東方星神録   作:あんこケース

178 / 221
アマテラス来ましたね!!家臣と主君も神託条件に入ってるのは意外でした。

でもな……効果…何かうちのカグツチやソウルドラゴン・ホムスビと微妙に被ってた……!


祝え!新たな魔界神の誕生を!

萃香「…ふーん…ずいぶん気の抜けた奴だねぇ…」

 

アリス「あら?冷静だって言ってほしいわ。メインステップ。魔界預言者マル・ドロムを召喚し、デッキを三枚オープン…その中の単紫の創界神と『魔界』スピリットを手札へ」

 

真顔で見つめてくるアリスに萃香は気味悪い表情を隠さない。それを軽く流してアリスはたくさんの仮面を浮かべた司祭を召喚する。

 

アリス「…めくられた創界神ヘラと魔界七将ベリオットを回収。ターンエンド」

 

萃香「メインステップ!タイガの父 ウルトラマンタロウのアクセルを使用!コスト4以下の青ネクサスを踏み倒して『ウルトラマン』を手札に加える!」

 

対する萃香はアクセルを使ってデッキを四枚オープンする。めくられたのは…ゼベリオン光線、ウルトラマンガイア(V2)、グリッターティガ、そして……!

 

萃香「そん中の創界神のウルトラマンを配置!神託によってコアを三個置いてグリッターティガを回収するよ!ターンエンドだ!」

 

アリス「…それが霊夢を倒した奴ね…メインステップ。神世界の人形使!創界神ヘラを配置するわ!神託でコア二個を置いて…ネクサス!魔界の聖杯を配置!手札を二枚捨ててドロー」

 

ヘラ《霊夢ちゃんと旦那の敵!うったるわ!》

 

萃香の背後のウルトラマンを見てアリスは気を引き締める。そして後ろにヘラと不気味な顔がついた紫の聖杯を配置した。アリスが効果で捨てたのは魔界七将デストロードと魔界騎士デスペルト…少なくとも蘇生を狙っての破棄だろう。

 

アリス「…バーストを伏せてターンエンド」

 

萃香「ありゃ…メインステップ!ネクサス!光の国を配置して疲労!そうすることでウルトラマンブル アクアを最大軽減で召喚だぁ!」

 

萃香のフィールドに巨大なビル群がそびえると、青と白のウルトラマンが光の国の効果で最大軽減で召喚された。

 

萃香「んー…ターンエンドかな」

 

アリス「メインステップ。魔界七将ベリオットを召喚。六枚中、魔界七将を一コストで召喚し、残りの一枚を手札へ…さて…何が出るやら…」

 

アリスはチャリオットを骨の馬に引かせた魔界騎士を召喚してさらにデッキをサーチする。そしてアリスはめくられたカードの二枚に目をやった。

 

アリス「…まずは魔界幻龍ジークフリード・ネクロを回収して…疫病を振り撒く白き悪魔!魔界七将デスペラードを召喚!!コストはマル・ドロムから確保」

 

ヘラ《召喚時の効果で他のスピリット全てからコア一つずつを外してコアを増やすで!》

 

萃香「おおっと!創界神のウルトラマンの効果!ターンⅠで自身のコアをフィールドを離れるウルトラマンに置くことで、同じ状態で残る!」

 

ベリオットが呼び出したのはマル・ドロムと同じく仮面を浮かべ、紫の剣を両手に持った白い悪魔だった。その斬撃にベリオットとウルトラマンブル アクアが切り裂かれるが、萃香の巨大なウルトラマンの光を受けてそのまま蘇った。

 

アリス「でも消滅したから計2コアを増やすわ。さらに魔界騎士デスペルトを召喚してそのコアごと外す!さらにこちらのコアは増加する」

 

萃香「…!…へぇ…デスペラードは囮だったわけか…」

 

アリスはウルトラマンの蘇生にも動じず紫の片刃剣を担いだ魔界の騎士を召喚する。呼び出されたデスペルトは剣から呪いを放ってウルトラマンブルのコアをすべてはずしてしまった。

 

アリス「…頼むわよ…ターンエンド」

 

ヘラ《…ん…?あのデスペラード…もしかして…意思持ち?》

 

