東方星神録   作:あんこケース

154 / 161
…何とか新創界神のキャラ付けができました…!お楽しみに…!


神の神

磨弓「…倒す…この手で…!」

 

純狐「…へぇ…あなたにできるの?」

 

磨弓「…ナメるな!メインステップ!ネクサス、サファイアの彫像を配置!ターンエンド!」

 

磨弓は初手に青いサファイアでできたヘビの彫像を配置する。だが速攻デッキの純狐にネクサスだけというのはいささか怖いものである。

 

純狐「…ん~…メインステップ。ゴッドシーカー 猫女神バステトを召喚!召喚時効果でデッキを三枚オープンしてラーと界渡/化神の黄スピリットを回収…」

 

対する純狐は少し首を傾げたあと、小さな黒猫を召喚してデッキをサーチする…アルティメット・カグヤ…創界神ラー…子フィンクス…

 

純狐「…この中のラーを手札に加えてそのまま配置!神託でコアを三つ乗せて配置するわ。さらに子フィンクスを召喚!」

 

ラー《…子フィンクスが来ているが…》

 

すぐさま回収したラーとお馴染み子フィンクスを呼び出した純狐だったが、手札の周りは良くないらしい。

 

純狐「…あまりやり過ぎるとデッキ破壊が致命的になるのよねぇ…うん、まだいいわ。ターンエンド」

 

磨弓「…メインステップ!クォーツ・ゴレム、ライオット・ゴレムを召喚!そしてバーストをセット!」

 

磨弓は小さなロボット兵と腕に籠手のようなものがついたロボット兵が現れる。

 

磨弓「…アタックステップ!ライオット・ゴレム、レベル2で攻撃!粉砕によりデッキから二枚破棄!!」

 

純狐「あらら、私が先手をとられるなんてね…ライフで受ける!」

 

ライオット・ゴレムが純狐のデッキとライフを破壊していく。子フィンクスでドローをしまくる想獣にはデッキ破壊は痛かった。

 

磨弓「ターンエンドだ」

 

純狐「さて…メインステップ。幻獣神姫エキドゥナを召喚!アタックステップ!まずはエキドゥナ!行け!」

 

純狐のオーラが本気(復讐)モードに切り替わるとフィールドに翼が生えた妖精のような幻獣が現れてそのままアタックする。

 

磨弓「ライフで受ける!」

 

純狐「ここでエキドゥナの神聖命を使う!ライフを一つ増やす!さらに子フィンクスよ!続け!手札から子フィンクスを召喚したドロー!」

 

エキドゥナが腕を振り下ろしてライフを破壊するとそのエネルギーで純狐のライフが一つ増える。さらに子フィンクスが攻撃してお得意の子フィンクス連鎖が始まった。

 

磨弓「ライフだ!」

 

エキドゥナに続いて子フィンクスが頭突きでライフを打ち砕く。

 

純狐「もう一体の子フィンクスでアタック!!新しい子フィンクスを召喚してドローする!」

 

磨弓「クォーツ・ゴレム!守れ!バトル時効果でデッキを一枚破棄!さらにマジック!ブレイクグラインド!コスト3以下のスピリットを三体まで破壊する!消えろ!子フィンクスども!!」

 

磨弓の手札から放たれた青い炎がバトルしている子フィンクス、そしてあと二体の子フィンクスに直撃して破壊される。さらにこの効果で破壊したスピリット一体につきデッキが二枚破棄されてしまった。

 

純狐「やるな。ターンエンド」

 

磨弓「…行くぞ…メインステップ!そびえる青き要塞!我が忠誠の化身!召喚!アルティメット・キャッスルゴレム!

 

磨弓がフィールドに拳を突き立てると割れた地面から青い城がそびえ立つ……そして変形して槍を持ち、頭部の目がギラリと光る。その大きさは天まで届くかと思わせるほど巨大だった。

 

磨弓「アタックステップ!Uキャッスルゴレム!Uトリガー!ロックオン!!」

 

純狐「…ふぅ…コスト2、子フィンクス」

 

磨弓「…ちぃ…!まぁヒットだ。相手のデッキを計六枚破棄する!さらにサファイアの彫像の効果で四枚貰う!」

 

Uキャッスルゴレムが張り手で純狐のデッキをさらに破壊する。ヒットしたのがコスト2だったので、今回は六枚にとどまった。

 

純狐「Uキャッスルゴレムはライフ!」

 

そしてメインアタックを仕掛けたUキャッスルゴレムのビームが純狐のライフを撃ち抜いた。

 

磨弓「ターンエンド」

 

純狐「…そろそろ反撃するか…メインステップ!月の石より生まれし想獣の王!神獣鳥アン・ズール!!さらに神獣魔神を合体!!」

 

純狐のフィールドに月から翼をつけた金色の獅子が降りてくる。そして後ろに現れたスフィンクスの魔神がアン・ズールに力を与えた。

 

純狐「アタックステップ!やれ!アン・ズール!アタック時効果で自分のデッキを一枚破棄!!それが想獣なら回復する!」

 

アン・ズールが黄色いオーラを放ちながら咆哮し純狐のデッキを一枚めくる。それは…子フィンクス…!

