東方星神録   作:あんこケース

211 / 221
実はこの回に自分が書きたい描写があります。


主神に続け!

袿姫「…………」

 

映姫「始めます。メインステップ。ウシルコブラを召喚して二枚オープンします。その中の神話ブレイヴ又は『妖蛇』を手札へ」

 

袿姫と映姫のバトルは映姫の先行で始まった。そして召喚された緑と紫色のヘビが映姫のデッキをめくる。

 

映姫「…蛇翼王メンコブラーを手札に。ターンエンド」

 

袿姫「メインステップ!ゴッドシーカー アクアオーラ・ゴレムをレベル2で召喚!デッキを四枚オープンしてその中の『創界神ヘファイストス』と青の『天渡』『化神』を手札に加える!」

 

対する袿姫は『造兵』のゴッドシーカーのアクアオーラ・ゴレムを召喚してデッキを掘っていく。

 

袿姫「…創界神ヘファイストスとアマゾナイト・ゴレム、さらにアクアオーラ・ゴレムの効果で神変形ハンマー・アームズを回収。そして創界神ヘファイストスを配置!神託の効果でコアを三個追加する!」

 

ヘファイストス《…………》

 

うまくヘファイストスを引けた袿姫はそのまま配置して行く。さらにトラッシュの『造兵』カードが三枚を越えたので、お互い召喚時効果が不発するようになる。

 

袿姫「ひとまずターンエンドだ」

 

映姫「もう来てしまいましたか…メインステップ。冥府の裁判官!創界神オシリスを配置!神託で二個を置きます。そしてオシリスの地底神殿も配置します!」

 

オシリス《…勝機は…ヴァルカン・ゴレムが来る前に殴る…!》

 

映姫はオシリスに加えて不気味な四体の像の神殿を配置する。

 

映姫「アタックステップ!行きなさい!ウシルコブラ!」

 

袿姫「ライフで受ける!」

 

ウシルコブラが尻尾を袿姫のライフに叩きつける。

 

映姫「エンドステップ。オシリスの地底神殿の効果、トラッシュからピラミッドボアを回収。ターンエンドです」

 

袿姫「…ふふふ…召喚時効果を封じられて上手く動けまい。メインステップ!アマゾナイト・ゴレム、そして神変形ハンマー・アームズを召喚!ハンマー・アームズをヘファイストスに合体!」

 

巨大な鉤爪を持った鉱石ゴレムが現れ、ヘファイストスの鎧の一部になる。さらにアマゾナイト・ゴレムの効果が発動し、コアブーストもされた。

 

袿姫「…ま…これでターンエンドとしよう…」

 

映姫「…そろそろ正体を明かしては?あなたが埴安神 袿姫でないことぐらい『気』の流れでわかります」

 

袿姫?《 …ったく…あーそーだよ…!俺は原初神だ。なかなか勘が良いな

 

袿姫がターンを終えた段階で映姫は彼女を鋭く問い詰める。すると袿姫の声色が荒々しい男性のようになり、態度も粗野になった。

 

映姫「…まるで寄生虫ですね。今すぐ彼女の身体から離れなさい」

袿姫?《 やなこった。あと俺にはオケアノスっう名前があるんだよ

 

映姫「ともかく!離れる意思がないのなら…容赦はしません。私のターン!まずはピラミッドボアを捨ててドローステップにもう一枚ドローします!」

 

オケアノス《 はんっ!やってみやがれ!

 

映姫はそう言ってバトルを再開し、ついさっき回収したピラミッドボアを破棄してドローを加速させていく。

 

映姫「メインステップ!黒龍神ゼオ・デュラムを召喚!召喚時効果は発揮しませんが、そのまま煌臨!蛇翼王メンコブラー!!煌臨時に相手の創界神からコア二個をオシリスへ!」

 

オシリス《…よし、今回煌臨時効果が勝負を決めるぞ…!》

映姫はゼオ・デュラムを召喚してすぐ煌臨元にした。『妖蛇』デッキは半分以上を召喚時効果に頼っているので、召喚時効果を封じられたのはかなりの痛手だ。

 

だが映姫は真価を発揮できないゼオ・デュラムを黄金色に輝く蛇人に変わらせ、ヘファイストスのエネルギーを奪い取った。この切り替えの速さは流石四天王と言える。

 

映姫「ウシルコブラを消滅させてメンコブラーをレベル2へ!バーストをセット!アタックステップ!メンコブラーでアタック!」

 

オシリス《アタック時効果!アマゾナイト・ゴレムをコアをトラッシュへ送り、メンコブラーは回復!さらに私のレベル1神技を使ってアクアオーラ・ゴレムを消滅!》

 

オケアノス《 …ち…ライフだ!