萃香「…か~!つまんないねぇ…メインステップ。ウルトラマンガイア(V2)、さらに光の国を疲労させて…手元のタイガの父 ウルトラマンタロウを召喚!手札のウルトラマンタロウを捨ててドロー!」

 

アリスはスピリット達に声をかけ、アタックせずにターンエンドした。攻めてこないことにガックリ来た萃香は胸のラインが黒いウルトラマンと三本の角の兜の頭をしたウルトラマンを連続召喚した。

 

萃香「ニッシシ!アタックステップ!ウルトラマンタロウでアタック!コスト9以下のデスペラードを破壊するよ!さらに光の国レベル2効果でコアブースト!」

 

アリス「…確かその創界神の効果でBPプラス5000かつ最高レベルだったわね…ライフで受ける!…う…!」

 

ウルトラマンタロウの手刀がアリスのライフを叩き割る。そのときのライフが壊れた衝撃の強さにアリスは苦悶の表情を隠せなかった。

 

アリス「いたた…でもバースト貰うわよ!トラッシュから魔界七将デストロードと新しいデスペルトを蘇生!暴食を司る蝿の王!魔界七将ベルゼビート!召喚!」

 

ヘラ《そして相手スピリット達からコアを除去!デストロードとデスペルトの召喚時効果でドロー&スピリット達のコアを外す!》

 

萃香「げ!…創界神のウルトラマンの効果を使うけど…ガイアは消滅されるねぇ…ターンエンドだ」

 

どこからか出現した黒い球を引き裂いてベルゼビートがフィールドに降り立つ。さらにベルゼビートが両手をかざすと禍々しいオーラからデストロードと別のデスペルトが現れた。

 

そのままベルゼビートの効果で萃香のスピリット二体を消滅させたが、萃香はタロウではなくガイアにコアを置くことで、ベルドゴールのコア除去を耐えることに成功した。

 

アリス「…メインステップ。苦痛をもたらす魔界の死神!魔界七将パンデミウムをレベル2で召喚!疲労状態のスピリットを破壊!そしてベルゼビートをレベル2へ!」

 

萃香「…ウルトラマンタロウはそのまま残すよ」

 

アリスはさらに下半身が蛇の死神を召喚する。だがパンデミウムの召喚時効果も巨大なウルトラマンの力であまり意味をなさなかった。

 

アリス「ベルゼビートの効果で『魔界七将』に紫シンボルを追加するわ。アタックステップ!行きなさい!ベルゼビート!!」

 

萃香「フラッシュタイミング!マジック!スペシウム光線を使う!コスト8以下のベルゼビートを破壊するよ!」

 

アリス「…ち…!だけどパンデミウムレベル2効果、手札を一枚破棄するわ」

 

ベルゼビートが剣を出して飛びかかったが、萃香の背後のウルトラマンが放ったビームがベルゼビートを貫いて破壊した。しかしアリスもパンデミウムの効果で萃香の手札を削る辺り、抜け目がない。

 

アリス「さらにデストロードとパンデミウムでアタック!!」

 

萃香「それは両方ライフで受ける!!」

 

ベルゼビートが欠けたことも気にせずにアリスはアタックを続ける。萃香は二体の一撃をライフで受けた。

 

萃香「…んん!?…今のは…?」

 

アリス「…これで射程ね…ターンエンド」

 

ヘラ《うちがレベル2、よって手札一枚棄ててもらうで!》

 

萃香「…この…!ソウルコアをトラッシュに置いてウルトラマンタロウを手札へ!メインステップ!ウルトラマンロッソ フレイムを召喚!さらにタロウをレベル3に!」

 

パンデミウムとヘラの効果で萃香は地道に手札が減っていく。それに顔を歪めながら萃香は炎を燃やしたウルトラマンを召喚した。

 

萃香「本当に…!私はネチネチめんどくさいバトルが一番嫌いなんだよ!アタックステップ!潰せ!タロウ!!まずはデスペルト一体を破壊!」

 

アリス「人のバトルスタイルにケチつけてるようじゃそこまでよ。パンデミウムの効果でさらに手札を破棄……そっちね…さっさと最初に回収した奴を出せば?」

 

萃香「…言われなくても出す!フラッシュタイミング!タロウに煌臨!グリッターティガ!煌臨時効果でさらにデスペルトを破壊!これでブロッカーはいない!」

 