 

純狐「…よし!想獣なので回復するぞ!さらにラーの神域によりアン・ズールはブロックされない!!」

 

磨弓「なに!?…ライフで受ける!」

 

ラーの後光を受けたアン・ズールがゴレム達をかわして磨弓のライフを噛み砕く。

 

純狐「もう一度行け!アン・ズール!再度デッキをオープン!!」

 

ラー《…幻想獣神キリンクス!こいつも想獣だ!》

 

磨弓「…ぐぅ…ライフ…」

 

再び回復したアン・ズールの翼から無数の光弾が放たれてライフを破壊する。

 

純狐「終わりだ!アン・ズール!!」

 

三度舞い上がったアン・ズールが口から強烈な光線をぶっぱなした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袿姫「絶対…負けん!私が人間を守る!」

 

弾「…都合のいい…が頭につかないか?」

 

袿姫「…ほざけ!メインステップ!巨人航海士トービーを召喚!ターンエンド!」

 

弾の挑発に苛立ちながら袿姫は双刃刀を持った巨人を呼び出す。このスピリットは低コストの造兵が召喚されるとコアブーストできるのである。

 

弾「メインステップ!雷星獣ドラグ・タウラスを召喚!さらにバーストをセット!ターンエンド」

 

弾は赤い稲妻を纏った牡牛、ドラグ・タウラスを召喚してバーストを伏せる。だがアタックはせずにターンエンド。

 

袿姫「…メインステップ!クォーツ・ゴレムを召喚してトービーの効果を発揮!そしてネクサス!レアメタル採掘場を二つ配置する!」

 

袿姫のフィールドにクォーツ・ゴレム、さらに背後に青いサファイアが見える採掘場が配置された。

 

袿姫「…ターンエンド」

 

弾「…どうした?攻めないのか?」

 

袿姫「…貴様の次の手を読んだ…とでも言おうか」

 

弾「…ふーん…メインステップ!俺を配置して神託発揮!トラッシュにカードを三枚送り、光導カードをすべて手札に加える!」

 

袿姫の言葉を聞き流しながら弾は自らを配置して身体から神力を放出する。そして自身のデッキを三枚トラッシュに置く…樹星獣セフィロ・シープ…炎星竜サジタリアス・ドラゴン…獅機龍神ストライクヴルム・レオX…!

 

弾「すべて対象なのでコア三つをオレに置き三枚を手札に!続けてセフィロ・シープを召喚!さらに銀河星剣グランシャリオをオレに直接合体!!」

 

弾は勢いのままセフィロ・シープを呼び出し星空から降ってきたグランシャリオを右手に掴んだ。

 

弾「アタックステップ!ドラグ・タウラスでアタック!!星読の効果でデッキを一枚めくる!」

 

ドラグ・タウラスがオープンしたカードは…光星姫ヴァージニア…よって手札に加えられる。

 

弾「そしてBPプラス5000してクォーツ・ゴレムを破壊!!」

 

袿姫「…ライフで受ける!」

 

ドラグ・タウラスがクォーツ・ゴレムを角で吹き飛ばし袿姫のライフも破壊した。

 

弾「ターンエンド」

 

袿姫「…だがデッキをめくったのはこちらに有利!メインステップ!ランマー・ゴレムを召喚…!我が造形を見よ!そして戦くのだ!召喚!アルティメット・オリハルコン・ゴレム!!

 

袿姫は小さな一本足のゴレムを召喚し…懐の彫刻刀を地面に投げつける。すると地面が裂けて青い巨大なロボットが這い出してくる。その両手には大きいライフルが握られていた。

 

袿姫「アダマント・ゴレムを召喚してレアメタル採掘場の一つをレベル2にアップ!コストはランマー・ゴレムとトービーから確保。アタックステップ!行け!Uオリハルコン・ゴレム!!Uトリガー!ロックオン!!」

 

弾「…コスト6…地星兵リブライヴァ…!」

 

袿姫「クリティカルヒット!まずはデッキを六枚破棄!さらにライフを破壊する!そして粉砕の効果!アダマント・ゴレムの効果でUオリハルコン・ゴレムは最高レベル!よって五枚破棄!!」

 

Uオリハルコン・ゴレムが右手のライフルで弾のデッキを吹き飛ばすとそのままライフも一つ削る。さらに左手のライフルもぶっぱなしてデッキを破壊していく。

 

袿姫「まだ終わらないぞ!レアメタル採掘場レベル2効果!ライフが減少したので三枚破棄!アダマント・ゴレムの効果でトラッシュのクォーツ・ゴレムも回収できる!」

 

立て続けに効果を発揮して弾のデッキを削っていく袿姫。だが弾はニヤリといつもの不適な笑みを覗かせる…

 

弾「フラッシュタイミング!ドラグ・タウラスに煌臨!炎星竜サジタリアス・ドラゴン!煌臨コストはセフィロ・シープから使う!煌臨時効果によりトラッシュのコアをすべてサジタリアス・ドラゴンへ!」

 

セフィロ・シープに乗っていたソウルコアを使いドラグ・タウラスをサジタリアス・ドラゴンに変化させた弾。そしてさらに手札のカードを切る…!

