東方星神録   作:あんこケース

173 / 221
はーい!ダブルノヴァX難民でーす!……何でどこも売り切れてるねん!


星色夜空

咲夜「……クイクイ…」

 

妖夢「…この…!メインステップ!原初の炎!!創界神カグツチを配置!神託でコアを二個追加!!ターンエンド!」

 

カグツチ《………》

 

咲夜の挑発に妖夢はイラつきながらカグツチを呼び出す。やはりその顔にはいつもの笑顔は浮かんでいない。

 

咲夜「メインステップ!冥府の姫君!創界神ペルセポネを配置!神託でコアふたつを置き、さらにネクサス!魂の古都ジュデッカを配置するわ!」

 

ペルセポネ《…ようし…!負けないわよ…!!》

 

咲夜はペルセポネとジュデッカと言う『毒刃』には最高の滑り出しでスタートした。

 

咲夜「まずはこれでターンエンド」

 

妖夢「…斬る…!メインステップ!バーストをセットして機巧武者サイウンをレベル2で召喚!!…ターンエンド」

 

妖夢は機巧デッキのコアブースト要員、サイウンを召喚する。さらにバーストを張ったのはむやみにサイウンを破壊されないようにする威嚇か…

 

咲夜「…メインステップ!堕天騎士タムズと堕天騎士アリオクを召喚!タムズの効果で一枚ドロー!…どうしようかしら…」

 

咲夜のフィールドに『毒刃』の3コストドローのタムズとカラスのような黒い翼の騎士が現れる。咲夜としてはサイウンの効果を発揮させたくはないのだが、下手に突っ込んでバーストを踏むのもイヤだった。

 

咲夜「…アタックステップ!タムズでアタック!毒刃の効果で相手デッキからサイウンの下にカードを追加!」

 

妖夢「……ライフで受ける!」

 

悩んだ末咲夜はタムズを攻撃させる。するとジュデッカでどのみちフィールドに残るタムズの攻撃を妖夢はライフで受けた。しかしバーストは発動しなかった。

 

咲夜「あら、ハッタリだったのね。ターンエンド」

 

妖夢「…う、うるさい!メインステップ!イチバンスピアー並びに鬼武者ライザンを召喚する!」

 

咲夜の指摘に狼狽えながら妖夢は赤白に成れる槍兵、筋肉質な竜剣士を呼び出す。イチバンスピアーはカグツチの神託に含まれないが、機巧だからか妖夢は採用していたようだ。

 

妖夢「アタックステップ!ライザンでアタック!まずは一枚ドローし、真・激突!!」

 

咲夜「アリオクでブロックするわ。破壊されるけど…バーストもらうわよ!呪の覇王カオティック・セイメイ!!ライザンのコアをトラッシュに置いて一枚ドロー!その後、セイメイは手札に戻る」

 

妖夢のライザンが咲夜のアリオクを真っ二つにするが、バーストの光がそのライザンの命を奪って消滅させた。案外カオティック・セイメイのバースト効果は『毒刃』と合うのである。

 

妖夢「…ターンエンドです…」

 

咲夜「…畳み掛けるわ!メインステップ!暗極天イブリースと堕天騎士シンを召喚してバーストをセット!アタックステップ!もう一度タムズでアタック!」

 

ペルセポネ《私の神域でイチバンスピアーとサイウンに二枚ずつ追加ぁ!》

 

咲夜はレイピアを構えた金の堕天騎士と鞭を振るった騎士を召喚し、再びタムズを攻撃させた。今回はペルセポネがレベル2だったので、浴びせる毒の量も格段に上がっている。

 

妖夢「バースト発動!八百万の神の剣!機巧剣神アマノオハバリ!コストはイチバンスピアーから確保して召喚!!そしてブロック!」

 

咲夜「でもジュデッカの効果で疲労状態でフィールドに残るわ。ターンエンド」

 

対する妖夢もバーストから白い二本の小太刀と翼を持ったロボットを呼び出して、向かってきたタムズを斬り捨てた。だがジュデッカに漂う亡霊が疲労したタムズを蘇らせる。

 

妖夢「よし!サイウンの効果!このターン一度もライフが減らなかったので、ソウルコアの力も入れてコア三個を増やす!メインステップ!バーストをセットし…神をも焼き殺す炎!炎神皇帝ソウルドラゴン・ホムスビ!

