東方星神録   作:あんこケース

36 / 164
バローネ様を白紫にしたのは単純にガチで強いデッキだからです。まぁ、アルティメット編の頃の白紫はザンデ・ミリオンとかも入っていましたがね………Uサジット以外は勝てなかった記憶が…………(Uサジットもあまり勝てなかったけど)


弾vsバローネ!白紫vs光導!!

 

 

 

バローネ「メインステップ。ボーン・ダイル!そして我が友よ!その闇の翼を世界に広げよ!黒皇機獣ダークネス・グリフォンを召喚!召喚時効果でジェミニックとストライクサジッタを手札に戻して連鎖で二枚ドロー!そして白夜の宝剣ミッドナイト・サンを合体!」

 

 

空から機械のグリフォンが降りて、ミッドナイト・サンを加えて両肩から剣を出して咆哮した。するとジェミニックは自信で守ったがストライクサジッタは弾の手札に戻っていった。

 

 

 

弾「……ジェミニックの効果でフィールドに残る……」

 

 

バローネ「それは承知。アタックステップ!討て!合体スピリット!合体アタック時効果でターンに一度回復!」

 

弾「…アクエリーズナーでブロック!」

 

 

アクエリーズナーの銃弾をかわしてグリフォンは剣で切り裂いた。

 

 

バローネ「ターンエンド。」

 

クラッキー「バローネは弾のジェミニックとシープが邪魔になってるようだね。」

 

 

永琳「ジェミニックはコスト4以下の光導スピリットに効果でフィールドを離れるとき、疲労状態で残る……シープはコアを一つ以下にさせない……紫のコア外しは完全に効かなくなっているわね。」

 

 

プリム「ん~バローネ、かなりきついね。」

 

 

 

弾「…メインステップ!氷星獣レオザードをレベル2で召喚!アタックステップ!レオザードでアタックだ!星読で闇星魚ピスケ・ガリオットなので手札に加えてレオザードを回復。さらにマジック!サジタリウスドローを使い、BP20000以下の合体スピリットを破壊する!」

 

 

弾の手から炎の矢が放たれてグリフォンを貫いた。ミッドナイト・サンはそのままフィールドに突き刺さった。

 

 

 

バローネ「くっ!ミッドナイト・サンはそのまま残す!ミッドナイト・サンでブロック!!」

 

 

 

弾「フラッシュタイミング!レオザードに炎星龍サジタリウス・ドラゴンを煌臨!効果でトラッシュからコアを全て回収!!」

 

 

 

レオザードが炎を纏い、サジタリウス・ドラゴンへと変わる。さらに弾はカードを掲げた。

 

 

 

弾「さらに煌臨!!天駆ける闇祓う光!超神光龍サジットヴルム・ノヴァ!!煌臨時効果でミノタウロスを破壊する!」

 

 

 

さらにサジタリウス・ドラゴンがより大きな光のドラゴンに変化してミッドナイト・サンを砕こうとした。

 

 

 

バローネ「おお!それが今のお前のキースピリットか!!だがこちらもやられてばかりではない!フラッシュタイミング!マジック!ドリームネビュラ!!サジットヴルム・ノヴァを手札に戻して連鎖でワンドロー!コストはミッドナイト・サンから使用。」

 

 

今度はバローネの手札から白い光が伸びてサジットヴルム・ノヴァを手札にバウンスさせた。

 

 

 

弾「…本当に……やるな……!ターンエンド!」

 

 

 

バローネ「メインステップ!北斗七星の光よ!我が求めに答えよ!北斗七星龍ジーク・アポロドラゴンを召喚!召喚時効果で紫魔神をノーコストで召喚!さらに庚の水晶龍アメジスト・ドラゴン・ソニック!召喚時効果で二枚ドローして超 炎魔神を召喚!効果でバーストを破壊する!」

 

 

 

