東方星神録   作:あんこケース

40 / 164
弾さんを書きたい………でもよっちゃんも書きたい……あああ!早く話が進まないかなぁ!





あらすじ フードを一緒に撃退した幽香とイシス。弾に報告に行くため二人は永遠亭を目指す。一方、アルテミスの協力を手に入れた依姫は………


アルテミス参戦!ってけーねが言ってた。

人里 寺子屋前

 

 

 

 

アポローン《ここか?》

 

 

依姫「はい、ここにはまだ私と同じ初心者がいっぱいいるはずです。」

 

 

アルテミス《子供相手じゃあねぇ……》

 

 

 

 

人里に着いた三人は少し散策した後、寺子屋を訪れていた。理由は今、依姫が言った通りである。ノックした後少し待つと人が出てきた。

 

 

 

 

???「おや、君は………永琳先生の……」

 

 

 

そう扉を開けて出てきたのはこの寺子屋を経営している上白沢慧音だった。どうやら永琳が以前依姫のことを話していたようである。依姫は事情を説明すると、人里の警備の強化を指示した後、こう言った。

 

 

 

 

慧音「さて……君の相手だが………ちょうど、いいバトラーがいるぞ。」

 

 

 

依姫「そうですか!一体、誰なんですか?」

 

 

 

依姫が聞いたが、慧音はニコニコ笑っているだけだった。

 

 

 

アルテミス《……あ、わかった………まさか……あなた?》

 

 

 

慧音「そうだ。ちょうどさっき、デッキ調整が終わってな。な~に私は永琳先生や四天王よりかは強くない。安心しな。」

 

 

 

 

依姫「………分かりました。八意さまにも子供相手は認められないと思いますし、その勝負受けます!アルテミスさま!」

 

 

 

 

アルテミス《あいよ!!》

 

 

 

依姫はアルテミスを降ろしてデッキを構えた。その目は白く染まっていた。

 

 

依姫 慧音 「「ゲートオープン!界放!!」」

 

 

 

 

 

 

 

 

依姫「ウフフフフ、どうぞよろしく………」

 

 

慧音「…あ、ああ。」

 

《少し雰囲気が変わったな……》

 

 

 

 

 

第1ターン 依姫はゴッドシーカーネガズボックを召喚。効果で六枚オープンしてその中の創界神アルテミスとスプレッド・トータス、そして効果でアルテミスの大樹神殿を手札に加えた。

 

 

第2ターン 慧音はバーストをセットして犬将クーシーを召喚。そしてアタックして依姫のライフを砕き、聖命の効果でライフを増やした。

 

 

依姫「フフフ、メインステップ。月の光よ照らせ!創界神アルテミスを配置。効果で三枚をトラッシュに。対象のカードが二枚。よってコアを二個追加。」

 

 

 

アルテミス《さあ~て、狩りのスタートよ!》

 

 

依姫の後ろに弓を構えてヤル気満々のアルテミスが現れた。

 

 

 

依姫「さらにスプレッド・トータスを召喚。コアを増やして……ターンエンド。」

 

 

 

アルテミス《ガクッ、攻めないのね……》

 

 

 

アポローン《アルテミスが降りると清楚になるんだな……妹とは間反対だが……》

 

 

 

慧音「メインステップ。シンリューを召喚。さらにクーシーをレベル2に。もう一度アタックだ!」

 

 

 

依姫「フフフ、ネガズボック、お願いします。」

 

 

ネガズボックがクーシーに弾き飛ばされた。

 

 

慧音「ターンエンド。」

 

 

依姫「メインステップ。あらあら……バーストセット。そしてポラーナイトガルムを召喚してコアを追加。アタックステップ、お願いします、ポラーナイトガルム。アタック時効果、コアを増やして回復します。」

 

 

アルテミス《いってこ~い!!ポラーちゃん!!》

 

 

慧音「ライフで受けよう。」

 

 

ポラーナイトガルムが爪でライフを砕いた。

 

 

 

依姫「…フフフ、ターンエンドです……」

 

 

アルテミス《……依姫……もうちょい攻めてみない?》

 

 

依姫「フフフ、急がば回れとも言いますよ?」

 

 

慧音「ドローステップ……さて、行くぞ。シンリューのスピリットソウルを発揮!究極の麒麟!アルティメットリーン!!レベル4で召喚する!」

 