ねちっこいアリスのバトルにイラついた萃香はタロウを攻撃させてデスペルトを蹴り飛ばす。だがそれはパンデミウムの効果で残り少ない手札を削ることになった。

 

それを気にせずに萃香はタロウに光輝くグリッターティガを煌臨させて唯一回復していたもう一体のデスペルトを破壊してしまった。

 

アリス「…無駄よ。フラッシュタイミング!リターンセブンショーグンを使うわ!トラッシュのベルゼビートを再度召喚!さらにそのベルゼビートに煌臨!魔界幻龍ジークフリード・ネクロ!!」

 

ヘラ《…トラッシュにあるコスト0/1/3/6/9のスピリットは……》

 

アリスは淡々とマジックを放ってベルゼビートを蘇生させる。続けてベルゼビートがこれまた仮面を周りに浮かべたドラゴンに変化すると…

 

アリス「トラッシュから召喚!魔界七将ベリオット!最後の闇!魔界七将ベルドゴール!そしてもう一体…!!!」

 

ネクロが持っている魔導書をペラペラとめくり、もう片方の手の杖を一振りする。するとトラッシュに落ちていたベリオットとローブ姿の呪鬼が現れる……

 

アリス《…お母さん…使わせて貰うわよ!!》

 

 

 

 

 

 

回想 第二次春雪異変解決の次の日 魔界 魔界神邸

 

 

弾《…ここか…》

 

上海《…スッゴい豪邸…博麗神社とは桁違いです…》

 

アリス《…それは言っちゃダメ…里帰りも久しぶりね…こんな理由で帰りたくなかったわ……ガチャ…さぁ、入って》

 

この日、アリスは弾を連れて実家に帰っていた。その理由はアリスの母親の魔界神である神綺に援軍を要請するためである。ものすごい大きな豪邸の入口を普通にアリスは開けて弾と一緒に中に入った。

 

アリス《誰か~…私よ~!》

 

???《曲者…って…アリス!?あなた帰ってきたの!?》

 

紅魔館を思い出させる洋風なエントランスで出迎えたのは剣を構えた赤いメイドさんだった。だがアリスの姿を見るや否や殺気が驚きへと切り替わる。

 

弾《…ここの…侍従長か?》

 

アリス《ええ、こちらは私の姉…みたいな人の夢子さん。お母さんに作られた最強の魔界人よ…姉さん、今日は娘としてじゃなくて幻想郷の創界神であるこちら…馬神 弾の付き人として来たの》

 

夢子《…創…界神…!?》

 

アリスが夢子にそう伝えると、夢子の目が再び鋭くなった。どうやら彼女も創界神に良い印象を持っていないらしい。

 

夢子《……今、母さ…神綺様は暇がございません…すみませんがお引き取りくだガハッ!!!?》

 

アリス《そ、じゃあ無理矢理会うわ》

 

早速アリスは神綺の元へ案内を頼むが、夢子は遠巻きに『拒否』した……その瞬間、アリスの上段回し蹴りが夢子の脇腹に直撃した。

 

上海《…ちょっ…!ママ!》

 

アリス《弾、行って…姉さんは私がどうにかする》

 

夢子《ぐ…!アリス…!あなた正気!?》

 

弾《……いや…その必要は無さそうだ…》

 

上海が止めるのを無視してアリスは弾に先に進むよう促す。しかし弾は正面の大階段から降りてくる気配を感じ取り、足を止めた。

 

神綺《夢子ちゃん、通してあげて》

 

夢子《母さん!?で、ですが…》

 

神綺《彼は特別よ。それに……かなりの案件みたいね…》

 

階段の手すりに手を添えながら降りてきたのはこの屋敷、いや世界の支配者の神綺本人だった。以前幻想郷に来たときとは違う、風格は一世界を治める創造主の威厳を感じさせた。

 

神綺《立ち話もなんだし…お茶でもいかが?》

 

 

 

 

 

 

 

同日 応接室

 

 

弾《…と言う訳なんだ》

 

神綺《…ズズズ…なるほどね…》

 

弾の話を聞いた神綺は目の前の四角いテーブルにティーカップを置くと、目を閉じてなにやら思案し始める。その様子を向かいに座った弾、アリス、上海、そして神綺の後ろに控えている夢子はじっと神綺の返答を待った。