バローネのフィールドに二体の紫のドラゴンがそれぞれ二体の異魔神を呼び出す。超 炎魔神は炎で弾のバースト、鋼星騎スコルリッターを破壊した。

 

 

 

 

プリム「メカっこい~!!」

 

 

 

まゐ「…普通ならこれで終わりだけど………」

 

 

 

ゾルダー「あいつらに普通を求めたら不味いだろ……」

 

 

 

 

バローネ「紫魔神よ!我が友達に合体せよ!アタックステップ!ソニックでアタック!」

 

 

 

弾「ジェミニックでブロック。」

 

 

 

 

紫魔神の力を得たソニックの炎がジェミニックを破壊した。

 

 

 

バローネ「さらにジーク・アポロドラゴンでアタック!」

 

 

 

弾「シープでブロック。フラッシュタイミング!マジック!キャンサーシェル!カイトコブラを手札に戻す!さらにオレのコアを四個ボイドに置いてアタックステップを終わらせる!!」

 

 

 

ジーク・アポロドラゴンが鎌でシープを斬ると白い防御壁が追撃を封じた。

 

 

 

バローネ「……ターンエンドだ……」

 

 

 

弾「お前のことだ。手札にリブートコードでも握っているんだろ?」

 

 

 

バローネ「……ふふふ、ならどうする?」

 

 

 

弾「簡単さ。オレのバトルをやる!それだけだ!メインステップ!レオザードをレベル3で再度召喚!大いなる星の輝き!悠久刻む魂の瞬き!銀河聖剣グランシャリオ!レオザードに合体せよ!

 

 

 

アタックステップ!合体アタック!!グランシャリオの界放によりバーストを破壊!さらに星読でクローズドジェミを手札に!フラッシュタイミング!サジタリウス・ドラゴンを煌臨させる!」

 

 

 

 

弾のフィールドにグランシャリオを咥えたレオザードが再び現れて、またサジタリウス・ドラゴンへと変わる。

 

 

 

バローネ「………なんだ………また同じ事を………?」

 

 

 

弾「いや、ここからが違うんだ!さらに煌臨!!十二宮達よ!今ここに集え!光導神ゾディアック・ピオーズ!!

 

 

 

 

サジタリウス・ドラゴンが虹色のオーラに包まれると、胴体は蛇使い座と射手座。そして体のあちこちが十二宮Xレアで出来ているスピリットが現れた!

 

 

 

バローネ「……なるほど!また別のスピリットを……ボーン・ダイルでブロック!フラッシュタイミング!当たりだ。マジック!リブートコード!コストはボーン・ダイルから。二体を回復!!」

 

 

 

ゾディアック・ピオーズがグランシャリオを突き刺そうとしたが、その前にリブートコードが発動して消滅する。その白い光は二体の合体スピリットを立ち上がらせた。

 

 

 

バローネ「さあ!ここからどうする!?馬神 弾!?」

 

 

弾「ゾディアック・ピオーズでアタック!効果で下のカードを一枚破棄してブロックされなくなる!!さらにまだ下にカードがあるためゾディアック・ピオーズは一切の効果を受けない!!防げるか!?バローネ!!」

 

 

 

ゾディアック・ピオーズが七色の輝きを纏ってグランシャリオを振り上げた。

 

 

 

バローネ「……ふふふ…はははは!!さすがだ!我が友よ!!!ライフで受ける!!」

 

 

 

ゾディアック・ピオーズの一振りがバローネのライフを全て木っ端微塵にした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バローネ「ふふふ、ありがとうございました。」

 

 

 

弾「ああ、またバトルしような。」

 

 

 

二人がガッチリと握手したその直後に通信が入った。

 

 

 

 

 

カザン「…!わかった。カーディナル・サインがバトルを仕掛けてきた!今、ユースが相手をしている!」

 

 

 

弾「ユースが!?」

 

 

