東方星神録   作:あんこケース

194 / 221
唐突ですが、ディオニュソスの酒蔵神殿が紅魔館に見えるのは自分だけですかね?


スキマ…神?

文「…四天王と名乗るのも今日までよ!」

 

幽々子「御生憎。四天王舐めないで…メインステップ。ゴッドシーカー 神華の妖精プリムラを召喚!召喚時効果でデッキを三枚オープン!」

 

幽々子は小さなピンクの妖精を召喚してデッキをオープンしていく。クローバーフィールド、創界神アプロディーテ、そして神華龍皇ジークフリード・アプロダイティ。

 

幽々子「アプロディーテとアプロダイティを手札に。ターンエンド」

 

文「メインステップ!天空鳥ナイルバードを召喚!召喚時効果でデッキを五枚オープンして創界神ホルスを回収です」

 

デッキをサーチする幽々子に文もデッキをめくる。天空勇士セメン・バード、天空勇姫ネフェルス、創界神ホルス、天空鳥キジバトゥーラ、そして天空双剣ホル=エッジ。

 

文「ホルスを手札に加えてそのまま配置!神託を使い、コア二個を置くわ。ターンエンド」

 

ホルス《…………》

 

フィールドの小さな小鳥の効果で手札にきたホルスが文の後ろに現れる。

 

幽々子「メインステップ。バーストをセット。咲き誇れ!創界神アプロディーテを配置!神託によりコア三個を追加。さらに神華の妖精アザレアを召喚!」

 

アプロディーテ《私達の華はそんな風では散らないわ。アザレアの召喚時効果で手札のベラドンナフィールドを置いて二枚ドロー!》

 

アプロディーテに続いてフィールドに赤髪の妖精がベラドンナの花畑を咲かせながら現れた。

 

幽々子「ひとまずターンエンド」

 

文「…フム…メインステップ。バーストをセットして召喚!天空神皇バッジー・ペセド!召喚時効果で自身とホルスにコアブースト!さらに天空勇姫ネフェルスを召喚!もうコアを二個増やすわ」

 

文は棺桶の爪鳥と鎧姿の野鳥を呼び出して次々とコアを増やしていく。ホルスにも順調にコアが貯まっていった。

 

文「アタックステップ!ネフェルスでアタック!」

 

幽々子「ライフよ」

 

ネフェルスが優雅に空を舞い、風を引き起こして幽々子のライフを砕いた。

 

文「…ここでターンエンドです」

 

幽々子「…ホルスがレベル2になる前に攻めたいわね…メインステップ!ガーデニアフィールドを使って一枚ドロー…さらに美神霊杖バタフライ・エフェクトをアプロディーテにダイレクト合体よ!」

 

アプロディーテ《…パシッ!そしてガーデニアフィールドに煌臨!美しき神華の龍皇!神華龍皇ジークフリード・アプロダイティ!》

 

幽々子はホルスのコアを警戒して白い花を咲かせる。さらにガーデニアの華をアプロディーテは手にした杖を光らせ、一体の龍皇に変化させた。

 

幽々子「アタックステップ!アプロダイティでアタック!効果で手札のオニユリフィールドをノーコストで使用!」

 

アプロディーテ《バタフライ・エフェクトの効果でその効果をもう一度使うわ!これでバッジー・ペセドとネフェルスをデッキの下へ!》

 

アプロダイティが甲高く嘶いてオニユリの花が花畑に加わり、バッジー・ペセドの力を吸いとってバウンスさせる。アプロディーテもバタフライ・エフェクトをクルクル回してネフェルスの力を奪って消し去った。

文「…く…!ライフで受ける!」

 

アプロダイティが身体をくねらせて近づくと、翼から光弾を放ってライフを破壊した。

 

幽々子「これで射程には入ったわ。ターンエンド」

 

文「…メインステップ!乙の白騎士アルパイン・ビット、そして神世界に吹く神皇の風!天空神皇ゲイル・フェニックス・ホルス!!レベル2で召喚!!」

 

文のフィールドに怪鳥にまたがったウサギの騎士、さらにホルスを中心に起こった竜巻から天空鳥の鎧姿のゲイル・フェニックスが羽を撒き散らしながら降りてきた。

 

幽々子「…あら…封印でライフが増えてしまうわね…」

 

