガー!ロックオン!!」

 

蓮子「…ゲイル・フォッカーと天空寺院とラグナ・ロック!コスト4と5と9!」

 

イオ「ダブルヒット!トリアイナのコアすべてとライフ一つをトラッシュへ!!」

 

マグナマイザーの斬擊がトリアイナを一刀両断して消滅させると蓮子のライフも一つ切り裂かれた。さらにイオはトラッシュに置かれたソウルコアに視線を移して手札を切る…!!

 

イオ「フラッシュ…!………煌臨せよ…!邪神皇の真の姿よ!今ここに!邪神皇デスピアス・ゾーク!!煌臨時効果でミレディエルのコアをボイドへ送る!!」

 

蓮子「…ソウルコアを砕いて煌臨するのね…」

 

デスピアスの身体が白い繭のような球に包まれる。そしてその繭を切り裂いて現れたのは…六色の宝玉が埋め込まれた翼に細い腕を広げた超巨大人形アルティメットだった。

 

現れたデスピアス・ゾークは煌臨時効果でミレディエルのコアをすべて吹き飛ばして消滅させる。これで蓮子のフィールドはまた更地になってしまうが……

 

蓮子「…ふーん…マグナマイザーはライフで受ける!」

 

蓮子は軽い表情でデスピアス・ゾークを見上げるとマグナマイザーのアタックをライフで受けた。

 

蓮子「…んで…続けてアタックする?私のライフはまだ四つもあるけど?」

 

イオ「…ターンエンド…!」

 

異界王《…!きたな…!!》

 

イオがターンエンドしたあと蓮子がドローしたカード…それは父の力を受けた気力カード……!!蓮子はそのカードを手に取り…深く深呼吸した。

 

蓮子「……まずはスプレッド・トータスを二体召喚…!」

 

異界王《…いくぞ!蓮子!》

 

蓮子「…ええ!」

 

先に機械のリクガメ達を召喚して準備を整えた蓮子は異界王…父の声に呼応する…!そしてとうとう父の力を継承したカードを召喚した…!!

 

蓮子「最高!最善!最大!最強の王!祝え!魔龍の誕生を!!召喚!幻羅王龍ガイ・アスラ・オーマ!!

 

力強い蓮子の声がフィールドに響き渡り、地面にマグマが流れ込んでくる。そのマグマが蓮子の前で大きな池を作る。そしてそこから這い出してきたドラゴン……見た目は幻羅星龍だが、身体の色は銀、背中の翼や上半身の人の部分も黄金色になっている。

 

蓮子「…え?」

 

すると蓮子の身体にも変化が現れる。その姿は以前の異界王が激突王…弾との最終決戦でガイ・アスラレベル4を見せた時に変化した龍のようなバトルフォームに変わっていた…だが黒かったその大部分はガイ・アスラ・オーマと同じ銀色に染まっている。

 

異界王《…マザーコアの力を…お前が完全に支配したからだ》

 

蓮子「…へ…?…これ…弾様の…!!」

 

異界王の言葉でようやく蓮子は自分の胸に浮かんでいるマザーコアに気がついた。そこから溢れだしてくるエネルギーは非常に心地よく、清らかだった。

 

異界王《あいつがお前を認めて託したのだろう。蓮子!その力はお前のものだ!存分に奮え!》

 

蓮子「…うん!さらに滅龍の魔力込めし魔剣!断罪ノ滅刃ジャッジメント・ドラゴン・ソード!ガイ・アスラ・オーマに直接合体!!」

 

ガイ・アスラ・オーマの頭上に現れた巨剣…それは持ち手や刃にジャッジメント・ドラゴニスを思わせる装飾がついていた。ガイ・アスラ・オーマは下半身のドラゴンの大口でジャッジメント・ドラゴン・ソードに噛みつく……!!