 

神綺《…可能でもあるし…不可能でもあるわ》

 

アリス《…は?》

 

弾《…へぇ……つまり手を貸すからこちらにも協力しろって?》

 

神綺《ええ、正直なところ…魔界でも謎の『歪み』が起こっているのよ。その対応に私達は精一杯……だけどあなた達の望みと私達の望み…その両方を叶える手段があるわ》

 

神綺の曖昧な返答に弾は不適な笑みをこぼす。二人とも笑ってはいるが、お互いの出方をうかがっているよう…その様子にアリス達は改めて二人の格を思い知った。

 

上海《その手段とは?》

 

神綺《それはね……

 

 

 

 

アリスちゃんが魔界神になって弾君に仕えればいいのよ

 

アリス《……は…?》

 

上海《…へ…?》

 

弾《……なるほど。要するにオレの『分神』でアリスに力を分け与えることで、魔界にもオレの力を供給する…と?》

 

神綺《…うふふ…あなた本当に十代?まるで八雲 紫とかと話してる気分よ…》

 

アリスや上海を放置して(夢子は絶句状態)弾の悟ったような風格に神綺は妖しい笑みを浮かべる。一瞬の沈黙の後、ようやくアリスが再起動した。

 

アリス《ちょちょちょ!お母さん!どういうことよ!?》

 

神綺《簡単よ。魔界に限らず『神』と言うのは住む世界や受ける信仰によって力を増すわ。でも反対に…()()()()()()()()()()()()()()()()()()()とも言えない?》

 

アリス《…だから魔界神になった私が弾の下、つまり加護を受けることは魔界にも良い影響を及ぼす…》

 

神綺《そういうことよ。でももう一つ理由があるわ…アリス、私の娘達の中で一番あなたが…ヤンチャしてるからよ♪》

 

アリス《…はぁ?》

 

カリスマオーラ溢れる佇まいで喋っていた神綺が一気にアリスの緊張の糸をほぐした。当の神綺はいつものほんわかした表情で続きを話し出す。

 

神綺《だってぇ~…アリスちゃんより強いのはもう夢子ちゃんだけだし~…でも夢子ちゃんは創界神嫌いだから弾君に仕えろ!なんて言えないじゃない?》

 

アリス《…まぁ…それは言えてる…》

 

夢子《……は!母さん本気!?百歩譲ってアリスを魔界の神にすることは良いわ!今魔界は人手不足だし…でも創界神の下につかせると言うのは…》

 

顎に手を当てて神綺はそうぼやくとさらに遅れて復帰した夢子が後ろから神綺に進言する。

 

神綺《大丈夫よ…それに…彼のおかげでアリスは変わったわ。幻想郷の危機にもし前のアリスなら「関係ないし」ってすぐ魔界に帰ってきてたわよ…でも実際は…》

 

弾《…いい娘さんだよ。それにヤンチャな友達もいるし》

 

アリス《…ちなみに…それどっちのこと?》

 

弾《両方》

 

上海《あ!霊夢さんと魔理沙さんですね!》

 

神綺《え!?アリスちゃん、あの二人とお友達になったの!?昔からぼっち…ゲフンゲフン…一人だったのに!?》

 

弾の『友達発言』に加えて上海の追撃、最後には神綺の驚きのぶっちゃけ話にアリスはそのまま額をテーブルに押しつけた。さらにアリスの脳内は「究極の魔法よ!」とかカッコつけてた黒歴史で埋め尽くされていた。

 

アリス《…ぅぅ…別に…ちょっと人と話すのが苦手だっただけなのよぉ~…》

 

神綺《あらあら…今言った通りアリスは幼い頃他人と距離を取り、人形作りだけにしか目を向けませんでした。ですが幻想郷はそれを変えてくれました。だから私はアリスの更なる成長とその恩のために協力しましょう》

 

アリス《…お母さん……》

 

神綺の今度は『母親』としての話にアリスは顔をあげる。神綺の微笑みにアリスは照れ臭くなって思わずサッと目を伏せた。

 

弾《…どうする?最後に決めるのはお前自身だぞ?》

 

アリス《…良いわ!そろそろお母さんにも楽させてあげたいと思っていたところだし!》

 