 

カグツチが放った炎の斬撃が空を切り裂き、大剣を構えたソウルドラゴンを召喚する。アマノオハバリとソウルドラゴン・ホムスビ、妖夢のフィールドにカグツチの化神が並び立った。

 

妖夢「アタックステップ!行け!アマノオハバリ!カグツチの神域でブロック時効果をアタック時にも発動!イブリースとシンを手札に戻し、カグツチのコアも使って回復する!!」

 

ペルセポネ《ちぃ…!咲夜!ホムスビの効果でライフ一点飛ぶわよ!》

 

アマノオハバリが小太刀二刀流でイブリースとシンを吹き飛ばして咲夜の手札に返す。さらにスピリットがバウンスされたので、ホムスビが剣を振って咲夜のライフをひとつ切り裂いた。

 

咲夜「…パシッ…甘いわね。いつからこのバーストがカオティック・セイメイだと錯覚していたの?」

 

妖夢「な!?」

 

咲夜「バースト発動!堕天姫エルシャの効果で戻されたシンを再び召喚!そしてブロック!」

 

驚く妖夢を咲夜はバーストを発動させて、先ほどバウンスされたシンを呼び返す。続いて血の気のない白い肌に銀髪の姫君がバーストから現れた。

 

咲夜「シンの破壊時効果!アマノオハバリに二枚!ホムスビに三枚カードを下に追加!そしてエルシャレベル2効果!下にカードが三枚以上あるスピリットの効果は発揮されない!」

 

シンはアマノオハバリに蹴り飛ばされて破壊されるが、毒がアマノオハバリとホムスビにまとわりつく。そしてジュデッカがシンを蘇らせた。

 

妖夢「…カグツチのコアが足りない……ターンエンド…!」

 

咲夜「……まったく…妖夢、そんなだから半人前って言われるのよ」

 

妖夢「…よ、余計なお世話だ!」

 

咲夜「…思い出しなさいよ…!あなたの剣は何のために振るうのか!」

 

妖夢「…何の…ために……うぅ!?」

 

咲夜は妖夢に問いかける。すると妖夢は頭に手を当ててうめき始める…まだ完全に弾達を忘れていない証拠だ。

 

咲夜「そう…あなたは『自分が信じた正義』のために戦うんでしょ!今からそれを思い出させてあげる!メインステップ!毒を持って毒を制す!冥府へ導く女神!毒刃冥姫ジャンヌ・プロセルピナ!

 

ペルセポネ《おまけに妖刀ムラサメをプロセルピナにダイレクト合体!》

 

咲夜は『分神』状態に切り替わり、手札のカードを切る。そしてペルセポネが鞭で割った地面からプロセルピナが星のオーラと共に現れる。そしてその手に紫色の刀が握られた。

 

咲夜「バーストをセットして…アタックステップ!合体アタック!!合計八枚をスピリットの下に加えてペルセポネのコアを移動!相手スピリットを全破壊!!」

 

ペルセポネ《吹き飛べぇぇぇぇぇ!!》

 

黒いドレスの裾を揺らすと咲夜は腕を伸ばしてプロセルピナをアタックさせた。プロセルピナはムラサメの一振りして妖夢のスピリット達に毒を食らわせ、ペルセポネの力で全員破壊していった!