 

合体した光が収まるとガイ・アスラ・オーマの下半身の足がドラゴンのような太く、爪が生えた足へと変わり、背中の翼も四本に増えガイ・アスラ・オーマの巨体を空へ舞い上がらせるほどにサイズアップする。

 

異界王《おお…!美しい…!これが真の主を得たマザーコアの力なのか……!!》

 

バトルフィールド上空に飛翔したガイ・アスラ・オーマは最後に上半身の人の部分の腰にいくつもの武器を出現させる。そしてデスピアス・ゾークを視線に入れて三対の腕に握られた武器を向けた。

 

蓮子「さらにフラッシュで異界王の神技を使用!アタックステップ!ガイ・アスラ・オーマ!!進撃しなさい!!」

 

異界王《これによりガイ・アスラ・オーマは相手のスピリット/アルティメット/ネクサスの効果を遮断する!》

 

異界王の手から放たれた波動がガイ・アスラ・オーマに強固な装甲を付与する。

 

イオ「ぐぅぅぅ…!イビルフリード!守れ!!」

 

蓮子「フラッシュタイミング!【超界放】!!自分のフィールド、または赤の創界神ネクサスからコアを好きなだけガイ・アスラ・オーマに!これでコアが置かれたので回復する!!」

 

ガイ・アスラ・オーマがスプレッド・トータスのコアを一つ吸収して回復する。そして一番上の右手に持っていた三叉槍を投げつけてイビルフリードを貫いた。

 

蓮子「再びガイ・アスラ・オーマでアタック!!」

 

イオ「…デスピアス・ゾーク…!」

 

異界王《フラッシュタイミング!超界放発動!!俺のコアとフィールドのコア四個ずつを移動させて回復!!そしてレベル4へ!!》

 

ガイ・アスラ・オーマが身体の小さな足のわしゃわしゃしながらデスピアス・ゾークめがけて突っ込む。そしてデスピアス・ゾークの宝玉ビームとガイ・アスラ・オーマの虹色のビームがぶつかり合う。

 

蓮子「今のガイ・アスラ・オーマのBPは50000!!デスピアス・ゾークごときに負けはしない!!」

 

エネルギーを一気に吸収したガイ・アスラ・オーマはカッと目を光らせるとビームの火力をさらに上げる。そしてデスピアス・ゾークの光線を弾き返し、一番上の左手の剣を両腕で構えて気力を送る。

 

すると剣先に光の刃が出現しガイ・アスラ・オーマはフルパワーで横凪ぎ真一文字にデスピアス・ゾークを切り裂く。一瞬の間のあとデスピアス・ゾークはようやく斬られたことに気づいて悲鳴をあげながら爆散した!!

 

イオ「…な、なんだと…邪神皇が…」

 

異界王《井の中の蛙よ!この広い世界の大海を知るがいい!やれ!ガイ・アスラ・オーマ!超界放!》

 

イオ「ら…ライフ…!」

 

さらにコアを食らって回復したガイ・アスラ・オーマが腰のジークフリード・キャノンのような砲台を取り出してイオのライフを二点奪い取る。

 

蓮子「決めなさい!ガイ・アスラ・オーマ!!」

 

イオ「…がぁぁぁぁぁ!!」

 

崩れ落ちていくデスピアス・ゾークを突っ切り、イオのライフめがけてガイ・アスラ・オーマは身体全体に炎を纏わせて突っ込んだ!!

 

イオ「…が…じゃ…邪神皇の…支配する…世界…が…」

 

ガイ・アスラ・オーマの一撃を浴びたイオはそんな捨て台詞を吐きながら灰になって消滅した……!

 

 

 

 

 

 

 

一方…神々の砲台では……

 

 

鈴仙「…チーン…」

 

文「……(返事がない。ただの屍のようだ)…」

 

さとり「…つ…強い……です…ね」

 

豊姫「……ま…まずいわ…」

 

純狐「…あと少しなのだけど……」

 

…案の定鈴仙は簡単に蹴散らされ、純狐や豊姫まで倒されてしまっていた。そして現在依姫がバトルをしているが……

 

依姫「ぐぇ…!」

 

アテナ《がはっ…!》

 

紫「アハハハハハ!!コレデ邪魔者ハイナクナッタ!!ダン!今行クワ!!

 

へカーティア《…ほら弾。あなたの嫁でしょ…どうにかしなさい》

 

永琳「わ・た・し・が・嫁よ!!」

 

とうとう最後の砦である依姫&アテナまでもが敗れ、もはや宴会場は某世界の破壊者の第一話のようなあちこちに屍(死んでないが)が転がる戦場になってしまった…そして倒れたバトラー達の中を掻き分けて歩いてくる紫……

 

弾「…え…あ……まゐ…少し落ち着け…俺は大丈夫」

 

紫「大丈夫ジャナイ!アノ時モソウイッテ死ニカケタジャナイ!!ドウシテヨ…ドウシテ弾モ蓮子モ私の前カライナクナッチャウノヨ!!

