東方星神録   作:あんこケース

208 / 221
お待たせしましたぁ~!


バトル開始!

磨弓「…覚悟しろ…!」

 

神奈子「…お前さんがね。メインステップ!天騎士ナミテントウを召喚してコアを追加!さらにデッキを四枚オープンする!」

 

先行を取った神奈子はてんとう虫の騎士を召喚してコアブースト&デッキをサーチする。めくられたのはテッポウナナフシ、創界神アレス、終焉の騎神ラグナ・ロック、そして天騎士オール・リィチ。

 

神奈子「よしきた!創界神アレスを回収してそのまま配置!神託を使ってコア三個を追加!」

 

アレス《了解。出撃する》

 

運良くアレスを引き当てた神奈子は増えたコアでアレスを呼び出す。先行1ターン目でこの動きは最高と言えるだろう。

 

神奈子「ターンエンド」

 

磨弓「メインステップ!テリアモンを召喚する!召喚時効果でデッキを三枚めくる!」

 

対して磨弓が召喚したのは白いウサギのようなスピリット。その効果が磨弓をデッキをめくっていく……

 

磨弓「…その中の李 健良とガルゴモンを手札へ。そして創界神ネクサス!李 健良を配置!神託の力でコアを二個置く!」

 

アレス《む…未確認の創界神ネクサス。神奈子、警戒するぞ》

 

神奈子「…あぁ…」

 

磨弓が配置したネクサス、それはレミリアが使っていたのと似たような闇の力を放っているものだった。アレスは冷静に分析して神奈子に忠告する。

 

磨弓「ターンエンド」

 

神奈子「…メインステップ、武双騎士センチビルドを召喚!コアを二個センチビルドに!さらに破城斧槍ランパートブレイカーをアレスにダイレクト合体!」

 

アレス《…ふんっっ!俺のコアが四個を越えた。よってランパートブレイカーの神域を発動する。お互い界放以外でコアを移動できなくする》

 

神奈子はレーザーソードを足に持ったムカデを召喚しコアを増やす。さらにアレスの腕に緑の光が集まり、一本の大斧が現れた。

 

神奈子「アタックステップ!行け!センチビルド!」

 

磨弓「ライフで受ける!」

 

わしゃわしゃとセンチビルドが這って接近すると、尻のレーザーソードで磨弓のライフを切り裂いた。

 

神奈子「以上、ターンエンド」

 

磨弓「メインステップ!テリアモンをレベル2に!アタックステップ!ここで『進化』を発揮!手札のガルゴモンと入れ換えるぞ!」

 

磨弓のテリアモンが白く輝き、姿がかわいらしい姿から二足歩行で腕にガトリングガンを装着した狩人へと変わった。

 

磨弓「ガルゴモンでアタック!アタック時効果でコアを増やし『超進化』!再び手札のラピッドモン(テイマーズ)をガルゴモンと入れ換える!」

 

神奈子「…またか…ライフだ!」

 

ガルゴモンがまた光ってさらに大きいウサギロボットへと進化する。そして超進化したラピッドモンの背中と両腕からたくさんのミサイルが放たれて神奈子のライフを砕いた。

 

磨弓「ターンエンド!」

 

神奈子「…ふむ…メインステップ。バーストをセット、そして筆頭騎士ダーウィンをレベル2で召喚し、ランパートブレイカーを合体だ!センチビルドもレベルアップ!」

 

神奈子のフィールドに緑のシンボルが現れ、中からノコギリのような鎧と剣を持った蟲騎士が出てくる。そのダーウィンにアレスがランパードブレイカーを投げ渡した。

 

神奈子「アタックステップ!ここでダーウィンの効果を使う!手札の光速騎士ワスピーダーを1コストで召喚!コストはナミテントウから確保」

 

アレス《これによりこちらの手札を破棄して三枚ドローする》

 

ダーウィンがランパートブレイカーを振ると、ナミテントウのコアを使ってクリーム色の蜂騎士が召喚される。

 

神奈子「アレスのレベル2効果でダーウィンとワスピーダーで同時アタック!アタック時効果によってワスピーダーにコアを追加!」

 

磨弓「…三点か…フラッシュタイミング!マジック!ブリザードウォールを使う!このターン、スピリットのアタックでは私のライフは1しか減らない!」

 