 

メンコブラーがアマゾナイト・ゴレムを締めつけ、オシリスが紫色の波動でアクアオーラ・ゴレムをそれぞれ消滅させる。そしてメンコブラーのパンチがオケアノスのライフを砕いた。

 

映姫「エンドステップ。再びオシリスの地底神殿の効果でピラミッドボアを手札に。ターンエンド」

 

オケアノス《 …メインステップ!めんどくせーからさっさと終わらせんぞ!深海よりあらわる悪魔!崩海神マグヌ・オケアノス召喚!

 

オケアノスが一枚のカードを場に出すと、フィールドに黒い虚空が開く。その中から海水と共に上半身は屈強な魔神、下半身はタコの足をしたスピリットが這い出してきた。

 

映姫「……………」

 

オケアノス《 さらに大帝神槍アレクサンダースピアを俺に合体!アタックステップ!俺自身でアタック!ヘファイストスのコアを四個ボイドに置いて、相手のデッキを十枚破棄!

 

オシリス《…デッキ破壊…!?》

 

オケアノス《 これだけじゃないぜ!さらにアレクサンダースピアの効果!ヘファイストスを疲労させて回復だ!

 

マグヌ・オケアノスがアレクサンダースピアを突き出すと、映姫のデッキが十枚消し飛ぶ。さらにマグヌ・オケアノスはアレクサンダースピアの効果で回復していた。

 

オケアノス《 さぁ!ぶっつぶれろぉ!

 

映姫「ライフで受ける!…っっ…!…ズザザ…」

 

アレクサンダースピアが映姫のライフを二つ貫く。いつもより何倍も痛い一撃に思わず映姫も顔を歪めて後ずさった。

 

オケアノス《 …ま…ターンエンドだな

 

オシリス《…映姫!反撃行くぞ!》

 

映姫「…パチン…はい!ピラミッドボアを捨てドロー!メインステップ!十三番目の究極!戦国蛇武将アルティメット・アスクレピオーズ!手札の妖蛇を二枚破棄してコストを軽減!」

 

『分神』する映姫を中心に紫色の蛇の群れが竜巻を巻き起こす。そしてフィールドに蛇使い座を描くと、黄金の鎧を纏ったアスクレピオーズが映姫の前に降りてきた。

 

映姫「さらに妖蛇神杖オグドアドをメンコブラーへ!アタックステップ!行け!Uアスクレピオーズ!」

 

オグドアドをメンコブラーが両手で握りしめ、映姫はUアスクレピオーズをアタックさせる。そして杓を取り出して気合いを入れた。

 

 

映姫「全てを焼き尽くす地獄の業火!最極刑を言い渡す!ソウルドライブ!発揮!!マグヌ・オケアノスからコア三個までをボイドへ!」

オケアノス《 ぐぇぇ!…なんだ…!?そのアルティメットは…!?

 

映姫は緑の裾をたなびかせて杓でソウルコアを叩き割る。ソウルコアのエネルギーでUアスクレピオーズが両手の剣と下半身の蛇の口から紫のビームを発射し、マグヌ・オケアノスを撃ち抜いて消滅させた。

 

映姫「そしてUアスクレピオーズのメインアタック!」

 

オケアノス《 …ライフで受ける

 

Uアスクレピオーズの剣が×の字にライフを切り裂く。

 

映姫「メンコブラーでアタック!ジャッジメント!!」

 

メンコブラーが手にしたオグドアドを紫色に染め上げ、オケアノスのライフへ叩きつけた!

 

オケアノス《 …ぬぉ…!ま、まだだ…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袿姫「…ドサッ…」

 

映姫「…さて…他の所へ援護に向かいたいですが…彼女をどうしましょう…」

 

紫「…ニュッ…それは私が請け負いましょう」

 

映姫「お願いします」

 

映姫が倒れたままの袿姫をどうしようか悩んでいると、隣に開いたスキマから紫が出てくる。慣れ親しんだ出方に映姫もナチュラルに任せた。

 

紫「…あと現状を報告致しますと、もう敵の主力は倒して掃討戦に移っている状態です」

 

映姫「そうですか…ならすぐ終わりそうですね」

 

そんな会話をしながら紫と映姫は残った妖怪達を始末しようと移動しようとした。

 

 

オケアノス《 …待ちやがれ!まだ俺は終わってねぇ!!

 

 

ドガァァァァァァァンッッッ!!!