 

なんとか落ち着かせようと弾は説得するが、紫はむしろヒステリックに叫ぶばかり…へカーティアや永琳もどう言葉をかけようか思案していると紫は一気に弾との距離を詰めた。

 

紫「ネェ弾…永琳トノ結婚式ナンテ嘘デショ…?ドウシテ隠スノ…モウ大切ナ人ヲ失ウノハイヤ…イカナイデ……

 

弾「……ダキッ」

 

紫「…グスッ…」

 

紫は弾の肩を掴んで訴える。その姿はいつもより小さく…自分に内緒で弾が戦っていることが…それよりも本当に弾を失うことが怖いのであろう。そんな姿に弾はただ紫の身体を抱き寄せて頭を撫でる……

 

へカーティア《…ぐぐぐ…!永琳…!押さえなさい…!!!》

 

永琳「…ぎぎぎ…!だって……弾!エネルギーが貯まったわ!撃つわよ!!」

 

こんな状況でもパルパル(嫉妬)している永琳をへカーティアが(物理的に)宥めていたが、神々の砲台に十分なエネルギーが充填されたことを認識すると、永琳は我に戻りエネルギーコントロールに意識を向けた。

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…!!ドッカァァァン!!

 

霊夢「きゃぁぁぁ!?」

 

魔理沙「のぁぁぁ!?」

 

依姫「…ぐぅぅぅぅ!」

 

弾「…ぐ…永琳!余波は!?」

 

永琳「問題ないわ!許容範囲内……ハイライトオフ」

 

へカーティア《あんた達いい加減にしなさい!》

 

神々の砲台から放たれたビームが極点の地面に命中した。その衝撃で気絶していた霊夢達も目覚めると共に吹き飛ばされる。紫を抱き締めながら弾は永琳に一番心配だった余波について尋ねるが、それは問題ないようだ……永琳の嫉妬の炎が再燃したことを除いては…

 

紫「…ウフフ……あら…収まっちゃった…」

 

弾「…おおっと……みんな無事か!?」

 

妹紅「…な…なんとか…」

 

映姫「…終わったようですね…」

 

椛「…ヘルメス…いい加減出てきなさい(暗黒微笑)」

 

ヘルメス《…はい…すいませんでした…》

 

カグツチ《…うわぁ…あ!妖夢ちゃん!大丈夫!?》

 

…こんな時にも弾とのイチャコラ時間を楽しんでいた紫を無視して弾は転がっている幻想郷メンバーに声をかける。ほとんどはものすごい爆音で目を覚まし創界神達も一同の体内から出てきた。

 

弾「ふぅ…これで一件落着だな」

 

紫「…私に詳細を教えてくれたらね!さぁ!答えなさい!みんな揃って何をしてたのよ!神々の砲台まで持ち出して!!」

 

弾「……永琳が答えるよ…」

 

永琳「え…!?…依姫…!」

 

依姫「ちょ…!お姉さまパス!」

 

豊姫「…ツクヨミ様なら把握してるわ~…」

 

ツクヨミ《へ…?…ええと…ヘラに聞け…》

 

ヘラ《うち!?……博識ならアテナやで~…》

 

アテナ《…そろそろ止めましょう。という事でマナカ、説明を》

 

マナカ《…ええ……》

 

紫「…そーですか!!答える気はないのね!!ふーんだ!どーせ私は独りぼっちのスキマ妖怪ですよ!」

 

弾から始まったコロコロたらい回しは誤魔化すどころか紫の機嫌を損ねてしまうことになった。ここに蓮子がいない今訳を話してしまうとサプライズの意味がなくなるので仕方なかったが、紫がプイッとヘソを曲げてしまうのも居心地が悪かった…全員が言葉に困っていると……!

 

???「きゃぁぁぁぁぁぁ!!」

 

紫「え?きゃぁぁぁ!?」

 

神々の砲台上空に展開されていたバトルフィールドが消滅するとバトルしていた誰か(100%彼女だが)が降ってくる。運が良いのか悪いのか彼女が落ちたのはちょうど紫の真上だったので、紫に覆い被さるように倒れこんでしまった。

 

紫「…痛たた…ちょっと気をつけ……!!」

 

蓮子「つっう~…あ…ごめんなさ…!!」

 

文句を言おうと顔を上げた紫の瞳とすぐさま謝ろうとした蓮子の瞳がぶつかり合う……お互い一瞬認識するのが遅れる…それぐらい長く…しかし忘れることのない相棒の顔がそこにあった。

 

紫「…れ…蓮子…?」

 

蓮子「…もう…!仮にも秘封倶楽部会長の私を忘れたの?…メリー!