アレスの号令で同時に飛び出したダーウィンとワスピーダーだったが、磨弓のフィールドに吹雪が吹き荒れて二体の攻撃が一点まで軽減されてしまう。

 

神奈子「…だがダーウィンとセンチビルドの効果!『殻人』を持つスピリットがライフを減らしたので、計2つライフをトラッシュヘ!!ターンエンド!」

 

それでも吹雪の中ダーウィンがランパードブレイカーを投げつけてライフを砕き、センチビルドもビームで撃ち抜いていった。

 

磨弓「…ぐ…め、メインステップ…!煌龍銃剣ガンズ・バルムンクをラピッドモンにダイレクト合体するように召喚!」

 

神奈子「…煌臨するつもりか…?」

 

磨弓「アタックステップ!行け!ラピッドモン!アタック時効果!センチビルドとワスピーダーを手札へ!」

 

一度に三個、ライフを砕かれた磨弓はラピッドモンに剣型の銃を合体させる。そしてラピッドモンはガンズ・バルムンクからビームを発射してセンチビルドとワスピーダーを神奈子の手札に返した。

 

磨弓「フラッシュタイミング!ラピッドモンに煌臨!セントガルゴモン!煌臨時効果でバーストとダーウィンをデッキボトムに戻す!」

 

ラピッドモンがさらに大きく、煌々と光り輝いて姿を変える。その大きさはラピッドモンをはるかに上回り、リボルバーの腕や巨大なミサイルで武装していた。

 

とうとう起動したセントガルゴモンはまず残っていた蟲騎士を除去しようと、肩の砲台からビームを放ってダーウィンとバーストを吹き飛ばした。

 

神奈子「ランパートブレイカーはフィールドに。フラッシュタイミング!白晶防壁!ソイツを戻してこのターン私のライフは1しか減らない!」

 

磨弓「ち…李 健良の効果!このネクサスのコア三個をセントガルゴモンに置くことで、回復状態で残る!」

 

すかさず神奈子は防御札を切った。セントガルゴモンに白い壁が張りついて押し潰そうとしたが、磨弓のネクサスからエネルギーを吸収したセントガルゴモンはその壁を無理矢理砕き割った。

 

磨弓「…ターンエンド」

 

神奈子「パチン!メインステップ!きたれ!緑の蟹騎士よ!巨蟹武神キャンサードXをレベル2で召喚!ランパートブレイカーを合体だ!」

 

キャンサード《…推参!》

 

神奈子は再び『分神』状態へ変わり、召喚したのは十二宮Xレアの一体キャンサード。さらにキャンサードは地面に落ちていたランパートブレイカーをハサミで掴み、大きく構えた。

 

神奈子「アタックステップ!決めろ!合体アタック!!」

 

磨弓「この…!セントガルゴモンで……!?」

 

アレス《キャンサード、レベル1からの効果発揮。相手フィールドに二体以上のスピリットの存在無し。よってこのアタックはブロック不可能》

 

磨弓はセントガルゴモンで防御しようとするも、キャンサードお馴染みの二体ブロック効果がそれを邪魔する。セントガルゴモンを素通りし、キャンサードは両ハサミでランパートブレイカーを持った。

 

神奈子「…チェックメイト!」

 

キャンサード《これで詰み…!》

 

磨弓「ぐぁぁぁぁ!!」

 

ランパードブレイカーが残った磨弓のライフを全て打ち砕く。すると弾かれる磨弓からデッキのカードが空中に舞い上がった。

 

神奈子「…パシッ…軍神…なめんじゃないよ!」

 

軍服の裾をたなびかせ、神奈子は『李 健良』と『セントガルゴモン』のカードをキャッチする。次の瞬間その二枚から禍々しいオーラは消えていた。

 

 

 

 

 

 

 

豊姫「…………」

 

隠岐奈「始めるよぅ。メインステップ!ネクサス、秩序戦艦バチマン・ド・ゲールー戦艦形態ーを配置。ターンエンドだよ」

 

蔑みの目を向けられた隠岐奈は気にせずターンを始める。背後に出現したのは巨大な空中戦艦、相手の手札増加に乗じてドローできるネクサスである。

 

