東方星神録   作:あんこケース

157 / 161
……はい…来てしまいました…自分の筆であの!最高神をうまく描けてるか不安です……


コンテニュー

幻想郷 永遠亭

 

 

妹紅「かぁぁぐやぁぁぁぁぁ!!

 

輝夜「もこぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

 

 

今日も元気?に殺しあっているこの蓬莱人二人、このケンカは当人達が不老不死なこともあり気まぐれで中断することはあるが、決着がつくのは永遠に来ない。だが二人にはこれが生きてることを味わえるそうな……

 

妹妹「…ブシャ…ぐ…!おい輝夜!鈍ってんじゃねぇの…か!」

 

輝夜「…ゴキッ…ふん!そんなわけ…ない…わよ!」

 

輝夜の手刀が妹紅の腕を斬り飛ばすが、即座に腕を再生させた妹妹は足に炎を纏わせて輝夜の顔面を蹴り飛ばす。だが輝夜もすぐさま潰れた顔を治すと妹紅の軽口に答える。

 

 

 

スサノヲ《…よし!残りあと一機!》

 

アマテラス《ちぃ…やるわね…!》

 

外の竹林でそんな殺し合いが行われている一方、室内ではスサノヲとアマテラスが某大乱闘ゲームで殺し合っていた…アマハラ大丈夫だろうか?

 

 

妹紅「どっりゃぁぁぁ!!」

 

輝夜「…きゃぁぁぁぁ!!?」

 

どごぉぉぉぉぉん!!

 

妹紅「ハッ!今日はあたしの勝ちだな!」

 

妹紅の空中回し蹴りが輝夜にクリティカルヒットして地面へと叩きつけられる。あとを追って地面に降りた妹紅が得意そうに勝利を宣言すると……輝夜の身体が紫色の粒子に包まれた。

 

輝夜「…あなたが…勝つ?…そんなことはあり得ない!なぜなら……!私が神だからよ!」

 

妹紅「な!?がは……!」

 

輝夜「…ガシッ…この…!愚民が…!神である私に…ゲシッ…たてついたわね!」

 

妹紅「…が…!ぐ…!お、お前…グハッ…か、輝夜じゃ…ゲフッ…ないな……!」

 

まるで狂ったかのように虚ろな目で意味不明な言葉を呟く輝夜は腕から光弾を放って妹紅を吹っ飛ばす。さらに地面に転がった妹紅を踏みつけている姿はもはや輝夜ではなかった。

 

スサノヲ《…ん!?おい姉貴!一時休戦だ!》

 

アマテラス《えぇ?今良いところ……そうね!》

 

さすがに輝夜の異変を感じ取った2神はゲーム機を置いて妹紅を助けに飛び出す。スサノヲは愛刀を、アマテラスは三種の神器の一つ『草薙の剣』を構えていた。

 

スサノヲ《そこまでだ!》

 

アマテラス《落ち着きなさい!ニート!!》

 

輝夜「ぎゃぁぁ!!」

 

…アマテラス様…あなたにニートと呼ばれる筋合いはないかと…ゲフンゲフン…アマハラの最高神×2の斬撃が輝夜をぶったぎり、妹紅の上からひッぺがされた輝夜は光の粒子になって消滅した…

 

だが……地面に紫の土管が出現すると……

 

テッレテテッテテ~!

 

輝夜「…アハハハハ!!」

 

アマテラス《いやマリオか!!》

 

その土管から気の抜けた「ヒョイ」の音が響くと五体満足の輝夜が高笑いをしながら飛び出してきた。斜め上の復活方法に思わずアマテラスは突っ込んでしまう。

 

永琳「…なに!?今の音!!」

 

藍「…蓬莱山 輝夜…か…?」

 

ツクヨミ《…姉さん!スサノヲ!これはいったい…》

 

アマテラスとスサノヲがぶったぎった斬撃の轟音で裏で話していた永琳、藍、ツクヨミもすっ飛んできた。彼らが目撃したのは…明らかにいつもの調子ではない輝夜の姿だった…

 

輝夜「…ヘハハ…えーりん…パパ…私…自分の愚かさに気づいたの!私はこんな所で引きこもっている器じゃない!この世界を統べる神の器なのよ!」

 

アマテラス《……これって…》

 

スサノヲ《…間違いねぇ…》

 

ツクヨミ《…すごく久しぶりにパパって呼ばれた♪》

 

永琳「そこですか!?こら!いい加減にしなさい!なに変なこと言っているの!!」

 

…一人的外れなことを言っている神がいるが…ほとんどこの場にいる者達は察した……具体的には「思春期に周りと違うことを証明したくてちょっと痛いことをしてしまうこと」…つまり……

 

輝夜「…変?血筋も育ちもかんっっぺきなこの私が!!神と言われることに何がおかしいの!?」

 

アマテラス《…輝夜ちゃんが…中二病を発症してしまったわ!!》

 

スサノヲ《やっべぇ…!もう輝夜ちゃんもそんなお年頃か……それよりも…中二病の厄介さは永琳の時でイヤと言うほどわかってる…!!》

 

ツクヨミ《…確かに…あの時は永琳も金髪に髪染めて宇宙船をブンブン…モググ!?》

 

永琳「いぃぃぃぃやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!

