東方星神録   作:あんこケース

205 / 221
公式さん…創界神ヘカテー…ほしいような…ほしくないような…


幻想郷の神々

戦場 右翼

 

 

 

妖怪達《ギャァァァァァァ!!》

 

蟲忍者《ギィィィィィィィ!!》

 

神奈子「全員一旦退避!」

 

美鈴「了解!!」

 

椛「…バビュンッ!」

 

その頃右翼では蟲忍者達が神奈子率いる一団とぶつかっていた。弾から左翼の指揮を任されていた神奈子の声で美鈴や椛が後方へ飛び下がる。

 

神奈子「…よしよし…調子に乗って追いかけてきた…!魔法部隊!遠距離射撃用意!!」

 

パチュリー「…日符『ロイヤルフレア』!!」

 

アリス「咒詛『魔彩光の上海人形』!!」

 

早苗「蛇符『神代大蛇』!!」

 

妖怪達《ゴガァァァァァァ!!》

 

蟲忍者《ギシャァァァァ!!》

 

後退した美鈴達を妖怪や蟲忍者達は後を追って突き進む。だがそれは神奈子の作戦に見事にはまっていた…下がった者と入れ替わるように三人が前に出て火炎弾、魔法人形、大蛇弾幕を彼らにぶつけたのだ。

 

埴輪兵《……ギギギギ…》

 

式神《ガガガガ…!》

 

神奈子「…ち…壊れても埴輪兵や式神は止まらんか…文!奴らの足元を崩せ!!」

 

文「はっ!風符『風手裏剣(ジェットシュリケン)』!」

 

だが機械じみている埴輪兵や式神は身体の一部が壊れていてもなお神奈子達に向かってくる。すると戦場の上空から文が風の手裏剣をばらまいて埴輪兵と式神達の足元に攻撃した。

 

移動用の足を壊されて両者は地面に倒れ込んだのを見て、神奈子は次の指示を飛ばす。

 

神奈子「…すまんが…二童子!私の力を増幅できるか?」

 

舞「…御師匠様のご命令だ!」

 

里乃「勝手にしろぉ!」

 

神奈子の背後にクレイジーバックダンサーズ…二人の童子が現れて不気味な舞いを披露する。その躍りは神奈子の生命エネルギーを格段に高めていった。

 

神奈子《……………》

 

神奈子は腰を落としてエネルギーを蓄えていく。その瞬間、脳内にあったのはとある言葉……弾から言われた一言だった。

 

 

 

 

 

それは何気なく神奈子がぼやいた言葉がきっかけだった。ある日、守矢神社の信仰の集まりが低く、昼間っからやけ酒して悩んでいたときである。

 

早苗《神奈子様~!弾様が来られまし…た……》

 

神奈子《ああんっ!?…ヒックッ…だぁんが来たってぇ~!?えんそーきょー1のひんこーを得やがったおに…まぁだ求むるかぁ~!!》

 

早苗《か、神奈子様ぁぁ!?》

 

弾《…チラッ…出直そうか?》

 

守矢神社の茶の間にあるちゃぶ台に大量の酒瓶を転がして神奈子は完全に出来上がっていた。弾を案内していた早苗は慌てて宥めようとするも、もはや呂律が回っていない。

 

神奈子《あー……ぬぁ弾~!うあやますぃーぞ!…お前さんはぬわぁんで何も宣伝してないのに『信仰』が集まるんだぁ~?》

 

弾《…いや……逆に『信仰』を求めないから…『信仰』が集まるんじゃないのか…?》

 

神奈子《はぁぁん!?どーゆーこったよぉ!?》

 

早苗《神奈子様!落ち着いて…!》

 

部屋の入口に立っている弾の言葉に神奈子はふらふらしながら立ち上がる。

 

弾《…人が信仰…つまり感謝するのは助けて貰ったから、しかも何もこちらが得ようともしないときなんじゃないか?》

 

神奈子《…おおーん…?》

 

弾《もし助けてやるから何かを要求するんだったら、それはただの商売だ。俺にとって信仰はただのオマケ、それを見返りとして求めたら、それは神として失格だぞ

 

神奈子《…………》

 

最後の弾の言葉は泥酔状態の神奈子を一気に現実に引き戻すほどの衝撃を与えたのだった。それは昔…諏訪子と戦った時にはあった『神』の責務を神奈子に思い出させた。

 

