東方星神録   作:あんこケース

191 / 221
受験シーズンですね。がんばれ受験生!


暗黒テスト追試

舞「こっちから行くよー!メインステップ!バーストセットしてエゾノ・アウルを召喚!ターンエンド!」

 

舞のフィールドに翼がタービンの白フクロウが現れる。

 

フラン「メインステップ!ナヴァラサドラゴンを召喚!アタックステップ!ナヴァラサドラゴンでアタックだよ!手札を一枚手元に置いて二枚ドロー!」

 

舞「もう?まぁ良いけど!ライフで受ける!バースト発動!氷のドラゴン!爆氷の覇王ロード・ドラゴン・グレイザー!

 

フランは足が触手状のドラゴンを呼び出して攻撃させる。ナヴァラサドラゴンは尻尾の蛇で舞のライフを砕くが、舞のバーストから氷の剣士ドラゴンが現れた。

 

フラン「ふーん…ターンエンド」

 

舞「メインステップ!ラクーン・ガードを二体召喚!さらにグレイザーをレベル2にアップ!!」

 

舞は勢いに乗って小さな機械の白獣を二体連続召喚する。グレイザーも剣を振り上げて雄叫びを挙げた。

 

舞「アタックステップ!グレイザーとエゾノ・アウルでアタック!」

 

フラン「どっちもライフで受ける!」

 

グレイザーの剣、エゾノ・アウルの風起こしがフランのライフを二つ砕いた。

 

舞「えへへ…ターンエンド!」

 

フラン「…んー…メインステップ。まずはシヴァを配置してコア二つ置く…そして死神壬龍ジェット・ザ・リッパーをレベル2で召喚!」

 

シヴァ《…あ…そのスピリットは…》

 

フランは手札を見て考えたあと、シヴァに続けて大きな鎌を持ったドラゴンを召喚する。シヴァはなんとなーくフランのやりたいことを察した。

 

フラン「ナヴァラサドラゴンをレベル2にしてアタックステップ!ナヴァラサドラゴン!もっかいアタックだよ!手元を増やして二枚ドロー!」

 

舞「これもライフ!」

 

再びナヴァラサドラゴンが飛び出すと、口から紫煙の炎を放って舞のライフをさらに砕いた。

 

フラン「ターンエンド!」

 

舞「…よし…メインステップ!ジェット・レイを召喚してグレイザーに合体!そのままレベル2!!」

 

舞は今引いたであろうカードをグレイザーにダイレクトで合体させる。現れた機械のエイが空中を泳ぎ、グレイザーは剣を口に咥えると、ドラゴンからエイのような身体に変化した。

 

フラン「…ダサっ!」

 

舞「…言ったな!!アタックステップ!合体アタック!!」

 

フラン「フラッシュタイミング!手札から時空の破壊魔龍ラクタ・ヴィージャ!直ちにバトルを終わらせるよ!!」

 

フランのダサイ発言に怒った舞はグレイザーに攻撃を命じる。対してフランは手札を切ってフィールドに黒い裂け目を生み出すと、一体の破壊魔龍を呼び出した。

 

ラクタ・ヴィージャは手のひらを飛んできたグレイザーに向け、衝撃波で舞のフィールドに押し返した。

 

舞「あ…ライフを削りきるには数が足りない…ターンエンド」

 

フラン「…ドローステップ……アハッ…メインステップ!暗く深き闇より来たれ!紫を纏いし龍皇よ…!辰の十二神皇ウロヴォリアス!召喚時効果で封印!」

 

シヴァ《…やっぱりソイツか…!》

 

フランが一枚のカードをフィールドに出すと、地面に紫色の亀裂が走る。そして硬い大地を突き破って一体の紫魔龍が雄叫びをあげながら現れた。

 

さらにウロヴォリアスの力でフランのソウルコアがライフに吸い込まれた。

 

フラン「…ニヤリ…ターンエンド!」

 

舞「…なーんだ…アタックしてこないのか…スタートステップ」

 

シヴァ《ウロヴォリアス!呪縛だ!》

 

シヴァの声に呼応してウロヴォリアスが身体から紫色の龍を放ち、舞のスピリット達を拘束する。グレイザーは自身の『重装甲』で防いだが、残りの三体は完全に身動きがとれなくなった。