 

妖夢「…ぅぅ…バースト発動……!武将転生…!ホムスビはレベル3で復活…!ふ、フラッシュ効果でBPプラス5000!ブロック!」

 

妖夢も負けじとバーストを開くと大きな火柱が上がる。その炎を吸収して復活したホムスビが赤く輝いた剣でプロセルピナのムラサメを受け止める。

 

激しく剣を打ち合わせる両者。だがホムスビはBP19000、プロセルピナはムラサメの分を入れてもBP18000、徐々にホムスビがプロセルピナを押し返していく…

 

咲夜「…スピリット破壊によりバースト発動!!アルティメット・ランスロットの効果!今破壊されたプロセルピナを蘇生!」

 

態勢を崩したプロセルピナに大剣を突き刺して破壊したホムスビだったが、咲夜のバーストから吹き出した紫の煙から五体満足のプロセルピナが蘇る。その傍らに黄金の騎士を連れて……

 

咲夜「もう一度プロセルピナでアタック!!再びカードをホムスビの下に置いて破壊よ!!」

 

妖夢「…ぅ…ライフで受ける!」

 

再び飛び出したプロセルピナがホムスビを毒のムラサメで切り裂くと、そのまま妖夢のライフよふたつ破壊した。

 

咲夜「続けてタムズでアタック!毒刃が不発したのでプロセルピナは回復!!」

 

妖夢「…ライフ…!ぐぇ…ぅ…」

 

カグツチ《……ぃ…ン…!》

 

タムズが放った毒がプロセルピナに吸い込まれてプロセルピナは回復する。そしてタムズの剣が妖夢のライフを貫き、妖夢やカグツチにも反応が見えてきた。

 

咲夜「…終焉…!プロセルピナでアタック!!」

 

プロセルピナは鞭に毒で染まったムラサメをくくりつけ、残った妖夢のライフめがけて叩きつけた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魔理沙「…ったく…都会派人形使いが聞いて呆れるぜ」

 

アリス「なによ、メインステップ。神世界の人形使!創界神ヘラを配置!神託によってコアを三つヘラに置くわ。ターンエンド」

 

ヘラ《…………》

 

都会派で…しかも人形使いって言っておきながら「逆に操られるなよ」と暗になじった魔理沙の真意に気づかず、アリスはヘラを呼び出した。

 

魔理沙「…メインステップ!バーストをセットして世界の創造主!創界神ロロと神皇祀る霊廟を配置!神託でコア二個を増やすぜ!ターンエンドだ!」

 

ロロ《…ん?今回は緑紫軸か…》

 

魔理沙は十二神皇達の銅像がある神殿とロロを配置する。神皇祀る霊廟は手札の『十二神皇』の軽減シンボルを紫に固定するので、今の魔理沙は紫軸のようだ。

 

アリス「へぇ…メインステップ。少女ドール ジェラ・レディを召喚して一枚ドロー…ターンエンドよ」

 

アリスは小さな角が生えたお人形を召喚するだけでターンを終える。だがヘラの神技がコアひとつでできるのは『呪鬼』にとって大きなアドバンテージとなる。

 

魔理沙「…除去してぇけど…メインステップ!神皇祀る霊廟の効果でコストを軽減!神速封印!緑のファンタジスタ!卯の十二神皇ミストラル・ビット!!」

 

魔理沙の後ろの霊廟のうち、卯の銅像が輝くと手札の十二神皇の軽減シンボルを紫に書き換える。そして緑の風からブースターに乗ったウサギが飛んできた。

 

魔理沙「…ターンエンドだぜ」

 

アリス「…あら?それで終わり?…メインステップ…何もしないでアタックステップへ、ジェラ・レディでアタック!小界放…発揮!」

 

召喚しただけでターンエンドした魔理沙にアリスは拍子抜けしたような表情を見せる。だがアリスもそのままジェラ・レディを攻撃させたが……

 

アリス「ヘラのコアをトラッシュに置くことでヘラの神技を直ちに発動よ!一枚ドローして手札の剣帝ドール アンシャンテを破棄!そしてアンシャンテの召喚時効果をヘラの神技として発揮するわ!」

 