 

スサノヲとツクヨミが遠い昔を懐かしむようにぼやこうとしたのを顔を真っ赤に染めた永琳が無理矢理口を塞ぎにかかる。だがそんな軽い雰囲気はすぐに一変することになる。

 

輝夜「…この…私を侮辱するなぁぁぁ!ブゥン!

 

妹紅「…あの…カードは…!?」

 

そんな奇声を上げながら輝夜は一枚のカードを掲げる。するとそこから流れ落ちるオーラにアマテラス達から余裕の表情が消失した。

 

アマテラス《…前言撤回…これは中二病なんかじゃない…!良くないモノが輝夜ちゃんにとりついてるわ!》

 

スサノヲ《…冗談抜きでやべぇぞ…俺はただ殴ることしかできねぇし…兄貴!》

 

ツクヨミ《…藍…すまないが…》

 

藍「…わかっている。共に戦ってほしいのだろう…いつでもいいぞ!」

 

ツクヨミの心中を察した藍は自ら輝夜の前に躍り出る。その目には確かに強い光がこもっていた…!

 

輝夜「ブゥッハハハ!!さぁ…来い!」

 

藍 輝夜「「ゲートオープン!界放!!」」

 

 

 

 

 

輝夜「…ヘハハ…ひれ伏せ…!モルモットどもぉぉ!」

 

藍「…私はキツネだ!メインステップ!ゴッドシーカー おんみょ~フーリンを召喚!!召喚時効果で三枚オープン!!」

 

初手に藍は陰陽師姿のフーリンを召喚してデッキをサーチする…鎧魂…創界神ツクヨミ…妖戒帝エンオウ…

 

藍「よし!創界神ツクヨミとエンオウを手札に加える!ターンエンド!」

 

輝夜「ブゥッハハハ!メインステップ!!我が化身!仮面ライダーゲンム アクションゲーマーレベル1を召喚!!コアを二つ支払ってデッキを三枚めくるぅぅぅ!!」

 

奇声を上げて輝夜は三頭身の紫と白の仮面戦士を召喚する。そしてコストを使ってめくられたのは…仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマー レベルXXR…仮面ライダーエグゼイド マキシマムゲーマー レベル99…檀 黎斗神…!!

 

輝夜「…ダァッハハハ!!そしてぇぇ!手札に加えた最高神を配置ぃぃぃ!!神の恵みによりコアを三個増やす…ターンエンドだぁ…」

 

すると輝夜の背後に影のように男の姿が浮かび上がった。こいつが輝夜の身体を乗っ取っていると藍とツクヨミは見抜く。

 

藍「…奴か…メインステップ!急急如律令!創界神ツクヨミを配置!神託によりコアを二個置く!さらにトラッシュに置かれた五芒星ノ守の効果!ツクヨミにコアを増やして手札に入る!」

 

ツクヨミ《…さて…こりゃ解術に骨が折れそうだ…》

 

藍の背後に現れたツクヨミは指を折って輝夜の身体にとりついているモノをひッぺがしにかかる。

 

藍「そしてバーストをセットし座敷ガールを召喚!ターンエンドだ」

 

続けて藍のフィールドに小さな和服の座敷わらしが出現する。これで藍はターンを終えた。

 

輝夜「神のターン!メインステェップゥ!仮面ライダーブレイブ クエストゲーマー レベル1をコア二つと共に召喚ンン!そしてアタックだぁ…そこのちび妖怪を手札に戻すゥゥ!!」

 

今度は変なポーズをとりながら輝夜は三頭身の白と水色の仮面剣士を呼び出すと、そのままアタックさせた。アタック時の効果でBP3000以下の座敷ガールが藍の手札へと戻っていく。

 

輝夜「さらに手札のファンタジーゲーマー レベル50の『チェンジ』!相手のスピリット一体をデッキの下に戻し…レベル1と回復状態で入れ換える…さらにボイドからコアを二個トラッシュへぇ…!」

 

トコトコと走っていたブレイブが光に包まれて一気に頭身が伸びると赤紫色のオーラの鎧を纏う。そして背中に現れたマントがはためくとおんみょ~フーリンが吹き飛んでデッキボトムに返ってしまった。

 

藍「…ライフで受ける!」

 