文「アタックステップ!ゲイル・フェニックス・ホルスでアタック!封印を使って神飛翔!ホルスのコアを一つ置いて回復!とどめに旋風でプリムラとアザレアを重疲労させる!」

 

ゲイル・フェニックス・ホルスが風でプリムラとアザレアを地面に伏せさせる。さらにホルスのエネルギーを吸いとってゲイル・フェニックス・ホルスは力強く羽ばたいた。

 

幽々子「ライフで受ける。ライフ減少によりバースト発動!神華の妖精女王マリーゴールドの効果でオニユリフィールド!手札に戻しつつ発動よ!」

 

アプロディーテ《これもバタフライ・エフェクトの効果が乗るわ。これでゲイル・フェニックス・ホルスはデッキ下に返る!》

 

ゲイル・フェニックス・ホルスが嘴で幽々子のライフを砕くと、黄色い女王の妖精がオニユリの花を散らして現れる。アプロディーテがその散ったオニユリをバタフライ・エフェクトに纏わせ、ゲイル・フェニックス・ホルスめがけてぶちまけた。

 

そして大量のオニユリの花びらに包まれてゲイル・フェニックス・ホルスが文のデッキ下へ戻っていった。

 

文「…ち…アルパイン・ビットでアタック!効果でトラッシュのコアすべてをアルパイン・ビットに戻すわ!さらにホルスの神技をコア一つで使用!!」

 

アルパイン・ビットがコアをすべて戻し、レベル2のホルスが風を使って文のデッキを三枚めくる。その中の一枚のアルティメットを文は呼び出した。

 

文「召喚!!天空の双璧イネブ・ヴァルチャー!効果でアプロダイティとマリーゴールドを重疲労!」

 

幽々子「ならもう一度オニユリフィールドを使うわ。アルティメットに対してはBPマイナス効果は倍よ」

 

文がゲイル・フェニックス・ホルスにも匹敵する大きさの天空鳥を召喚してアプロダイティとマリーゴールドも地面にへばりつかせた。

 

文「…でも今のイネブ・ヴァルチャーはレベル5!BPは26000!例えオニユリフィールドが神話ブレイヴで二発になろうとも耐えられる!!」

 

幽々子「…うふふ…あはははは!!」

 

文「な…!?」

 

オニユリが再びフィールドに咲き始める中、文の言葉を幽々子は笑い飛ばす。幻想的な景色を背景に亡霊の幽々子の笑みは非常に艶やかで…不気味だった。

 

文「…何がおかしい!?」

 

幽々子「だって()()()()あなたはこんなミスしないもの!四天王(わたし)を倒すことに気を取られ過ぎたみたいね」

 

文「…はぁ?」

 

幽々子「…コンコン…これよこれ…序盤に置いたベラドンナフィールド…忘れてない?」

 

文「……あ…」

 

幽々子の指摘に文はハッと我に返る。ベラドンナフィールドがフィールドにある間、BPマイナス効果がさらにマイナス1000されるのだ。

 

幽々子「つまりオニユリフィールドは一回でBPマイナス13000…バタフライ・エフェクトで倍になれば計26000までバウンスできると言うことよ。アルパイン・ビットはライフで受けるわ」

 

アプロディーテ《だからイネブ・ヴァルチャーも射程範囲内よ!》

 

召喚されたばかりのイネブ・ヴァルチャーがオニユリに力を奪われて消えていく。アルパイン・ビットの槍が幽々子のライフを貫いたが、文はこれ以上攻める気が起こらなかった。

 

文「…ターンエンド…」

 

幽々子「メインステップ。神華の花畑に舞う神妖精!神華聖霊アプロ・ウラニアーを召喚!!召喚時効果でナイルバードをBPマイナス8000!」

 

アプロディーテ《ナイルバードは破壊できないけど…疲労はできるわよね?さらにバタフライ・エフェクトを合体!》

 

アプロディーテがふぅ~と息を吹きかけてフィールドの花びらを飛ばす。そして花びらが一体の神妖精を形成してフィールドに舞い降り、アプロディーテから投げ渡されたバタフライ・エフェクトを掴んで構えた。

 

幽々子「アタックステップ!舞え!アプロ・ウラニアー!オニユリフィールドを疲労させて回復!さらにアプロディーテのコアを二個置くことで、黄色シンボルを増やす!」

 