魔理沙「…まずはアンシャンテか…」

 

ジェラ・レディがヘラのエネルギーを使い、アリスの手札から落ちたアンシャンテの効果を発動させる。それはアリスのデッキトップを破棄し、『ドール』スピリットならライフ一点貫通と言うもの…

 

アリス「…司書ドール レナだったのでひとつもらうわよ!さらにアンシャンテは3コストで召喚できるわ!もう一度!!」

 

アンシャンテ自身の効果でそのまま呼び出されたグレーのレイピア人形が再びアリスのデッキを吹き飛ばす。

 

アリス「…爆弾ドール ミモザ!ついてるわ!ライフ二点目!さぁさぁ…!ジェラ・レディのアタックは続いてるわよ!」

 

魔理沙「ライフで受ける!」

 

ジェラ・レディとアンシャンテのレイピア攻撃が魔理沙のライフを二個ぶち壊す。

 

アリス「アンシャンテ!さらに一枚オープン!」

 

アリスは攻めの姿勢を崩さない。三度アンシャンテの効果でデッキがめくられるが、今回はロックハンドだったのでライフは吹き飛ばなかった。

 

魔理沙「それもライフだ!ライフ減少によりバースト発動!!そびえる白の要塞!丑の十二神皇アバランシュ・バイソン!召喚時効果でアンシャンテをデッキボトムへ送るぜ!!」

 

アンシャンテの突きが魔理沙のライフをごりごり削っていく。しかし魔理沙はカウンターでバーストから白い要塞牛を呼び出すと、アンシャンテをデッキボトムに撃ち戻した。

 

アリス「…ウッソォ…ターンエンドよ」

 

魔理沙「メインステップ!対の顔持つ双子の道化師!魔導双神ジェミナイズを召喚!召喚時効果で神皇統率する司令官!巳の十二神皇ティアマドーを踏み倒すぜ!そしてミストラル・ビットをレベル2に!」

 

ジェミナイズ「《いくっぞー!!》」

 

アバランシュ・バイソンの隣にジェミナイズが地面を突き破って出てくると、空から翼が生えた巨大なヘビも降りてくる。これで魔理沙のフィールドには五体の『神皇』が並び立った。

 

魔理沙「アタックステップ!まずはミストラル・ビットでアタック!跳躍でジェラ・レディを手札に戻す!さらにライフを削ってコアブーストだ!」

 

アリス「…っぅ…!ライフで受ける!」

 

ブースターを切り離してジェラ・レディをビームで手札に戻したミストラル・ビットはつけ直したブースターからビームソードを噴射してアリスのライフを切り裂いた。

 

魔理沙「続けてティアマドーでアタック!神軍の効果でトラッシュのグリードックをタダ出しだぁ!!」

 

アリス「…ライフよ!」

 

ティアマドーが紫の光線を放って地面からグリードックを出現させる。だがアリスは冷静にティアマドーの攻撃をライフで受け、残りライフは一にまで減らされた。

 

魔理沙「ほらほら!後がないぜ!?グリードックでアタック!強奪で相手手札のマジックを借りてくぜ~♪」

 

ロロ《…君の『借りる』とリリアの『ファッションセンス』は信用できないよ…》

 

最後のライフを砕こうとグリードックが大きく吠える。そしてアリスの手札が公開されたが……そのなかに一番危険なカードが混じっていた。

 

魔理沙「…げ!ジェラシックドール!?」

 

アリス「残念だけど…このデッキにマジックは数枚しかないの。フラッシュタイミング!ヘラの神技を使ってジェラシックドールを破棄!」

 

棄てるマジックがなかったので、アリスの手札はそのままだった。しかもヘラの神技が発動してトラッシュに行ったのは…もちろんジェラシックドール…

 

アリス「…フフン!コスト6の魔界騎士デストロイデン!よってコア六個をトラッシュへ!さらにジェラシック=ドールはこのまま召喚できる!!」

 