ファンタジーゲーマーの剣…『ガシャコンソード』が藍のライフを切り裂いた。

 

輝夜「タァン…ウェンドだぁ…!」

 

藍「…いちいちウザったい喋り方だな…メインステップ!座敷ガールを再びレベル2で召喚しストロゥ・パペットも召喚する!座敷ガールの効果!魔影スピリットの召喚により一枚ドロー!さらに効果の記述がないのでライフを一つ回復!!」

 

藍は先ほど戻された座敷ガールを再召喚すると小さな藁人形を呼び出し、ソウルコアの力で手札を補充していく。

 

藍「さらにツクヨミの陰陽神殿をレベル2で配置!アタックステップ!ストロゥ・パペットでアタック!!神殿の効果でゲンムを消滅させる!」

 

輝夜「…ラァイフにこいぃぃ!」

 

ストロゥ・パペットが手に持った木槌を振り回して走り出すと、ツクヨミの背後の神社が妖しく光ってゲンム レベル1を消滅させる。そしてストロゥ・パペットは輝夜のライフを叩き壊した。

 

輝夜「…へァ…残りライフ…4…!」

 

藍「ターンエンドだ」

 

輝夜「…再びかぁぁみのターン!ブレイブ クエストゲーマーレベル1を二体…さらにエグゼイド ダブルアクションゲーマーレベルXを召喚ンン!そしてぇ…デッキを三枚めくるゥ!」

 

もう疲れるのではないかと思うぐらいワチャワチャしながら輝夜はまた三頭身のブレイブと二色の髪をしたこれまた三頭身の仮面戦士を呼び出した。

 

召喚時効果によってオープンされたのは…白晶防壁…仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマー レベルXXL…そして…!仮面ライダーゲンム ゴッドマキシマムゲーマー レベルビリオン…!

 

輝夜「…ヴァッ~ハハ!私の運が怖いぃぃ…!ゴッドマキシマムゲーマーを手札に加えて残りは要らぬゥゥ!ファンタジーゲーマーレベル50をレベル3に上げてアタックだぁぁッハハッハ!!」

 

輝夜はレベルアップしたファンタジーゲーマーで攻撃する。アタック時の効果で自身にコアが増えるが、ツクヨミの陰陽神殿が藍のスピリットのバウンスを封じ込んだ。

 

輝夜「まずはエグゼイド ダブルアクションゲーマーレベルXの効果!自身の手札に戻してトラッシュからダブルアクションゲーマーレベルXXを召喚ンン!神の元へ集えぇぇ!!」

 

三頭身のダブルアクションゲーマーの装甲がパージされ中から左右対称のカラーリングと姿をした二体の仮面戦士がフィールドに降り立った。さらに輝夜は止まらない…!

 

輝夜「そして……真の姿を見よ!ファンタジーゲーマーに檀 黎斗神煌臨!!最大級の神の才能!グレートビリオン…!…へぇんしん…!!仮面ライダーゲンム ゴッドマキシマムゲーマー レベルビリオン!!

 

ファンタジーゲーマーが紫のゲーマーに変化すると後ろに現れた巨大なアーマーに乗り込む。そして手足と頭が鎧から生えてフィールドにずうぅんと着地した。

 

輝夜「そして2コストでトラッシュよりレベル1のゲンムを召喚!そして私のレベルも2へ上がるゥゥゥゥ!我が神の恵みを…!受けとれぇぇぇ!!」

 

まだ終わらないコンボは破壊されたレベル1のゲンムが現れ、レベル2になった檀 黎斗神の神域によってスピリット達にシンボルが加わった。

 

藍「…ようやく終わった…さて…座敷ガールでブロック!そしてバースト発動!!十王ショコウの効果でトラッシュからコスト4以下の妖戒/魔影スピリットを呼び出す!よってカシャネコを召喚!」

 

ツクヨミ《さらにマジック!五芒星ノ守を使用!相手スピリット一体ののシンボルを無くす!これで打点は足りないだろう!》

 

レベルビリオンのパンチに座敷ガールは吹き飛んでしまうが、藍のバーストから現れた水を操る陰陽師が術で火の輪に乗ったカシャネコを呼び出した。

 

藍「…まだ終わらんぞ!妖戒を持つ座敷ガールが破壊されたので手札からノーコスト召喚!!闇夜に光る三日月の刀!魂を斬れ!月魄鬼神スメラギンガ!!!

 

ツクヨミ《…青龍・白虎・朱雀・玄武・勾陳・帝台・文王・三台・玉女…急急如律令!!今回は最大出力!!こい!スメラギンガ!!!》

 

ツクヨミがフルパワーで腰にさしていた刀に呪術を込め、エネルギーがマックスまで貯まると華麗に月夜の空へ放り投げた。すると舞っていた刀に無数の術符が張り付いていく……

 

…そして術符が重く質量を持った鎧へと変化しその姿を大きな鎧武者にしてフィールドに降り立った!