 

 

紫「な!?」

 

映姫「…予想以上の生命力ですね…!」

 

その時、二人の背後から爆音と共にオケアノスの声が響き渡る。振り返るとそこには『崩海神マグヌ・オケアノス』の大きさと姿をしたオケアノスが二人を見下ろしていた。

 

オケアノス《 こうなったら全部ぶち壊してやる!!!

 

紫「…まずい!」

 

怒り狂ったオケアノスは持っていた不気味な杖を二人めがけて振り下ろした。紫がスキマを、映姫が障壁を張ろうと身構えた瞬間…

 

神奈子「ふんぬぅぅぅぅ!!ガキィンッッ!!」

 

オケアノス《 …!この…!

 

妹紅「おらぁ!」

 

輝夜「ダブルキィィック!!」

 

オケアノス《 あがっ!?

 

紫と映姫の前に神奈子が躍り出て、ランパードブレイカーでオケアノスの一撃を受け止めたのだった。さらに妹紅と輝夜がオケアノスの顎を蹴り上げ、身体をひっくり返させた。

 

妹紅「へへっ!ずいぶん大物が残ってたな!」

 

輝夜「まだまだ暴れられそうね!」

 

紫「…あなた達…!」

 

幽々子「紫~このタコ魔神を倒せば良いの~?」

 

幽香「スタッ…何か気持ち悪い格好ね…」

 

隠岐奈「…さて…主神、ご指示を」

 

弾「…あぁ…」

 

彼女達に続いて幽々子、幽香、隠岐奈が集まってくる。そしてその奥からは弾がグランシャリオを持ち、荘厳なオーラを纏って歩いてきた。

 

弾は背後に紫、神奈子、妹紅、輝夜、そして四天王達を率いて起き上がろうとしているオケアノスに向かう。

 

オケアノス《 だぁぁ!…ぅぅ…!てめぇら!ぜってぇ殺す!!

 

弾「全員!攻撃!!」

 

紫「廃線『ぶらり廃駅下車の旅』!」

 

幽々子「桜符『完全なる黒染の桜』!!」

 

幽香「花符『幻想郷の開花』!!」

 

映姫「審判『ラストジャッジメント』!!」

 

妹紅「不滅『フェニックスの尾』!!」

 

輝夜「難題『ブディストダイアモンド』!!」

 

神奈子「神祭『エクスパンデット・オンバシラ』!!」

 

隠岐奈「『背面の暗黒猿楽』!!」

 

オケアノスが再び攻撃しようとすると、弾が手を挙げて迎撃を指示する。

 

紫がスキマから巨大な廃電車を召喚し、それを弾丸として撃ち放つ。『重さ』のスキマが加わった車両が飛んでいく。

 

幽々子がバタフライ・エフェクトを挙げて背後に扇型オーラを展開させる。そして桜の花びらのエネルギー弾をぶちまけた。

 

幽香がいつもの日傘ではなく、ウアス・セプターを構えて辺り一帯を花畑へ変える。その花々が踊るように宇宙を舞う。

 

映姫が投げた杓をオグドアドの光で撃ち抜く。すると杓が増加して群れの如くオケアノスに向かっていく。

 

妹紅が龍のマグマの翼の裏に不死鳥型の炎を燃やす。そこからフェニックスの羽が舞い踊った。

 

輝夜が取り出したのは、太陽の光を反射して銀色に輝く美しい鉢だった。輝夜がその鉢を両手で頭上に掲げると、その光がレーザーになって天を駆ける。

 

神奈子がランパードブレイカーを自分の前でクルクル回す。すると背中の注連縄を中心に何本もの巨大な柱が浮き上がり、轟音を起てて吹き抜ける。

 

隠岐奈がトトの神話ブレイヴ『聖刻神銃ジェフト=グリフ』を構える。銃口から極太のレーザーが放たれ、月面を凪ぎ払うように飛ぶ。

 

 

オケアノス《 ゴガァァァァァ!!

 

隠岐奈「…バッ…おいおい…これはもう暴走だぞ…!」

 

映姫「一ヶ所に留まらないで!動きながら攻撃を!」

 

 

もはや獣のように暴れだしたオケアノスを九人は散らばって攻撃を避けると共に迎撃をスタートした。

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

最後の弾の声で総攻撃するシーン…あれはジオウの夏映画のシーンでバールクスめがけて平成ライダー達が総攻撃するシーンのオマージュにしました。

あのシーン…五代さんや泊さんだけでなくあの平成ライダーツンデレのたっくん、天道、もやしがソウゴの後ろで一斉攻撃するのがすんごいエモいんですよ!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。