文「再びホルスの神技を使用!そしてめくられた天空鳳凰ホル=アクティで」

 

アプロディーテ《フラッシュタイミング!アイリスフィールド!効果は不発、でもバタフライ・エフェクトの効果は発動するわ。ブロックされなくなるのよ♪》

 

再び吹き荒れたホルスの風からホル=アクティが飛び出してアタックしてきたアプロ・ウラニアーを迎え撃とうとする。しかし咲いたアイリスに呼応したバタフライ・エフェクトがホル=アクティを弾いてブロックをさせなかった。

 

文「…ぐぅ…!ライフで受ける!」

 

アプロ・ウラニアーがバタフライ・エフェクトを文のライフに叩きつける。

 

幽々子「散りなさい。アプロ・ウラニアー!!」

 

回復したアプロ・ウラニアーが花畑からエネルギーを吸収して極太ビームをぶっぱなした!!

 

 

 

 

 

 

一方その頃 スキマに落っこちた小町と紫は…

 

小町「…あんたとバトスピ(カードバトル)なんて…勝てる気がしないよ…」

 

紫「あら?物事に100%はないのよ?」

 

小町「…限りなく低いってことだい…メインステップ。バクモンを召喚してデッキを二枚めくるよ」

 

スキマ内で紫に逆らうのはNGだと踏んだ小町はカードバトルの提案を飲んだ。小町が初手に出したのは小さな獏のスピリット、その召喚時効果でデッキが二枚オープンされる。

 

小町「その中の『究極体』を持つベルゼブモンを手札に入れて後はトラッシュへ。ターンエンドだよ」

 

紫「メインステップ。ゴッドシーカー 超星使徒ペルディーダを召喚。こちらもデッキをめくらせて貰いますわ」

 

対する紫が召喚したのは片手に分厚い本を持った司祭ドラゴンだ。ペルディーダの効果で紫のデッキから、魔界竜鬼ダークヴルム、超星使徒コーディリア、そしてとあるカードがオープンされた……

 

紫「…!…よって二枚を手札に。そして…ヴィオレ魔ゐー魔族sideー配置!!神託を使ってコアを三個置くわ」

 

小町「…は!?」

 

紫が回収したカードを場に出すと、紫の身体が輝いて『分神』状態へと変わる。だが自身の創界神カードを出したことに小町は驚きを隠せなかった。

 

紫「あら?私も弾と同じように『神々の砲台』の力で『時空』を越えたのよ?なら創界神の素質があってもおかしくないでしょう?」

 

小町「………」

 

紫「ターンエンド」

 

小町「…メインステップ。バーストを張ってピコデビモンを召喚だ。そして一枚ドロー」

 

小町は気を取り直して小さなコウモリのスピリットを召喚してデッキから一枚ドローする。だが『進化』するにはコアが足りず、小町はターンを紫に返した。

 

紫「メインステップ。星よ!流星となって降り注げ!龍星皇メテオヴルムXを召喚!さらにバーストをセット」

 

小町「…星の龍かい…あんた達のシンボルだねぇ…」

 

紫「ええ。アタックステップ!龍星皇メテオヴルムで攻撃!激突!!」

 

空から落ちてきた隕石がフィールドに激突する。そこから出てきたメテオヴルムが炎に包まれて小町めがけて突っ込んだ。

 

小町「すまないがバースト貰うよ!ケルビモン(悪)を召喚してメテオヴルムXをBPマイナス10000。そのまま破壊だ!」

 

紫「へぇ…便利なバーストね。ターンエンド」

 

小町のバーストから禍々しい紫色の魔神が這い出してくる。そして向かってきたメテオヴルムを豪腕で受け止め、エネルギーを奪い去ってしまった。

 

小町「メインステップ。バクモンをレベル2にして旅団の摩天楼を配置。アタックステップ!『進化』の効果、バクモンを手札に戻すことで、コストを支払わずにデビモンを」

 

紫「うふふ…ゼロカウンター発揮…ノヴァドローの効果でBP合計10000分のスピリットを破壊しますわ」

 

小町「召喚…した瞬間に破壊かい!」

 

小町のバクモンが光りながら腕が槍状の悪魔に変わる…そのタイミングで紫は手札のマジックを放った。そして紫の手札から炎が飛んでピコデビモンと現れたばかりのデビモンを焼き尽くした。