 

舞「な、なにこれ…!?」

 

フラン「…ウロヴォリアスはね…相手の各ステップ開始時にスピリットのコアを一つずつトラッシュへ置けるんだよ?エゾノ・アウルのコアを指定」

 

舞「あ!でもグレイザーはイタッ!!?」

 

舞の言葉はエゾノ・アウルが消滅したところで途切れる。なぜならそのタイミングでジェット・ザ・リッパーが妖しく光り、フランが右手で何かを握り潰す動作をすると、音を発てて舞のライフが砕け散ったからだ。

 

フラン「そしてジェット・ザ・リッパーはね…『死竜』スピリットが相手のスピリットを消滅/破壊した時、ライフを一つどっかーんできるんだよ?まずはひとぉぉつ……」

 

舞「そ、それって…!つまり…!」

 

フラン「…あなたのターンだよ?」

 

舞「…こ、コアステップ…ぎゃ!!」

 

ウロヴォリアスの呪縛がさらにラクーン・ガードを一体消滅させ、フランが今度は左手で拳を握る。すると舞のライフが再び爆発霧散した。

 

フラン「ふたぁぁつ…さぁ…最後だよ?」

 

舞「ひ…!ドロー…ステップ…」

 

フラン「みぃぃぃつ…きゅーとして…どっかーん…!!」

 

最後に残っていたラクーン・ガードが消滅し、フランが両手をバンっと叩く。そのまま舞の最後のライフも粉々に消し飛んだ!

 

 

 

 

 

魔理沙「ほぉ~…暗黒テスト追試ってか?」

 

里乃「テスト?まだ御師匠様は人を探してないよ?メインステップ!ワン・ケンゴーを召喚!そしてバーストセット!」

 

魔理沙の皮肉めいた問い掛けを里乃は真面目に受け止める。その流れで先行を取った里乃は頭に剣がついた犬を召喚した。

 

里乃「ターンエンド」

 

魔理沙「メインステップ!世界の創造主!創界神ロロを配置!神託でコアを一つ置いてターンエンド!」

 

ロロ《暗黒テストってなに!?》

 

対して魔理沙は背後にロロを配置するだけでターンを終えた。暗黒テストの詳細を知らないロロは冷や汗を流していたが…

 

里乃「メインステップ!カグツチドラグーンを召喚!このままアタックだ!アタック時効果で一枚ドロー!」

 

魔理沙「来たな…!ライフで受ける!」

 

里乃が呼び出したのは炎を纏ったオレンジ色のドラゴンだった。カグツチドラグーンは吠えて魔理沙のライフに飛びかかり、火炎放射で一つライフを砕く。

 

里乃「ターンエンド!」

 

魔理沙「…へぇ…メインステップ!エイプウィップを召喚!ソウルコアをコストに使ったので、リザーブとトラッシュにコアを追加!さらにグランドロー!デッキから二枚ドローだ!」

 

魔理沙は淡々とエイプウィップでコアを増やしていく。続けてグランドローを使用して手札も補充した。

 

魔理沙「バーストを張ってターンエンド!」

 

里乃「…ふーん…案外動かないんだ…メインステップ!ネクサス!暗雲射す鬼ヶ島を配置してオーガ・ドラゴンを召喚!召喚時効果で三枚オープンするよ!」

 

里乃の背後に黒い雲が立ち込めている鬼ヶ島が出現し、フィールドには黒い翼の西洋ドラゴンが現れた。そしてオーガ・ドラゴンの効果で里乃のデッキがオープンされていく…

 

里乃「…その中の爆覇炎神剣を回収!アタックステップ!カグツチドラグーンで再度アタック!!ワンドロー!」

 

魔理沙「ライフだ!バースト貰うぜ!丑の十二神皇アバランシュ・バイソン!封印はできないが、召喚してワン・ケンゴーをデッキの下へ!」

 

カグツチドラグーンがもう一度炎を放つ。だが魔理沙もバーストから要塞の水牛が氷を砕いてワン・ケンゴーをバウンスしながら現れた。

 

里乃「十二神皇…!ターンエンド」

 