豊姫「…メインステップ。レナモンを召喚してデッキから四枚オープンするわ」

 

気楽そうな隠岐奈と対照的に豊姫の表情は硬い。豊姫はまず黄色い狐人を呼び出し、デッキをめくる。

 

豊姫「…牧野 留姫とキュウビモンを手札へ。創界神ネクサス!牧野 留姫を配置よ!神託の効果で三個コアを置くわ」

 

隠岐奈「…ほーお…まぁたそんなカードを…あ、手札が二枚増えたからバチマン・ド・ゲールの効果でこっちも二枚貰うよ」

 

続けて豊姫は邪なエネルギーを纏った創界神ネクサスを配置する。それでも隠岐奈は軽い口調を崩さずにネクサスの効果でドローした。

 

豊姫「…ターンエンドよ」

 

隠岐奈「そんじゃメインステップ。時の支配者!創界神トトを配置するよ!神託の対象が二枚あったからコアを2つ置く。バーストも伏せようか」

 

トト《……謎の創界神ネクサスか…ゾクゾクするね…!》

 

隠岐奈の後ろに目を光らせたトトが現れる。どうやら豊姫の創界神ネクサスが気になっているようだ。

 

隠岐奈「さらに聖刻騎兵キャバルリー・アーネジェウを召喚!アタックステップ!アーネジェウでアタック!」

 

豊姫「ライフで受けるわ」

 

隠岐奈のフィールドに灰色のロボット騎兵が召喚され、手に持ったライフルで豊姫のライフを撃ち抜いた。

 

隠岐奈「エンドステップ。アーネジェウは自身の力で回復。ターンエンドだよ」

 

豊姫「…メインステップ。キュウビモンをレベル2で召喚してレナモンもレベルアップ。アタックステップ!ここでレナモンの『進化』!自身を手札に戻して召喚!ウェンディモン!」

 

豊姫は九尾の狐を召喚すると、レナモンを進化させる。小さくかわらしかったレナモンがまるでゴリラのような大獣人へと変わっていった。

 

豊姫「アタックステップ!行きなさい!ウェンディモン!相手の創界神ネクサスのコア二個を外して一枚ドロー…そして『超進化』!来なさい!タオモン!」

 

トト《…っっ…へぇ…入れ換えていくとは…》

 

ウェンディモンがトトのエネルギーを減らしたあと、その姿がまるでキツネの陰陽師になり、その手には大きな筆が握られていた。だがタオモンの召喚時効果などはアルティメットを対象にしていない。

 

隠岐奈「…だけどそいつらの効果は全部スピリットにしか対象にとれんぞぉ~?」

 

豊姫「…タオモンレベル2効果。妖戒/魔人に聖命を与えるわ!タオモンでアタック!BPは8000!」

 

隠岐奈「おーん…アーネジェウをきるか、聖命でライフを増やされるか…ライフだ!」

 

アーネジェウを切りたくない隠岐奈はタオモンの一撃をライフで受ける。タオモンが筆で梵字を書いてとばしライフを砕くと、その破片が豊姫のライフを回復させた。

 

豊姫「…ターンエンド」

 

隠岐奈「…お…メインステップ!神世界の月よ!永久に地上を照らし出せ!月光龍ストライク・ジークヴルムX!レベル2で召喚だ!」

 

隠岐奈がカードを持った手を広げると、後ろから純白のストライク・ジークヴルムが登ってくる。口からバチバチと雷を吹いてストライクはフィールドに降り立った。

 

豊姫「…八意様の…!おのれ…!その龍を穢れた貴様らが…!」

 

隠岐奈「穢れ穢れうっさいなぁ…アタックステップ!ストライク・ジークヴルムでアタック!キュウビモンをデッキボトムに戻してBPプラス5000!さらにブロックされないぞ!」

 

豊姫「くっ…ライフで受ける!」

 

ストライク・ジークヴルムがキュウビモンを掴んで地面に叩きつける。キュウビモンが消滅したのを確認すると、ストライク・ジークヴルムは口からビームを放ってライフを破壊した。

 

隠岐奈「続け!アーネジェウ!」

 

豊姫「…これも!」

 

ブロッカーのいない豊姫はアーネジェウの攻撃もライフで受けるしかない。

 