 

 

 

神奈子「…ったく…若者に諭されるとはねぇ…良いだろう!我が命運!幻想郷の主神に任せよう!」

 

アレス《…む!神奈子!これを使え!》

 

腰を落としたまま神奈子の神力に別の神力が混じり始める。それは星神の、弾の神力…それは神奈子の姿をまるで旧日本軍の将校のように変え、いつもの赤い上着に注連縄を背負っていた。

 

さらに体内のアレスの力も現れて神奈子の手に神話ブレイヴ『破城斧槍ランパートブレイカー』を握らせた。

 

神奈子「…地震『天地鳴動』!!」

 

バゴォォォォォォォォォォンッッ!!

 

埴輪兵《ボガァァァンッ!!!》

 

式神《ドガァァァァァンッ!!》

 

椛「くぅ…ザザザ…!」

 

文「あやややや!!?」

 

アリス「…っっ!すごい揺れ…!!」

 

神奈子がランパートブレイカーに纏わせたエネルギーを敵中央へ投げつけ、それが超巨大な振動になっ埴輪兵や式神達を粉砕していく。その威力足るや大気がひび割れ、後ろにいたはずの文達の方にも余波が飛ぶほどだった。

 

神奈子「…あとは…お前だけだな。埴輪兵長、杖刀偶 磨弓?」

 

磨弓「…ハァ…ハァ…ま、まだだ……!」

 

壊れた埴輪兵達を掻き分けて神奈子の前に躍り出たのは埴輪兵長の磨弓だ。だがその身体は既にボロボロで、今にも壊れそうだった。

 

神奈子「…全員残りの敵を駆逐したら…他の所へ援護に。私はこいつをしばいてから行く」

 

文「…わかりました」

 

パチュリー「…ふぅ…まだまだいるのね…」

 

神奈子と磨弓の近くを文達が駆け抜けて残っていた妖怪達を倒しにかかる。そして神奈子自身はランパートブレイカーをカードに戻して取り出したデッキにしまった。

 

神奈子「…こい…!」

 

磨弓「…!」

 

 

神奈子 磨弓 「「ゲートオープン!界放!!」」

 

 

 

 

 

 

 

戦場 中央部 隠岐奈VS豊姫

 

 

 

隠岐奈「ぐへぇ…!ズザザ…」

 

豊姫「遅い。ドカッ!」

 

隠岐奈「ぶはっ…!ゴロゴロ…」

 

隠岐奈と豊姫の戦いは終始豊姫有利で進んでいた。豊姫は『海と山を繋ぐ程度の能力』によって隠岐奈の死角へ移動しながら光弾にぶつけていく。

 

隠岐奈が攻撃するのを豊姫がかわして後ろに回り込み、豊姫の攻撃が隠岐奈に大なり小なり当たって隠岐奈が後退する…この繰り返しで戦いが繰り広げられた。

 

隠岐奈「…くそぅ…この私が後ろを取られるとは…!」

 

豊姫「所詮、八百万の神にも含まれない三流神。たいしたことないわね」

 

隠岐奈「…この…秘儀『マターラドゥッカ』!」

 

片膝をついて隠岐奈は豊姫の周りに弾幕を生成して放つ。次々と豊姫に光弾が襲いかかるが……彼女は全く動じず右手の扇子をパッと広げた。

 

豊姫「…約束『海陸相通わしめし中道』!」

 

そして豊姫が扇子を振るとどこからか水が発生し、隠岐奈の弾幕をすべて飲み込んでしまった。

 

隠岐奈「…まじか…」

 

豊姫「散りなさい、バサッ!」

 

ビュォォォォォォ!!!!