まゐ「気になるわね。彼、どれだけ強くなったのか……」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラトス「ふはははは!この程度か!?統一政府よ!」

 

 

ユース「………」

 

 

 

 

今、バトルは第10ターン グラトスのフィールドにはアメンボーグXが二体とシノビコガネがいた。ライフは3。対するユースのフィールドには疲労状態の太陽神龍ライジング・アポロドラゴンとライト・ブレイドラが二体いた。ライフは残り2で、ターンはグラトスの番である。

 

 

 

グラトス「メインステップ!殻人将レギオスを召喚!いざ招かん!裏十二宮ブレイヴ!巨蟹星鎧ブレイヴキャンサー!ノーコスト召喚!!効果でライト・ブレイドラを二体疲労させる!レギオスにブレイヴキャンサーを合体!!レベル3に!」

 

 

 

フィールドに現れたレギオスに空からブレイヴキャンサーが出現し、その体は分解されてレギオスの鎧に変わっていく。最後に二本の刀を背中に装備して強烈な緑のオーラを放った。

 

 

 

グラトス「アタックステップ!合体アタック!!これで最後だ!!」

 

 

 

合体スピリットの刀がライフを切り裂こうとした。

 

 

 

ユース「フラッシュタイミング!ブレイジングバースト!ライト・ブレイドラを破壊してライフは一しか減らない!!」

 

 

 

レギオスの刀は炎に阻まれて一発しか当たらなかった。

 

 

 

レギオス「ふん、ターンエンド。命びろいしたな。だが次のターンで終わりだ………」

 

 

 

ユース「次?次なんてない!メインステップ!真・裁きの神剣トゥルース・エデンをライジングに直接合体させて召喚!召喚時効果で手札から夢幻の天剣トワイライト・ファンタジアと深淵の巨剣アビス・アポカリプスを召喚!さらに!聖剣の神!龍輝神シャイニング・ドラゴン・オーバーレイ!!二本の剣と合体だ!!」

 

 

 

天から白い剣がライジングの手に収まり、光を放つと黄色伸びて剣と青い剣がフィールドに突き刺さる。そして炎の竜巻から一体の大きな光のドラゴンが現れて二本の聖剣を握った。

 

 

 

グラトス「ば、ばかな………一瞬で……ここまで……」

 

 

 

ユース「アタックステップ!オーバーレイでアタック!ライジングの効果でレギオスを指定アタック!トワイライト・ファンタジアの効果で回復してオーバーレイのアタック時の効果を使ってアメンボーグX二体とシノビコガネを破壊!!」

 

 

 

レギオスの刀とオーバーレイの剣がぶつかり合う。オーバーレイは炎でレギオスを空に吹き飛ばすと一閃!!破壊した!!

 

 

 

ユース「もう一度、オーバーレイでアタック!ブレイヴキャンサーを破壊!オーバーレイはトリプルシンボル!これで決まりだ!!」

 

 

 

グラトス「ラ、ライフで受ける……」

 

 

 

オーバーレイがライフを両断した!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バトルフィールドから戻ってきたユースを迎えたのはもちろん…………

 

 

 

 

 

 

弾「ユース、強くなったな。」

 

 

 

 

ユース「……は、はい!!ありがとうございます!そして…………お帰りなさい!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




はい。ありがとうございました。

ゾディアック・ピオーズ登場!バローネ様とのバトルなのでサジットヴルム・ノヴァをバウンスさせて、ゾディアック・ピオーズで殴る。

そしてわざとスピリットのぶつかり合いは無しにしました。二人の二戦目のメガバイソンのアンブロッカブルを思い出したので、この二人はキースピリットのバトルもいいですが、こうやって、勝利に固執するのもいいと思った次第です。

ユース君の切り札はオーバーレイにしました。弾のダブル合体を受け継いでいるという感じがしたのですぐ決まりました。


次回予告 裏十二宮ブレイヴ! カーディナル・スケールとの激戦!!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。