神綺《…そう…ならこれを…》

 

こうしてアリスは魔界神としての力を神綺から分け与えられた。その時に神綺から貰った一枚をアリスはデッキに仕込んでいたのだ。

 

 

 

 

アリス「…行くわよ!パチン!」

 

ヘラ《…アリスちゃん…!いつの間に『分神』しとったん!?》

 

萃香「…っ!?」

 

アリスは指を鳴らすと身体から弾の神力が溢れ出す。鮮やかな金髪はまるで意思を持っているかのように伸び、腰まで到達する。青のノースリーブは紅色に染まり、背中には神綺と同じ白い六枚の羽が生えてきた。

 

アリス「まだネクロの効果は続いてる!ノーコスト召喚!魔界を統べる神!魔界神デスフェルミオン!召喚時効果でグリッターティガのレベルコストをプラス3するわ!!」

 

ヘラ《…クルッ……デカっ!?》

 

アリスの後ろにいるヘラよりさらに後ろ…何もない虚空からズズズと大きな魔神が現れる。下半身はヘビ、腰には二つの山羊の頭蓋骨、背中には金色の装飾、紫の鎧に四本の腕、そのうち二本の腕には紫煙の剣が握られていた。

 

現れたデスフェルミオンはグリッターティガの前に立ちふさがると、剣を持っていない手で魔法陣を編んでグリッターティガに放った。魔法陣に囚われたグリッターティガはそのままじたばたしながら消滅していった。

 

萃香「…創界神のウルトラマンの効果は…ってか同じ状態で残るなら結局消滅かい…ターンエンド」

 

アリス「決めるわよ!メインステップ!デスフェルミオンとネクロをレベル2へ!アタックステップ!行きなさい!デスフェルミオン!!」

 

ヘラ《アタック時効果でロッソ フレイムのコアを除去!》

 

萃香「…へっ…私の敗けだ…!こい!ライフで受ける!!」

 

ウルトラマンロッソ フレイムのコアを吸収し、デスフェルミオンの剣が残った萃香のライフを×の字に切り裂いた!!

 

萃香「…あ!?…が!……ぐへっ…!!」

 

アリス「…よっと…パシッ!…」

 

アリスは吹き飛ばされた萃香に糸を伸ばすと、創界神のウルトラマンのカードを絡めとり、弾の神力でカードを浄化した。

 

 

 

 

 

 

魔理沙「魅魔様!しっかり!」

 

アリス「……単に気絶してるだけよ。弾、終わったわ。はいこれ」

 

弾「無事で良かったよ……ん?」

 

倒れている魅魔に駆け寄る魔理沙(隣の萃香は無視)とは対照的にアリスは弾に確保したカードを渡した。すると弾は神社の奥から歩いてくる気配を感じて振り返る。

 

霊夢「…はぁ…はぁ…敵襲よね…?…戦わないと…」

 

蓮子「霊夢さん!まだ安静に!」

 

紫「…その身体じゃあバトルできないわよ」

 

入ってきたのは寝間着姿のままお祓い棒を杖がわりにした霊夢だった。まだ病み上がりの彼女に蓮子をはじめとした一同は駆け寄ってなだめた。

 

特に紫は未来世界で負傷した弾を重ねたのか、重々しい表情だった。

 

魔理沙「おいおい霊夢、敵ならそこでぐっすりおねんねしてるぜ」

 

アリス「…つまりもう終わっちゃったわ」

 

霊夢「……なんだ…はぁ~……」

 

魔理沙とアリスが霊夢にそう伝えると、霊夢は一気に脱力してその場にへたり込んだ。やはり無理を押して起きてきたようだ。

 

魔理沙「…ったく…私達がついてるんだ!お前も少しは休め!」

 

アリス「…変に無茶すればかえって悪くなるだけよ」

 

霊夢「……わかった…」

 

二人の言葉に霊夢は不服そうながらも頷いた。萃香が倒れたことで、集まっていた妖気は霧散していく…それは一時的だが異変の終わりであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

『分神』アリスは「金髪ロング」「赤いノースリーブ」「神綺のような六枚羽」が特徴になります。神綺の娘だから魔界神の素質ぐらいあると思ったので、神綺っぽくしています。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。