ヘラから放たれた波動が魔理沙のグリードックからひとつ、ジェミナイズからふたつ、アバランシュ・バイソンから三つコアを除去して消滅させる。そしてアリスはジェラシック=ドールを呼び出して再びデッキをめくる。

 

アリス「…黒嫁ドール ザンシアね…まぁティアマドーのコア三個とミストラル・ビットのコア一個を外すわ」

 

現れたジェラシックドールの糸がティアマドーとミストラル・ビットを縛りつけてコアを外す。だが跳躍の効果でスピリット全体のコアが増えていたからか、ミストラル・ビットだけはなんとか踏ん張った。

 

魔理沙「毎度お前は残るんだな…だがその消滅貰った!バースト発動!丁騎士長イヌワッシャー!消滅したジェミナイズを再び召喚だぜ!さらにドローして召喚!!申の十二神皇ハヌマーリン!」

 

アリス「…な!?…しまった…!!」

 

ジェミナイズ「《ふっかぁぁつ!!》」

 

アリスは最後の最後で油断してしまった。魔理沙のバーストが開くと緑の竜巻からジェミナイズが笑いながら復活する。さらにジェミナイズの光が天に昇り、ハヌマーリンが隣に降りてきた。

 

魔理沙「…覚えてるだろ?こいつ(ハヌマーリン)はジェミナイズ達と一緒に戦った戦友だ。龍神の企みを…アイツと共に打ち砕いた!」

 

アリス「…!……ぇ…ぁ…」

 

ハヌマーリンの姿と魔理沙の声にアリスも頭を押さえる。さらに魔理沙は言葉を続けた。

 

魔理沙「…それに…昔魔界で知り合った仲じゃないか!ほーんのすこぉしいざこざもあったが、最後はグリモワールを貸してくれたし!」

 

アリス「うぐぅ…!!な、なに…?頭痛に加えて……何か…背筋がぞわっと…!」

 

……はいそうですね…勝手に魔界に乗り込んだあと、アリスを縛って吊し上げて()()()んですよね。しかもよほどトラウマだったのか、アリスは記憶がないのにも関わらず顔を青くして震えている。

 

魔理沙「行け!ジェミナイズ!」

 

ジェミナイズ「《ええーい!》」

 

アリス「…ぅ…!ジェラシック=ドールでブロック!」

 

回りながらジェミナイズは両腕に光の球を出現させると、糸を構えたジェラシック=ドールとぶつかり合う。だがBP差で上回っているジェミナイズがもう一対の両腕のエネルギー球でジェラシック=ドールを吹き飛ばした。

 

魔理沙「決めてこい!ハヌマーリン!!」

 

アリス「…ま、魔…理…沙……!」

 

ハヌマーリンが杖を掲げてアリスの頭上に巨大な雷を叩き落とした!!

 

 

 

 

 

 

 

妖夢「…ズルズル…」

 

咲夜「魔理沙、そっちは?」

 

魔理沙「…ん?ああ、今終わった……ほら!アリス!ペチペチ…起きろ!ペチペチ…」

 

倒れて気絶している妖夢を引きずりながら咲夜は魔理沙に安否を尋ねる。その魔理沙は同じく倒れているアリスの頬を叩くことに集中している。

 

アリス「…ちょ…起きたって…」

 

魔理沙「お!思い出したか!?」

 

アリス「…ええ…!あの時縛られて吊るされたこともね!」

 

魔理沙の腕を振り払ってアリスは起き上がる。その顔は「嫌なことごと思い出した」と言わんばかりに不機嫌そうだった。

 

アリス「…それより…霊夢と紫が心配ね…」

 

咲夜「早くあとを追いましょ!」

 

魔理沙「おう!…そしてお前はいつまで気絶してんだ!」

 

妖夢「みょーーーん!?」

 

そうして魔理沙が妖夢をしばいたあと、妖夢をぼこぼこの道でもお構い無しに引きずって霊夢達の言葉あとを追った。

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。