 

小町「…だが手札から1コストで召喚!七大魔王の一柱!ベルゼブモン!召喚時効果でペルディーダのコアを外す!」

 

小町も二体のチリを一つに収束させて革ジャンに二丁のショットガンを構えた魔人を召喚する。現れたベルゼブモンはショットガンでペルディーダを撃ち抜き、消滅させた。

 

小町「まだあたいのアタックステップだ!行け!ベルゼブモン!」

 

紫「ライフで受ける!…ん…!」

 

再びベルゼブモンはショットガンの照準を上げる。今度の弾丸は紫のライフを撃ち抜いていった。

 

小町「ターンエンドだよ」

 

紫「…メインステップ。神星ラニアケア、そして天翔ける創界神アレックスを配置して神託でコア一つを追加、ゴッドシーカー 超星使徒タルボスを召喚してデッキを三枚オープン」

 

アレックス《ええと…その中の超神星龍ジークヴルム・ノヴァXを回収します!》

 

紫は神秘的な惑星とアレックスを配置し、紫色の司祭ドラゴンを召喚して順調にシンボルと手札を増やしていく。

 

紫「さて…これでターンエンドとしましょう」

 

小町「……メインステップ!ケルビモン(悪)をレベルアップしてアタックステップ!ベルゼブモンでアタック!アタック時効果で相手のコアをリザーブに!」

 

紫「タルボスは自身の効果で消滅しません。フラッシュタイミング!マジック!ソウルクランチを使用!さらに私の神技を使い、ケルビモン(悪)のコアを計三個外します」

 

ベルゼブモンはショットガンでタルボスを撃ったが、タルボスはものともせずに残る。しかも紫のスキマの翼が伸びてベルゼブモンを貫いた。

 

小町「…ならチェンジだ!手札のベルゼブモン ブラストモードをベルゼブモンと入れ換える!」

 

紫「…効果は不発のようね。ライフ!」

 

ベルゼブモンの背中に黒い四枚の翼が生え、右手が巨大な陽電子砲へと変化する。しかしチェンジ自体の効果は不発で、結局は紫のライフをまた一つ撃ち抜くだけだった。

 

小町「…はぁ…ターンエンド」

 

紫「メインステップ!神星ラニアケアをレベル2で配置!新たなる光を灯し!希望を再成する創造竜!超神星龍ジークヴルム・ノヴァX!召喚!!」

 

紫の身体から火柱が立ち昇って空に赤シンボルが現れる。そのシンボルが砕けて中からジークヴルム・ノヴァが降り立った。

 

紫「アタックステップ!超神星龍ジークヴルム・ノヴァXでアタック!超界放の効果でアレックスと私のコア計四個をノヴァに置いて、ベルゼブモン ブラストモードを破壊!」

 

アレックス《さらにライフを二つボイドヘ送ります!》

 

小町「…ちぃ…フラッシュタイミング!マジック!デッドリィバランスだ!タルボスは破壊されないからそのデカブツを…!」

 

ジークヴルム・ノヴァが炎を吹いてベルゼブモン ブラストモードを破壊すると、大きく咆哮して小町のライフを二つ消し飛ばす。最後の悪あがきと言わんばかりに小町はジークヴルム・ノヴァを破壊ようとしたが……

 

紫「無駄よ。私のレベル2神域!トラッシュの『超星』カード四枚を除外することで、マジックを直ちに打ち消すわ!さらにラニアケアの効果でノヴァはトリプルシンボル!!」

 

小町「……はぁ…まさか一撃でやられるとは…」

 

ジークヴルム・ノヴァの虹色の光弾が小町のライフに降り注いで残ったライフをすべて砕ききった!

 

 

 

 

 

 

 

幽々子「…ふぅ…紫、戦局はどうなっているの?」

 

紫「ウニョン…後は妹紅が映姫を倒せば終わりよ」

 

倒れた文を尻目に幽々子は何もない所に声をかける。だが紫も長年の付き合いだからか、ナチュラルにスキマから出てきてそう答えた。

 

幽々子「…そう…気のせいなら良かったのだけど…」

 

紫「…なに?」

 

幽々子「…映姫から…テテュスと似たような神力を感じたのよ

 

紫「…!?」

 

幽々子と紫はその言葉に何も言えずに立ち尽くしていた。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。