 

 

慧音のフィールドに黄色と金の麒麟が現れた。

 

 

依姫「あら、なんてきれいな麒麟。少し失礼。お茶を…………」

 

 

アルテミス《飲んどる場合か~!!!!来るわよ!!》

 

 

慧音「アタックステップ。Uリーンでアタック!WUトリガー、ロックオン。」

 

 

 

依姫「今度は二枚ですね……リーディングオリックスとアルテミックシールド、コスト3と4です。」

 

 

慧音「Wヒットだ。ポーラーナイトガルムとスプレッド・トータスを指定してブロックを不可能に。」

 

 

Uリーンから放たれた雷が二体を痺れさせてブロック不能にする。

 

 

依姫「成る程、ライフです。しかし………バースト発動です。巨砲母艦マザー・パイア。まず召喚、そして、三枚オープン。その中の機獣を一コストで召喚します。スプレッドトータスと………あら、アルテミス?これあなたの化神じゃありませんか?」

 

 

アルテミス《ん?……あ、そうそう!この子よ!》

 

 

依姫「ならこの子も召喚しましょう。月下に嘶け!白き獣よ!月天神獣ファナテック・エルク!!召喚!!召喚時効果で三体をデッキボトムに!」

 

 

アルテミス《ぼーん!!!!》

 

Uリーンが角でライフを貫いたが、巨大な猪が現れて吠えた。するとアルテミスの矢が月へと伸びて、そこから一匹の鹿が降りてきた。そしてファナテック・エルクが光ると慧音のスピリットがデッキに戻っていった。

慧音「まさか……私のターンでここまでやるとは……ターンエンド。」

 

 

依姫「メインステップはそのまま。アタックステップ、アルテミスの神域によりファナティクエルクを指定。このターンの間、ファナテック・エルクはWシンボルになります。マザー・パイアでアタック!」

 

 

慧音「ライフだ!」

 

 

マザー・パイアの牙がライフを砕く。

 

 

依姫「ポラーナイトガルムとスプレッド・トータスでアタック。」

 

 

慧音「ライフ!」

 

 

二体が爪と大砲でライフを打ち砕く。

 

 

依姫「これでおしまい、ファナテック・エルク!」

 

 

 

アルテミス《エルクちゃん!ぶっとばしなさい!》

 

 

 

慧音「フフフ、ライフで受けよう!!」

 

 

 

アルテミスの力を纏ったファナテック・エルクがライフを破壊した!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アポローン《なかなかよかったぞ、依姫。後二人だ》

 

 

 

依姫「はい!慧音さん、ありがとうございました!」

 

 

慧音「いいさ。成長こそが教師の本望だ。さて、私は授業があるから戻る。幸運を祈っているよ。」

 

 

 

バトルの後、慧音にお礼を言った依姫だったが、何故かアルテミスがうかない顔をしていた。

 

 

 

依姫「……アルテミスさま、どうされました?」

 

 

アルテミス《………何か来るわよ……ってあいつか……》

 

 

 

 

???《いやぁ~!やっと見つけた!お二人さん!!》

 

 

 

 

慧音が中に戻った後、そう言って空から降りてきたのは、帽子を被った青年だった。しかし、もの凄い神力に依姫は一瞬で創界神だとわかる。

 

 

 

 

 

 

依姫「あの、アルテミスさま、アポローンさま、こちらの創界神さまは?」

 

 

 

アルテミス《ああ、ヘルメスよ、剣獣の創界神でオリンの伝令係。》

 

 

 

アポローン《どうした?お前も観光か?》

 

 

 

 

 

ヘルメス《いや、半分は仕事だ。お二人さんに伝言さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼウスからね。》

 

 

 

 

 

 

 




はい、ありがとうございました。


ヘルメスが来ました。彼の設定です。


ヘルメス


オリンの剣獣の創界神。神世界一のスピードを誇る伝令の神。産まれてまもなく、アポローンから牛を盗んだ天才。口も上手く、頭の固いやつもヘルメスの言葉は一応、聞く。実は仕事上、かなりストレスを抱えており、同じく苦労人のトトとよく飲んでいるそう。


次回予告 大空の支配者!二人の緑の神!!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。