隠岐奈「エンドステップ。もっかいアーネジェウの効果で回復っと。ターンエンド」

 

豊姫「…メインステップ!タオモンをレベル3に!そして戻ったウェンディモンを再び召喚するわ!」

 

焦りを隠せない豊姫はもう一度ウェンディモンを召喚していく。だがアルティメットに触れられないこととストライク・ジークヴルムの回復効果が豊姫のアタック意識を妨害していた。

 

豊姫「…アタックステップ!タオモンでアタック!フラッシュ」

 

隠岐奈「バースト発動!天蠍機動スコルビウム!相手の創界神ネクサスのコアを全てボイドへ。そして召喚だ」

 

スコル《そんで?何を使うんだ?》

 

タオモンがすぅぅっと走り出すと、隠岐奈のバーストが発動する。現れたスコルビウムがお返しと言わんばかりに牧野 留姫のコアをボイド送りにした。

 

豊姫「…フラッシュタイミング!タオモンに煌臨!サクヤモン!煌臨時効果でレベル1の相手スピリットはブロックできず、効果を発揮できない!さらに手札を破棄して回復!」

 

隠岐奈「…『スピリット』…だろ?アーネジェウでブロック!」

 

タオモンの姿がシュッとした女性型の体型に変わり、筆も錫杖に変わる。そして煌臨したサクヤモンは腰のベルトから取り出した筒をストライク・ジークヴルムとスコルビウムに投げつけて動きを封じ込めた。

 

しかしアルティメット故に効果を受けなかったアーネジェウがサクヤモンの前に立ち塞がる。サクヤモンはアーネジェウの銃弾をかわすと錫杖を地面に打ち付け、アーネジェウを囲むように結界を張ってそのまま押し潰した。

 

豊姫「ターン…エンド…」

 

隠岐奈「パチン!メインステップ!舞い降りろ!白き翼の機神!アルティメット・グラン・ウォーデンを召喚!!」

 

トト《僕の耐性もつけておこうか》

 

『分神』した隠岐奈のフィールドに白銀のロボットが白い翼をはためかせて降りてくる。そして腕のオオカミ型の武装からトトが弾き出した数式を読み込み、さらに光り輝いた。

 

隠岐奈「アタックステップ!撃て!Uグラン・ウォーデン!!Uトリガー!ロックオン!!」

 

豊姫「…!…コスト4、キュウビモン…!」

 

隠岐奈「クリティカルヒット!相手スピリットを三体手札に戻す!」

 

Uグラン・ウォーデンが両腕の武装からビームを放ってウェンディモンとサクヤモンをバウンスしていった。

 

隠岐奈「そしてこれがメインアタック!!」

 

豊姫「ライフで受ける!」

 

Uグラン・ウォーデンがビームソードでライフを切り裂いていく。

 

隠岐奈「ストライク・ジークヴルムでアタック!」

 

豊姫「ライフ!」

 

Uグラン・ウォーデンと交代してストライク・ジークヴルムもビームでライフを破壊する。

 

隠岐奈「スコルビウム!頼むよ!」

 

スコル《りょーかい!》

 

スコルビウムが槍を構えて豊姫のライフめがけて突っ込んだ!!

 

豊姫「…ァァァァ!!」

 

隠岐奈「…パシッ!…これぞ!秘神の力!」

 

豊姫から飛んできたカードをキャッチし、隠岐奈は己の神力で禍々しいオーラを浄化した。

 

 

 

 

 

 

 

隠岐奈「…スタッ…ふぅ…こんなもんかい。さてひとまず彼女を後戸の国へ…」

 

神奈子「お…そちらも終わったようだな」

 

舞「御師匠様!」

 

里乃「こちらの任務、全て完了致しました!」

 

倒れた豊姫をドアに入れた隠岐奈にバトルが終わった神奈子が近づいてきた。側には舞と里乃、肩には気絶した磨弓を担いでいる。

 

隠岐奈「おお、お前達。ご苦労だったな。神奈子、彼女も後戸の国に?」

 

神奈子「あぁ、だがまだ終わりじゃないぞ」

 

隠岐奈「…うむ。よし!弾達と合流するぞ!」

 

磨弓もドアへ入れると、四人は急いで弾の元へ走り出した。

 

 

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。