魔理沙「へへ!メインステップ!吹き荒れる台風!落ちる雷!!超 十二神皇ゲイルフェニックスZをレベル2で召喚!」

 

勢いのまま魔理沙のフィールドに緑の竜巻が吹き荒れる。その竜巻を突き破って六枚羽のサンダーバードが魔理沙の傍らに降りてきた。

 

魔理沙「アタックステップ!ゼファー!ぶっ飛ばせ!封印して雷飛翔を使う!1コストで回復だ!」

 

里乃「ライフ!そしてバースト発動!!炎のドラゴン!爆炎の覇王ロード・ドラゴン・バゼル!召喚!」

 

ゼファーの嘴が里乃のライフをつつき壊すが、里乃のバーストから吹き出した炎が一体のドラゴンを形作ってフィールドに降り立つ。そして腰の刀を抜いて大きく吠えた。

 

魔理沙「うっし!ターンエンドだ!」

 

里乃「さぁて…!メインステップ!バーストセット!そしてバゼルをレベル3に!アタックステップ!バゼルで攻撃ぃ!」

 

里乃は再びバーストをセットし、レベル3にしたバゼルをアタックさせる。バゼルは刀を構えて飛び上がり、里乃のバーストを強制的にオープンさせた。

 

里乃「バゼルの効果!自分の『相手のスピリット/ブレイヴの召喚時効果発揮後』のバーストを発動できる!爆覇炎神剣!一枚ドローしてエイプウィップを破壊!!」

 

魔理沙「…ぜったい何か手札にあるな…ライフで受けるぜ!」

 

里乃のバーストから炎の剣が現れてエイプウィップを切り裂く。そしてレベル3の効果で回復したバゼルが魔理沙のライフを斬り捨てた。

 

里乃「残念、ターンエンド」

 

魔理沙「メインステップ!超・風魔神、そして爆魔神を召喚!超・風魔神をゼファーに、爆魔神をバイソンに合体!」

 

魔理沙は風の異魔神と火山のような熱い異魔神を召喚してゼファーとバイソンに合体させる。

 

魔理沙「こいつで…!とどめだ!光を受けしフェニックス!輝きの神皇ゲイル・フェニックス・オーバーレイ!!超・風魔神、爆魔神と合体だ!」

 

魔理沙の中心に再び竜巻が巻き起こる。だが今回の竜巻は緑の風だけではなく金色の光も逆巻き、現れたのは翼にオーバーレイの銀のアーマーをつけたゲイル・フェニックスだった。

 

そして二体の異魔神がゲイル・フェニックス・オーバーレイに力を注ぎ、翼を銀色に染め上げる!

 

魔理沙「パチン!アタックステップ!羽ばたけ!ダブル合体スピリット!!爆魔神の効果でオーガ・ドラゴンを破壊だ!」

 

里乃「く…!フラッシュタイミング!マジック!絶甲氷盾を…」

 

ロロ《悪いが超・風魔神の効果で手札のカードは使えないぞ!》

 

『分神』魔理沙と同じ銀色のオーラを放出しながらゲイル・フェニックス・オーバーレイが里乃めがけて飛び出す。里乃が使おうとしたマジックも超・風魔神の風が使用を封じ込めた。

 

里乃「ええ!?ば、バゼルでブロック!!」

 

回復していたバゼルが口から炎を放つが、ゲイル・フェニックス・オーバーレイは翼で軽く羽ばたいて打ち消す。そのままゲイル・フェニックス・オーバーレイは翼を銀の刃にしてバゼルをすれ違い様に切り裂いた!

 

魔理沙「バトル終了時2コスト支払って回復!!これで終わりだぁぁぁ!!!」

 

ゲイル・フェニックス・オーバーレイが銀色の鳥になって里乃のライフに突っ込んだ!!

 

 

 

 

 

 

フラン「魔理沙~終わったよ~!」

 

魔理沙「おう!ちょうどこっちも終わったところだ」

 

フラン「よーし!なら早く弾にいさまを助けにいこ!」

 

戻ってきた二人は倒れた舞と里乃を放置して妖精軍団を食い止めている弾達の元へ向かった。

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。