 

隠岐奈「どわぁぁぁぁ!!?…ふんっ!まだまだぁ!」

 

さらに豊姫が扇子を振り、吹き荒れた大風が隠岐奈を月の地面もろとも吹き飛ばす。隠岐奈の身体はまるで水石のように地面を跳ねていくが、何度豊姫の攻撃を食らっても隠岐奈は立ち上がり、倒れることはなかった。

 

豊姫「ちっ…しつこい…そういう所は千年前と変わらないわね」

 

隠岐奈「おぉ、それは覚えていてくれましたか?」

 

豊姫「ええ、無様に私に負けたあの姿をね」

 

二人は『第一次月面戦争』の件について皮肉混じりに話している。どうやらその時も隠岐奈は豊姫と戦い、そして敗れたようだ。

 

豊姫「…あなたに問う。なぜ八意様を利用してまで…この地に、屈辱的な敗北を喫した月面に戻って来た?」

 

隠岐奈「…へへっ…なぜかって?…星が導いたからさ」

 

豊姫「…答えになってないわ…!」

 

苛立ちを募らせる豊姫とは対照的に隠岐奈の顔から笑みがこぼれ落ちる。そして隠岐奈は果てしない宇宙に広がる星空を指差して言葉を続けた。

 

隠岐奈「私も星神の端くれだ。星空は太陽も月も包む愛と平和の象徴!私はその願いの元ここに来たのだ!月の都を悪神から解放する!!」

 

トト《…フフ…ずいぶんもったいぶったね…やろうと思えば『分神』できたけど…》

 

弾の…星神の力を一番強く受けていた隠岐奈は自らの意思で力を増幅させる。オレンジ色の狩衣は夜空の如く黒く染まり、『分神』咲夜とは違って太陽系の惑星が浮かんでいた。

 

豊姫「く…!どこから…こんな神力を…!?」

 

隠岐奈「うちの主神からさ!秘儀『絶対秘神の威厳』!!」

 

豊姫「ドサッ!がはっ……!?」

 

そう言って隠岐奈が手を豊姫の方にかざす。すると豊姫の身体が何かに押し潰されたように地面に倒れ、動けなくなった。

 

隠岐奈「お前さんの能力はうちの軍医(永琳)から聞いている。お前さんは気で空気のトンネルを作り、その中を超高速で移動してるんだろう?」

 

豊姫「…ズズズ…ぐぅ…!…ズズズ…」

 

隠岐奈「月から地上まで大軍すら移動させるのは大したもんだ。だが…その『気』のトンネルを形成させなきゃどうしようもない…だから私の得意技『重力干渉』で叩きのめしたのさ」

 

隠岐奈の言葉を豊姫は何も返事を返さなかった。だがそれは隠岐奈の指摘が間違っていないことを証明しており、現に豊姫自身は瞬間移動どころか指を動かすこともできていない。

 

隠岐奈「さぁ…!堕ちな!星符『重力支配(ゼロジースロー)』!」

 

豊姫「…フワッ…な!?ドガンッ!ごふっ…!ドガンッ!」

 

今度は豊姫の身体がまるで鳥の羽の如く浮き上がり、再び地面に打ち付けられる。さらに隠岐奈が腕を振るとそれに反応して豊姫の身体も華麗に空を舞い、三度地面を転がった。

 

隠岐奈「どうだ?はじめて味わう土の味は?」

 

豊姫「…お、おのれ…!ならこれで…!」

 

隠岐奈の挑発を豊姫は能力で鮫型のバズーカを取り出す。そのまま銃口から青いエネルギー球が隠岐奈にぶっぱなされたが、そんなのもどこ吹く風…隠岐奈はただニヤリと笑うだけだ。

 

隠岐奈「…スゥ…『重力支配(ゼロジースロー)…水晶占い!』」

 

その時不思議なことが起こった。隠岐奈が両手のひらを豊姫のエネルギー球にかざすと、絶妙な力加減でエネルギー球が水晶球のように空中に浮かんだのだ。

 

隠岐奈「…ん~…悪いが…クーリングオフ!返品だ!ブンッ!」

 

豊姫「!?跳ねかえっ」

 

その言葉の先を豊姫は言えなかった。隠岐奈がマジックばかりに浮かせたエネルギー球を豊姫めがけて投げ返してきたのだ。豊姫はこの戦いで何度目かわからない、数秒間の空中散歩を味わうことになった。

 

隠岐奈「…ようし…デッキを構えな!」

 

豊姫「…ハァ…まだまだよ…!」

 

 

隠岐奈 豊姫「「ゲートオープン!界放!!」」

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

本日は豪華二本立て!『分神』神奈子様は『紅色の旧日本軍将校服』です。軍神なので軍服が似合うと思ったからッス。

『分神』隠岐奈様は『太陽系の惑星が描かれた黒い狩衣』です。ウォズの銀河ファイナリーみたいに重力を操ります。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。