 

弾「…まぁ…そういうことだよ…」

 

気まずい様子で目をそらしながら答える弾の言葉はどれ程紫の耳に届いていただろう…もう呼ばれると思っていなかった名前…

 

紫「…バカ…蓮子のバカァァ!!」

 

蓮子「っっ!耳元で大声出すな……グスッ…」

 

異界王「おいおい、グラン・ロロでの勝ち気なお前とはまるで別人だな」

 

咲夜「な…!?異界王!!」

 

レミリア「全員下がれ!」

 

早苗「ウソ…あの時エベレストで死んだはずじゃ…!」

 

溢れ出す涙を止められない紫に蓮子は口では文句を言うが、内心嬉しくてたまらないのだろう。その証拠に声が上ずり…若干涙目になっている……

 

すると蓮子を追うように空中から異界王も降りてきた。外の世界で異界王を知っている咲夜や早苗は鋭い目付きで身構える。だが異界王はそれを意に介さず歩いて弾と向き合う。

 

異界王「…面倒はみたぞ」

 

弾「…ふ…あんたにも……そんな一面があったんだな」

 

異界王「やかましい…それはそうと…そいつらはお前の仲間か?」

 

弾「あぁ…頼れる、俺と一緒に世界を良くしていける仲間だ」

 

あの時…グラン・ロロやエベレストではできなかった会話、互いに世界を良くしていこうと奮闘する二人の男がついに互いを認めあった瞬間だった。予想と解離している弾の様子に臨戦態勢の咲夜や早苗も少し戸惑うほど。

 

 

蓮子「…良かった~…もし弾様とお父さんがケンカしちゃったらどうしようかと…」

 

紫「…へ…?…お父さん!!!?異界王が!!!?蓮子の!?」

 

蓮子「そう!だから大丈夫だよ!」

 

永琳「それに弾も問題ないと認識してるみたいだし…大丈夫なんじゃない?」

 

蓮子のホッとした様子とは正反対に驚愕の表情で目をぎょっとさせる紫。そして永琳の言葉によって一応咲夜や早苗達は臨戦態勢をといた。これですべて終わった……かに見えた…

 

蓮子「…あ、そうだ!メリー!永琳さんから弾様を寝取ったらしいじゃない!夫婦円満だったのに!」

 

ホルス《全員退避!!》

 

アリス「巻き込まれると死ぬわよ!」

 

…空気が氷る…もちろんそれはここが極点だからではない。幻想郷メンバーと創界神は背筋に流れるのが冷や汗だとわかることにも気づかないぐらいゾッとしていた…

 

紫「………ギロリ…」

 

永琳「そうなのよ~…私はこ~んなに愛してるのに…ダキッ」

 

紫「…この【自己規制】ババア!!」

 

永琳「ブチン…言ったわねこの【自己規制】ガキ!!」

 

蓮子の核弾頭クラスのぶっちゃけがもう見慣れた光景である紫と永琳のケンカを引き起こした…今回はもう威厳も何もかなぐり捨ててキャッツファイトでもみ合っていた。

 

弾「…はぁ…」

 

異界王「…なんだ…お前も大変だな…」

 

蓮子「ちょっとメリー!?永琳さんもストップ~!」

 

霊夢達が逃げ去りさらにヒートアップしていく痴話喧嘩(物理100%)を止めようとあたふたしている蓮子を眺めながら異界王は弾の苦労を労っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

ガイ・アスラ・オーマ!やっぱりガイ・アスラさんは315です!

幻羅王龍ガイ・アスラ・オーマ
スピリット
10(6)/赤/神星・星竜・化神
<1>Lv1 10000 <3>Lv2 15000 <6>Lv3 23000 <10>Lv4 40000
Lv1・Lv2・Lv3・Lv4
お互い、このスピリットのコアを取り除けない。
Lv1・Lv2・Lv3・Lv4:フラッシュ【超界放】
自分のフィールドか自分の赤の創界神ネクサスのコアを、好きなだけこのスピリットに置ける。
この効果でコアを置いたとき、このスピリットは回復する。
Lv4『このスピリットのアタック時』
このバトルの間、破壊した相手のスピリット/アルティメットの効果は発揮されず、コアすべてはリザーブではなくボイドに置かれる。
シンボル:赤

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。