 

輝夜「…ぐぅぅう!ターンエンド…!!」

 

藍「…っつ…!凄いな…さすが神世界最高の陰陽師の化神…!メインステップ!カシャネコとスメラギンガをレベル2に!アタックステェップ!スメラギンガ!奴を滅せよ!まずは陰陽神殿の効果でブレイブのコアを外す!」

 

同じ式神使いとしてツクヨミのスメラギンガに恐れ半分、憧れ半分の気持ちを抱いた藍はスメラギンガに攻撃を命じ、ブレイブ一体を陰陽神殿が消滅させた。

 

藍「スメラギンガの天界放!!それはツクヨミのコアを二つ置くことで相手のソウルコアとフィールドのコア三個をトラッシュへ送る!さらに黄シンボルの存在によってブロックされなくなる!」

 

ツクヨミのエネルギーを吸収したスメラギンガが刀を振り抜いてダブルアクションゲーマー二体、ブレイブレベル1のコアを合計三個とゴッドマキシマムゲーマーのソウルコアを一気に奪い去った。

 

これにより輝夜のフィールドにスピリットはゲンムレベル1とレベル3で疲労しているゴッドマキシマムゲーマーだけになった。一方スメラギンガは身体を黄色いエネルギー状に変換してブロックされなくなっている…!

 

輝夜「…仕方ない…!ライフで受ける!」

 

スメラギンガの刀が輝夜のライフを一つ切り捨てる。そしてそのライフがツクヨミの胸の鏡に吸い込まれた……

 

輝夜「…ふぅ…!残り…ライフ…3…!」

 

藍「魔影を持つスメラギンガがライフを削ったことによって召喚!!妖戒統べる地獄の使い!月夜に舞え!妖戒帝エンオウ!」

 

ツクヨミ《効果で召喚されたので俺の神域!相手のコアを外して召喚時効果!相手のスピリット一体はブロックできない!》

 

ツクヨミの鏡に貯まったエネルギーが放出されてフィールドにエンオウが舞い降りる。スメラギンガとエンオウ…ここにツクヨミの二大化神が並び立った!!

 

藍「続け!カシャネコ!レベル2の効果!ソウルコアをトラッシュへ送り、スメラギンガを回復させる!さらに陰陽神殿によりコア除去!!」

 

輝夜「…んな…!?ラァァァイフゥゥ……!!」

 

火の輪に乗ったカシャネコが突っ込んで輝夜のライフを砕く。そして疲労していたスメラギンガがズズズと起き上がる…!

 

藍「悪霊よ!立ち去れ!エンオウ!スメラギンガ!天界放によりゴッドマキシマムゲーマーを除去!!」

 

ツクヨミ《俺の娘から…!でてけぇぇぇぇ!!!》

 

スメラギンガの身体が元の術符に戻ると残った刀に術符を纏わせてゴッドマキシマムゲーマーを貫いた!そしてその巨大な刀をエンオウは両手で振り上げ、全力で輝夜のライフに叩きつけた!!!

 

 

 

 

ツクヨミ《輝夜!無事か!!?》

 

輝夜「…ん…う~ん…あれ…お父様…?」

 

アマテラス《良かった~…さて…それでこいつ…どする?》

 

???《ここから出せぇぇぇ!神の才能を持つこの私をこんなところに閉じ込めるなどぉぉぉ!》

 

永琳「…うるさいわね…この試験管に激薬ぶっこむわよ?」

 

しばらくして目を覚ました輝夜に付き添っていたツクヨミはホッと胸を撫で下ろす。そこに響いてくる若い男の声…それは永琳の実験室から持ってきた一本の試験管から聞こえてきた。

 

輝夜「…あ!神!ねぇ永琳、そいつそんな根っからの極悪人って奴じゃないわよ」

 

妹紅「んん?身体乗っ取られたのにか?」

 

輝夜「でもさっきアマテラス様達が遊んでたゲーム作ったのこいつなのよ。そしたら「もっと凄いゲームを作る」って言ってたわ。だからこいつ…ただの変わったゲーマー…って所ね」

 

そんなこんなで結局この創界神もどき…檀 黎斗が永遠亭の試験管に住みつくこととなった。どうやって輝夜と接触したかについて彼曰く「私の才能を理解した者がゲームを通じて送り込んだのだぁぁ!ブッワァッハハッハッ!」と供述している……

 

 

 

 




はい…ありがとうございました…

……うちの神は世界をさ迷うウィルスみたいなものです。そして彼を永遠亭に送り込んだ人物とは……?

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。