 

弾「さらにマジック!シュタイン・ボルグ・ユニヴァースを使用!相手のスピリット/アルティメットからコアを一つずつリザーブに!不足コストはサジタリアス・ドラゴンから!」

 

袿姫「な!?」

 

サジタリアス・ドラゴンで戻ってきたコアを贅沢に使って弾はマジックを放つ。すると弾のグランシャリオが紫に輝いて向かってきたUオリハルコン・ゴレムとアダマント・ゴレムのコアをすべて奪い去った!

 

弾「確かに最高レベルにする効果は厄介だ。でも弱点として乗せているコアが少ない…だから紫のコア除去は致命的だろ?」

 

袿姫「……ターンエンド…なぜだ…なぜ私はやつにかなわない!」

 

弾「…それは…お前が人間しか見てないからだ

 

バトルボートを叩きながら喚く袿姫に対して鋭く弾は答える。その風格はもはや若輩創界神のものではなかった。

 

弾「オレは人間も…妖怪も神も…!動物霊達だって全部救う!オレはお前も救いたい!!オレがこの畜生界を照らす神になる!!」

 

袿姫「…おお…!!」

 

後ろからさした後光(少なくとも袿姫には見えた)に照らし出された弾の姿は袿姫にとって拝みたくなるような神々しさがあった。

 

弾「メインステップ!月の光纏う獅子!誰も砕けぬその誇り!レベル2で召喚!獅機龍神ストライクヴルム・レオX!!

 

レオ《…今日は出番が多いな…!》

 

弾がカードを天に掲げ星空に獅子座を描く。そして獅子座から現れたストライクヴルム・レオが優雅にフィールドに降り立った。

 

弾「アタックステップ!グランシャリオの効果!レオをBPプラス5000して赤シンボルを追加!レオでアタック!!さらに星界放!オレのコア二つをレオに置いて回復!そしてレベル3になったことにより自分の光導スピリットに白シンボルを増やす!」

 

袿姫「…ライフ…」

 

自身とグランシャリオによって強化されたレオの引き裂き攻撃が袿姫のライフを一気に三点もぎ取る。

 

弾「ストライクヴルム・レオ!」

 

レオ《…ったく…おらよ!》

 

 

回復したレオの突進が袿姫の最後のライフをぶっ壊した!!

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと…再び映姫の部屋…

 

 

映姫「……それで…畜生界に弾の勢力を置けた所まではわかりました」

 

弾「…ああ…あと純狐は満足したから帰った…」

 

先ほどと同じように黒革のソファーに座りながら弾は閻魔の椅子にいる映姫と話す。だがなぜか二人とも会話がぎこちない…その訳は…

 

袿姫「おお…!我がゴッド……!」

 

磨弓「……((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル……」

 

映姫「…なぜここでその神が膝まづき、部下がコミュ障の如く震えているのですか!?」

 

弾「…何か…なつかれた……その部下は袿姫についてきた…」

 

 

 

 

 

 

弾「…とまぁ…こんな感じだ」

 

紫「…てかそんな異変起きてたの知らないわよ!?」

 

蓮子「へぇ…幻想郷にはそんな世界もあるんですね…」

 

弾の話が一段落して紫のツッコミを華麗にスルーして蓮子がそうぼやいた。今までいくつもの世界を渡ってきた彼女でもここまでファンタジーな世界ははじめてらしい…グラン・ロロも相当だったと思うが…

 

異界王「…どうだ?世界の統治がいかに大変かわかっただろう?」

 

弾「…まぁ…確かに…」

 

八千慧「…早鬼ぃぃぃ!!」

 

早鬼「八千慧ぇぇぇぇ!!」

 

宴会場の隅でそんな話をしている二人の耳に聞こえてくる二つの叫び声。だがそれは以前のような血みどろめいた殺し合いではなく、ただじゃれあっているような…そんな声色であった…

 

すると…その光景を見ていた弾の脳裏に何かが響いた…!

 

 

《おい、アマテラス!少しは主神の仕事をしろ!》

 

《…ったく…ホルス、そんなんじゃお前は永久にハードボイルドにはなれねぇぞ…!》

 

《……すまない……ツクヨミ…頼む……!》

 

 

弾「…!!!!!???」

 

蓮子「…?…弾さま?」

 

弾「…………いや…何でもない………………」

 

突然弾がものすごい顔で押し黙ったのを見て蓮子は首をかしげたが、弾は微笑んでごまかす……それでも弾は先程の声は決して幻聴ではないと確信していた。

 

弾「…………なんだったんだ…………?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

鬼形獣編は終わりますが…3弾の創界神や数話を書いたあと最終章へと移ります…果たして最後の声は…?

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。